ボールルームへようこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボールルームへようこそ
ジャンル ダンススポーツ
漫画
作者 竹内友
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表期間 2011年12月号 - 連載中
巻数 既刊9巻(2017年6月現在)
アニメ
原作 竹内友
監督 板津匡覧
シリーズ構成 末満健一
脚本 末満健一
キャラクターデザイン 岸田隆宏
音楽 林ゆうき
アニメーション制作 Production I.G
放送局 MBSほか
放送期間 2017年7月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ボールルームへようこそ』は、竹内友による日本漫画作品。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年12月号より連載されている。社交ダンス競技ダンス)をテーマに描かれた作品。単行本は2017年6月現在既刊9巻。

途中、一時休載をしていたが、『月刊少年マガジン』2月号(2017年1月6日発売)から、連載を再開[1]

あらすじ[編集]

将来の夢も趣味もなく、無気力に日々を過ごしていた中学生・富士田多々良

ある日、カツアゲにあっていたところ、謎のヘルメット男仙石要に助けられる。プロダンサーの仙石に連れ去られた場所は、社交ダンスの教室「小笠原ダンススタジオ」だった。勧められるままに体験レッスンを受けるが、そこで同じ中学の同級生花岡雫に出会う。雫は卒業後、プロを目指して海外留学を考えているダンサーだった。

雫の出場するダンス大会へ応援にいくが、そこで雫のパートナーで、ランキング1位の天才ダンサー兵藤清春に出会う。持ち前の目の良さから、スタジオ練習で清春のモーションを目で見て盗んだ多々良は、シャドー練習に励みワルツをマスターする。

日本一を決める、最高峰のアマチュア大会である三笠宮杯・全日本ダンススポーツ選手権。そこに出場する清春&雫パートナーの応援に行った多々良は、仙石に強引に勧められて、行方不明の清春の代役として、雫のパートナーとしてワルツを踊ることになってしまう。多々良に触発された清春は、情熱的なタンゴを踊り切り、会場にスタンディングオベーションを起こすが、替え玉がバレてしまい6カ月の出場停止になる。

赤城兄弟の妹・赤城真子とペアを組むことになった多々良は、同じく雫とペアを組むことになった兄・赤城賀寿と、非公式試合・天平杯で勝負することになる。双方が死力を尽くし会場を沸かせるが、多々良ペアは7位の最下位に終わる。しかし、パートナーの真子が「ポールルームクイーン賞」に選ばれ、ガジュとの勝負には勝利する。

公立高校に進学した多々良は、ダンス経験のあるクラスメイトの緋山千夏とパートナーを組むことになるが、ジュニア時代に男役ばかりやってきた千夏に悪戦苦闘する。D級に昇格した多々良ペアは、上を目指すために「兵藤ソシアルダンスアカデミー」に移籍。指導を受けることになった兵藤マリサから、「東京都民ダンススポーツ大会」のA級選での優勝を命じられるが、格上の釘宮や、千夏の元パートナーと争うことになる。

登場人物[編集]

