織田哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
織田 哲郎
基本情報
出生名 濱田 哲郎
(はまだ てつろう)
出生 1958年3月11日(56歳)
血液型 A型
学歴 東京都立大学附属高等学校
出身地 日本の旗 日本,東京都
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ギター
キーボード
パーカッション
活動期間 1978年 -
レーベル キングレコード
事務所 ティーズコーポレーション
共同作業者 長田直也
池田大介

サイモン&ガーファンクル[1]
ボブ・ディラン[2]
ニール・ヤング[3]
吉田拓郎[4]

織田 哲郎(おだ てつろう、1958年3月11日 - )は、日本作曲家音楽プロデューサーシンガーソングライター。本名は濱田哲郎。

人物[編集]

東京都出身。高知学芸高等学校を経て、東京都立大学附属高等学校卒業、明治学院大学社会学部除籍。ティーズ・コーポレーション所属。

1990年代のヒット曲の仕掛け人であり、長戸大幸とともにビーイングの創立に関与する。1990年代に同じくヒット曲を量産した小室哲哉と並ぶ作曲家として知られる。

経歴[編集]

13歳の時に父親の仕事の都合で渡英、中学時代をイギリスロンドンで過ごし15歳で帰国。帰国後は両親の出身地である高知県高知市で過ごす。幼少時はブリティッシュ・ロックやアメリカンフォークを好んで聴いていた。

高知学芸高等学校在学時には進学校でありながら学校内でバンド「ポテトーズ」を結成し音楽活動を行う。後に東京への引越しにともないポテトーズを脱退するが、その際に補充メンバーとして加入したのがファイナルファンタジーシリーズで知られる植松伸夫であった。

1978年 - 「スピニッヂ・パワー」の1stシングル「POPEYE THE SAILORMAN」にコーラスとして参加。

1979年 - 「スピニッヂ・パワー」の2代目ボーカリストに就任し、楽曲のほとんどの作曲をてがける。また、ディスコミュージック路線のバンド「MSマシーン」を結成し、シングルを3枚リリースした。このバンドだけ自作曲はない。長戸秀介(長戸大幸の弟)と、ギタリスト北島健二と共に、プロデュースユニット「WHY」結成。6月にアルバム『WHY』リリースした。

1980年 - バンド「織田哲郎 & 9th IMAGE」結成。アルバム『DAY and NIGHT』をリリースしたが、メンバーの松井常松の脱退によりバンドは解散。その後ソロ活動、事務所設立を行う。

1983年 - アルバム『VOICES』でソロ・デビュー。

1985年 - 新宿ルイードで行われたエフエム東京主催の彩恵津子公開ライブでは提供した楽曲「リーチ・アウト」にコーラスとして参加した。

1986年 - TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」を楽曲提供したことで作曲家として注目される。

1989年 - バンド「TOUGH BANANA」を結成。アルバム『TOUGH BANANA』をリリース。

1990年 - 楽曲提供したB.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」がミリオンセラーを記録。これを皮切りにBeing系の数々のヒット曲・ミリオンセラーを量産する。

1992年 - 「いつまでも変わらぬ愛を」(大塚製薬ポカリスエットCMソング)が大ヒットする。オリコン1位を記録した。

1993年 - ZARDの「負けないで」「揺れる想い」、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」などミリオンセラーを連発し、オリコン作曲家ランキングにて史上初の年間売上1000万枚を突破して堂々の1位を獲得した。

1995年 - ロカビリーバンドMAGICのプロデュースを行う。その後も相川七瀬を中心に幅広いアーティストのプロデュースを行っている。

1998年 - ZARDの「息もできない」の作曲制作を最後にビーイングを脱退。古村敏比古(Sax)、小田原豊(Dr)、美久月千晴(B)と「DON'T LOOK BACK」を結成。シングル5枚、ミニアルバム1枚をリリースした。

