この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

バーチャルYouTuber

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

YouTuber > バーチャルYouTuber

バーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー、Virtual YouTuber、VTuber[1])は、YouTuberとして動画配信・投稿を行うバーチャルアイドル。YouTube以外のサービスを利用する際などにYouTubeという特定のサービス名を使用することを避けるため、単に「VTuber」、または「バーチャルライバー」と呼称することがある[2]

概要

「外見がコンピューターグラフィックス(CG)やイラストのキャラクター」であるユーチューバーを指す用語であり、2016年12月に活動を開始したキズナアイが初めて使用した[3]。これ以前にも同様の技術を使用したキャラクターは存在したが[4]、それらのキャラクターは当時はバーチャルYouTuberとは呼ばれていなかった。その為、当時はバーチャルYouTuberという語はキズナアイのことを指す単語でしかなかった[5]

2017年になると、「電脳少女シロ」、「ミライアカリ」「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」、「輝夜月」など、今日でも多くの視聴者数を確保している仮想YouTuberが新規に参入し[6]、キズナアイが自称として使っていたバーチャルYouTuberという語はこうした仮想YouTuberの総称として認識され、用いられるようになった[5]

こうしたキャラクターの中にはグッズ販売を行ったり地上波のテレビ番組に出演[7]するなどメディア展開するものもあり、その際の分かりやすいブランドとしてバーチャルYouTuberの呼称が使われる場合もある。

グリーは2018年4月5日に、バーチャルYouTuber事業に100億円規模の投資を行うことを発表した[8]。また、日本の大手YouTuberはUUUM等の事務所に入所する者も多いが、この風潮を反映してかバーチャルYouTuber独自の事務所を設置する企業も現れている[9]

茨城県が独自のインターネット動画メディア「いばキラTV」のアニメキャラクター「茨ひより」を2018年8月3日に公認。初の地方自治体公認バーチャルYouTuberとなる[10]

2018年7月10日時点で、バーチャルYouTuberは4000人がおり、登録者数の合計は1270万人、動画再生回数は7億2000万回に上っている[11]

動作

バーチャルYouTuberの一部は、人が手や頭に専用の機器を装着し、赤外線センサーで動作を測定することによって動きを付けている。その結果、リアルタイムでキャラクターが動くという仕組みになっており、現実世界でファンとキャラクターが対話を行うという演出も可能となっている[12]

主なバーチャルYouTuber

脚注

  1. ^ VTuberに特化したプロダクション設立 CyberZが新会社で”. ITmedia (2018年4月3日). 2018年4月9日閲覧。
  2. ^ CyberZ、『OPENREC』にゲーム配信に特化した新バーチャルライバーグループ「にじさんじゲーマーズ」の公式個人チャンネルを開設”. SOCAIAL GAME INFO (2018年5月1日). 2018年5月6日閲覧。
  3. ^ “ユーチューブのCGアイドル「Vtuber」が人気爆発”. 日経トレンディ (日本経済新聞社). (2018年7月9日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32234030W8A620C1000000 2018年7月9日閲覧。 
  4. ^ “[http://weathernews.com/ja/nc/press/2013/130204_3.html "WEATHEROID TypeA Airi" 本日24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にてデビュー!]”. weathernews (2013年2月4日). 2018年8月15日閲覧。
  5. ^ a b ユリイカ 2018, p. 29.
  6. ^ ユリイカ 2018, p. 46.
  7. ^ バーチャルYouTuberが地上波MCに、新世代のテレビ番組スタート”. マイナビニュース (2018年4月6日). 2018年4月9日閲覧。
  8. ^ グリー、バーチャルYouTuber市場に参入 新会社設立で100億円規模投資へ”. ORICON NEWS (2018年4月5日). 2018年4月9日閲覧。
  9. ^ ミライアカリ運営のDUO、バーチャルYouTuber事務所「ENTUM」開設”. ITmedia (2018年4月9日). 2018年4月10日閲覧。
  10. ^ 記者会見発表資料 バーチャル YouTuber の起用について”. 茨城県営業戦略部プロモーション戦略チーム (2018年8月3日). 2018年9月2日閲覧。
  11. ^ バーチャルYouTuber、4,000人を突破 動画再生回数は合計7億2千万回に”. Mogura VR (2018年7月10日). 2018年7月17日閲覧。
  12. ^ バーチャルユーチューバー 大手も続々参入 ネットとリアルの新時代”. FNN (2018年5月4日). 2018年5月4日閲覧。

参考文献

関連項目