マイメロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイメロディ
My Melody     
Май Мэродй
MyMelody.jpg
西武百貨店・Ario八尾 My Melodays
名称 マイメロディ
英語名称 My Melody
ロシア語名称 Май Мэродй
モチーフ ウサギ
発売年 1975年
デザイナー 松本よう子(初代)
小林久美子(7代目)
キャラクター大賞順位 1位(第26回・第27回)
いちご新聞初見 1975年9月15日号(11号)[1]
愛称 メロディちゃん
マイメロ
関連キャラクター リズム
フラット
ピアノ
出演 マイメロディの赤ずきん
マイメロディのオオカミさんにきをつけて
おねがいマイメロディシリーズ
ハローキティのスタンプヴィレッジ
誕生日 1月18日
コモンズ Category:My_Melody
公式サイト マイメロディプロフィール

マイメロディラテン文字表記:My Melody)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。主人公・メロディ(Melody)は、ウサギをモチーフに赤ずきん風に擬人化。通称は「メロディちゃん」、「マイメロ」。

日本では同じサンリオのハローキティと肩を並べる人気キャラクターである。ハローキティのシンボリック性の高さに対し、赤ずきんをベースにしているマイメロディはリトルツインスターズと並び、サンリオキャラクターとして数少ない物語性のあるキャラクターである[2][3]。また、日本国外でもグッズ展開が行われている。

来歴[編集]

1975年にキャラクター開発。第1号グッズの販売は同年末。

当初はハローキティと同様、女子児童向けキャラクターであったが、現在では幅広い世代に人気があり、大人向けのグッズも多数販売されている。

最初期は「赤ずきん」の登場人物(赤ずきん、おばあさん)を動物に置き換えたキャラクターと位置付けられており、「Little Red Riding Hood(赤ずきんちゃん)」と呼ばれていた[4][1]1976年に「マイメロディ」と命名され、以後はキャラクター設定において「赤ずきん」との直接な繋がりはあまり無くなり、その分「友達」の動物たちが登場するようになった[4]。なお2000年には「赤ずきんちゃん」時代のグッズの復刻版が発売された。

初期のマイメロディグッズは被っている頭巾がいものしかなかったが、1977年ピンクの頭巾を被ったグッズが発売された[5]。その後長らくピンクのものが主流となっていた。

1980年代後半には、洋服を着たマイメロディのグッズが発売された[5]

マイメロディの人気が低迷していた1980年代後半頃には、誕生当時から継続して発売されていたグッズは菓子類程度しかなかった時期があったが、1996年9月[6]の『いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」でマイメロディが上位に登場したのを機に、1997年3月[6]に本格的な商品展開を再開。このとき発売されたグッズは赤い頭巾のものであった(ピンクを使用しなかったのは当時人気のハローキティグッズにピンクを基調としたものが多かったため[7]とされている)。1999年にはピンクの頭巾のグッズも発売再開[7]2000年以後は、赤・ピンク以外にも様々な色の頭巾を被ったグッズが販売されている[5]

1997年頃から、ハローキティと共に10歳代の女子を中心にブームとなった。

マイメロディのキャラクターグッズは多くの場合赤やピンクを基調としているが、2001年を基調とした「マイメロディ ブルー」が発売された。[8]クロミのキャラクターグッズは多くの場合を基調としている。

2004年、サンリオピューロランドの「夜を楽しまナイト!」限定ユニットとして、ウサハナマロンクリームと共にウサギユニット「バーニーズ」(Barnies)を結成。松田聖子のカバー曲『赤いスイートピー』をリリースした。マイメロディ名義では他にも『夢見るシャンソン人形』や『オトメロディ』など多くの歌をレコーディングしている。

2010年9月15日、サンリオ創業50周年を記念して商品シリーズ「ゴールデンメモリーズ」を発売し、マイメロディのほか、「ハローキティ」や「パティ&ジミー」や「リトルツインスターズ」の1970年代-1980年代前半のデザインを使用して新規に企画した商品、もしくは当時の商品を模した商品を発売した。マイメロディからは26アイテムが発売された[9]

生誕40周年を記念して2016年に、バンダイから超合金が、タカラトミーからキュートランスフォーマーのシリーズとしてそれぞれリリースされた。

プロフィール[編集]

※設定は変更されることがある。この設定は2015年現在のもので、それより過去の資料とは異なる可能性がある。

テレビアニメ『おねがいマイメロディ』シリーズにおけるマイメロディについては、マイメロディ (おねがいマイメロディ)も参照。

メロディ[編集]

