美術手帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美術手帖
ジャンル 美術誌
刊行頻度 季刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 美術出版社
刊行期間 1948年 -
ウェブサイト https://bijutsutecho.com/
テンプレートを表示

美術手帖』(びじゅつてちょう)は、カルチュア・コンビニエンス・クラブが編集・発行[1]美術出版社が発売している季刊(年4回発行)の美術誌[注釈 1]。愛称は『BT』。A5サイズ。1948年創刊。

近現代美術を中心に、内外の美術動向を紹介する雑誌である。各号ごとの特集のほか、海外ニュース、展覧会ガイドなどを掲載。

増刊として、年1回『美術手帖年鑑(BT年鑑)』が1957年から刊行されていたが、個人情報保護法の問題もあり、『BT年鑑2006』で休刊。

2017年にウェブ版を公開。

歴代編集長[編集]

  • 愛甲健児(1931年生まれ)(?~1967年)
  • 宮澤壯佳(1933年生まれ)(1968年~1971年):「編集人」名義
  • 福住治夫(1971年~1973年)別名・高島平吾:「編集人」名義
  • 川合昭三(1928年生まれ)(1974年):「編集人」名義
  • 田中為芳(1975年~1978年):「編集人」名義
  • 木村要一(1944年生まれ)(1979年~1985年):「編集人」名義
  • 大橋紀生(1943年生まれ)(1986年~1989年)副編集長:三上豊
  • 伊藤憲夫(1952年生まれ)(1990年~1992年)
  • 椎名節(1993年~1995年) :「編集主幹」という役職名。その部下に位置する同時期の「編集長」は篠田孝敏
  • 真壁佳織(1996年~1997年)
  • 伊藤憲夫(1952年生まれ)(1997年~2001年)(再任)
  • 楠見清(1963年生まれ)(2001年~2004年)
  • 押金純士(1969年生まれ)(2004年~2008年)
  • 岩渕貞哉(1975年生まれ)(2008年~2019年)2019年より「総編集長」
  • 橋爪勇介(1983年生まれ)(2019年~)ウェブ版編集長

別冊・増刊など[編集]

  • みづゑ(2001-2007のものは「別冊美術手帖」という位置づけ)
  • デザインの現場
  • マンガ・テクニック(別冊美術手帖)
  • コミッカーズ(別冊美術手帖)

芸術評論募集[編集]

美術手帖の主催で、不定期に「芸術評論募集」が開催されている。第1回は1954年で(ただし、月刊『美術批評』の「新人評論募集」という位置づけ)、最新のものは、2019年に募集された「第16回」。

第1回(1954年)[編集]

[主席]東野芳明パウル・クレー論」

第2回(1955年)[編集]

[第一席]中原佑介「創造のための批評」

第3回(1958年)[編集]

[第一席]織田達朗「「原爆の図」とその周辺」

[次席]松本俊夫※掲載が予告されながらも掲載されず。

第4回(1963年)[編集]

[第一席]宮川淳アンフォルメル以後」

[佳作]安藤貞之

[佳作]日向あき子

[佳作]早野永明

[佳作]本間禎一

審査員(瀧口修造、浜口隆一、針生一郎

第5回(1965年)[編集]

[佳作]中村英樹「両義的イメージの予感」

[佳作]平井亮一「私の主題」

審査員(瀧口修造、浜口隆一、針生一郎

第6回(1969年)[編集]

[第一席] 大久保喬樹「ジャクスン・ポロック

[佳作]菅木志雄「転位空間〈未来のノートから〉」(筆名:桂川青)

[佳作]李禹煥「事物から存在へ」

第7回(1972年)[編集]

『みつゑ』800号として。

[第一席]谷新「芸術における<制度>の問題」

[佳作] 伏久田喬行「何故<表現>なのか--前提としての<存在>概念の素描」

[佳作]小林康夫「劇(ドラマ) 読むことについて」

審査員(針生一郎、中原佑介、宮川淳)

第8回(1979年)[編集]

「美術手帖」創刊30周年記念

[入選]秋田由利「美術における終焉と自由 − 構造主義以降の一地平から」

[入選]西嶋憲生「時代・仕事・アイデンティティーデラシネからの再生のために」

[佳作]那賀裕子 + 貞彦「発生的絵画の発生」

[佳作]高橋誠P・セザンヌD・H・ロレンス − 現象学的考察」

審査員(針生一郎、多木浩二、藤枝晃雄

第9回(1983年)[編集]

