松本ももな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと ももな
松本 ももな
プロフィール
愛称 ももなん
ももちゃん
生年月日 2002年10月12日
現年齢 19歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 B
公称サイズ(時期不明)
身長 159 cm
活動
デビュー 2022年-(高嶺のなでしことして)
所属グループ 高嶺のなでしこ
活動期間 2013年 -
備考

元JSガール専属モデル
元アモレカリーナ東京リーダー

元ラストアイドル メンバー(シュークリームロケッツ)
事務所 TWIN PLANET
アイドル: テンプレート - カテゴリ

松本 ももな(まつもと ももな、2002年10月12日[1] - )は、日本アイドル ・ファッションモデル。『高嶺のなでしこ』のメンバー(2022-)。テレビ朝日ラストアイドル』から誕生した女性アイドルグループラストアイドルファミリー」および、セカンドユニット「シュークリームロケッツ」(2017年 - 2022年)の元メンバーである。愛称は「ももなん」「ももちゃん」[1]神奈川県出身[1]TWIN PLANET所属。

略歴[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

  • 『JSガール』誌上で開催されたオーディションによって、PaniCrewの佐々木洋平(YOHEY)がプロデュースする小中学生ガールズユニット「amorecarina(アモレカリーナ→のちアモレカリーナ東京)」のメンバーに選ばれ[2]、リーダーとなる。7月22日にAKIBAカルチャーズ劇場において、「デビュー直前アイドル5組新人公演」で初めてステージに立つ[3][4]
  • 12月10日、アモレカリーナ内の派生ユニット「Miracle☆Girls(ミラクル☆ガールズ)」のメンバーに選ばれる[5]

2015年[編集]

  • 2月21日発売のVol.25および10月22日発売のVol.29にて『JSガール』の表紙を飾る。
  • 3月18日に『モンスター・ハイ』でCDデビュー(「amorecarina feat. Chu-Z KAEDE」名義)[6]
  • 『JSガール』の専属モデルとなる。
  • 11月15日、アモレカリーナ東京内の派生ユニット「Maliee(マリー)」のメンバーに選ばれる[7]

2016年[編集]

  • 11月5日にアモレカリーナ東京を卒業[8]
  • 12月22日発売の『JSガール』Vol.36をもって専属モデルを卒業。

2017年[編集]

  • 10月8日(7日深夜)放送の『ラストアイドル』第9回において、立ち位置1番(センター)の間島和奏を対戦者に指名。パフォーマンスバトルでは欅坂46の「青空が違う」を披露するも、審査員の白戸佑輔が間島を勝者に選んだため、敗れた。
  • 11月5日(4日深夜)放送の『ラストアイドル』第13回において、セカンドユニット「シュークリームロケッツ」のメンバーとなることが発表され、デビュー曲「想像上のフルーツ」を披露した。

2018年[編集]

  • 1月13日に開幕した『ラストアイドル』2nd seasonにおいて、秋元康をプロデューサーに迎え、セカンドシングルの表題曲を賭けて臨んだバトルに勝利。「君のAchoo!」でセンターを務めた[9]
  • 「テレ朝公式ウォッチガール」に選ばれる[10]
  • 5月25日発売の『Platinum FLASH vol.4』(光文社)において、自身初となるソログラビアが掲載された[11]

2019年[編集]

  • 5月31日、テレビ朝日『Jの若武者』番組サポーターに就任[12]

2020年[編集]

  • 4月15日発売のラストアイドル8thシングル『愛を知る』の選抜オーディションにて14位に選出される[13]。また、週プレ選抜にも選出され、同曲のPB盤カップリング曲「期待値0」を歌唱している[14]
  • 11月4日発売のラストアイドル9thシングル『何人(なんびと)も』の表題曲のメンバーに選抜される[15]。また、ラスアイテレビ朝日ディレクターバトルのオリジナルユニット「やらかしバスターズ」に選出され、同曲のA盤カップリング曲「あやふや」を歌唱している[16]

2021年[編集]

  • SHOWROOM内で行われた「雑誌bisレギュラーモデル争奪イベント」にて、Aグループを1位通過。最終審査の結果、bisweb賞を獲得した[17]
  • ハニーシナモンの秋コレクションと冬コレクションのモデルを務めた[18][19]
  • LARMEプロデュースのアパレルブランド「missmine」のAWルックモデルを務めた[20]

2022年[編集]

  • LARME×apresjourのコラボ服のモデルを務めた[21]
  • ハニーシナモンの春コレクションのモデルを務め、コラボアイテムを発売した[22][23]
  • 6月19日 Ank Rouge原宿店でチェキイベントを開催。
  • 8月5日 TIF2022にてアイドルグループ『高嶺のなでしこ』のメンバーとしてお披露目された。

人物[編集]

  • 特技は立ちブリッジ、リボン結び[1]、篠笛、ハイキック[24]
  • シュークリームロケッツでの担当カラーは赤[25]
  • チワワを飼っている。[26][27]
  • ベレー帽が好きで、『ラストアイドル』初出演の際も着用していた。
  • 好きなキャラクターは、ピカチュウメタモンマイメロディシナモロール[28]
  • 中学生のころ好きだったアイドルは、乃木坂46白石麻衣[3]
  • アイドルになりたいと思ったのは、テレビアニメ『きらりん☆レボリューション』を見て、歌うことと踊ることが大好きになったから[29]
  • 個人としての夢は、コスメのCM出演とメイク道具のプロデュース[3]
  • =LOVEの齋藤樹愛羅とAKB48の山邊歩夢はアモレカリーナ時代からの「心友」である。
  • BEYOOOOONDS(雨ノ森 川海)の清野桃々姫、サンミュージックプロダクション所属の杉山緋那、ますからびっとのMon(赤荻百華)、Girls²の小田柚葉はアモレカリーナのメンバーであったため、親交がある。
  • ジャストプロ所属の鵜川もえかとは、鵜川がアモレカリーナ大阪のメンバーであったため、親交がある。
  • ラストアイドル2期生アンダーの木﨑千聖とは、木﨑がアモレカリーナ名古屋のリーダーであったため、面識があった。
  • LaLuceの阿部菜々実、鈴木遥夏とは、ラストアイドルの活動以前から面識があった[30][31]
  • ファンの総称は「ももぐみ」[32]
  • KeyStudioで開催されている「ラスアイの夜ライブ(ラスアイのヨルライ)」のロゴ「ペガみゅ〜ん」をデザインした[33]
  • 夜、おやすみを「ぽやすみ」と独自のワードでツイートするのが日常になっており、霜降り明星せいやから、なんでぽ?ツッコまれたことがある。その際おをぽに変換するアイドル文化が気に入っている為と語っている(おたく→ぽたくetc.)

