コミックス・ウェーブ・フィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社コミックス・ウェーブ・フィルム
CoMix Wave Films Inc.
CoMix Wave Films Logo.svg
チヨダ本社(5階).jpg
本社が入居する藤澤ビル
種類 株式会社
略称 CWF
本社所在地 日本の旗 日本
167-0051
東京都杉並区荻窪4丁目30番16号
藤澤ビルディング3F
北緯35度42分14.2秒 東経139度37分25.8秒 / 北緯35.703944度 東経139.623833度 / 35.703944; 139.623833座標: 北緯35度42分14.2秒 東経139度37分25.8秒 / 北緯35.703944度 東経139.623833度 / 35.703944; 139.623833
本店所在地 102-0083
東京都千代田区九段北4丁目1番9号
設立 2007年3月
業種 情報・通信業
法人番号 6010001107746 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション映画の企画・制作・配給
ビデオグラムの販売・輸出入業務
作家マネージメント、版権管理業務
代表者 代表取締役 川口典孝
資本金 4,250万円
主要株主 川口典孝、角南一城、小川智弘
株式会社アニメイト
株式会社マリン・エンタテインメント
関係する人物 新海誠(アニメーション監督)
外部リンク www.cwfilms.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社コミックス・ウェーブ・フィルム: CoMix Wave Films Inc.)は、日本アニメ制作会社。略称は「CWF」。日本動画協会準会員。

概要[編集]

コミックス・ウェーブ・フィルム(以下、CWF)は、旧コミックス・ウェーブのマーチャンダイジング事業部をMBOマネジメント・バイアウト)による新設分割で包括的に承継した株式会社[1]

新海誠を初めとする作家(漫画家イラストレーターアニメクリエイター)のマネジメントに始まり、アニメーション映画の製作制作・劇場配給・パッケージ販売、海外セールスまでを一貫性を持って手掛けている[2]。映画に資金を出す「製作・プロデュース」だけではなく、実際にフィルムを作る「制作」機能を持っている[3]。新海誠監督の劇場作品制作を中心に、大成建設などのアニメーションCM制作、P.A.WORKSA–1 Picturesなどを始めとする制作会社の下請け(制作協力)や美術背景の受注制作も行っている。ほぼ自社内で制作している繊細で写実的な美術背景には定評があり、多数のアニメ制作会社が背景素材の制作を発注している。DVD・Blu-rayを自社で制作・販売し、海外セールスも直接行っている[4]。特にDVDの利益は大きく、会社の成長期を支えたという[4]。配給も2004年の『雲のむこう、約束の場所』から2011年の『星を追う子ども』までは自社で行っていたが、言の葉の庭以降はTOHO animation企画・東宝配給となっている[4]

制作においては、日本の一般的なアニメ制作会社のやり方に習わず、テレビ向けの仕事を極力しない[3]。テレビアニメを制作するビジネスは非常に厳しく、そこで得た利益で制作スタジオを運営しようとすると行き詰まってしまうと考えているためである[3]。また、フリーの腕利きアニメーターと契約する際は、映画であれば仮に1年の制作期間とすれば前後のズレも見込んで「拘束期間1年半で月額数十万円の契約で」というオファーを出すことも可能だが、テレビでは時間と予算が最優先で、動画単価なども物価上昇率も無視して長年据え置かれたままなので不可能である[5]。テレビアニメのビジネスの代わりに、CWFは所属クリエイターの作品を買ってくれる顧客とダイレクトにつながることで収益を上げることを目指している。テレビ局と良好な関係を築いても人気が無くなれば先行きは不透明であるが、映画に1800円も払って観てくれるような人であれば簡単に離れて行くことはないからである[3]。実際に、ネット配信が普及してDVDやブルーレイなどのメディアが売れなくなってきても新海作品は安定して売れ続け、新作を公開する度に過去作品も売れて、それが会社の資産になっている[4][6]

YouTubeでは2012年末より公式チャンネル「アニメバンチョー」を設置し、オリジナルのWebアニメなどの独自のコンテンツを配信している[7]

制作体制[編集]

