コンテンツにスキップ

LARME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

LARME』(ラルム)は、株式会社LARMEが発行する女性向けファッション雑誌[1]。コンセプトは「甘くてかわいい女の子のファッション絵本」[1][2]。10代後半から20代の女の子をターゲットとして、2012年9月徳間書店から創刊された[3]創刊号、002号が即日重版となるなど異例の売り上げを記録したが[2]2020年3月の045号をもって休刊[4]。同年9月に株式会社LARMEから復刊した[4]。初代編集長及び、現編集長は中郡暖菜[4]

ラルム
LARME
ジャンル ファッション
読者対象 10代後半 - 20代の女性
刊行頻度 季刊隔月刊→季刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 徳間書店→株式会社LARME
発行人 川田修→金箱隆二→中郡暖菜
編集長 中郡暖菜→中山剛介→板倉由佳→鍬守未希→中郡暖菜
刊行期間 2012年9月 -
姉妹誌 PECHE(ペシェ)
ウェブサイト https://www.larme.co/
テンプレートを表示

歴史

[編集]

初代編集長の中郡暖菜は、大学生の頃から5年間、インフォレスト社編集者として過ごし、『小悪魔ageha』の編集長・中條寿子の元で働いていた[2][5][6][7]。当時は後のLARMEに通じるような絵本っぽいストーリー性のある企画を作っていたという[2]。母親に病気が見つかったことをきっかけに、自分の作った雑誌を見てもらいたいという思いが芽生え、新たな雑誌を立ち上げることを決意[5][7]。編集長にも背中を押されとんとん拍子で創刊が決まったものの、編集長の退社によりその話が流れてしまう[5]。本来であれば、2012年3月に『小悪魔ageha』の姉妹雑誌として『LARME』という雑誌が出る予定だった[8]。気持ちが前に進んでいた中郡は、他の可能性を探るためすぐにインフォレスト社を退社した[5]

退社後、中郡は徳間書店に企画書を持ち込んで採用され、26歳で同社史上最年少の編集長となる[5][6]。初めは季刊誌としてのスタートだった[9]。当時について、中郡は次のように述べている。

焦りはありましたが、自分のやりたい雑誌を作るということにしか関心がなく、他の道はまったく考えていなかった。お金もなかったけれど、困ったらバイトでもすればいいと割り切っていたし、だめならまた他の出版社に持ち込もうと思っていました。 — 中郡暖菜[5]

002号までは編集部員が他にいなかったため、モデル探しからリース依頼まで全てひとりで行っていた。インフォレスト社が円満退社ではなかったことから、縁のあった事務所やカメラマンに声をかけることができず、一から開拓した[9]

創刊号(001号)、002号が即日重版、003号が10万部、004号が15万部と好評な売れ行きを見せ、2013年5月17日発売の004号から隔月刊(奇数月)になることが決定[2]。スタッフも1年で10人ほどに増えた[6]

2016年9月17日発売の024号(2016年11月号)を最後に、中郡が編集長を退任、徳間書店を退社[4]。その理由について、中郡は後に次のように語っている。[10]

いろいろ言えないこともあるのですが(笑)、簡単に言うと『LARME』が大きくなりすぎてしまい社内政治に巻き込まれた、という感じです。最初は編集長の私の判断で何でも進められていたのに、規模が大きくなるにつれて会社のいろんな部署の意思が入ってくるようになって。私はフリーの編集者として編集長契約を結んでいたのですが、『編集長が社員じゃないと困る』ということで正社員になった時期もありました。そのときに雑誌の部数を決める販売部や、“会社の意向”という大きな壁にぶつかり、難しさを感じました。 — 中郡暖菜[10]

中郡退任後、3人が編集長を務めたが[11]、2020年3月17日に発売の045号(2020年5月号)をもって休刊[12][13]。2020年6月5日、徳間書店公式サイトにて、株式会社LARME(代表取締役社長:中郡暖菜)[注釈 1]に雑誌『LARME』の事業を譲渡したことが発表された[15]。『LARME』の休刊は2020年1月に決定しており、その際に編集部から中郡宛に連絡があったという[4]。「中郡さんが運営や政策をするなら出資する」といった周囲の声に後押しされ、中郡は2020年3月に株式会社LARMEを設立、徳間書店から事業を譲り受けた[6][注釈 2]

2020年9月17日発売の046号(2020年号)から季刊誌として復刊[4]。復刊号となった046号は、前号の3倍以上の売り上げを記録し、完売した[17]。最新号は2024年3月18日に発売された060号[18]