作品[編集]

出演[編集]

音楽番組[編集]

  • ミュージックステーションテレビ朝日
    • 2019年5月17日 - 「大人サバイバー」披露
    • 2019年8月30日 - 「青春トレイン」披露
    • 2020年7月24日 - 「愛を知る」披露
    • 2020年11月13日 - 「何人も」披露
    • 2021年4月30日 - 「君は何キャラット?」披露
  • テレ東音楽祭秋(テレビ東京
    • 2020年9月30日 - 「愛を知る」披露

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネットテレビ[編集]

  • ラストアイドル in AbemaTV(2018年6月3日 - 8月26日、AbemaTV

ウェブドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 舞台『球詠』 - 藤田菫 役
    • 舞台『球詠』(2021年6月24日 - 6月30日、草月ホール[34]
    • 舞台『球詠 〜vs 影森・梁幽館編〜』(2022年2月17日 - 23日、新宿村LIVE)[35]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 松本ももな|MEMBER|ラストアイドル ファミリー Mobile”. lastidol.com. 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ プロフィール| amorecarina(アモレカリーナ) | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ a b c ”アイドル再受験”で憧れの秋元康プロデュースを引き当てた。夢を叶え続けた少女<松本ももな>”. テレ朝POST. 2019年6月25日閲覧。
  4. ^ デビュー直前アイドル5組新人公演【火曜日:amorecarina】 ダイジェスト”. YouTube. 2019年6月25日閲覧。
  5. ^ amorecarinaから魔法少女ユニット『Miracle☆Girls』誕生!!歴代魔法少女アニメの曲でみんなを笑顔に”. niconico. 2019年1月6日閲覧。
  6. ^ モンスター・ハイ | ディスコグラフィ | amorecarina(アモレカリーナ)”. 日本コロムビア. 2019年1月6日閲覧。
  7. ^ プロデューサーYOHEYのツイートより”. 2019年1月6日閲覧。
  8. ^ 大切なお知らせ”. amorecarina オフィシャルブログ. 2019年1月6日閲覧。
  9. ^ BACKNUMBER|ラストアイドル”. テレビ朝日. 2019年1月6日閲覧。
  10. ^ 本人Twitterより”. 2019年1月6日閲覧。
  11. ^ 圧倒的透明感に釘付け 「ラストアイドル」シュークリームロケッツ・松本ももながソロ初グラビア”. モデルプレス. 2019年1月6日閲覧。
  12. ^ ラストアイドルファミリー公式Twitterより”. 2019年6月25日閲覧。
  13. ^ ラストアイドル ファミリー Mobileより”. 2020年5月22日閲覧。
  14. ^ ラストアイドル ファミリー Mobileより”. 2020年5月22日閲覧。
  15. ^ ラストアイドル ファミリー Mobileより”. 2021年1月16日閲覧。
  16. ^ ラストアイドル ファミリー Mobileより”. 2021年1月16日閲覧。
  17. ^ ラストアイドル×bis×SHOWROOMオーディションのグランプリが阿部菜々実に決定!”. 2021年3月28日閲覧。
  18. ^ 本人Twitterより”. 2021年6月3日閲覧。
  19. ^ 本人Twitterより”. 2021年11月7日閲覧。
  20. ^ ラストアイドルファミリー公式Twitterより”. 2021年11月7日閲覧。
  21. ^ 本人公式Twitterより”. 2022年3月9日閲覧。
  22. ^ ハニーシナモンTwitterより”. 2022年3月9日閲覧。
  23. ^ ハニーシナモンTwitterより”. 2022年3月9日閲覧。
  24. ^ 本人Twitterより”. 2021年1月31日閲覧。
  25. ^ 本人Twitterより”. 2021年1月31日閲覧。
  26. ^ 本人Twitterより”. 2019年1月6日閲覧。
  27. ^ 本人Instagramより”. 2020年5月22日閲覧。
  28. ^ 本人Twitterより”. 2019年6月25日閲覧。
  29. ^ 「ラストアイドル」2ndユニットシュークリームロケッツにインタビュー!!【メンバー紹介&アイドル活動編】”. フミコミュ. 2019年1月6日閲覧。
  30. ^ 本人Twitterより”. 2019年1月6日閲覧。
  31. ^ 本人Twitterより”. 2019年1月6日閲覧。
  32. ^ 本人Twitterより”. 2019年1月6日閲覧。
  33. ^ ラストアイドルファミリー公式Twitterより”. 2019年6月25日閲覧。
  34. ^ マウンテンプクイチ「球詠」の舞台化が決定、キャスト全員ラストアイドル”. コミックナタリー. 2021年5月14日閲覧。
  35. ^ ラストアイドルが再び野球の世界へ!舞台「球詠 〜vs 影森・梁幽館編〜」”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年12月21日). 2021年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]