2000年 - スペインで強盗に首を絞められ、声帯を変形させられている(笑っていいとも!の2度目のテレフォンショッキングにて、発言)。

2003年 - 作曲家としての活動を縮小し、ライブツアー、アルバム制作に集中をする。

2004年 - 相川七瀬の「バイバイ。」がイギリスのポップシンガー・ジェニファー・エリソンに「バイ・バイ・ボーイ」という題でカバーされ、イギリス国内だけで約17万枚のヒットとなった。1996年作詞作曲編曲を手掛けた曲であり、イギリスで中学生時代にディスコに熱中していた織田は、自身のブログで素直に喜びの意を表明していた。

またCM等ノークレジットや別名の曲も多数ある。「Eddy Blues」という名での活動もあり、V6の「本気がいっぱい」、浅岡雄也の「Life gose on」の作曲も手がけている

TETSUとしての活動[編集]

1983年、テレビアニメ「装甲騎兵ボトムズ」の主題歌「炎のさだめ」(作曲:乾裕樹)・エンディング「いつもあなたが」を「TETSU」名義で歌った。この曲は以前から付き合いのあったレコーディングスタッフからの依頼で歌っているのだが、発売元がキングレコードだったため契約の関係で別名でのリリースとなった[5]。なお、『ボトムズ』本編は2000年代にたまたま付けたCSで流れているのを見たのが初見である。それ以前は、中島正雄の作曲を受け取って歌ったことがある。

2009年公開の映画「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ劇場版」の主題歌「炎のさだめ2009」(「TETSU」名義)、2011年公開の映画「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」の主題歌「いつもあなたが2011」を新たにTETSU名義で歌っている。2曲とも編曲は織田自ら手がけ(乾裕樹と連名)、2010年12月22日にマキシシングルとしてランティスから発売された。なお『孤影再び』では劇伴曲も提供している。

サウンドの特徴[編集]

初期は、自身の楽曲にはギターのみ、女性ソロ歌手の作品への参加ではドラムスのみの演奏(大概はLOUDNESSVOW WOW北島健二との共演)が目立っていたが、1990年代には、ギターのみならずベース、ドラムス、キーボードを使用することが多くなった。相川七瀬等の楽曲製作でも、同じような傾向が見られる。また、音ではホーンや、ストリングス、ジャンルでは、フラメンコボサノヴァにこだわりを持っており、特に、サックスでは、DIMENSION勝田かず樹古村敏比古を起用することが目立っている。

メディアでの露出[編集]

エピソード[編集]

2007年5月に出演したフジテレビDのゲキジョー」にゲスト出演した際に様々なエピソードを明かしている。

  • 番組放送時点で筒美京平小室哲哉に次ぎ日本の作曲家別シングル売上第3位を誇る。
  • 多くのミュージシャンに楽曲を提供しているものの、提供したミュージシャンに会うことは殆ど無く(自他のサウンドプロデュース、レコーディング参加を除く)、曲を渡した後はおまかせだった。それゆえ、渡した曲を聞くのも一般人と同じタイミングで知る。
  • ヒットした曲はあまり苦労して作ったものではない。かつてのインタビューで、「楽曲提供は楽しい。ゲーム感覚でやれる」と言ったことがあった。また楽曲を提供する時は特に何も思わないが、ヒットした曲を聞いた後に「もったいなかった」と感じることはあると正直に告白した。
  • 中学3年でイギリスから帰国後、帰国子女という事で、孤立し自殺まで考えたが、エルトン・ジョンの『Your Song』を聞いて心を救われた。
  • 長戸大幸には「たいへん世話になった」と袂を分った今も感謝の気持ちを持っている。デビュー当時全く売れずに悩んでいた織田に「好きにやっていいから」と励ましてくれたことで挫けずに頑張れた、と語った。
  • 4歳年上の兄がいたが心臓発作で29歳で亡くなっている。中学時代の兄は通信簿がオール5の優等生で、織田にとっては身近にいる憧れの存在だったという。ところが受験戦争の精神的重圧から引きこもりになってしまい病院に通院していた。織田のヒット曲である「いつまでも変わらぬ愛を」は、一般的にラブソングとして有名だが、実は亡くなった兄に向けて作られたものだった。
  • 2000年、スペイン滞在中に強盗に襲われ、その際に首を絞められ声帯を痛めてしまう。その結果声帯の骨が歪んでしまい、満足な声を出せなくなった。それ以後リハビリを続けて回復しつつあるが、それでも全盛期の40%程でしかない。普段は作曲家としての活動が多い織田であったが、この事件以後、改めて歌うことへの情熱を思い出したという。
  • 番組内で司会のみのもんたから「番組のために1曲作って欲しい」と要求され、「難しい事に立ち向かうのは嫌いじゃない」と快諾。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 色あせた街 (1981年3月5日) ※ソロ名義での最初のシングルだが、実質は織田哲郎 & 9th IMAGEの2枚目のシングル。
  2. 炎のさだめ (1983年4月21日、TETSU名義) ※アニメ"装甲騎兵ボトムズ"主題歌。発売元はキングレコード
  3. 2001年 (1983年5月21日)
  4. 時を超えて (1983年10月21日)
  5. Lucie My Love (1984年5月21日)
  6. Stay -置き去りにされた愛の中で- (1985年7月21日)
    京セラ「ヤシカT」CFイメージ・ソング
  7. LIFE (1986年4月21日)
  8. 愛を探して (1987年8月26日)
  9. SEASON (1988年5月21日)
  10. IN THE DREAM (1989年3月21日)
  11. 光と影の中で (1990年4月21日)
  12. SMILE for ME (1990年11月21日)
  13. いつまでも変わらぬ愛を (1992年3月25日)
  14. 君の瞳にRainbow (1992年11月26日)
  15. 朝がくるまで (1993年5月12日)
  16. 君の笑顔を守りたい (1994年4月23日)(作詞:萩原夕希・織田哲郎)
  17. 青空 (1998年4月1日)
  18. キズナ (2000年5月10日)
  19. 真夜中の虹 (2003年5月21日)
  20. 祈り (2003年10月15日)
  21. 月ノ涙 (2007年11月14日)

