オルケスタ・デ・ラ・ルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オルケスタ・デ・ラ・ルス(Orquesta De La Luz)は、1984年に結成した日本サルサバンドOrquesta De La Luzとはスペイン語光の楽団(英訳するとOrchestra of the Light)という意味である。

メンバーのソロ活動を尊重するため1997年に一度解散したが、2002年にバンド活動を再開している。

バイオグラフィ[編集]

日本初のサルサ・バンドであるオルケスタ・デル・ソルに参加していたパーカッショニストの大儀見元をリーダーとして、1984年に結成。当時の日本ではサルサの知名度が低く、ライブハウスを中心に地道な活動を続ける。1987年、ニューヨークの代理人に持ち込んだデモテープが認められ、1989年夏に自費で渡米し、ニューヨークサルサ・フィスティバルで成功をおさめる。1990年6月、BMGビクター(後のBMG JAPAN、現Ariola Japan)よりファーストアルバム『デ・ラ・ルス』をリリース。洋題『Salsa caliente del Japón(日本からの熱いサルサ)』として全米で発売すると、ビルボード誌ラテン・チャートで11週間にわたって1位を獲得。NORAのスペイン語詞のヴォーカルなど、本格的なサルサが本場ラテンアメリカでも受け入れられ、その後は北米、中南米、ヨーロッパでワールドツアーを行う。大儀見は1990年に脱退し、カルロス菅野がリーダーを継ぐ。

1991年の2枚目のアルバム『サルサに国境はない』はプラチナディスク、1992年の3枚目のアルバム『ディフェレンテス』はゴールドディスクを獲得。1991年と1993年に日本レコード大賞特別賞を受賞。1993年に発表した4枚目のアルバム『ラ・アベントゥーラ』は第37回グラミー賞ベスト・トロピカル・ラテン・アルバム部門にノミネートされ、その年のNHK紅白歌合戦に紅組で出演している(参照「1993年の音楽」)。同年に国連平和賞(the United Nations peace medal)を受賞した[1]。1994年には武道館の「WE LOVE MUSIC, WE LOVE THE EARTH」のステージでサンタナと共演。

ピアニストの塩谷哲ジャズの分野で活動するようになり、NORAが芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)を受賞するなど、メンバーがそれぞれソロ活動を行うようになる。1995年に菅野は脱退して熱帯JAZZ楽団を結成、1996年に塩谷も脱退したためバンドは活動を休止し、翌1997年7月に解散コンサートを行う。

BMGビクター期のアルバムは、2000年にBMGファンハウス(現Ariola Japan)より再発されている(実際にはGT Music)。『フェリス・クリスマス』は、再発時に『サルサ・クリスマス』と改題されている。

2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件を受けて、翌2002年に主宰したチャリティー・イベント「ワールド・ピース・ミュージック・フェスティバル」でバンドを再結成した。翌2003年にも同イベントを開催し、好評により新生デ・ラ・ルスとして活動を再開する。2004年に、avex ioより『¡BANZAAAY! -バンザーイ!-』を発表した。

その後、アルバム4枚をリリースし、各地のフェスティバルや海外などでも出演。2006年には東京で定期的なイベント「DOMINGO」をプロデュースするなど、さらに幅広いファンを獲得。

また、結成30周年にあたった2014年は、各地でツアーを行ったり、7月にOrquesta Del Solとのコラボライブ、10月には30周年記念ライブの開催など、精力的な活動を行った。2015年は『ブラタモリ』の新OPテーマ、井上陽水の「女神」を演奏。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

1984年結成当時のオリジナルメンバーで残っているのはNORAのみである。

  • NORA (Vocal)
  • JIN (Vocal, Chorus)
  • 鈴木喜鏤 (Timbales, Chorus)
  • 伊波淑 (Congas)
  • 佐藤由 (Bongos)
  • 斎藤タカヤ (Pf, Chorus)
  • 澁谷和利 (Bass)
  • 佐久間勲 (Tp)
  • 五反田靖 (Tp)
  • 相川等 (Tb, Chorus)
  • 前田大輔 (Tb)

元メンバー[編集]

  • 大儀見元(Perc. 1984-1990)
  • 澤田浩史(Bass 1984-1994)
  • 江川ゲンタ(Tim 1984-?)
  • 塩谷哲Piano 1986-1996)
  • カルロス菅野(Perc. 1987-1995)
  • 佐々木史郎Tp 1987-1997)
  • 伊達弦(conga 1987-1992)
  • 青木タイセイ(Tb 1989-1997)
  • 伊藤寛康(Bass 1994-2004)
  • 都筑章浩(perc. 1994-1997)
  • 寺内茂(Tp 1991-1997 2003-?)
  • 扇谷研人(Piano 2003-2007)
  • 石戸谷斉(Tb 2004-2006)
  • 福本佳仁(Tp)
  • 中路英明(Tb)
  • 下神竜哉(Tp)
  • 宮本仁(Congas)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • デ・ラ・ルス DE LA LUZ (1990) BMGビクター
  • サルサに国境はない "SALSA NO TIENE FRONTERA" (1991) BMGビクター
  • ディフェレンテス 〜サルサ新時代〜 "SOMOS DIFERENTES" (1992) BMGビクター
  • "HISTORIA DE LA LUZ" (1993) BMGビクター
  • ラ・アベントゥーラ "LA AVENTURA" (1993) BMGビクター
  • フェリス・クリスマス "FELIZ CHRISTMAS" (1994) BMGビクター
  • サボール・デ・ラ・ルス "SABOR DE LA LUZ" (1995) BMGビクター
  • "FINAL CONCERT ¡Adios Amigos!" (1998) Dynaware
  • ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス (2000) BMGビクター
  • オルケスタ・デ・ラ・ルス・ライブ (2003) BMGビクター
  • ¡BANZAAAY! -バンザーイ!- (2004) avex io
  • ARCO IRIS (2005) avex io
  • LET'S SALSA!! - THE BEST SALSA DANCE COLLECTION - ALBUM (2007) BMGファンハウス
  • ¡CALIENTE! (2008) BookRidge Records
  • サルサ食堂〜日本ラテン化計画! (2009) ユニバーサルミュージック
  • “RON VIEJO” (2009)ユニバーサルミュージック
  • VERY BEST OF ORQUESTA DE LA LUZ~25th Anniversary Collection (2010) ソニーミュージックエンタテインメント

ビデオ[編集]

  • マディソン・スクェア・ガーデンのオルケスタ・デ・ラ・ルス BMGビクター

LD[編集]

  • マディソン・スクェア・ガーデンのオルケスタ・デ・ラ・ルス BMGビクター

DVD[編集]

  • オルケスタ・デ・ラ・ルス・ライブ (2003) BMGファンハウス
  • SALSA FOR PEACE (2004) ポニーキャニオン

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1993年(平成5年)/第44回 サルサに国境はない 10/26 前川清
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

セッションに参加したミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NORA Official Website”. NORA. 2016年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]