正社員だけで20人、月給を払っている定期雇用の人間が30人で、スタジオに入っているスタッフは総勢50人を超える(2017年現在)[6]。アニメーションの制作は、フリーランスの原画マン、動画マン、美術などのスタッフを作品ごとにその都度集めたり、よそのスタジオに外注したりするのが普通だが、CWFでは可能ならばすべて正社員で作りたいと考え、美術スタッフを中心に、できるだけ正社員として雇用するスタンスを取ってきた[6][注 1]。もともとCWFのスタジオとしての根本は新海誠のために作られた部隊だというところにあり、新海の1人で作品の全工程を作業するやり方では1本作るのに20年はかかってしまうため、彼が望む世界や背景を作り出すことができるスタッフを用意するために作られたからである[6]。中でも美術は新海作品にとって特に重要であり、欠かせないものであるが、そもそも日本のアニメーション業界全体で美術スタッフの数が足りておらず、上手い人間や専門スタジオはスケジュールが埋まっているので、集めるのが難しい[6]。そこで自前のスタッフを持っていればいつでも質の高い美術や背景が作れると考え、毎年1人か2人は正社員として雇用して育てていく方針をとっている[6]

新海誠以外に常に予算が数千万円程度の短めのアニメーションを作らせる制作ラインを1、2本動かしている[8]。デビュー作の監督や若いプロデューサーを起用し、赤字覚悟でやらせることで若手に経験を積ませている[8]

社歴[編集]

1998年に伊藤忠商事旭通信社(現:ADK)などの出資で前身となる旧コミックス・ウェーブが設立される。

2002年、デビュー作『ほしのこえ』を個人制作していた新海誠のマネージメントを手掛ける。制作途中の映像を持ってテレビ局やDVDメーカーに営業をかけるがどこも門前払いだったため、自社でDVD事業を始める[9]。発売前に3万本の注文があり、最終的に10万本が売れた[10]

2004年、2作目の『雲のむこう、約束の場所』を制作。90分という長編映画であるため、前作とは違って人手が必要となり、芸大生や学生などのスタッフを集めた[11]。すると美術やCG関係の人材があつまり、アニメスタジオとしての原型が出来上がった[11]。前作より規模を大きくして劇場公開するために各所に売り込んだところ、シネマライズがまず反応し、それを皮切りに地方の劇場も乗ってきて、自社配給で全国12館で公開することができた[10]。しかし、『ほしのこえ』ほどの絶賛は浴びなかった[12]

2007年、川口典孝によるMBO(マネジメント・バイ・アウト)で旧コミックス・ウェーブのマーチャンダイジング事業部が「コミックス・ウェーブ・フィルム」として独立[13][14]。同年公開の『秒速5センチメートル』からクレジットがコミックス・ウェーブ・フィルムになる[10]。この作品はDVD売り上げも海外販売も好調だった[10]

2011年に『星を追う子ども』が公開される。この作品は、映画興行的には新海作品唯一の赤字作品となっている[10]スタジオジブリ作品を思わせるようなキャラクターによる冒険ストーリーということで、ポスト宮崎駿に名乗りを上げるための勝負作だと見られ、メディアファクトリーなどと製作委員会を組んで公開劇場も80館と増やしたが、興行的には上手く行かなかった[10][12]。国内での販売が伸びず、制作費を回収できなかった[15]。しかし、女性人気と海外人気が好調で、最終的にはリクープできた[10][16]

2013年、東宝の配給で『言の葉の庭』が公開される[17]。前作の失敗を受け、早めに展開した短めの作品で、配給と宣伝を東宝映像事業部に依頼した[10][18]。公開と同時に劇場でDVDを販売し、配信もiTunesで行った[10]。全国23館公開で宣伝費ゼロだったにもかかわらず興行は成功で、DVDの売り上げも配信も好調だった[10]

2016年、引き続き東宝の配給で『君の名は。』が公開される。『言の葉の庭』の成功を受け、製作委員会の主幹事と宣伝を東宝に託してCWFは制作に専念し、全国300館という国内最大級のサイズでの大規模公開を実現[10]。プロデュースはヒットメーカー川村元気が名乗りを上げた[注 2]。その結果、スタジオジブリの宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』以来、15年ぶりに邦画の興行収入で200億円の大台に乗せる大ヒットとなった[19]

2019年公開の『天気の子』は全国359館448スクリーンで公開され、141.9億円の興行収入を記録した[20][21]

2021年、本社機能を東京都千代田区九段北4丁目1番9号市ヶ谷MSビル5階から東京都杉並区荻窪4丁目30番16号藤澤ビルディング3Fへ移転[22]

沿革[編集]

  • 1998年 - 伊藤忠商事、旭通信社(現ADK)ほか数社により株式会社コミックス・ウェーブ設立。
  • 2000年 - 社内に、作家マネジメント・映像制作業務を中心とするMD(マーチャンダイジング)部門を設立。
  • 2002年 - MD部門にて、アニメーション映画レーベル「コミックス・ウェーブ・フィルム」が立上げられる。
  • 2007年 - コミックス・ウェーブの会社分割に伴い、MD部門を承継し株式会社コミックス・ウェーブ・フィルムとして円満に独立。

