Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか/ファンサイト

ナビゲーションに移動 検索に移動

ファンサイト(ファンサイト的な記述)はWikipediaにおいては少数の熱狂的なファンによって重要なコンテンツとして集められた主題や内容を意味します。

ファンサイトについての説明はこのように簡単で明瞭なものですが、ファン以外にとってはコンテンツが重要なものでなかったり、熱狂的であるがゆえに話題の重要性の判断を曇らせてしまうことがあることも意味します。

関連する方針[編集]

ほとんどの問題についてはWikipedia:ウィキペディアは何ではないかにあり、大衆文化に関する主題のあいまいな分野についてもこうした確固たる方針がフォローしています。ファンサイト的な記述・記事はしばしばWikipediaから除去・削除されます。

主な要因としてこれらには貧相な記述、Wikifyされていない、過度な修辞表現出典がない中立的でない独自研究を含んでいるものなどがあります。特に後者の2つは削除の有用な理由となります。

こうした記事の中には情報を無差別に収集しているものもあります。さらに出典や記述が充実していても、話題が蛇足であったり、無名であったりするために削除されることもありますが、こうした削除は時々議論となります。

一般的にいえば、記事がファンサイト的であるというのは指摘され削除される要因となりえますが、そのことが削除の直接の要因とはなりません。むしろ記事が百科事典的でない記述であるか、検証可能性、中立性、独自研究といった方針にどの程度違反しているかを考察してください。

フィクション作品についての記事[編集]

百科事典的なものとは何かという問題については議論が続く可能性が高いものです。そして、そうした問題は話題がフィクションの一部であったときにはより混乱を起こします。

もちろんそれが事実上正確に、中立的な観点を支持し、独自研究がない状態で詳細に記述される可能性はありますが、歴史的には百科事典は重視される観点を表した文脈だけとなっています(例:文芸評論のように)。

人気[編集]

トピックについて記述することが人気であり(従って重要である)それを信じていることに対して指摘する人々との間で議論が起こることがしばしばあります。フィクション世界の人気に関係なく、数多くのフィクション作品の記事が存在します。

もちろんWikipediaはウィキであり、それらの優先された主題についてのより多くの情報を追加することは誰にでも可能になり、誰もが編集者になれるようになって以来、そうしたものは読者の要求を反映したものといえます。

しかしそうした系統的に偏った側面も現実の問題として存在しますが、同様に「百科事典的でない」という曖昧な概念の下に検証可能な記事の削除が行われる観点の問題も存在します。

焦点とトーン[編集]

ファンサイト的な記事のひとつの主要な側面として現実世界に反するフィクション世界の観点から記述される傾向があります。

テレビやラジオなどでのシリーズのエピソードや、アニメや漫画、映画における架空のキャラクターなどの記事は、もし重要あるいは社会的な評価というよりも、一連のシリーズに関係するトリビアの羅列や作成された人々の伝記、要約といったものであればファンサイト的という評価になることがほとんどです。実際には架空のキャラクターの要約や伝記だけで構成されたようなものを、記事にすべきではありません。

記事はフィクションからの視点を避けることによってファンサイト的であるという評価を回避することができるかもしれません(Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクションの記述)もご覧ください)。

肯定的な側面[編集]

ファンサイト的な要素を含んだ記事を記述された時には肯定的な側面もあります。そうした情報を保持することによって削除を避けるためにより良い記事を生み出したり、焦点をより明確にして複数の成長していない小さな記事をひとつに統合することを促します。百科事典から完全に削除されることを避けることができる可能性のある適切な分量を提示することによって、記事を圧縮させよい結果へと導けるでしょう。

アプローチ[編集]

あなたがこうしたファンサイト的な記事に遭遇した場合には、記事やトピックが改善されるよう、記述したユーザーに対して親切なアプローチを図るようにしてください。また、話題をカバーする信頼できる情報源が不足している場合には、特筆性を議論の焦点にする必要があります。

話題について、少数の熱狂的なファン以外の読者からも興味を引くような、ひとつあるいはそれ以上の興味深い事実が不足している記事である可能性も高いです。こうした場合は一般的に特筆性(出典があるかどうか)というよりもWikipedia:ウィキペディアは何ではないか(出典によって重要性が担保できているか)という観点から議論が行われるべきです。

Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか(WP:NOT)の文脈によれば、議論の特定の焦点は、ファンにとって信頼できる出典以外で興味深く広く公開されている出典がない事実を編纂した記事に当てられるかもしれません。WP:NOTではそれらが利用可能で、興味深い事実が単に欠陥を抱えた状態(例:スタイルマニュアルに反する記述)で記載されているのか、WP:NOTの下で削除されるべき記事なのかの疑問への解答を提示しています。

WP:NOTに抵触する記事をすぐに削除依頼に提出する前に、記事を改善させるために記事への興味を促すとよいかもしれません。多くの記述スタイルのテンプレートが存在しており、状況に一番あったものを適用できるかもしれません。

広告、エッセイ、ファンサイト、ゲームガイド、ハウツー、好きなものの羅列、執筆者の憶測や不必要なトリビア、ニュースリリース、語録といった問題の解消をうながす記述スタイル改善用のテンプレートが存在します。記事のページで適切なテンプレートを添付した後にノートページにて議論を設定します、もし一週間ほど経っても問題が解決しないようなら、削除依頼への提出を検討してください。また、ファンサイト的記事を見掛けた場合には、記事および節の上部に{{ファンサイト的}}のテンプレートを貼ってみてもいいでしょう。

See also[編集]