  • 本名:メロディ[10]
  • 誕生日1月18日[11]
  • 生誕地:マリーランドにある森
  • 身長:森の赤くて白い水玉のきのこと同じ位[11]
  • 好物:アーモンドパウンドケーキ
  • 趣味:ママと一緒にクッキーを焼くこと[11]
  • 家族構成:祖父母、両親、弟(リズム〔Rhythm〕)
    • 弟のリズムは1983年設定追加。リズムという名前は『いちご新聞』の読者公募で決定。
  • デザイナー:
    • 初代デザイナーは松本よう子。
    • 2015年現在のデザイナーは小林久美子(7代目、1996年〜)。

友達[編集]

  • フラット〔Flat〕:ネズミの男の子(1976年設定追加)
  • ピアノ〔Piano〕(ひつじさん):ヒツジの女の子[12]
    • 元々は名前が無く、単に「ひつじさん」と呼ばれていた。『いちご新聞』創刊30周年企画の一つとして2005年に名前を募集し、同紙2005年8月号で発表された。
    • 2008年、ピアノの独立したキャラクターグッズ「マイスウィートピアノ」を発売開始した。
  • リスくん(1976年設定追加)
  • はりねずみくん
  • くまくん
  • ちょうちょさん

クロミとバク[編集]

クロミ(左)とマイメロディ
拡大

Clip
クロミ(左)とマイメロディ

クロミ(Kuromi)、バク(Baku)はテレビアニメ『おねがいマイメロディ』シリーズに登場するマイメロディのライバルである。

2005年にキャラクター開発。アニメから独立したキャラクターとしてキャラクターグッズが発売され人気を集めているほか、サンリオピューロランドにも登場するなど、幅広い展開が行われている。メイド喫茶とのコラボレーションにより、サンリオのキャラクターとして初めて、秋葉原でのイベント展開も行われている。

2006年6月にはテレビアニメに登場するクロミをリーダーとするレディースクロミーズ5」(Kuromi's 5)のマスコットホルダーの発売を開始した。クロミーズ5は、ネコニャンミ(Nyanmi)、イヌワンミ(Wanmi)、ネズミチュウミ(Chūmi。「チューミ」とも)、キツネコンミ(Konmi)とクロミの5人組で構成されている。

イメージキャラクター[編集]

  • 1981年から1986年まで、太陽神戸銀行(現在の三井住友銀行)のイメージキャラクターとしてマイメロディが起用されていた[13][注釈 1]。1986年4月に同じサンリオの「ザ・ボードビル・デュオ」(エディ&エミィ)に交代した[13]
  • 1998年9月12日-2001年8月29日の間、国際興業がマイメロディをペイントしたバスを運行(いすゞKC-LR333J、2063・2065・2076の3台)。運行開始と同時にマイメロディがプリントされたプリペイドカードを発売し、1か月で2万枚を売り上げた。1999年5月からはトミカにおいて、このバスが№93「マイメロディ路線バス」として販売され[注釈 2]2002年には京商から模型化もされた。模型については、国際興業のホームページより通信販売が行われていたが[14]、現在はトミカ・京商 ともに販売は終了している。
  • 2006年7月、セントラルファイナンスのイメージキャラクターとしてマイメロディとクロミが起用された。
  • 2013年1月 - 大分銀行 のイメージキャラクターとして、マイメロディが起用されることとなった[15]。銀行のイメージキャラクターへの起用は、1981年の太陽神戸銀行に次いで、2例目となる。

日本以外での人気[編集]

  • 1981年にイタリアで、マイメロディのキャラクターグッズがサンリオ商品の売り上げTOP3を独占した。1位:クリアカップ、2位:歯磨きセット、3位:ぬいぐるみ[7]
  • 1983年、アメリカサンフランシスコでメロディとフラットがセットになったステッカーが人気を集めた[7]

声優[編集]

日本版のメロディの声は1989年以降、ほとんどを佐久間レイがあてている(2011年現在)。テレビアニメ『おねがいマイメロディ』シリーズにおいても同様。

アニメ化作品[編集]

アニメーション映画『マイメロディの赤ずきん』[編集]

1989年、『マイメロディの赤ずきん』としてアニメーション映画化された。1989年7月22日[16]9月1日、全国東宝洋画系58館で公開[17]。上映時間27分[注釈 3]

サンリオアニメフェスティバル」で『ハローキティのシンデレラ』、『キキとララの青い鳥』と同時上映。マイメロディがグリム童話における赤ずきんの主人公となって演じている。

キャスト

スタッフ

テレビアニメシリーズ『おねがいマイメロディ』[編集]

マイメロディの誕生30周年を機に企画されたテレビアニメシリーズ。2005年4月3日からテレビ東京系列で放送(制作はその後の作品を含めてテレビ大阪)。詳細は『おねがいマイメロディ』を参照のこと。

続編として『おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜』『おねがいマイメロディ すっきり♪[注釈 4]』『おねがい♪マイメロディ きららっ★』が、テレビ東京系列で2009年3月29日まで放送された。

2012年2月7日、『おねがいマイメロディ 友&愛』のタイトルで『映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』の同時上映作品として映画化されることが決定し、同年8月11日に公開[18]

