相澤瑠香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいざわ るか
相澤 瑠香
プロフィール
愛称 るかち
生年月日 1999年5月22日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本宮城県
血液型 A型
公称サイズ(2017年時点)
身長 / 体重 164.4 cm / kg
活動
デビュー 2014年
ジャンル アイドル
所属グループ sendai☆syrup(2014年 - 2016年)
Good Tears(2017年 - )
活動期間 2014年 -
事務所 TWIN PLANET
レーベル ユニバーサル ミュージック ジャパン
公式サイト 公式プロフィール
アイドル: テンプレート - カテゴリ

相澤 瑠香(あいざわ るか、1999年5月22日 - )は、日本の女性アイドル宮城県ローカルアイドルユニット「sendai☆syrup」の元メンバーであり、ラストアイドルファミリー「Good Tears」のメンバーである。

略歴[編集]

宮城県仙台市出身。実家は仙台の寿司店。

2013年5月に開校したドリーミュージック・アーティストスクール仙台に14歳で入校。1stシングル音源収録メンバー選抜テストに合格し、sendai☆syrupのメンバーとして2014年8月20日、1stシングル「愛と呼ぶらしい」でインディーズデビュー。デビュー当時メンバー最年少の15歳ながら(翌年最年少のDJひなたが加入)グループ内トップの人気を誇り、計4枚のシングル(全曲インディーズランキングベスト10入り)とアルバム1枚を発表。担当カラーは、かき氷のブルーハワイをイメージした青。TBC夏まつりTOKYO IDOL FESTIVALに2年連続出演し、TBCラジオの冠番組を持つなど、sendai☆syrupは宮城を代表するローカルアイドルグループへ成長したが、2016年8月24日に同メンバーの菊地玲菜と共に卒業を発表。9月4日の卒業公演を終えた翌日、冠番組の「sendai☆syrupのホップシロップジャンプ!」出演を最後にグループを卒業した。

2016年10月、女子高生ミスコン2016-17に出場。地方ファイナリストまで進むも、全国進出はできなかった。

2017年3月8日、フジテレビバイキング』の特別企画「坂上忍の東北でお手伝い隊 “未来のなでしこ” 女子高をサプライズ訪問」において、坂上に将来の夢について相談する相澤の姿が放映された。坂上は真摯な態度で相澤にアドバイスを送っている。

2017年3月10日、Popteenイベント出演権を賭けたPopteen×SHOWROOMイベントに参加。結果は3位であった。

2017年夏、テレビ朝日ラストアイドル』の暫定メンバーオーディションに応募。7月30日に開催された最終オーディションで4,932名の応募者の中から初期暫定メンバー(立ち位置No.7)に選ばれ、8月13日(12日深夜)第1回より出演[1]。しかし、8月27日(8月26日深夜)の第3回放送で挑戦者の古賀哉子に敗れ、立ち位置7番の座を奪われる。

10月15日(10月14日深夜)の放送でセカンドユニット「Good Tears」のメンバーとして活動をスタートし、デビュー曲「涙の仮面」を初披露。担当カラーはsendai☆syrup時代のブルーハワイ同様、青。

2018年1月14日(13日深夜)にスタートした『ラストアイドル セカンドシーズン』において、Good Tearsのプロデュースを織田哲郎が手掛ける事が決定。2月4日(3日深夜)の放送で織田提供の楽曲「スリル」が初披露された。この初戦でGood Tearsはラストアイドルに0-4で敗北。コメントを求められた相澤は「Good Tearsは悔しい思いをすればするほど輝く」と述べた。以後、相澤のこの言葉通りGood Tearsは怒涛の快進撃を続け、3連勝で決勝トーナメント進出を果たすことになる。

3月1日 - 14日にSHOWROOMで行われた「関西コレクション出演権争奪ラストアイドルファミリーバトル」において4位となり、ランウェイを歩く[2]

4月1日放送のセカンドシーズン最終回決勝戦において、一位通過で決勝に残ったGood Tearsはシュークリームロケッツに0-4で敗北。コメントを求められた相澤は「なんで!?」と絶叫し泣き崩れた。この相澤の言葉は大きな反響を呼び、週プレNEWSには2回に渡り相澤の特集が掲載された[3][4]

2018年6月3日にスタートした『ラストアイドル in AbemaTV』において、Good Tearsのプロデュースを近田春夫が手掛ける事が決定。6月10日の放送で近田提供の楽曲「へえ、そ〜お?」が初披露された。(1勝3敗で予選敗退)

電子書籍サービス「ブックパス」において、ラストアイドルファミリー5つのユニットによるグラビアブックバトルが8月17日(金)から9月16日(日)までの一か月間に渡り開催された。結果、Good Tearsが1,018,603もの閲覧数を獲得しユニットバトル初優勝[5]。グアムを舞台にした完全撮りおろしのご褒美グラビアブック「Good Smile in Guam!!!!」が、11月12日(月)より1か月限定でブックパス読み放題会員向けに配信された。

2019年1月公開の実写版『がっこうぐらし!』に、実写版オリジナルキャラクターの藤村沙也加役で出演することが発表された。

人物[編集]

エピソード[編集]

ラストアイドル初期暫定メンバーに選ばれた時点で、既に業界関係者から注目されていた[6]

相澤が敗れた回は、ジャッジに指名されたギュウゾウ以外の3名の審査員(大森靖子Carlos K.ピエール中野)は相澤勝利の判定を下しており、またギュウゾウの述べた古賀の勝因が非常に曖昧だったため、放送終了後ギュウゾウのTwitterアカウントには非難のコメントが殺到する事態となった[7]