特色

[編集]

「甘くてかわいい女の子のファッション絵本」をコンセプトとし[1][2]、作り込んだ甘めの世界観を特徴とする[9]。『LARME』という名前はフランス語で「」の意。LARMEが涙の代わりとなって女の子を癒やせる存在になれたら、という思いが込められている[19]

2014年のインタビューで中郡は、「コーディネートで大切にしているのは『少女感』。セクシーや格好いいではなく、小さな女の子がおめかししているようなイメージ」と語っている[20]。『LARME』では、異性の目を気にしたモテよりも、自分たちの世界を重視しており[21]、誌面上にも男性モデルは殆ど登場しない[1][20]

また、「雑誌というより、写真集や本みたい」と口にする読者もいるほど[20]、写真や紙にもこだわっている[9]。あえてフィルムで撮影したり、ざらついて見える加工を施したりしているという[20]。飾っておきたくなる本を目指しており[9]、人物を小さくレイアウトすることもある[2]

復刊後もターゲット層は変わらず10代から20代の女の子とする一方、トレンドを取り入れたスタイルを提案していくとしている[4]。2020年のインタビューで中郡は、復刊にあたってこれまでの世界観を壊さなければならないと最初に決めた、と語っている。その理由として「休刊という道を選ばねばいけなくなるほど、世の中から求められているものとの乖離があったということ」をあげている[11]

モデル

[編集]

創刊号(001号)の表紙は渡辺麻友AKB48)と白石麻衣乃木坂46)が務めた。当時としては珍しかった女性アイドルのレギュラーモデル起用を積極的に行っており、『LARME』をきっかけに活躍の幅を広げる事例も見られた[11]

中郡は2013年のインタビューでモデルの選出基準について尋ねられた際、共通するのは”甘くてかわいい”雰囲気で、「個人的に目が大きい子が好きなので、そういう子が多いかもしれませんね」と述べている[2]。2017年のインタビューでは、「5年前に当時の女の子の『なりたい』と思う人物像を考えた時に、『アイドル』と『ハーフ』と『ギャル』だと思って。その3つの要素を全部入れようと決めたんです」と述べ、それら3つを全て同じバランスにしたかったと語る。また、それらに共通するのは”媚びない”姿勢だと分析している[7]。アイドル以外のモデルもお人形のような女の子が多く、他のファッション誌と比べて笑顔が少ないことが特徴である[1]

復刊号である046号の表紙をインフルエンサーなえなのが飾り、一部で反発を生んだ[1]。なえなのの起用について中郡は次のように述べている。

『LARME』ってこうだよね、っていう意識がない子のほうが良いのかなと。その意識が働いてしまうと変に意識したり、しばられたりしちゃうじゃないですか。変化していけない雑誌のほうが弱いし、かっこ悪いと思うから。新しく変化して、新しい世界に届ける。新規ファンを獲得していかないと、雑誌が広がっていかない。なえなのちゃんの表紙を「LARMEっぽくない」って言う意見は目にしましたけど、私からすればそもそも最初に創刊してその時のLARMEらしさのようなものを作った私も『LARME』が何なのかはずっと分からない。雑誌はそのときそのときで作っていくものなので、時代と共に変化していくものだと思っているからです。 — 中郡暖菜[11]

表紙の最多人数は7人で、060号のFRUITS ZIPPER[18]

