ボールルームへようこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボールルームへようこそ
ジャンル ダンススポーツ
漫画
作者 竹内友
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表期間 2011年12月号 - 連載中
巻数 既刊9巻(2017年6月現在)
アニメ
原作 竹内友
監督 板津匡覧
シリーズ構成 末満健一
脚本 末満健一
キャラクターデザイン 岸田隆宏
音楽 林ゆうき
アニメーション制作 Production I.G
製作 小笠原ダンススタジオ
放送局 MBSほか
放送期間 2017年7月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ボールルームへようこそ』は、竹内友による日本漫画作品。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年12月号より連載されている。社交ダンス競技ダンス)をテーマに描かれた作品。単行本は2017年6月現在既刊9巻。

途中、一時休載をしていたが、『月刊少年マガジン』2月号(2017年1月6日発売)から、連載を再開[1]

あらすじ[編集]

将来の夢も趣味もなく、無気力に日々を過ごしていた中学生・富士田多々良は、カツアゲに遭ったところをプロダンサー・仙石要に助けられたことで、偶然にも社交ダンスと出会う。
「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」と考えた多々良は今の自分から変わるため社交ダンスの世界へ飛び込む。
仙石の指導下に入った多々良は、自分と同じく「将来の夢も趣味もない」と思っていた同級生・花岡雫が、そこでダンスを学ぶ、アマチュアランキング一位のダンサーであり、プロダンサーを目指す情熱を持っていることを知る。
場違いだと感じるものの、スタッフのに渡されたビデオを見たことで社交ダンスの魅力に取り憑かれ、紆余曲折を経て仙石に弟子入りした。
あるとき、雫とそのパートナー、兵藤清春の凄まじいダンスを見せられたことで社交ダンスの世界に引き込まれていき、ふとしたハプニングで清春の替え玉として雫と踊ることになった多々良は、それを切っ掛けに秘めたる才能を開花させていくことになる。

登場人物[編集]