創刊500号記念

[第一席]松浦寿夫「絵画のポリティーク」

[佳作]田野金太

[佳作]篠田達美

[佳作]暉峻創三

審査員(高階秀爾、東野芳明、中原佑介)

第10回(1986年)[編集]

[第一席]倉林靖「「ポスト・モダン」あるいはイメージのアナーキズムについて」

[第一席]石津隆志「絵画の場所」

[佳作]清水哲朗「器官〈オルガヌ〉からの逃避」

[佳作]飯島洋一「挑発する頂部」

審査員(多木浩二、東野芳明、中原佑介)

第11回(1993年)[編集]

[第一席]伊藤制子「水のオマージュとしての音楽 − 武満徹論」

[佳作]西村智弘「ウォーホル/映画のミニマリズム」

[佳作]菅章「アンチ・ミメーシスの文脈 − 川俣正におけるコンテクストの意味」

審査員(多木浩二中原佑介酒井忠康

第12回(2003年)[編集]

審査員による座談会「新しい批評の時代のために」が掲載。

[佳作]木村覚「踊ることと見えること-土方巽の舞踏論をめぐって」

[佳作]土屋誠一「失くしたものの在処をめぐって-斎藤義重、1973年、再制作」

[佳作]福住廉「alternative reality アマチュア・ストリート・クリティカル」

審査員(谷川渥、小林康夫、椹木野衣)

第13回(2005年)[編集]

[佳作]荒木慎也「受験生の描く絵は芸術か」

[佳作]粟田大輔榎倉康二における出来事性と層の構成」

[佳作]大森俊克グレゴール・シュナイダー試論・建築と有限」

審査員(谷川渥椹木野衣中村英樹

第14回(2009年)[編集]

「『美術手帖』創刊60年記念」と銘打たれている。

[第一席]沢山遼「レイバー・ワーク − カール・アンドレにおける制作の概念」

[佳作]石村実藤井博論 − もの・言葉・時間」

[佳作]野田吉郎「余白に(アド・マルギネム)─55年後のパウル・クレー試論」

[佳作]本阿弥清『「もの派」─隠された真実をめぐって』

[佳作]森啓輔高松次郎《THE STORY》─反復および知覚される持続について」

[佳作]奥村雄樹(筆名:山辺冷)「河原温の量子重力的身体─あるいは時空の牢獄性と意識の壁抜けについて」

審査員(谷川渥椹木野衣松井みどり[4]

第15回(2014年)[編集]

『美術手帖』通巻1000号を記念して開催。

[第一席]gnck「画像の問題系 演算性の美学」

[次席]塚田優「キャラクターを、見ている。」

[佳作]勝俣涼「未来の喪失に抗ってーダン・グレアムとユートピア」

[佳作]井上幸治「風間サチコ論ー植民地表層の現在」

[佳作]中尾拓哉「造形、その消失においてーマルセル・デュシャンのチェスをたよりに」

審査員(谷川渥、椹木野衣、松井みどり[5]

第16回(2019年)[編集]

『美術手帖』創刊70周年を記念して開催。112件の応募。(第1席該当者なし)

[次席]ウールズィー・ジェレミー「インターネット民芸の盛衰史」

[次席]北澤周也東松照明『日本』(一九六七年)と「群写真」− 社会化された自由な「群れ」 −」

[佳作]大岩雄典「別の筆触としてのソフトウェア——絵画のうえで癒着/剥離する複数の意味論」

[佳作]沖啓介「Averages 平均たるもの エドワード・ルシェから始める」

[佳作]はがみちこ「『二人の耕平』における愛」

[佳作]布施琳太郎「新しい孤独」

審査員(椹木野衣、清水穣星野太)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は月刊だったが、2018年6月号(5月7日発売)より隔月刊化[2]。2022年4月号(3月7日発売)より季刊化[3]

出典[編集]

  1. ^ 美術手帖2021年6月号 「松山智一」特集 「Editor’s note」”. 美術手帖. 2021年8月12日閲覧。
  2. ^ 70周年を迎える『美術手帖』(1948年創刊)。 1年を通じて様々なスペシャル企画を展開します。”. 美術出版社 (2018年3月16日). 2022年8月27日閲覧。
  3. ^ 美術手帖が季刊発行に、より専門性の高い内容に刷新”. FASHIONSNAP.COM (2022年3月2日). 2022年8月27日閲覧。
  4. ^ 『美術手帖』創刊60年記念 第14回 芸術評論募集 入選作発表”. 2016年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。
  5. ^ 第15回 『美術手帖』芸術評論募集”. 2016年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]