2002年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2002年の音楽(2002ねんのおんがく)では、2002年平成14年)の音楽分野に関する出来事について記述する。

2001年の音楽-2002年の音楽-2003年の音楽

日本で活躍したアーティスト[編集]

年間売上金額TOP10

日本のシングル[編集]

  • シングルアルバムともに、浜崎あゆみ宇多田ヒカルの2大歌姫によって上位2作が独占された。
  • 上位3作が女性ソロ歌手によって独占された(浜崎、宇多田、元ちとせ)。これは、1982年あみん薬師丸ひろ子岩崎宏美)以来20年ぶりの出来事である。
  • 前年は1991年以来10年ぶりに、年間シングルチャートのミリオンセラーが10作を割ったが、この年発売されたシングルのミリオンセラーは、浜崎あゆみの「H」1作のみであった。
    • 個人セールスは低下しているが、その中でも宇多田ヒカルは年間TOP10内に3作チャートインした。
  • シングル売り上げが過去最大の下落率(82百万枚、前年比△24.3%)となり、最盛期の1997年の約半分に落ち込んだ。
  • ジャニーズ関連作品の売り上げが伸び悩んでおり、年間最高位はの21位。
  • 任天堂から発売されたゲームソフトピクミンCMソングとなった「愛のうた」がTOP10入り。一般のプロ歌手によるタイアップを除く、純粋なCMソングとしては異例の大ヒットとなった。
  • Mr.Childrenは年間TOP20以内に2作と安定した人気。また前年末発売の「youthful days」も、前年・本年度合算で約70万枚となり、本年6位の「SAKURAドロップス/Letters」と同等のヒットとなる。
  • また、42位には柴矢裕美の「おさかな天国」がチャートイン。こちらも本来商用目的でないキャンペーンソングであるため、異例のヒットとなった。

年間TOP50[編集]

※集計期間 2001年12月3日付 - 2002年11月25日

集計会社 オリコン

日本のアルバム[編集]

  • アルバム部門も、シングル同様、浜崎あゆみ・宇多田ヒカルの2大歌姫によって上位2作が独占された。アルバムチャートにおいては、2年連続である。
    • また、浜崎あゆみは3年連続で、年間アルバムチャート2位(翌年も2位であるため、4年連続となっている)。
  • アルバム全体の売り上げも低下傾向にあり[1]ミリオンセラーも前作の22作から大幅減の7作。年間アルバムチャートのミリオンセラー作品が2ケタを割ったのは、1994年以来8年ぶり。
  • 前作から約1年ぶりの発売となった宇多田ヒカルのアルバム『DEEP RIVER』が、初動売上だけで2位の累計売上を上回り、300万超の大ヒットとなった。
  • MONGOL800の『MESSAGE』が、インディーズメーカーからの発売であるものの、200万枚に迫る大ヒット。
  • 小田和正ベスト・アルバム自己ベスト』が大ヒット。最終的な累計売上は300万枚を超えている。
  • 主に1990年代テレビドラマ主題歌を中心としたコンピレーションアルバム『kiss 〜dramatic love story〜』がヒット。オムニバスアルバムとしては、比較的長期にわたりCMが放映された。
    • 同じく1980年代の日本国内における洋楽のコンピレーションアルバム『FINE -TV HITS and happy music-』もロングヒットとなった。


年間TOP50[編集]

※集計期間 2001年12月3日付 - 2002年11月25日

集計会社 オリコン

日本のDVD&ビデオ[編集]

DVD[編集]

  • 1位 宇多田ヒカル『traveling』
  • 2位 BOØWY『1224』
  • 3位 宇多田ヒカル『UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION + VOL.3』
  • 4位 浜崎あゆみ『ayumi hamasaki DOME TOUR 2001 A』
  • 5位 宇多田ヒカル『UTADA HIKARU UNPLUGGED』
  • 6位 倉木麻衣『Mai Kuraki&Experience First Live Tour 2001 ETERNAL MOMENT』
  • 7位 中澤裕子タンポポプッチモニミニモニ。後藤真希カントリー娘。石川梨華モーニング娘。)『Together!Clips』
  • 8位 浜崎あゆみ『A Clips vol.2』
  • 9位 モーニング娘。『モーニング娘。コンサートツアー2002春 "LOVE IS ALIVE!" at さいたまスーパーアリーナ』
  • 10位 Various Artists『Hello!Project2002~今年もすごいぞ!~』
  • 11位 松浦亜弥『松浦シングルMクリップス1』
  • 12位 SMAP『LIVE Smap(ウラスマ)』 
  • 13位 モーニング娘。『シングルV「そうだ! We're ALIVE」』
  • 14位 バックストリート・ボーイズ『グレイテスト・ヴィデオ・ヒッツ-チャプター・ワン』
  • 15位 松浦亜弥『松浦亜弥 FIRST CONCERT TOUR 2002春 "FIRST DATE" at 東京国際フォーラム』
  • 16位 KinKi Kids『-ISM』
  • 17位 堂本光一『KOICHI DOMOTO SHOCK DIGEST』
  • 18位 倉木麻衣『Mai Kuraki "Loving You…" Tour 2002 Complate Edition』
  • 19位 GLAY『GLAY EXPO 2001 "GLOBAL COMMUNICATION" LIVE IN HOKKAIDO SPECIAL EDITION』
  • 20位 SMAP『Clip! Smap!』

