幸楽苑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
株式会社幸楽苑ホールディングス
KOURAKUEN HOLDINGS CORPORATION[広報 1]
20100130幸楽苑本社.JPG
幸楽苑本社
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証1部 [広報 1]&ba=1 7554[広報 1]
2002年3月上場
本社所在地 日本の旗 日本
963-0724[広報 1]
福島県郡山市田村町上行合字北川田2番地1[広報 1]
設立 1970年昭和45年)11月11日[広報 1]
業種 小売業
事業内容 グループの経営管理
フランチャイズ展開
代表者 新井田傳(代表取締役社長)[広報 1]
資本金 29億4,937万9千円
(2016年3月31日現在)[広報 1]
発行済株式総数 1,671万4,541株
(2016年3月31日現在)
売上高 連結:382億633万8千円
単体:200億7,719万6千円
(2016年3月期)
営業利益 連結:8億7,443万4千円
単体:6億9,316万8千円
(2016年3月期)
経常利益 連結:8億5,863万3千円
単体:7億7,020万0千円
(2016年3月期)
純利益 連結:1億3,313万7千円
単体:▲1億7,243万4千円
(2016年3月期)
純資産 連結:94億9,935万8千円
単体:95億631万9千円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:236億875万5千円
単体:206億3,887万9千円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結:1,190名
単体:161名
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人[広報 1]
主要株主 株式会社ニイダホールディングス 24.93%
日東富士製粉株式会社 2.66%
株式会社東邦銀行 2.40%
アサヒビール株式会社 2.01%
株式会社大東銀行 1.59%
サッポロビール株式会社 1.07%
アリアケジャパン株式会社 0.93%
主要子会社 株式会社幸楽苑 100%
株式会社デン・ホケン 100%
株式会社スクリーン 100%
KOURAKUEN(THAILAND)CO.,LTD. 49.0%
関係する人物 新井田司(創業者)
外部リンク http://www.kourakuen.co.jp/
特記事項:2015年(平成27年)7月1日に持株会社体制に移行し、直営飲食事業を会社分割により子会社に承継[1]
テンプレートを表示
株式会社幸楽苑
KOURAKUEN CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
963-0725
福島県郡山市田村町金屋字川久保1番地1
設立 2015年平成27年)5月15日
(株式会社幸楽苑分割準備会社)[1]
業種 小売業
事業内容 ラーメン店等の直営
代表者 新井田傳(代表取締役社長)
資本金 1,000万円
売上高 281億7,704万9千円
(2016年3月期)
経常利益 1億9,189万2千円
(2016年3月期)
純利益 9,148万5千円
(2016年3月期)
純資産 1,890万6千円
(2016年3月31日現在)
総資産 41億4,734万1千円
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社幸楽苑ホールディングス 100%
テンプレートを表示

株式会社幸楽苑(こうらくえん)は、福島県郡山市に本部を置くラーメンチェーン経営企業である。 2003年(平成15年)に東京証券取引所第一部に上場し[広報 2]2015年(平成27年)7月1日持株会社体制に移行して直営飲食事業を会社分割により子会社に承継し[1]株式会社幸楽苑ホールディングスが上場している[広報 1]

ラーメン店チェーン店大手の一つである[2]

概要[編集]

福島県で創業し、東北及び関東地方ドミナント戦略を展開した[2]

2014年(平成27年)3月期に全体の約四分の一の128店、2015年(平成27年)3月期には34店舗を閉鎖したものの、94店舗が赤字店となるなど業績不振となったため、2015年(平成27年)5月末時点でに501店舗へ減少した[2]

2015年(平成27年)5月26日に290円(税別)の中華そばの販売を終了し、520円(税別)の新商品「醤油らーめん司」に切り替えた[2]

この発表は、幸楽苑が高価格路線を目指して大きな賭に出たと話題を呼んだ。[3]

2011年(平成23年)9月にタイ現地法人「幸楽苑タイランド」を設立し[4]2012年(平成24年)に タイ1号店としてバンコクに「エカマイ店」を開店して海外に初出店した[広報 3]。 しかし、売上が伸び無んだことから2016年(平成28年)3月31日タイ現地法人「幸楽苑タイランド」を解散することを決定し[4]、同年6月16日タイ現地の食品製造会社「タイ・プレジデント・フーズ」をとフランチャイズ契約を締結して同社に2店舗の運営を継承することになった[5]

沿革[編集]

出店地域[編集]

2015年(平成27年)5月末時点でに501店舗[2]

現在[編集]

過去[編集]

一度進出したが、赤字店舗が続出したことで撤退した地域

メニュー[編集]

