ポムポムプリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポムポムプリン
Pom Pom Purin
Sanrio, Pompompurin Café. Orchard Central, Singapore, July 2017.jpg
シンガポールのポムポムプリンカフェ
名称 ポムポムプリン
英語名称 Pom Pom Purin
モチーフ ゴールデン・レトリバー
発売年 1996年
デザイナー 地井明子
キャラクター大賞順位 1位(第12回・第30回・第31回)
いちご新聞初見 1996年7月号
愛称 プリン
関連キャラクター パパ
ママ
マカロン
カスタード
ココナッツ
シロップ
バニラ
マフィン
スコーン
ベーグル
パウダー
ホイップ
タルト
ミント
ビスケ
クッキー
誕生日 4月16日
公式サイト ポムポムプリンプロフィール

ポムポムプリンラテン文字表記:Pom Pom Purin)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。デザイナーは地井明子[1]。別名、ぼく、プリン[2]

主人公、プリンは、ゴールデン・レトリバーをモチーフにしたキャラクターである[3]

来歴[編集]

1996年に「犬キャラクターデザインコンペ」が開催され、社内コンペで残った3種のうち、最終的にサンリオ直営店での得票数が一番高かったことから開発に至る[4]。当初の作品タイトル名は「ぼく、プリン」であった[5]。『いちご新聞』の同年7月号にて初登場[5]。同年、『ハローキティとバッドばつ丸』にてテレビ出演[6]。その後、インパクトのあるネーミングに変更したいという意向から『ポムポムプリン』の名称になった[7]。 

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」で1997年度の1位を受賞した。ノミネート初年度での1位獲得は、同企画史上初のことであった[8]

1998年、プリンの友達であるネズミの「スコーン」が登場[9]。また、同年頃から「ポムポムプリン」というタイトル名が使われるようになる[注釈 1]1999年にはリスの「ベーグル」、ウサギの「パウダー」、カエルの「ミント」などのキャラクターが登場している[10]

2000年には、プリンの住む街の全体像が公開される。同年、カモメの「シロップ」が登場する[11]。その後も、次々と友達のキャラクターが増えていった[12]。2003年から2009年までは商品展開が休止されたが、2006年3月まで『キティズパラダイス』にてキティばつ丸と共にテレビに出演していた(同年4月の放送からシナモンと交代になった)。

2010年から商品展開が再開し、ゴールデンレトリバーの女の子「マカロン」が登場。インテリアグッズなどの新しい商品展開も行われた。

2015年度の「サンリオキャラクター大賞」では2位のシンガンクリムゾンズとの35票差で1位を受賞した。1997年度の18年ぶり2回目の1位獲得となった[13][1]

2016年度の「サンリオキャラクター大賞」では2位のシナモロールに約7万票差の大差をつけて連覇した[14]。また、いちご新聞オリジナル企画でこの年より開催されている「サブキャラコンテスト」では「マフィン」が1位を受賞した[15]

2018年度からは、新キャラクターとして双子のハムスターである「ビスケ」「クッキー」が登場した[16]

設定[編集]

プリンの誕生日は4月16日で、お天気のいい日[3]。「プリン」という名は、ベレー帽をかぶった姿がプリンに似ていることから名づけられた。

プリンの趣味はお昼寝、お散歩、靴集め(ただし片方だけ)。特技はプリン体操[3]。チャームポイントはお尻の穴

家族は父、母、祖母、祖父がおり、父親は探偵、母親はケーキ屋に勤務している。一人息子。

好きな言葉はお出かけで、嫌いな言葉はお留守番[3]

親友はハムスターのマフィン(雄)。2002年には、マフィンの独立したキャラクターグッズ「ポムポムマフィン」が発売された[17]。マフィンの他にねずみの「スコーン」、りすの「ベーグル」、うさぎの「パウダー」、カエルの「ミント」、ペンギンの「ホイップ」、カモメの「シロップ」、とりの「カスタード」、さるの「ココナッツ」、ロップイヤー(うさぎ)の「タルト」、しろくまの「バニラ」、双子のハムスター「ビスケ」「クッキー」がいる。

プリンと対をなす雌のゴールデンレトリバーとして「マカロン」が存在するが、デザイナーによるとガールフレンドではなく、プリンは少々気があるだけなのだという[18]

声優[編集]

イメージソング[編集]

「ぼく、プリン」(別名:プリンのうた[19]
作詞:岡崎惠子 作曲:片山耕 歌:金子知恵
1996年に『ハローキティとバッドばつ丸』のエンディングテーマとして発表された[20]
アルバム『サンリオTVオリジナルソングブック だいすきSONG!!〜ミラクルミルク』『サンリオTVオリジナルソングブック LET'Sシング!』収録。
「プリンの絵かきうた」
1999年発表[21]
「ポムプリダンス」
2011年11月5日サンリオピューロランドにて初お披露目[22]
「プリンプリン、たいそう?」
歌:プリン(杉本沙織)

映像化[編集]

