寺田倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺田倉庫
Warehouse TERRADA
種類 株式会社
本店所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川2-6-10
設立 1950年10月
業種 保存保管業及び関連事業
代表者 代表取締役 中野善壽
決算期 3月
外部リンク http://www.terrada.co.jp/
テンプレートを表示
寺田倉庫本社ビル
天王洲アイルの夜景

寺田倉庫(てらだそうこ、Warehouse TERRADA)は、東京臨海部のウォーターフロントである天王洲アイル(東京都品川区)に本社を置く創立60年を超える企業である。基幹事業の保存保管事業では、同社の経験と実績に裏打ちされた管理ノウハウにより、ワイン、アート、映像フィルムなど、各商材に適した温湿度管理による保管と、倉庫会社の枠を超えたユニークな発想の新規事業を数多く展開している。

概要[編集]

1950年10月に創業した寺田倉庫は、保存保管の技術を追求し続ける中、「物を預かる」という従来の倉庫業の枠組みを超え、様々な事業に取り組んでいる。 美術品(1975年~)、映像・音楽媒体メディア(1983年~)、ワイン(1994年~)の保存保管事業を展開し、積極的に設備投資を行う中、 近年では寺田倉庫の本拠地となる天王洲地区の活性化に注力しており、倉庫会社の枠を超えたユニークな発想の新規事業を数多く展開している。特に近年は、天王洲の倉庫街からの文化発信に注力し、本社内にギャラリーやイベントホール、茶室などを開設し、ASIAN ART AWARD supported by TERRADAの開催や海外のアートイベントの招致など、天王洲アイルの地域活性化を目的とした文化・芸術の支援育成に取り組んでいる。 また、BtoC事業としてwebと写真を活用した新たな収納サービス「minikura」を積極的に展開しており、さらに「minikura」のプラットフォームを使ったアート作品のレンタル事業や、月額課金制の衣料品レンタルなどwebを使った新事業を展開するベンチャー企業との資本・業務提携にも着手している。

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年)10月 会社創立
  • 1975年(昭和50年)美術品・貴重品保管事業を開始
  • 1983年(昭和58年)メディア保管事業を開始
  • 1991年(平成3年)関東運輸局認定トランクルーム第1号を受ける
  • 1994年(平成6年)ワインセラーを開業
  • 1997年(平成9年)倉庫を改造した水辺レストラン「T.Y.HARBOR BREWERY」を開業
  • 2006年(平成18年)水上ラウンジ「waterline」を開業
  • 2012年(平成24年)個人が低価格で利用できる収納サービス「minikura」を開始
  • 2014年(平成26年)保存食専門店「TERRA CAFE BAR」を開業
  • 2014年(平成26年)保税蔵置場の許可を取得
  • 2015年(平成27年)画材ラボ「PIGMENT」を開業
  • 2015年(平成27年)楽器専用保管サービス提供開始
  • 2016年(平成28年)農業ユニット「T.Y.FARM」を設立
  • 2016年(平成28年)アート事業の一環とした地区開発プロジェクト「BUCKLE KOBO」を開始
  • 2016年(平成28年)建築模型を保存保管しながら展示する「建築倉庫ミュージアム」を開業
  • 2016年(平成28年)アート事業の一環として天王洲に「TERRADA ART COMPLEX」を開業
  • 2017年(平成29年)建築模型工房「Architecture Model Workshop」を開業
  • 2017年(平成29年)部室をクラウド化した「クラウド部室」サービスを開始

関係会社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]