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 備考
2003年 N/A みんなのうた「笑顔」
2007年 N/A 猫の集会
2014年 4月 - 7月 ワールドフールニュース 共同企画:群馬テレビ
2016年 1月 旅街レイトショー 「コミックス・ウェーブ・フィルム オムニバス」シリーズ、いずれも『ULTRA SUPER ANIME TIME』にて放映
2月 この男子、魔法がお仕事です。(この男。シリーズ)
3月 彼女と彼女の猫 -Everything Flows- 「コミックス・ウェーブ・フィルム オムニバス」シリーズ、『ULTRA SUPER ANIME TIME』にて放映
原作:新海誠、アニメーション制作:ライデンフィルム
2017年 4月 - 6月 ワールドフールニュースPARTII

劇場アニメ[編集]

公開年 タイトル 備考
2002年 ほしのこえ 新海誠監督の自主制作フィルム
2004年 雲のむこう、約束の場所 公開当初は「コミックス・ウェーブ」名義
2007年 秒速5センチメートル
2009年 アジール・セッション
2010年 プランゼット
2011年 星を追う子ども
2013年 言の葉の庭
2014年 Peeping Life -WE ARE THE HERO-
2016年 君の名は。
2018年 詩季織々 共同制作:絵梦
2019年 天気の子
2022年 すずめの戸締まり

OVA[編集]

発売年 タイトル 備考
2004年 まかせてイルか!
2005年 惑星大怪獣ネガドン
カクレンボ
2006年 星空キセキ
はなれ砦のヨナ
2007年 楓ニュータウン
2011年 この男子、宇宙人と戦えます。
2012年 この男子、人魚ひろいました。
旅するぬいぐるみ 羽田空港内のプラネタリウム「スターリーカフェ」にて上映された作品のソフト化
2014年 この男子、悪人と呼ばれます。
この男子、石化に悩んでます。

Webアニメ[編集]

配信年 タイトル 共同制作
2009年- Peeping Life
2012年 インフェルノコップ トリガー
2013年 KY系JCクウキちゃん
花のずんだ丸
新世紀末 奴との遭遇
ターニングガールズ
熱血探偵事務所
ワールドフールニュース Youtube
2021年 おしえて北斎! -THE ANIMATION-

ゲーム映像[編集]

タイトル 備考
2004年 はるのあしおと OP
2006年 efシリーズ
2008年
2015年 DEEMO〜ラスト・リサイタル〜 ゲーム内アニメーション

アニメーションCM[編集]

公開年 タイトル
2007年 信濃毎日新聞 テレビCM
2008年 大成建設「ドーハ国際空港」篇
2011年 大成建設「ボスポラス海峡トンネル」篇
2013年 大成建設「スリランカ高速道路」篇
2014年 大成建設「ベトナム・ノイバイ空港」篇
クロスロード
2015年 NHK–AC共同キャンペーンCM
2016年 サントリー天然水×君の名は。コラボCM
2018年 大成建設「シンガポール」篇
2020年 大成建設「ミャンマー」篇

美術背景受注作品[編集]

タイトル アニメーション制作 備考
2007年 ひぐらしのなく頃に解 スタジオディーン
ストレンヂア 無皇刃譚 ボンズ
2013年 実況バワフルプロ野球2013 N/A OP
2014年 スペース☆ダンディ ボンズ 第8話
ソウルイーターノット! ED
花とアリス殺人事件 ロックウェルアイズ
スティーブンスティーブン
2018年 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人 A-1 Pictures
2019年 星合の空 エイトビット 第5~12話
HELLO WORLD グラフィニカ
冴えない彼女の育てかた Fine CloverWorks
ぼくらの七日間戦争 亜細亜堂
2020年 22/7 A-1 Pictures
2021年 竜とそばかすの姫 スタジオ地図

グラフィックデザイン[編集]