コラボレートシングル[編集]

  1. BOMBER GIRL (1992年1月21日) - 近藤房之助&織田哲郎(作詞:康珍化
  2. 憂鬱(じょうねつ)は眠らない (1993年11月26日) - 織田哲郎&大黒摩季
  3. CANDLE LIGHT (2002年12月4日) - 織田哲郎&ANRI
  4. ETERNAL LANDSCAPE - Skoop On Somebody+織田哲郎

アルバム[編集]

  1. VOICES(ボイス)(1983年6月22日)
  2. New Morning (1984年5月21日)
  3. NIGHT WAVES (1985年8月21日)
  4. LIFE (1986年4月21日)
  5. WILDLIFE (1987年2月26日)
  6. Ships (1987年8月26日)
  7. SEASON (1988年5月21日)
  8. Candle In The Rain (1989年3月21日)
  9. いつかすべての閉ざされた扉が開かれる日まで (1990年4月21日)
  10. ENDLESS DREAM (1992年6月24日)
  11. Songs (1993年12月23日)
  12. T (1993年12月23日)
  13. MELODIES (2006年9月20日)
  14. One Night (2007年5月23日)
  15. W FACE (2013年10月30日)

配信限定曲[編集]

  1. いつまでも変わらぬ愛を(2011バージョン)(2011年7月6日)
  2. あなたのうた(2011年7月6日) - Sonar Pocketへの提供曲のセルフカバー及び武田薬品アリナミン」CMソング。
  3. ROCK'N ROLL IS MY FRIEND - FENCE OF DEFENSEとのF.O.D.A.名義でボーカルを担当。

ベストアルバム[編集]

  1. GROWING UP 1983-1989 (2008年9月10日) - 3枚組

その他[編集]

  1. complete of 織田哲郎 at the BEING studio (2002年9月25日)
  2. BEST OF BEST 1000 織田哲郎 (2007年12月12日)

その他[編集]

  1. Guitar Monster Vol.1(M-5「G-10」、BMFプロデュース)
  2. POP MEETS JAZZ(M-3「いつまでも変わらぬ愛を」、西村麻聡プロデュース JAZZバージョン)

主な提供曲[編集]

織田哲郎提供楽曲一覧も参照のこと。

あ行

か行

さ行


た行

な行

は行


ま行

や行

ら行

わ行


出典[編集]

プロデュースしたミュージシャン[編集]

劇伴担当作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]