セカンドユニット発足の経緯については総合プロデューサーの秋元康が『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ、2017年12月13日放送)にゲスト出演した際、初回の収録(第1回 - 第3回)を見てバトルが(当初予想した)プロ同士の戦いには見えず、夢を持っている素の女の子の戦いになってしまい、(バトルで敗れることで)「これで落ちたらもう無い」と見えるのはTV的に良くない[8]と感じ、急遽セカンドユニットを設定した事を明らかにした。

2017年12月19日、バンドワゴン発売記念イベント[9]を観覧したギュウゾウは、Good Tearsでステージに立った相澤へ自身のTwitterを通じエールを送った。これに対し相澤も、「ギュウゾウさんのジャッジがあったからこそGood Tearsという大切な仲間に出会えた」と感謝のリプライを送った。ギュウゾウは芸道上達祈願のの立つ神社の写真と共に、改めて相澤へエールを送っている。

立ち位置7番を巡り戦った古賀とはバトル後も絡みや2ショットが無いなどの理由からファンの間で2人の確執が噂され、相澤自身も「本当は仲良くしたいがどう接すれば良いか判らない」とSHOWROOMで述べるほどだった。2018年4月18日、Zepp DiverCityで開催された「ラストアイドルファミリー2ndシングル発売記念コンサート」において、古賀がファミリー卒業を発表。挨拶後にステージ上で相澤は古賀に歩み寄り、短い言葉を交わし号泣しながら抱擁した[10]。コンサート翌日、相澤は自身のTwitterにて古賀へのエールと共に2ショットを初公開。涙目ながらも満面の笑みをたたえる2人の姿に多くのファンが歓喜した。

名言[編集]

前述の「なんで!?」はラストアイドル史に残る名言として公式に認められており、他にもこれまでに多くの名言を残している。

  • 「全部、夢だったみたいです…。」(初期暫定メンバーを敗退して)
  • 「Good Tearsは悔しい思いをすればするほど輝くグループだと思っているので、必ず上位3チームに残って、次こそこの5人の悔しい気持ちを嬉し涙に、Good Tearsに変えたいと思っています。」(セカンドシーズン表題曲バトル初戦を敗北して)
  • 「『好きで好きでしょうがない』が大ヒットして、ラストアイドルファミリーを好きで好きでしょうがない人が、日本中に溢れますように!!」(3rdシングルヒット祈願バンジーにて。シュークリームロケッツ小澤愛実から「コメント完璧やん」とつっこまれていた)
  • 「何のためにアイドルになったのかな…」(ラストアイドルが団体行動=歩く芸術に挑戦!企画発表を聞いて)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ネット配信番組[編集]

映画[編集]

ラジオ番組[編集]

  • sendai☆syrupのホップシロップジャンプ!(2015年9月7日 - 2016年9月5日、TBCラジオ
  • 徳光正行のあなたをもっと知りたくて!(2018年1月10日、SMART USEN[12]

ディスコグラフィ[編集]

sendai☆syrup

シングル[編集]

  • 「愛と呼ぶらしい」(2014年8月20日、DREAM GATE)
  • 「進め!!シロップ号☆」(2016年1月2日、DREAM GATE)
  • 「ばっちこい!!シロップ☆ 」(2016年4月6日、DREAM GATE)
  • 「七夕の約束」(2016年8月6日、DREAM GATE)

アルバム[編集]

  • 「シロップ☆syrup」(2015年4月6日、DREAM GATE)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ラストアイドル 秋元康プロデュース究極アイドル候補7人お披露目 AKBドラフト候補生も”. 毎日新聞 (2017年8月6日). 2017年8月7日閲覧。
  2. ^ 「ラストアイドル」ファミリー、関コレ占拠 肌見せファッションで笑顔弾ける<関コレ2018S/S>”. mdpr.jp (2018年3月21日). 2018年3月21日閲覧。
  3. ^ 『ラストアイドル』最終回で、アイドル史に残る名言ーー相澤瑠香「なんで!?」の背景とは...”. 週間プレイボーイ (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。
  4. ^ アイドル史に残る名言「なんで!?」の真意――『ラストアイドル』敗北で相澤瑠香が見たもの...”. 週間プレイボーイ (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。
  5. ^ ラストアイドルファミリー・Goodtearsが"グラビアブックバトル"で優勝!グアムでのご褒美撮影に「今までの人生で一番最高の景色でした!」”. nifty.com (2018年11月12日). 2018年11月12日閲覧。
  6. ^ 注目のオーディション番組「ラストアイドル」の残酷さが評判に”. 2017年8月25日閲覧。
  7. ^ 吉田豪とギュウゾウ『ラストアイドル』を振り返る”. miyearnzzlabo.com (2018年1月5日). 2018年1月13日閲覧。
  8. ^ 秋元康「合議制から指原莉乃は生まれない」オーディション番組ラストアイドルの裏側語る”. SANSPO.COM (2017年12月13日). 2017年12月18日閲覧。
  9. ^ ラストアイドル、デビュー記念イベントでファミリー集結 総勢5グループ・25名がステージに登場”. realsound.jp (2017年12月20日). 2017年12月20日閲覧。
  10. ^ 第1期ラストアイドル3人が卒業発表「この決断は」”. nikkansports.com (2018年4月18日). 2018年4月18日閲覧。
  11. ^ サンドの新春初売TV2016”. TBC東北放送. 2017年1月2日閲覧。
  12. ^ 徳光正行のあなたをもっと知りたくて!ラスアイファミリーGood Tears 高橋真由&相澤瑠香特集”. SMART USEN. 2018年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]