歴代表紙モデル一覧

[編集]
番号 発売日 名前 よみ 備考
001 2012年9月14日 渡辺麻友 わたなべ まゆ AKB48の元メンバー(3期生)
白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
002 2012年12月17日 小嶋陽菜 こじま はるな AKB48の元メンバー(1期生)
003 2013年3月16日 菅野結以 かんの ゆい
白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
004 2013年5月17日 渡辺美優紀 わたなべ みゆき NMB48の元メンバー(1期生)
島崎遥香 しまざき はるか AKB48の元メンバー(9期生)
005 2013年7月17日 瑛茉ジャスミン えま じゃすみん
逢沢りな あいざわ りな
黒瀧まりあ くろたき まりあ
006 2013年9月17日 2013年11月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
007 2013年11月16日 2014年1月号 菅野結以 かんの ゆい
008 2014年1月17日 2014年3月号 黒瀧まりあ くろたき まりあ
AMO あも
009 2014年3月17日 2014年5月号 逢沢りな あいざわ りな
010 2014年5月17日 2014年7月号 中村里砂 なかむら りさ
菅野結以 かんの ゆい
011 2014年7月17日 2014年9月号 AMO あも
012 2014年9月17日 2014年11月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
中村里砂 なかむら りさ
013 2014年11月17日 2015年1月号 中村里砂 なかむら りさ
014 2015年1月17日 2015年3月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
015 2015年3月17日 2015年5月号 渡辺美優紀 わたなべ みゆき NMB48の元メンバー(1期生)
中村里砂 なかむら りさ
016 2015年5月16日 2015年7月号 中村里砂 なかむら りさ
017 2015年7月17日 2015年9月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
018 2015年9月17日 2015年11月号 逢沢りな あいざわ りな
菅野結以 かんの ゆい
019 2015年11月17日 2016年1月号 西もなか にし もなか
中村里砂 なかむら りさ
020 2016年1月16日 2016年3月号 渡辺美優紀 わたなべ みゆき NMB48の元メンバー(1期生)
021 2016年3月17日 2016年5月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
022 2016年5月17日 2016年7月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
023 2016年7月16日 2016年9月号 齋藤飛鳥 さいとう あすか 乃木坂46の元メンバー(1期生)
024 2016年9月17日 2016年11月号 中村里砂 なかむら りさ
025 2016年11月17日 2017年1月号 齋藤飛鳥 さいとう あすか 乃木坂46の元メンバー(1期生)
白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
026 2017年1月17日 2017年3月号 黒瀧まりあ くろたき まりあ
027 2017年3月17日 2017年5月号 中村里砂 なかむら りさ
028 2017年5月17日 2017年7月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
029 2017年7月15日 2017年9月号 吉木千沙都 よしき ちさと
030 2017年9月16日 2017年11月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
031 2017年11月17日 2018年1月号 渡辺梨加 わたなべ りか 櫻坂46(当時は欅坂46)の元メンバー(1期生)
032 2018年1月17日 2018年3月号 中村里砂 なかむら りさ
033 2018年3月17日 2018年5月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
034 2018年5月17日 2018年7月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
035 2018年7月17日 2018年9月号 吉木千沙都 よしき ちさと
036 2018年9月15日 2018年11月号 吉木千沙都 よしき ちさと
中村里砂 なかむら りさ
037 2018年11月16日 2019年1月号 渡辺梨加 わたなべ りか 櫻坂46(当時は欅坂46)の元メンバー(1期生)
038 2019年1月17日 2019年3月号 齋藤飛鳥 さいとう あすか 乃木坂46の元メンバー(1期生)
039 2019年3月15日 2019年5月号 吉田朱里 よしだ あかり NMB48の元メンバー(1期生)
040 2019年5月17日 2019年7月号 白石麻衣 しらいし まい 乃木坂46の元メンバー(1期生)
041 2019年7月17日 2019年9月号 山本舞香 やまもと まいか
042 2019年9月17日 2019年11月号 佐藤ノア さとう のあ
吉木千沙都 よしき ちさと
中村里砂 なかむら りさ
043 2019年11月15日 2020年1月号 中村里砂 なかむら りさ
044 2020年1月17日 2020年3月号 黒瀧まりあ くろたき まりあ
中村里砂 なかむら りさ
吉木千沙都 よしき ちさと
山本舞香 やまもと まいか
045 2020年3月17日 2020年5月号 吉木千沙都 よしき ちさと
中村里砂 なかむら りさ
山本舞香 やまもと まいか
046 2020年9月17日 2020年秋号 なえなの なえなの
047 2020年12月17日 2021年冬号 佐々木彩夏 ささき あやか ももいろクローバーZのメンバー
048 2021年3月17日 2018年春号 佐々木彩夏 ささき あやか ももいろクローバーZのメンバー
齊藤なぎさ さいとう なぎさ =LOVEの元メンバー
049 2021年6月17日 2021年夏号 景井ひな かげい ひな
佐藤ノア さとう のあ
なえなの なえなの
050 2021年9月16日 2021年秋号 矢吹奈子 やぶき なこ HKT48の元メンバー(3期生)、IZ*ONEの元メンバー
051 2021年12月17日 2022年冬号 鶴嶋乃愛 つるしま のあ
052 2022年3月30日 2022年春号 戦慄かなの せんりつ かなの femme fataleのメンバー、悪魔のキッスのメンバー
頓知気さきな とんちき さきな femme fataleのメンバー
053 2022年6月17日 2022年夏号 齋藤なぎさ さいとう なぎさ =LOVEの元メンバー
054 2022年9月16日 2022年秋号 佐々木彩夏 ささき あやか ももいろクローバーZのメンバー
055 2022年12月16日 2023年冬号 なえなの なえなの
056 2023年3月17日 2023年春号 齋藤なぎさ さいとう なぎさ =LOVEの元メンバー
057 2023年6月16日 2023年夏号 かす かす
058 2023年9月15日 2023年秋号 佐々木彩夏 ささき あやか ももいろクローバーZのメンバー
059 2023年12月15日 2023年冬号 戦慄かなの せんりつ かなの femme fataleのメンバー、悪魔のキッスのメンバー
060 2024年3月18日 2024年春号 FRUITS ZIPPER ふるーつ じっぱー
061 2024年6月17日 2024年夏号 桜庭遥花 さくらば はるか アソビシステム所属タレント