タイトル 備考
N/A カンブリア宮殿 作画協力、放送中
2008年 古代エジプト大奥様物語 ツタンカーメンと三人の母 -2009年、イラスト制作
久米宏経済スペシャル"新ニッポン人”現わる ロゴ制作
爆問ビジネス研究所 イラスト制作
2010年 天才じゃなくても夢をつかめる10の法則 劇画・イラスト制作
2011年 きみを守るためにぼくは夢をみる カバーイラスト・挿絵、星海社
きみを守るためにぼくは夢をみるII
2012年 きみを守るためにぼくは夢をみるIII
2013年 きみを守るためにぼくは夢をみるⅣ
高橋英樹のおもしろ歴史授業 忠巨蔵スペシャル イラスト制作
2015年 多摩川物語 カバーデザイン・挿絵・装丁、集英社
記憶の森を育てる 意識と人工知能 装画、集英社刊
船越英一郎の昭和事件簿 イラスト制作
合併20周年コーポレートポスター イラスト協力
2016年 小説「十八の夏」新装版 装画、双葉社
イベント「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」 テーマビジュアル制作
2017年 映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟 第一弾ディザーポスタービジュアル
小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟 カバーイラスト、KADOKAWA

制作協力[編集]

タイトル 制作元請 備考
2014年 SHIROBAKO P.A.WORKS 動画
2015年 バケモノの子 スタジオ地図
Chalrotte P.A.WORKS
百日紅 〜Miss HOKUSAI〜 Production I.G
名探偵コナン 業火の向日葵 TMS/V1 Studio
2016年 クレヨンしんちゃん外伝 エイリアン vs. しんのすけ シンエイ動画
クレヨンしんちゃん外伝 おもちゃウォーズ
ユーリ!!! on ICE MAPPA
2017年 ボールルームへようこそ Production I.G
Re:CREATERS TROYCA
魔法陣グルグル Production I.G
クレヨンしんちゃん外伝 家族連れ狼 シンエイ動画
メアリと魔女の花 スタジオポノック
映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 シンエイ動画
打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? シャフト 作画協力
2018年 サムライエッグ スタジオポノック 原画
さよならの朝に約束の花をかざろう P.A.WORKS 動画
ペンギン・ハイウェイ スタジオコロリド 原画
若おかみは小学生! マッドハウス 動画
未来のミライ スタジオ地図
ソードアート・オンライン アリシゼーション A-1 Pictures
2019年 ノー・ガンズ・ライフ マッドハウス 撮影
ちびまる子ちゃん 日本アニメーション -2020年、動画
2020年 この世界の(さらにいくつもの)片隅に MAPPA 動画
劇場版メイドインアビス深き魂の黎明 キネマシトラス
映像研には手を出すな! サイエンスSARU 原画・動画・仕上げ
富豪刑事Balance:UNLIMITED CloverWorks ED動画・ペイント
クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 シンエイ動画 動画・仕上
2021年 シン・エヴァンゲリオン劇場版 スタジオカラー 動画
五等分の花嫁∬ バイブリーアニメーションスタジオ 仕上げ
86-エイティシックス- A-1 Pictures
竜とそばかすの姫 スタジオ地図 動画・仕上げ
白い砂のアクアトープ P.A.WORKS 仕上げ
やくならマグカップも 日本アニメーション 動画
鬼滅の刃 遊郭編 ufotable -2022年、仕上げ

その他のアニメーション[編集]

タイトル 備考
2007年 トヨタカップ2007開幕戦・決勝戦 エキシビジョン映像
2008年 エグザムライ序章
エグザムライ六本木地獄城の章
2011年 NHKドラマ「中学生日記 オープニング
2013年 だれかのまなざし
瀬戸大橋記念館ブリッジシアター「天空の調べ」
2015年 映画「ギャラクシー街道 アニメーションパート
亜細亜大学都市創造学部 プロモーションムービー
2017年 カナダ観光局キャンペーン オリジナル動画
2019年 NEWS23 -2020年、オープニング

所属作家[編集]

アニメーション監督・CG作家[編集]

漫画家・イラストレーター[編集]

作曲家[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 資金さえあれば良い作品を作るには全員正社員というのが一番望ましいが、そこまでは現状では難しい。
  2. ^ 実は『ほしのこえ』公開時、すでに川村(当時20代)はのちに東宝の社長になった役員の島谷能成を連れてコミックス・ウェーブにやって来て、いつか新海監督と仕事をさせて欲しいと言っていた[10][17]

出典[編集]