「声」はテレビアニメ版の声優

富士田 多々良(ふじた たたら)
声 - 土屋神葉[2]
本作の主人公。初登場時は市立玉村中学校3年生。観察力と模倣性がよく、目で見て動きをすぐに覚える才能がある。自分が胸を張って「好きだ」といえることを探す中学生。「何もない自分」を変えたいと思っている。競技ダンスには無縁であったが、スタジオに誘われ社交ダンスを教わり始めると、仙石や雫、兵藤たちに触発されやがて「青春」と自負できるほどにダンスの世界に魅入られていく。
兵藤いわく「感情で踊るダンサー」であり、感覚的にパートナーと調和した時に凄まじい存在感を放つ。また、ステージ上では普段のおとなしい姿から想像できないほど闘志を燃え上がらせ、千夏とのダンスはパートナーでありながら競い合うような独特の雰囲気を醸し出す。
花岡 雫(はなおか しずく)
声 - 佐倉綾音[2]
兵藤のパートナーで現アマチュアチャンピオン&アマチュアランキング1位の少女。初登場時は多々良と同じ市立玉村中学校3年生。アマチュアの選手。物語冒頭時点で来年にはパートナーの兵藤と共に海外へ留学する予定。普段は眼鏡をかけているが、ダンスの際には外している。
仙石の元でダンスを学んでおり、兵藤の負傷時に彼の采配によって多々良と組むことになった彼の最初のパートナー。そして兵藤とともに、多々良がいずれ越えなければならない最大のライバルでもある存在。
兵藤 清春(ひょうどう きよはる)
声 - 岡本信彦[2]依田菜津(幼少期)
初登場時は中学3年生。アマチュアの選手。雫のパートナーの天才ダンサー。アマチュアチャンピオン&アマチュアランキング1位。足の負傷時に(仙石が勝手にしたことだが)替え玉出場を行ったペナルティとして半年間の出場停止を命じられたがその後、大阪グランプリ大会から出場停止が解け本格に競技会復帰をしている。
普段はダウナーな雰囲気を漂わせる少年だが、踊りの事となると人が変わる。自分の動きを再現してみせた多々良に注目し、同じスクールで学ぶ彼をライバルとして時に導き、そのいびつな成長に強い期待を寄せている。天才気質で、ものすごく抽象的な物言いをすることがある天然系。
赤城 賀寿(あかぎ がじゅ)
声 - 富田健太郎富田美憂(幼少期)
初登場時は高校1年生。三笠宮杯ファイナリスト。真子の兄。
非常に優秀なダンサーだが、優秀すぎるが故にパートナーの真子の存在感を食ってしまっていた。当初は清春の負傷時に雫をパートナーにしようと接近し、多々良とパートナーを入れ替えて勝負する。ペアとしては圧勝するものの、多々良と踊った真子がボールルームクイーンに選ばれたことで二人を認め、真子と復縁した。
多々良の進学先の高校で風紀委員を務めており、なにかとパシリにされがちな多々良を、先輩として選手としてもフォローしてくれるようになる。
赤城 真子(あかぎ まこ)
声 - 諸星すみれ
初登場時は中学2年生。賀寿のパートナーであり妹。性格は気弱で追い詰められると上州弁が出る。
兄を大事にしているものの、自己主張が極端に弱く、「どのように踊りたいのか」を兄に伝えられないままに一端コンビを解消されてしまい、多々良と組んで賀寿・雫ペアと踊りで競うことになる。多々良を額縁としたとなったことでボールルームクイーンを受賞した。以後、多々良に好意を抱いた模様。
緋山 千夏(ひやま ちなつ)
声 - 赤﨑千夏[3]
高校に進学した多々良のクラスメートで、単行本9巻現在のパートナー。ダンスをしているという多々良の自己紹介を「ダサい」と一蹴するが、実は仙石・本郷ペアのファン(特に、本郷の大ファンで彼女に憧れている)。
中学時代はリード(男)役をしていたが、競技を目指し始めたことでパートナーの明と意識のすれ違いを生みペアを解消して以後、ダンスから遠ざかっていた。多々良に出会った当初は冷たい態度で接していてペアを組むことを拒んでいたが、明に挑発されたことで彼と組み、共に兵藤マリサの指導を受けることになる。
多々良に『所作の一つ一つに洗練された気品のようなものがあり、異様に背筋の軸が真っ直ぐで、小さな顔と長い首が特徴的。見れば見る程、ダンスが好きなダンサー』と言わしめるほどである。小学生の頃から長身であり、ウエイトもあるため、その重心を多々良が活かした時に目覚ましいパフォーマンスを見せつける。
仙石 要(せんごく かなめ)
声 - 森川智之[2]
現役プロの選手。ラテン&10ダンスの二冠王者。アマチュア時に三笠宮杯スタンダード&ラテン両部門5連覇を経てターンプロ。強引な性格でよく人を叩き、主に多々良が被害を受けている。
円谷 環(つぶらや たまき)
声 - 能登麻美子
小笠原ダンススタジオのスタッフ。多々良にキレイなお姉さんと称されるほど美人。
兵藤 マリサ(ひょうどう マリサ)
声 - 甲斐田裕子
兵藤清春の母。元プロフェッショナルスタンダードチャンピオン。天平杯では審査員を務める。
釘宮 方美(くぎみや まさみ)
声 - 櫻井孝宏[3]
長身のダンサー。兵藤マリサの元でダンスを学ぶ社会人。かつてトラックに跳ねられたことで背骨を折りダンスから遠ざかっていたが復帰した。オールドスタイルを極めることに執着する。
井戸川 民絵(いどがわ たみえ)
声 - 國立幸[3]
釘宮のパートナー。兵藤に見合う長身の女性。
峰 吾郎(みね ごろう)
声 - 星野貴紀[3]
明が千夏を煽るために見繕ったパートナー。喫茶店の常連客でヤクザのような強面だが、内面はものすごく良い。妻帯者で妻をダンスパートナーとしていた。妻そっくりの娘もいる。
甲本 明(こうもと あきら)
声 - 悠木碧[3]
多々良のバイト先の喫茶店の娘であり、千夏とは小学一年からの付き合いで、中学生時代までのパートナー。ペア解消後、なにかと千夏を挑発するような振る舞いと嫌味な言動が目立つ。パートナーは峰。
本心は千夏に強烈な憧憬と愛情を抱き、競技ダンスに積極性を見いだせなかった時に「明は頑張らなくてもいい」と言われたことがトラウマになっていた。以後、千夏に構われたい一心で挑発するような態度を取っていたことが判明する。都知事杯でダンスを競ってから次第に素直に千夏に関わるようになっていく。
本郷 千鶴(ほんごう ちづる)
声 - 寿美菜子[3]
仙石のパートナー。彼の賞金の使いみちについて揉めて一時期出場を停止していた時期がある。
富士田 鉄男(ふじた てつお)
声 - 福田賢二
多々良の父親。バツイチ。
番場 可憐(ばんば かれん)
声 - 小平有希
小笠原ダンススタジオの新入社員の見習い。
仁保 友親(じんぼ ともちか)
声 - 堀井茶渡
小笠原ダンススタジオの新入社員の見習い。ラテン専門。
岩熊 善徳(いわくま よしのり)
声 - 祐仙勇
アマチュアランキング2位、前年度チャンピオン。
美野 麗(みの れい)
声 - 木下紗華
岩熊のパートナー。
鼻毛石 天平(はなげいし てんぺい)
声 - 立川談春
賀寿が雫とペアを組み、真子と賀寿のペアが解消された為、多々良が、真子(雫以外の女性)と組み、賀寿・雫ペアと競う為に出場することとなった天平杯大会の主催者。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2017年7月よりMBSほかにて放送中。放送開始前週に直前特番『ボールルームの熱気-ダンス表現への挑戦-』が放送された[4]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 竹内友(講談社「月刊少年マガジン」連載)[5]
  • 監督 - 板津匡覧[5]
  • シリーズ構成・脚本 - 末満健一[5]
  • キャラクターデザイン - 岸田隆宏[5]
  • プロップデザイン - 小林祐[5]
  • キーアニメーター - 竹中真吾[5]
  • 美術設定・美術監督 - 立田一郎[5]
  • 色彩設計 - 佐藤真由美[5]
  • 撮影監督 - 田中宏侍[5]
  • CG監督 - 伊東巧右平[5]
  • 編集 - 植松淳一[5]
  • 音響監督 - 菊田浩巳[5]
  • 音楽 - 林ゆうき[5]
  • プロデュース - 笹木孝弘、松下卓也、森下勝司、柳村努、今井陽介(第1 - 4話)→遠藤哲哉(第5話 - )、平田秀夫、吉崎邦法、丸山博雄、金庭こず恵
  • プロデューサー - 木下哲哉、立石謙介、川添千世、相島豪太、遠藤哲哉(第1 - 4話)→鍋岩晶子(第5話 - )、吹野史斉、鴨志田悠紀子、前田俊博、森菜摘
  • アニメーションプロデューサー - 松下慶子
  • アニメーション制作 - Production I.G[5]
  • 製作 - 小笠原ダンススタジオ

