Live2D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Live2D(ライブツーディー)は、株式会社Live2D(旧 株式会社サイバーノイズ)が開発した、2Dのモーフィングによるシームレスアニメーションを可能にする映像表現および関連ソフトウェアの総称である。3D制作するよりも原画の画風を保ったままキャラクターを動かせる特徴を持ち、低コストでの制作を可能にする。

概要[編集]

開発者の中城哲也は世界標準となるソフトウエアを目指し、勤務していた会社を退職してサイバーノイズを創業した。創業当初から他社からの受託開発も受けず自身が独自に研究していた『Live2D』の開発に注力し、2006年の未踏ソフトウエア創造事業に採択される。しかし実績が無いため採用する企業はほとんど無くサイバーノイズの経営も危機を迎えるが、2011年に『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル』に採用されたことで注目を集め、続いてiPhoneAndroid版にも描画用ライブラリとして採用[1]されたことで存続の危機を脱した[2]。なお2014年に社名を自社製品であるLive2Dに変更している。

シンプルなものであれば完全に2Dの表現でありながら全方位に回転させることも可能であるが、現段階では相応の手間が掛かるため今後効率化される予定である[3][4]

WEB上で公開されている『Live2D Modeler』、『Live2D Animator』と、開発中で法人に限定して利用できる『Live2D Cubism』がある。

ClariSのプロモーション映像、『するめいか』では動画制作ツールとして利用されている。

ステージ上の声優がタブレット端末でキャラクターの動きや表情を操作し、音声に合わせて自動でリップシンクさせたキャラクター映像をスクリーンに投影するなどイベントでのリアルタイム表現も可能である[5]

採用作品[編集]

携帯ゲーム機[編集]

アプリ[編集]

PCゲーム[編集]

アニメ・イベント映像[編集]

その他[編集]

  • FaceRig Live2D Module(PCツール)[17] WEBカメラを利用して「キャラクターの表情」をリアルタイムに変化させ、WEBチャット等に利用できる。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]