ビデオ[編集]

  • 1位 SMAP『LIVE Smap(ウラスマ)』
  • 2位 KinKi Kids『-ISM』
  • 3位 GLAY『GLAY EXPO 2001 "GLOBAL COMMUNICATION" LIVE IN HOKKAIDO SPECIAL EDITION』
  • 4位 BOØWY『1224』
  • 5位 堂本光一『KOICHI DOMOTO SHOCK DIGEST』
  • 6位 バックストリート・ボーイズ『グレイテスト・ヴィデオ・ヒッツ-チャプター・ワン』
  • 7位 浜崎あゆみ『ayumi hamasaki DOME TOUR 2001 A』
  • 8位 『ALL or NOTHING』
  • 9位 GLAY『GLAY DOME TOUR 2001-2002 ONE LOVE』
  • 10位 w-inds.『WORKS vol.1』

イベント[編集]

ライブ[編集]

  • GLAYや浜崎あゆみなどのアーティストが、日中国交正常化30周年を記念して、中国北京でライブを行った。

第53回NHK紅白歌合戦[編集]

[編集]

第44回日本レコード大賞[編集]

第35回日本有線大賞[編集]

  • 日本有線大賞 - 浜崎あゆみ『Voyage』
  • 最多リクエスト歌手賞 - 浜崎あゆみ
  • 最多リクエスト曲賞 - 島谷ひとみ『亜麻色の髪の乙女』
  • 最優秀新人賞 - 中島美嘉『WILL』

第16回日本ゴールドディスク大賞[編集]

(対象期間 2001年2月1日 - 2002年1月31日)

  • 邦楽 - 浜崎あゆみ
  • 洋楽 - BACKSTREET BOYS

出来事[編集]

CCCDの採用が本格的に始まったが、音質の悪化、ハードへの負荷と故障誘発(その上、正規CD規格でないため保証の対象外となる)など問題が露呈した。そして、半年以上もミリオンセラーが現れないことも大きく取り沙汰され、以前より話題にされていたCD不況の波がここへ来て一気に加速することになった。また、19やSIAM SHADEをはじめとして多くのグループが解散やメンバー脱退が繰り返された。

デビュー[編集]

ソルトレイクシティオリンピックテーマ曲[編集]

テレビ局[編集]

NHK

  • 『果てなく続くストーリー』MISIA
作詞:MISIA 作曲:Toshiaki Matsumoto 編曲:Takayuki Hattori

TBS

作詞・作曲:つんく 編曲:ダンス☆マン

日本テレビ

作詞・作曲・編曲:葉山拓亮

フジテレビ

作詞:hitomi 作曲:Kousuke Morimoto 編曲:Keiji Matsui

テレビ朝日

作詞・作曲:前田亘輝 編曲:池田大介

テレビ東京

作詞:Chang Jung 作曲・編曲:亀田誠治 島野聡 久保こーじ

日韓ワールドカップサッカーテーマ曲[編集]

公式ソング

  • 『アンセム~2002 FIFA ワールドカップ TM 公式アンセム』ヴァンゲリス
作曲・編曲:ヴァンゲリス
  • 『Let's Get Together Now』Voices of KOREA/JAPAN
作詞:SAWAMOTO YOSHIHARU、MATSUO KIYOSHI、LENA PARK、KIM HYUNG SUK
作曲:KAWAGUCHI DAISUKE、KIM HYUNG SUK
編曲:KIM HYUNG SUK
関連項目:2002 FIFA ワールドカップ公式アルバム

FIFA ワールドカップ応援歌

作詞:安岡優
作曲:安岡優、北山陽一
編曲:K-muto

日本代表応援歌

作詞:忌野清志郎、木梨憲武 
作曲:忌野清志郎
作詞:甲本ヒロト
作曲・編曲:坂本龍一
作詞:Dino Fekaris
作曲:Freddie Peeren 

テーマソング
NHK

作詞:新藤晴一
作曲:ak.honma
編曲:ak.honma、ポルノグラフィティ

TBS

  • 『アイデンティティ』大黒摩季(TBS系サッカーイメージソング)
作詞・作曲:大黒摩季

テレビ朝日

  • 『熱き鼓動の果て』B'z
作詞:稲葉浩志
作曲:松本孝弘

日本テレビ

作詞・作曲:kj

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本レコード協会によると、当年のアルバム生産枚数は245百万枚(前年比-5%)であった。http://www.riaj.or.jp/data/quantity/index.html