中華そば
  • 季節メニューとして夏に、冷し中華や和風つけめん等がある。
  • 「半ちゃんラーメン」は「幸楽苑」の商標登録(商標登録第1523776号)である。ただし、その由来は麻雀の半荘(はんちゃん)で[広報 9]、半量のチャーハンに由来するわけではない。また、商標登録の指定商品は「中華そばのめん」、「即席中華そばのめん」とされており、チャーハンとラーメンのセットには商標権は及ばない。
  • 最もベーシックなメニューであった「中華そば」の価格は2006年5月以降に390円(税別)から、290円(税別)に値下げ。これは、さらなる集客効果を図るとともに、ほかのサイドメニューを購入しやすくして客単価を引き上げ、利益率を改善させるのが主な目的であった。
  • 2015年(平成27年)5月26日に主力商品であった中華そば(税別290円)を販売終了し、新商品「醤油らーめん司」(税別520円)に切り替え[2]

その他[編集]

  • ラーメン業において、かつては福島県内と一部地域では「会津っぽ」、それ以外では「幸楽苑」という名称で展開していたが、のち幸楽苑に統一されている(それ以前は、福島県内でも「会津っぽ」と「幸楽苑」が混在していたこともあった)[要出典]
  • 2006年平成18年)3月1日子会社の「株式会社伝八」を吸収合併したことから、うどんそば和食事業も展開している[要出典]
  • 2006年に中華そばを値下げした際、来客数と売上は伸びたが、原価率の高い中華そばを注文する客が60%になり、顧客単価が下がったことで業績が悪化し、当時の社長は責任を取って退任した[7]。この状況で再就任した次の社長は対応策として、新メニューの追加やセットメニューの割引率を抑制するなどの「メニューの見直し・変更」や、店の薦めるメニューを上に配置して290円の中華そばが目立たないようにする「メニューの“見せ方”の変更」を行なった[8]。その効果が出て、中華そばの注文率は20%台まで下がり客単価の向上を果たしたことで、業績回復に成功した[8]
  • 2009年5月1日、パッケージライセンス契約をハンバーグレストランチェーンの株式会社フライングガーデンと締結し、2010年1月18日に、福島県第一号店として、「フライングガーデン安積店」がオープン。以前のこの店舗は、和風厨房伝八安積店であったが、昨年12月初旬に閉店後、改装[要出典]
  • 2014年4月、サンヨー食品からカップ麺「サッポロ一番 幸楽苑シリーズ」(極旨醤油らーめん・味噌らーめん・塩らーめん)が期間限定で全国発売された[注釈 3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 既存店である「会津っぽ」、「㐂伝きでん(「㐂」は「喜」の草書体で、3つで構成する「森」「轟」と同型の文字。)」は順次「幸楽苑」に転換された、中華そばを税込価格410円(店内外の目立つ表示は税別390円)で販売
  2. ^ 国税庁は総額表示の「具体的な表示例」として下記のように説明している。
    例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します。
    ・10,290円
    ・10,290円(税込)
    ・10,290円(税抜9,800円)
    ・10,290円(うち消費税等490円)
    ・10,290円(税抜9,800円、消費税等490円) [ポイント]
    支払総額である「10,290円」さえ表示されていればよく、「消費税額」や「税抜価格」が表示されていても構いません[6]
  3. ^ その後、2015年4月に豚骨こってりらーめんが発売されたのに伴い、極旨醤油らーめんと味噌らーめんがリニューアル扱いで再発売された[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “幸楽苑が持ち株会社化 7月 運営部門分割し子会社に”. 福島民報 (福島民報). (2015年5月9日) 
  2. ^ a b c d e f g “幸楽苑が看板商品終了 次は赤字店に「メス」”. 週刊東洋経済 2015年6月20日号 (東洋経済新報社). (2015年6月15日) 
  3. ^ 幸楽苑「290円ラーメン」販売中止の衝撃 高単価路線への転換で大勝負へ 東洋経済オンライン 2014年11月29日
  4. ^ a b c d “幸楽苑、タイから撤退 戦略再構築、海外進出引き続き挑戦”. 福島民友新聞 (福島民友新聞社). (2016年4月1日) 
  5. ^ a b “「幸楽苑」タイ2店舗は継続 現地企業とフランチャイズ契約”. 福島民友新聞 (福島民友新聞社). (2016年6月17日) 
  6. ^ No.6902「総額表示」の義務付け〔平成22年4月1日現在法令等〕 - 国税庁
  7. ^ 売行好調なのに業績が悪化するその訳とは?〔1〕 - All About 2007年6月28日
  8. ^ a b 売行好調なのに業績が悪化するその訳とは?〔2〕 - All About 2007年6月28日

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 幸楽苑 会社概要”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 幸楽苑 沿革・社史 2000年代”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 幸楽苑 沿革・社史 2000年代”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  4. ^ a b 幸楽苑 沿革・社史 1960年代”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 幸楽苑 沿革・社史 1970年代”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 幸楽苑 沿革・社史 1980年代”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 幸楽苑 沿革・社史 1990年代”. 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。
  8. ^ 株式会社フライングガーデンとのパッケージ・ライセンス契約締結に関するお知らせ 株式会社幸楽苑・プレスリリース2009年5月1日
  9. ^ FAQ & お問い合わせ:幸楽苑について 「幸楽苑」

関連企業[編集]

  • ニイダ麺販 - 1988年に幸楽苑の生麺、冷凍生餃子の販売会社として新井田武男が創業。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]