レギュラーモデルオーディション

[編集]

2020年

[編集]

2021年

[編集]

2021年7月6日から開催[23]

2023年

[編集]

2023年5月30日からミクチャにて開催[25]

影響・評価

[編集]

『LARME』が創刊された2012年はギャル系や赤文字系の雑誌が多く、その中間にあたる雑誌がなかったという[2][9]。中郡は2013年のインタビューで、「こういった世界観に特化した雑誌がなかったこともあり、たくさんの方に支持していただけたのかなと思います」と分析している[2]

『LARME』から生まれた、あるいは拡散された流行も少なくはなく、その例として目の下を赤くした「うさぎメイク」や「ゆめかわいい」のイメージなどがあげられる[1]。004号でイギリス映画ロリータ』(1962年)をイメージとした特集を組んだ際には[2]、撮影当時には入手しづらかったギンガムチェック柄の服やハート型のサングラスが掲載後にブームとなり、多くのアパレルショップに並ぶこととなった[26]

2020年9月に復刊号である046号が発売されると、インフルエンサーのなえなのを起用した表紙や、歌舞伎町ロケ地とした量産型・地雷系ファッションの特集が話題となり、賛否の声が上がった[11]。藤谷千明は、親しみやすさを持つインフルエンサーや、ネット発のファッションである量産型・地雷系は生々しさがあり、従来のガーリーで幻想的な世界観を求めていた読者はショックを受けたのではないか、と分析する。また、LINE LIVEを舞台に開催された課金制のレギュラーモデルオーディションにおいて、オーディションを勝ち抜き撮影に参加したものの、雑誌に掲載されていないというアイドルのツイートが拡散され、一部のファンが不信感を持ったことについても指摘した[1]

研究

[編集]

南里敬三は2020年の論文において、LARMEはメイクとコーデでモデルの固有性を消していると分析し、「彼女らは一人一人固有のモデルであるというより、女の子の”絵本”、或いは、”おとぎの国”の均質的住人と言うべきだろう」と述べている[27]。2022年の論文では、人生における苦悩の吐露はLARMEの基本路線であり、LARMEは復刊後その基本路線に立ち返ったと言える、と述べている[28]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 株式会社LARMEは現在、『LARME』の姉妹雑誌『PECHE(ペシェ)』を不定期で発行している[14]
  2. ^ 中郡は、2017年5月から雑誌『bis』(光文社)の新創刊を手がけており、2018年10月1日発売の2018年11月号を最後に『bis』の編集長を退任した[16]