主題歌[編集]

オープニングテーマ
10% roll, 10% romance[6](第1話 - 第11話)
作詞・作曲 - 田淵智也 / 編曲・歌 - UNISON SQUARE GARDEN
Invisible Sensation[7](第12話 - )
作詞・作曲 - 田淵智也 / 編曲・歌 - UNISON SQUARE GARDEN
エンディングテーマ
Maybe the next waltz[8] [9](第1話 - 第11話)
作詞・作曲 - Q-MHz / 編曲 - Q-MHz、伊藤翼 / 歌 - 小松未可子
Swing heart direction[7](第12話 - )
作詞・作曲 - Q-MHz / 編曲 - Q-MHz、末光篤 / 歌 - 小松未可子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 アクション
作画監督
総作画監督
Heat.1 小笠原ダンススタジオへようこそ 板津匡覧 千葉崇洋、名倉智史 向田隆 千葉崇洋
Heat.2 兵藤清春 板津匡覧 白川巨椋
むらた雅彦
守泰佑
富田恵美 千葉崇洋
本田真之
Heat.3 ワルツを踊れ 野村和也
板津匡覧
江副仁美 高橋英樹、石川真理子 梁博雅 本田真之
Heat.4 ダンサーズ・ハイ 佐藤雅子 折井一雅、下妻日紗子
千葉崇洋、本田真之
向田隆 千葉崇洋
Heat.5 パートナー 原恵一 いとがしんたろー 名倉智史
Heat.6 ライン・オブ・ダンス 原恵一
板津匡覧
井之川慎太郎 飯飼一幸、斎藤雅和
津熊建徳
梁博雅 本田真之
Heat.7 天平杯 野村和也 鎌田祐輔 植田実、福原麻衣
大島貞生
向田隆 千葉崇洋
Heat.8 現実 奥野治男 梁博雅 本田真之
Heat.9 花と額縁 吉田泰三 いとがしんたろー 石川真理子、折井一雅 向田隆 千葉崇洋
Heat.10 ボルテージ 黄瀬和哉 梁博雅 -
Heat.11 評価 板津匡覧
原恵一
江副仁美 名倉智史 向田隆 千葉崇洋
Heat.12 出会い 野村和也 佐藤雅子 植田実、折井一雅
石川真理子、千葉崇洋
本田真之
梁博雅 本田真之
Heat.13 お見合い 原恵一 いとがしんたろー 植田実、大島貞生 向田隆 千葉崇洋
Heat.14 結成 吉田泰三 村田尚樹 山村俊了、大髙雄太
飯飼一幸
梁博雅 本田真之
Heat.15 じゃじゃ馬ならし 佐藤雅子 江副仁美 片桐貴悠、清水奈津子
千葉崇洋
向田隆 千葉崇洋
Heat.16 四本足 鎌田祐輔
板津匡覧
鎌田祐輔 折井一雅、石川真理子
米川麻衣、奥野治男
梁博雅 本田真之