富士田 多々良(ふじた たたら)
声 - 土屋神葉[2]
市立玉村中学校3年生。観察力がよく、目で見て動きをすぐに覚える才能がある。競技ダンスには無縁であったが、スタジオに誘われ社交ダンスを教わり始めると、仙谷や雫、兵藤たちに触発されやがて魅入られていく。
花岡 雫(はなおか しずく)
声 - 佐倉綾音[2]
市立玉村中学校3年生。アマチュアの選手。来年にはパートナーの兵藤と共に海外へ留学する予定。
仙石 要(せんごく かなめ)
声 - 森川智之[2]
現役プロの選手。ラテン&10ダンスの二冠王者。強引な性格でよく人を叩く。主に多々良が被害を受けている。
兵藤 清春(ひょうどう きよはる)
声 - 岡本信彦[2]
中学3年生。アマチュアの選手。雫のパートナーの天才ダンサー。
赤城 賀寿(あかぎ がじゅ)
声 - 富田健太郎
高校1年生。三笠宮杯ファイナリスト。真子の兄。
赤城 真子(あかぎ まこ)
声 - 諸星すみれ
中学2年生。賀寿のパートナーであり妹。気弱な性格。
緋山 千夏(ひやま ちなつ)
多々良のクラスメートで、パートナー。中学時代はリード(男)役をしていた。
たまき
小笠原ダンススタジオのスタッフ。多々良にキレイなお姉さんと称されるほど美人。
兵藤 マリサ(ひょうどう マリサ)
清春の母。元プロフェッショナルスタンダードチャンピオン。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2017年7月より放送予定。放送開始前週に直前特番『ボールルームの熱気-ダンス表現への挑戦-』が放送予定[3]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 竹内友(講談社「月刊少年マガジン」連載)[4]
  • 監督 - 板津匡覧[4]
  • シリーズ構成・脚本 - 末満健一[4]
  • キャラクターデザイン - 岸田隆宏[4]
  • 総作画監督 - 千葉崇洋、本田真之[4]
  • アクション作画監督 - 向田隆、梁博雅[4]
  • プロップデザイン - 小林祐[4]
  • キーアニメーター - 竹中真吾[4]
  • 美術設定・美術監督 - 立田一郎[4]
  • 色彩設計 - 佐藤真由美[4]
  • 撮影監督 - 田中宏侍[4]
  • CG監督 - 伊東巧右平[4]
  • 編集 - 植松淳一[4]
  • 音響監督 - 菊田浩巳[4]
  • 音楽 - 林ゆうき[4]
  • アニメーション制作 - Production I.G[4]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「10% roll, 10% romance」[5]
作詞・作曲 - 田淵智也 / 編曲・歌 - UNISON SQUARE GARDEN
エンディングテーマ「Maybe the next waltz」[6]
作詞・作曲 - Q-MHz / 歌 - 小松未可子

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[7]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2017年7月9日 - 日曜 2:08 - 2:38(土曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作参加 / 『アニメシャワー』第1部
日曜 23:30 - 月曜 0:00 TOKYO MX 東京都
2017年7月10日 - 月曜 1:00 - 1:30(日曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜) 群馬テレビ 群馬県 作者の出身地
2017年7月21日 - 金曜 1:36 - 2:06(木曜深夜) あいテレビ 愛媛県
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 更新時間 配信サイト 備考
2017年7月16日 - 日曜 2:38(土曜深夜) 更新 Amazonプライムビデオ 初回は同年7月8日土曜 0:00(金曜深夜) 更新
毎日放送 アニメシャワー 第1部
前番組 番組名 次番組
進撃の巨人 Season 2
(1:58 - 2:28)
ボールルームへようこそ
-

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「ボールルームへようこそ」連載再開!次号月マガに巻頭カラーで登場”. コミックナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/comic/news/212092 2016年12月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d アニメ『ボールルームへようこそ』キャストに土屋神葉、森川智之ら”. 2017年3月22日閲覧。
  3. ^ “「ボールルームへようこそ」今夏アニメ化!監督は板津匡覧、脚本は末満健一”. コミックナタリー. (2017年1月1日). http://natalie.mu/comic/news/215389 2017年1月1日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ボールルームへようこそ』新PV公開&先行上映会チケット販売開始”. アニメイトタイムズ (2017年6月8日). 2017年6月20日閲覧。
  5. ^ ユニゾン、アニメ「ボールルームへようこそ」に新曲書き下ろし - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (2017年6月20日). 2017年6月20日閲覧。
  6. ^ 小松未可子、新アニメ「ボールルームへようこそ」のED担当”. 音楽ナタリー (2017年6月20日). 2017年6月20日閲覧。
  7. ^ On Air”. TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト. 2017年5月30日閲覧。
  8. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]