  1. ^ “コミックス・ウェーブ会社分割のお知らせ” (プレスリリース), コミックス・ウェーブ (Internet Archive), (2007年4月), https://web.archive.org/web/20110129021642/http://www.comixwave.com/ 2013年1月2日閲覧。 
  2. ^ 会社案内”. コミックス・ウェーブ・フィルム. 2022年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 山中浩之 (2017年3月24日). “「君の名は。」までの10年を聞く 川口典孝・コミックス・ウェーブ・フィルム社長(前編) (3)”. 日経ビジネス. 日経BP. 2022年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 山中浩之 (2017年3月24日). “「君の名は。」の収益はどう使うんですか? 川口典孝・コミックス・ウェーブ・フィルム社長(後編) (1)”. 日経ビジネス. 日経BP. 2022年8月14日閲覧。
  5. ^ 山中浩之 (2017年3月24日). “「君の名は。」までの10年を聞く 川口典孝・コミックス・ウェーブ・フィルム社長(前編) (5)”. 日経ビジネス. 日経BP. 2022年8月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 山中浩之 (2017年3月24日). “「君の名は。」までの10年を聞く 川口典孝・コミックス・ウェーブ・フィルム社長(前編) (4)”. 日経ビジネス. 日経BP. 2022年8月14日閲覧。
  7. ^ 謎の集団“薔薇ミリ” コミックス・ウェーブと「ターニングガールズ」スタート”. アニメ!アニメ!. イード (2013年6月19日). 2022年8月14日閲覧。
  8. ^ a b 誰も思いつかない優れたアイディアの育て方 #5/5 数千万円かけて、丸損覚悟のアニメを作る『君の名は。』制作会社に学ぶ“失敗の場づくり””. logmiBiz. logmi. 2022年8月14日閲覧。
  9. ^ 橋本歩 (2021年7月18日). “『天気の子』から2年…「新海誠」という天才を支え続けるビジネスマンの「思考回路」 (4)”. 現代ビジネス. 講談社. 2022年8月14日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 境治 (2016年9月26日). “『#君の名は。』新海誠を信じぬいた男〜コミックス・ウェーブ・フィルム代表 川口典孝氏インタビュー〜”. ITmedia NEWS. Yahoo!. 2022年8月14日閲覧。
  11. ^ a b “「アニスタ」開催直前連載企画【第五回】コミックス・ウェーブ・フィルム 川口典孝×酒井雄一”. KADOKAWA. (2019年1月23日). https://webnewtype.com/report/article/176900/ 2022年8月14日閲覧。 
  12. ^ a b タニグチリウイチの「今のアニメを知るために」第1回:自分の足で歩いてきたクリエイター、新海誠監督編”. IGN Japan. 産経デジタル (2020年7月26日). 2022年8月14日閲覧。
  13. ^ 橋本歩 (2021年7月18日). “新海誠の「1.5歩先を読む力」のスゴさ…『天気の子』はなぜ現実世界とリンクしたのか? (2)”. 現代ビジネス. 講談社. 2022年9月1日閲覧。
  14. ^ 日中合作アニメ『詩季織々』公開記念インタビュー『君の名は。』の川口典孝プロデューサーが語る!! これからの海外マーケットとアニメ業界の課題点 (2)”. アキバ総研. カカクコム (2018年8月1日). 2022年8月14日閲覧。
  15. ^ 山中浩之 (2017年3月24日). “「君の名は。」の収益はどう使うんですか? 川口典孝・コミックス・ウェーブ・フィルム社長(後編) (2)”. 日経ビジネス. 日経BP. 2022年8月14日閲覧。
  16. ^ 映画「星を追う子ども」、8月から韓国で100館規模で公開スタート”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2011年6月7日). 2022年8月14日閲覧。
  17. ^ a b 山中浩之 (2017年3月24日). “「君の名は。」の収益はどう使うんですか? 川口典孝・コミックス・ウェーブ・フィルム社長(後編) (3)”. 日経ビジネス. 日経BP. 2022年8月14日閲覧。
  18. ^ 橋本歩 (2021年7月18日). “新海誠の「1.5歩先を読む力」のスゴさ…『天気の子』はなぜ現実世界とリンクしたのか? (4)”. 現代ビジネス. 講談社. 2022年8月14日閲覧。
  19. ^ “「君の名は。」、興行収入200億円超え 邦画15年ぶり”. 日本経済新聞. (2016年12月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HMX_W6A201C1TI5000/ 2022年8月14日閲覧。 
  20. ^ 「天気の子」公開3日間で興収16.4億の大ヒットスタート! 「君の名は。」対比で128.6%”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2019年7月22日). 2022年8月14日閲覧。
  21. ^ 「天気の子」興収141.9億円、「ヒロアカ」17.9億円、東宝が20年上期成績発表”. アニメーションビジネス・ジャーナル (2020年8月4日). 2022年8月14日閲覧。
  22. ^ “本社機能移転のお知らせ”. コミックス・ウェーブ・フィルム. (2021年2月22日). https://www.cwfilms.jp/news/article/_167-0051_4-30-16_3f.html 2022年12月24日閲覧。 

外部リンク[編集]