その他のアニメ[編集]

その他にも、1994年発表のOVA作品「マイメロディのオオカミさんにきをつけて」(リトルツインスターズの「キキとララのパパとママにあいたい」とのカップリング:ISBN 4-387-93232-5 )がある。友達のバースデーパーティーにケーキを届けるメロディーを、オオカミがあの手この手でケーキを横取りしようとする約10分のアクションコメディーアニメである。

キャスト

  • マイメロディ:佐久間レイ
  • オオカミ:中尾隆聖
  • 猟師:滝口順平
  • お母さん:梨羽由記子
  • ビート:桜井敏治

スタッフ

  • 製作総監督:辻信太郎
  • チーフプロデューサー:吉川隆治
  • プロデューサー:平松義行・波多野恒正
  • 脚本:静谷伊佐夫
  • 監督:赤堀幹治
  • 製作・著作:サンリオ

出版物[編集]

いちご新聞』でマイメロディが初めて表紙を飾ったのは、「赤ずきんちゃん」時代の1975年9月15日号(11号)である[1]。なお、クロミは2006年1月号(455号)で初めて表紙を飾った(マイメロディとコンビで)。

2013年3月8日にはテレビアニメ『おねがいマイメロディ』シリーズ(第三弾まで)の3年後の設定で、テレビアニメのシリーズ構成を担当した山田隆司によるノベライズ作品『おねがいマイメロディ はいすく〜る』が、2014年4月12日には『おねがいマイメロディ ふぉ〜えば〜』が発売された(両作品ともイラストは宮川知子が担当、PHP研究所スマッシュ文庫)。その他の小説作品としては、2014年3月15日に『マイメロディ マリーランドの不思議な旅』(作:はせがわみやび、絵:ぴよな、角川つばさ文庫)が発売された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『マイメロディ&クロミ Official Fan Book』p.51によると、太陽神戸銀行のイメージキャラクターにマイメロディが起用されていたのは「1977年からしばらくの間」とある。
  2. ^ ただしトミカにおけるマイメロディバスは三菱ふそう・エアロスターにマイメロディバスと同じデザインを施したもので、実車とは異なる。
  3. ^ DVDなどの映像化作品においては本編30分などと記されている。
  4. ^ 本作のみ『アニメロビー』枠内での10分の短編作品となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『月刊モエ通巻438号』14頁。
  2. ^ 月刊モエ通巻438号』32-35頁。
  3. ^ 月刊モエ通巻438号p. 7 - 白泉社(月刊モエ)、2016年10月16日閲覧。
  4. ^ a b 『マイメロディ&クロミ Official Fan Book』p.40。
  5. ^ a b c 『マイメロディ&クロミ Official Fan Book』p.41。
  6. ^ a b 『KITTY GOODS COLLECTION』'97冬号、78頁。
  7. ^ a b c d 『KITTY GOODS COLLECTION』VOL.5、63頁。
  8. ^ サンリオ 「「マイメロディ ブルー」シリーズ」 2001年。(2002年1月8日時点のアーカイブ
  9. ^ サンリオ創業50周年記念 1970年代から1980年代前半の懐かしいデザインを使用した「ゴールデンメモリーズ」シリーズ発売 (PDF)”. サンリオ (2010年8月6日). 2016年10月16日閲覧。
  10. ^ サンリオキャラクターたちの本名、言えますか?”. エキサイト株式会社(Excite ニュース) (2008年7月11日). 2016年8月29日閲覧。
  11. ^ a b c 『月刊モエ通巻438号』23頁。
  12. ^ サンリオ 「マイ スウィート ピアノ」
  13. ^ a b 「太陽神戸銀行、新キャラクターに『エディ&エミィ』」『日経流通新聞』1986年3月27日付、11頁。
  14. ^ 国際興業 「国際興業バスマイメロディー号通信販売のお知らせ」(2002年1月25日時点のアーカイブ
  15. ^ マイメロディを新キャラに採用 大分銀行 大分合同新聞、2013年1月9日
  16. ^ a b c マイメロディの赤ずきん”. 東宝株式会社(MOVIE DATABASE). 2016年11月5日閲覧。
  17. ^ 「サンリオ、映画製作を再開」『日経産業新聞』1989年4月18日付、6面
  18. ^ サンリオ&セガ大人気キャラ「ジュエルペット」初の映画化決定!総勢52種類のキャラクターが大活躍 - シネマトゥデイ

参考文献[編集]

  • 『マイメロディ&クロミ Official Fan Book』(雑誌コード67075-11)サンリオ、2006年10月5日発売
  • いちご新聞』のバックナンバー
  • 『KITTY GOODS COLLECTION』のバックナンバー
  • 「巻頭大特集 サンリオが大好き!/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」、『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社2016年3月3日、 6-44頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]