マシュマロみたいなふわふわにゃんこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マシュマロみたいなふわふわにゃんこ
MASHUMAROMITAINAFUWAFUWANYANKO
名称 マシュマロみたいなふわふわにゃんこ
英語名称 MASHUMAROMITAINAFUWAFUWANYANKO
モチーフ ネコ
発売年 2005年
デザイナー 山田和恵[1]
キャラクター大賞順位 8位(第22回)[2]
公式サイト マシュマロみたいなふわふわにゃんこプロフィール
テンプレートを表示

マシュマロみたいなふわふわにゃんこラテン文字表記:MASHUMAROMITAINAFUWAFUWANYANKO[3])は、サンリオメディアミックスを展開するシリーズである。サンリオキャラクターの中では最も名前が長い[4]

2005年にキャラクター開発[3]。小学校高学年の女児をメインターゲットとしている。

来歴[編集]

  • 2006年6月10日 - サンリオショップ限定でぬいぐるみを先行販売開始。
  • 2006年7月20日 - 本格的にグッズ販売を開始。
  • 2006年9月30日 - 第2弾グッズを発売。

設定[編集]

本名は「マシュマロ」。子猫の男の子[3]。生誕地はフランスパリでアパートに住んでいる。日本人デザイナーの男の子に拾われ、一緒に生活している[5]。特技はピアノ[5]。将来の夢は歌手。年齢は人間換算で8歳くらい。一人称は「僕」。おなかに不思議なパワーを秘めたお菓子のマシュマロが入ったポケットを付けている[3]

その他[編集]

  • 開発から約10年経過しているキャラクターであるが、現在のところ『いちご新聞』で未だに表紙を大きく飾ったことはない[6]
  • 『いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」で、2007年度(第22回)において8位を受賞した[2]
  • マシュマロが歌っているという設定のテーマソングがあり、サンリオショップの店頭モニターや公式ウェブサイトの「ムービー」の項目で聞くことができる。

脚注[編集]

  1. ^ 食育キャンペーン 第3回サンリオキャラ弁コンテストの実施要項のお知らせ「サンリオキャラ弁を作ろう! あなたのおいしい笑顔がみたいから…」 (PDF)”. サンリオ (2009年3月6日). 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ a b 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  3. ^ a b c d SANRIO MEMORIES211頁。
  4. ^ サンリオキャラクターたちの本名、言えますか?”. エキサイト株式会社(Excite ニュース) (2008年7月11日). 2016年8月29日閲覧。
  5. ^ a b 森彩子 (2010, p. 143)
  6. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 108-113)

参考文献[編集]

  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020
  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9
  • 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]