劇場映画
  • 『パンパカパンツまつり ─プリン あら、ど〜も─』
世界名作劇場
  • 『ポムポムプリンのウサギとカメ』[23]
  • 『ポムポムプリンの北風と太陽』[24]
オリジナルビデオ
  • 『ポムポムプリン ワンワン大集合!』 - サンリオおもしろ図鑑シリーズ

ゲーム[編集]

  • 『サンリオ スポーツカーニバル』
Windows/Macintosh用ソフトとして、サンリオより2000年に発売。
  • 『ポムポムプリン コロコロ大冒険』
ニンテンドー3DS用ソフトとして、ロケットカンパニー(現:イマジニア)より2016年4月7日に発売。ピンボールゲームとなっている。
  • 『新みんなの塗り絵 ポムポムプリン』
ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフトとして、Collavierより2017年1月11日に配信開始。

ポムポムプリンカフェ[編集]

ポムポムプリンをイメージしたカフェポムポムプリンカフェ」が各地で展開されており、店内ではグッズ販売なども行っている。

2014年10月22日東京都原宿の CUTE CUBE HARAJUKU に1号店がオープン[25]。また、2015年6月16日には大阪市北区阪急三番街に2号店が[26]、さらに同年10月28日には横浜市西区YOKOHAMA SOTETSU SQUARE 内に3号店がオープンしている[27]。2016年11月23日には名古屋市のビーカム栄に4号店が開業した[28]。メニューは店舗ごとに異なっており、各地の名物料理に因んだものがラインナップされている。

日本国外では台湾のATT4FUNと香港の澳門逸園中心に出店している。

その他[編集]

  • 著名人の代表的なファンには渡辺麻友がおり、2015年に開催された第6回AKB48グループじゃんけん大会には大会会場に渡辺とともに登場したほか、2016年に宝島社から刊行された『ポムポムプリン 20th anniversary BOOK』には渡辺とポムポムプリンの対談が収録されている[29]。2016年6月18日のポムポムプリン公式twitterでは、同日に開催されたAKB48 45thシングル 選抜総選挙のテレビ中継を仲間と一緒に見守る様子が投稿されており、画面には渡辺と思われる人物が描かれている[30]。2017年12月に発売された渡辺のソロアルバム『Best Regards!』の購入特典「まゆゆ想い出アルバム」には、AKB48を卒業する渡辺に対するポムポムプリン直筆のメッセージも収録されている[31]
  • 『いちご新聞』でプリンが初めて表紙を飾ったのは、1997年3月号(349号)である[32]
  • 2011年1月には、すき家の『すきすきセット』にポムポムプリンのトランプや絵合わせカードが登場している。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「3位以内に入ったらポムポムプリンのプリンを発売する」と宣言していたが[33]、見事3位にランクされたため、その公約は実施されることとなり[34]、「神戸フランツ」および「東京プリンスホテル」(ティーサロンピカケ)よりポムポムプリンのプリンが発売された[35]
  • 2014年2月からSMBC日興証券のイメージキャラクターを務めている。
  • 2016年3月7日から13日の間、東京メトロ丸ノ内線新宿駅構内のメトロプロムナードで『だきつきプリン』を開催、柱に巻かれた11種類のプリンに抱きつけるイベントとなった[36]。このイベントは2016年9月に京都で開催された「ポムポムプリン展」に合わせて会場の大丸京都店でも開催された[37]
  • 2016年4月4日から10日の間、京王井の頭線渋谷駅の改札外コンコースで「3Dふわもこポムポムプリン」を開催。こちらは抱きつきのほか、柱側面に埋め込まれたデジタルサイネージでオリジナル映像を流す機能がついていた[38]
  • 2016年10月18日から11月1日の間、渋谷駅ハチ公口前に保存展示されている東急5000系にラッピングを施した『ポムポムトレイン』が登場した。このラッピングはハロウィンイベントに合わせたもので、車両の落書き・破損行為防止を兼ねたものとなっている[39][40]
  • 2016年9月からNHN comico運営のコミックサイト兼コミックアプリcomicoの漫画作品『ミイラの飼い方』とのコラボ作品が隔週・8回にわたって掲載された[41]。2017年4月には、本作品とインタビューを載せた「ミイラの飼い方×ポムポムプリン SPECIAL BOOK」が発売された[42]
  • 2016年から100満ボルトの40周年イメージキャラクターを担当、同社の制服を着たオリジナルデザインのポスターや販促品が配布されている。
  • 2017年10月には静岡放送のキャラクター・パンパカパンツとのコラボレーション企画として、「パンパカパンツまつり ─プリン あら、ど~も─」が全国のイオンシネマ限定で上映された。ポムポムプリンが劇場映画に登場するのはこの作品が初となる[43][44][45]。なお、翌年のサンリオキャラクター大賞ではコラボ部門で「パンパカパンツ×ポムポムプリン」がエントリーしており、3位を受賞している[46]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお「ポムポムプリン」は1996年発表の楽曲「ぼく、プリン」の歌詞にも登場するフレーズである。

出典[編集]

