ジェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ジェンコ
GENCO INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
106-0031
東京都港区西麻布3丁目2番20号
六本木けやき坂サイド2階
設立 1997年3月3日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・プロデュースおよび投資
代表者 代表取締役社長 真木 太郎
資本金 72,500,000円
発行済株式総数 12,830株
売上高 2,486,048千円(2013年3月期)
営業利益 109,317千円(2013年3月期)
純利益 101,852千円(2013年3月期)
純資産 218,281千円(2013年3月期)
総資産 1,208,203千円(2013年3月期)
決算期 9月
主要株主 株式会社GCホールディングス 100%
外部リンク http://www.genco.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジェンコ: GENCO INC.)は、アニメーションを主とした映像作品の企画ならびにプロデュースを主な事業内容とする日本の企業。日本動画協会正会員。

概要[編集]

1997年3月3日、パイオニアLDC(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)のプロデューサーで、『天地無用!』シリーズなどを製作した真木太郎を代表取締役として設立された。

2004年5月、CM制作会社のティー・ワイ・オー(TYO)の連結子会社となるが、2005年12月、マネジメント・バイアウト(MBO)方式によってTYO保有のジェンコの発行済み株式全てを代表の真木に譲渡し、TYOグループから離脱した。

2007年3月、イマジカ・ロボット ホールディングスと業務・資本提携を締結、イマジカ・ロボット ホールディングスが発行済み株式の過半数を取得し、以後はイマジカ・ロボットグループの一員として、グループ各社と共にアニメーション事業での共同展開を行っていたが、2013年6月にMBOにより真木が100%出資する株式会社GCホールディングスに全株式が譲渡された。

携わった作品[編集]

詳細は公式サイトの「作品紹介」を参照。表中の年譜は公開年を表す。

テレビアニメ[編集]

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ウェブアニメ[編集]

他、多数

外部リンク[編集]