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h “ゆめかわいい”提示した雑誌「LARME」復刊号の狙いは? 人気インフルエンサー起用などの施策を考察”. Real Sound|リアルサウンド ブック (2020年10月11日). 2023年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k ファッション誌「LARME」即日完売・重版で定期化決定 美人編集長が躍進の理由を語る<インタビュー> - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2013年5月14日). 2023年8月7日閲覧。
  3. ^ 異例のヒット見せる女性誌「LARME」が今、支持される理由 原点は“リア充”へのアンチテーゼ - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2016年3月18日). 2023年8月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 雑誌「ラルム」が9月に復刊、中郡暖菜が編集長に復帰”. FASHIONSNAP [ファッションスナップ] (2020年6月5日). 2023年8月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 女子向けファッション誌「LARME」の快進撃とは? 編集長が語る成功の秘密|朝日新聞×マイナビ転職 情熱人”. マイナビ転職. 2023年8月7日閲覧。
  6. ^ a b c d 中郡暖菜 孤独だった最年少編集長…雑誌作り「自分の感覚を頼りに」”. 読売新聞オンライン (2023年5月30日). 2023年8月7日閲覧。
  7. ^ a b c 「笑顔はいらない」「bis」編集長・中郡暖菜が語る「媚びない女性ファッション誌」の作り方”. サイゾーウーマン (2017年7月22日). 2023年8月7日閲覧。
  8. ^ “クリエイターズ・アイ/雑誌編集者 中郡暖菜氏 スペシャルインタビュー”. FGひろばVol.174 (富士フイルムグラフィックソルーションズ株式会社). (2018-10). 
  9. ^ a b c d e f 創刊号は一人で作成!発売後即重版の人気女性誌『LARME』の美人編集長に直撃”. 日刊SPA! (2014年3月17日). 2023年8月20日閲覧。
  10. ^ a b 会社を設立し『LARME』を復活 創刊編集長・中郡暖菜氏が見据える女性誌ビジネスの未来とは”. ORICON NEWS. 2023年8月20日閲覧。
  11. ^ a b c d e 復刊の『LARME』は本当に“変わってしまった”のか? 編集長に聞く“女の子”を表現することへの気概”. ORICON NEWS (2019年5月13日). 2023年8月20日閲覧。
  12. ^ 雑誌『LARME』 発行元変更のお知らせ - 徳間書店”. www.tokuma.jp. 2023年8月20日閲覧。
  13. ^ 女性誌「ラルム」休刊 今後はウェブに注力”. WWDJAPAN (2020年4月2日). 2023年8月20日閲覧。
  14. ^ お洋服を脱いでもかわいくなれるシークレットビューティーバイブル『LARME』特別編集雑誌『PECHE』発売-2020年12月16日(水)-”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2020年12月15日). 2023年8月22日閲覧。
  15. ^ 雑誌『LARME』 事業譲渡に関するお知らせ - 徳間書店”. www.tokuma.jp. 2023年8月20日閲覧。
  16. ^ ファッション誌「bis」中郡暖菜氏が編集長を退任 - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2018年10月15日). 2023年8月22日閲覧。
  17. ^ LARME046大好評につき完売!!発売記念オンラインイベントは64万人が視聴!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2020年9月29日). 2023年8月22日閲覧。
  18. ^ a b FRUITS ZIPPER「LARME」史上最多人数で表紙 最上級のガーリー姿披露 - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2024年3月16日). 2024年3月20日閲覧。
  19. ^ 女子向けファッション誌「LARME」の快進撃とは? 編集長が語る成功の秘密|朝日新聞×マイナビ転職 情熱人”. マイナビ転職. 2023年8月21日閲覧。
  20. ^ a b c d 井土聡子「20代女子、ファッション誌「ラルム」に夢中─少女の頃の夢、甘くはかなく、部屋に飾りたくなる表紙。」『日本経済新聞』2014年9月5日、20面。
  21. ^ 高久潤「(ニュースQ3)ギャルが消えた?雑誌からも街からも」『朝日新聞』2014年5月23日、朝刊、33面。
  22. ^ Mi☆nA天音みほ「LARME」レギュラーモデルオーディショングランプリ決定「この繋がりをずっと大切にしてきたい」 - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2020年8月20日). 2023年9月14日閲覧。
  23. ^ LINE LIVEで史上最多の参加者数を記録した「LARME(ラルム)」レギュラーモデルオーディションが今年も開催決定!LARME監修のソロ写真集制作・発売の超豪華特典も!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2021年7月6日). 2023年9月14日閲覧。
  24. ^ 「LARME」レギュラーモデルオーディション結果発表 モデルプレス賞も - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2021年7月6日). 2023年9月14日閲覧。
  25. ^ LARMEレギュラーモデルオーディション”. mixch.tv. 2023年9月14日閲覧。
  26. ^ 「LARME」女子とは何者か? ファッション、SNS、男性観に見る“新種のギャル”像”. サイゾーウーマン (2016年6月11日). 2023年8月22日閲覧。
  27. ^ 南里 2020, p. 213.
  28. ^ 南里 2022, p. 101.

参考文献

[編集]
  • 南里敬三「ネットから見たファッション誌が売れない理由 GFL誌はそれをどう克服したか」『大分大学国際教育推進センター紀要』大分大学国際教育推進センター、2020年3月、194-219頁。 
  • 南里敬三「売れるファッション誌はまだ作れるのか 緊縮デフレ下の日本のファッション誌」『大分大学国際教育推進センター紀要』大分大学国際教育推進センター、2022年3月、61-114頁。 

外部リンク

[編集]