  1. ^ a b 古株の意地見せた! ポムポムプリンが18年ぶりに「サンリオキャラクター大賞」を制する”. アイティメディア株式会社(ITmedia LifeStyle) (2015年6月27日). 2016年11月21日閲覧。
  2. ^ 『ポムポムプリンの本』p.8。
  3. ^ a b c d 「巻頭大特集 サンリオ大好き!/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社、2016年3月3日、 26頁。
  4. ^ 『ポムポムプリン大百科』p.27
  5. ^ a b 『ポムポムプリンの本』p.16
  6. ^ 『いちご新聞』1996年12月号(『ポムポムプリンの本』p.16)
  7. ^ 『ポムポムプリン大百科』p.29
  8. ^ 『いちご新聞』1997年9月号(『ポムポムプリンの本』p.17)
  9. ^ 『いちご新聞』1998年9月号(『ポムポムプリンの本』p.18)
  10. ^ 『ポムポムプリンの本』p.18
  11. ^ 『ポムポムプリンの本』p.19
  12. ^ 『ポムポムプリンの本』p.20
  13. ^ 【サンリオ大賞2015】ポムポムプリン18年ぶり1位 キティ19年ぶりTOP3圏外”. ORICON STYLE(Yahoo!ニュース) (2015年6月27日). 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月21日閲覧。
  14. ^ 【サンリオ大賞2016】ポムポムプリン初の連覇 2位シナモロールに大逆転勝利”. ORICON STYLE. 2016年7月7日閲覧。
  15. ^ いちご新聞2017年9月号(595号)p. 35。
  16. ^ ポムポムプリン いつでもいっしょ! デザインシリーズ サンリオプレスリリース 2018年4月4日
  17. ^ 「ポムポムマフィン」シリーズ発売のお知らせ、株式会社サンリオ、2002年4月。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  18. ^ 『ポムポムプリン大百科』p.86
  19. ^ 『ポムポムプリンの本』p.23
  20. ^ 『ポムポムプリンの本』p.16・23
  21. ^ 『ポムポムプリンの本』p.19・23
  22. ^ 黄色い服で、大集合~!初公開!プリンのポムプリダンス2011年11月5日(土)、サンリオピューロランド。
  23. ^ サンリオアニメ世界名作劇場 ハローキティの「桃太郎」ポムポムプリンの「うさぎとかめ」 - 株式会社KADOKAWA(メディアファクトリー)、2018年8月14日閲覧。
  24. ^ ハローキティのねむれる森の美女 ポムポムプリンの北風と太陽 - サンリオ、2018年8月14日閲覧。
  25. ^ 「ポムポムプリンカフェ」が原宿にオープン - プリンのテイクアウトも開始(FASHION-PRESS 2015年4月16日)
  26. ^ 関西初出店♡ポムポムプリンカフェ 梅田店オープン!(サンリオ 2015年6月9日)
  27. ^ 「ポムポムプリンカフェ」が横浜にオープン - 杏仁プリンや飲茶など限定メニューも(FASHION-PRESS 2015年10月21日)
  28. ^ ポムポムプリンカフェ4号店が名古屋・ビーカム栄内にグランドオープン!(サンリオ 2016年11月22日)
  29. ^ 宝島社 e-mookの紹介ページより
  30. ^ 2016年6月18日の投稿
  31. ^ まゆゆが愛するポムポムプリンからのメッセージも。渡辺麻友、1stソロアルバムW購入者特典の詳細が明らかに M-ON MUSIC 2017年12月15日
  32. ^ 『ポムポムプリンの本』p.17
  33. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月17日閲覧。
  34. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月17日閲覧。
  35. ^ これやります宣言 ポムポムプリン”. サンリオキャラクターワールド(サンリオ) (2013年). 2018年1月17日閲覧。
  36. ^ ふわもこ”なポムポムプリンが大量に出現!思う存分抱き心地を楽しめる「だきつきプリン」が新宿駅で開催 2016年3月7日
  37. ^ 感触はもふもふ"抱きつき"プリン京都初登場 人気キャラ20周年で 産経WEST 2016年8月18日
  38. ^ 新宿の次は渋谷!3Dふわもこポムポムプリンが渋谷駅に大量発生 女子旅プレス
  39. ^ ハロウィーン期間限定、渋谷・ハチ公前にふわもこな「ポムポムトレイン」が登場! サンリオニュースリリース 2016年10月18日
  40. ^ 渋谷駅ハチ公口前の東急5000系が「ポムポムトレイン」に鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース 2016年10月20日
  41. ^ ミイラの飼い方×ポムポムプリン comico公式サイト
  42. ^ 【詳細発表】「ミイラの飼い方×ポムポムプリン」待望のムック本発売決定! 2017年3月17日
  43. ^ 10/7~「ポムポムプリン」とのコラボムービーがイオンシネマ全国40館にて上映決定! パンパカパンツ公式 2017年8月31日
  44. ^ ポムポムプリン劇場映画初出演!”. シネマトゥデイ (2017年9月1日). 2018年8月14日閲覧。
  45. ^ 「パンパカパンツ」×「ポムポムプリン」のコラボムービーがイオンシネマ全国40館にて上映決定!”. DLE (2017年9月1日). 2018年8月14日閲覧。
  46. ^ 33rd サンリオキャラクター大賞コラボ部門”. サンリオ. 2018年8月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]