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[10]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2017年7月9日 - 日曜 2:08 - 2:38(土曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作参加 / 字幕放送 / 『アニメシャワー』第1部
日曜 23:30 - 月曜 0:00 TOKYO MX 東京都
2017年7月10日 - 月曜 1:00 - 1:30(日曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜) 群馬テレビ 群馬県
2017年7月21日 - 金曜 1:36 - 2:06(木曜深夜) あいテレビ 愛媛県
2017年11月7日 - 火曜 19:00 - 19:30 アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / 字幕放送 / リピート放送あり[12]

インターネットではAmazonプライム・ビデオでの独占配信となり、日本では2017年7月8日より第1話が土曜0時、第2話以降が毎日放送の放送直後に配信[10]

BD / DVD[編集]

発売日[13] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2017年11月29日予定 第1話 - 第4話 PCXP-50521 PCBP-53791
2 2017年12月27日予定 第5話 - 第8話 PCXP-50522 PCBP-53792
3 2018年1月24日予定 第9話 - 第12話 PCXP-50523 PCBP-53793
4 2018年2月28日予定 第13話 - 第16話 PCXP-50524 PCBP-53794
5 2018年3月28日予定 第17話 - 第20話 PCXP-50525 PCBP-53795
6 2018年4月25日予定 第21話 - 第24話 PCXP-50526 PCBP-53796
毎日放送 アニメシャワー 第1部
(本番組より日曜2:08 - 2:38(土曜深夜)に放送)
前番組 番組名 次番組
進撃の巨人 Season 2
(1:58 - 2:28)
ボールルームへようこそ
-

他作品とのコラボレーション[編集]

あんさんぶるスターズ!
AndroidiOS向けに配信されているアプリゲーム。
2017年8月14日から31日までの期間限定でコラボキャンペーンが開催。『あんスタ』に富士田多々良、兵藤清春、赤城賀寿が登場した[14]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「ボールルームへようこそ」連載再開!次号月マガに巻頭カラーで登場”. コミックナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/comic/news/212092 2016年12月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d アニメ『ボールルームへようこそ』キャストに土屋神葉、森川智之ら”. 2017年3月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 「ボールルーム」2クール目からの新キャラも登場のキービジュ&PV”. 2017年9月18日閲覧。
  4. ^ “「ボールルームへようこそ」今夏アニメ化!監督は板津匡覧、脚本は末満健一”. コミックナタリー. (2017年1月1日). http://natalie.mu/comic/news/215389 2017年1月1日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ボールルームへようこそ』新PV公開&先行上映会チケット販売開始”. アニメイトタイムズ (2017年6月8日). 2017年6月20日閲覧。
  6. ^ ユニゾン、アニメ「ボールルームへようこそ」に新曲書き下ろし - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (2017年6月20日). 2017年6月20日閲覧。
  7. ^ a b ユニゾン&みかこし「ボールルームへようこそ」次クールもテーマソング提供”. 音楽ナタリー (2017年9月16日). 2017年9月16日閲覧。
  8. ^ 小松未可子、新アニメ「ボールルームへようこそ」のED担当”. 音楽ナタリー (2017年6月20日). 2017年6月20日閲覧。
  9. ^ 小松未可子「ボールルーム」EDシングル全貌解禁、c/wにQ-MHzとの共作ナンバー - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (2017年7月7日). 2017年7月8日閲覧。
  10. ^ a b On Air”. TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト. 2017年5月30日閲覧。
  11. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  12. ^ ボールルームへようこそ”. アニマックス. アニマックスブロードキャスト・ジャパン (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  13. ^ Products”. TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト. 2017年7月9日閲覧。
  14. ^ あんさんぶるスターズ!×ボールルームへようこそ 期間限定コラボイベント開催決定!”. あんさんぶるスターズ!. 2017年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]