ぐらんぶる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ぐらんぶる
ジャンル 青年漫画ギャグ
漫画
原作・原案など 井上堅二
作画 吉岡公威
出版社 講談社
掲載誌 good!アフタヌーン
レーベル good!AFTERNOON KC
発表号 2014年5月号(#42号) -
巻数 既刊11巻(2018年7月現在)
アニメ
原作 井上堅二、吉岡公威
監督 高松信司
脚本 高松信司
キャラクターデザイン 草間英興
音楽 マニュアル・オブ・エラーズ
アニメーション制作 ゼロジー
製作 ぐらんぶる製作委員会
放送局 毎日放送ほか
放送期間 2018年7月 - 9月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ぐらんぶる』(GRAND BLUE)は、井上堅二原作・吉岡公威作画による日本漫画作品。『good!アフタヌーン』(講談社2014年(平成26年)5月号から連載開始。スキューバダイビングを題材としているが、作中においてはダイビング描写のほかにも飲み会を始めとするサークル内での交流も描写される。2018年3月現在、累計発行部数は200万部[1]

あらすじ[編集]

海が近くにある大学への進学を機に、おじが経営するダイビングショップ「グランブルー」に居候することになった北原伊織。そこで出会ったのはとびきりの美女、そして酒とスキューバダイビングと裸を愛する屈強な男たちだった。

登場人物[編集]

ダイビングサークル「Peek a Boo(ピーカブー)」[編集]

物語の中心となるサークル。略称は「PaB」。メンバーはここに記述する人物以外にも存在するが、物語はここに記載された人物を中心に進んでいく。飲みサークルで、大半が男性のため男グループのノリが強く、脱いだり強力な酒を飲むことが多い。勧誘も特に男性に対しては強引なところもある。その一方でダイビングも真面目に活動しており、さらに受け入れた部員については非常におおらかな部分を持っている。飲み会のきつさを除けばサークルの雰囲気は良い。(Peek a Boo=「いないいないばあ」より)

北原 伊織(きたはら いおり)
- 内田雄馬[2]
本作の主人公。伊豆大学機械工学科に入学した1年生。
男子校のノリに辟易し、薔薇色のキャンパスライフを夢見て男女共学の伊豆大学に進学する。ダイビング未経験の上泳ぐことも苦手だが、時田と寿により男ばかりのダイビングサークル「PaB」に強制的に入会させられてしまう。しかし、経験や交流を積んでいくうちにダイビングの魅力に惹かれ、水への恐怖感も徐々にではあるが克服していく。水泳以外のスポーツは全般的に得意。音楽を嗜んだこともあり、現在でもギターを弾ける。恥ずかしい自作曲の数々を黒歴史にしているが、栞によって公開されイジりのネタにされることもしばしば。
バカで無神経かつ鈍感な性格の上に、やることなすこと間が悪い為、意図せずに相手を怒らせたり誤解されてしまうことがままあるが、他人の「好きなもの」を決して否定しない包容力も持っており、それに気づいた者達からは好意や信頼を得ている。
アルコール類に対して免疫は無かったが、「PaB」の豪快かつ無茶な飲み会に参加するうちに耐性を身に付けるようになった。それと同時に、パンツ姿で学内をうろつくことにも抵抗を覚えなくなった。
古手川 千紗(こてがわ ちさ)
声 - 安済知佳[2]
本作のヒロイン。伊織の同い年の従姉妹。同じく伊豆大学機械学科の1年生。
ダイビング経験者。将来の夢はインストラクターで、水族館でたまに手伝いをしていたりする。男女比率140:3である学科での人気は高く、「伊豆春祭」でミスコンを獲るほどの美人だが、色恋やお洒落には興味を示さない。その一方でダイビングには目がない面を見せる。
伊織に対してはダイビングの魅力を伝えようと自分なりに画策する面倒見のいい一面を見せているが、彼の下衆な言動に対しては、度々虫けらを見るような冷たい視線を送ることもある。
実は伊織とは血がつながっていないことが、登志夫の口から明らかにされた。酒にはあまり強くない上に梓からセクハラを受ける危険がある為、「PaB」の飲みには滅多に参加しない。
今村 耕平(いまむら こうへい)
声 - 木村良平[2]
伊織の同級生。見た目は金髪のイケメンだが、妄想癖のある真性のアニメオタクでかつ変態。常日頃キャラクターが描かれたTシャツなどの衣類を愛用している。声優の水樹カヤの大ファン。いわゆる三次元には興味が薄いものの典型的な「オタクの願望」には目がなく、その中でも特に「妹」や水樹カヤにかかわる内容に目がない。
ダイビング未経験者で、伊織に騙される形で「PaB」に入会させられる。以降、伊織とは常に共に行動しつつ、危機に際しては躊躇なく互いを身代わりにしようとする、悪友とも呼べる関係を築いている。その一方、ここぞというときは伊織とは協力しあい、息の合ったところを見せる。料理上手で運動能力はてんでダメだが、先述の願望に直結する内容であれば運動能力が一気に向上する。ダイビングもグランブルーに水樹カヤが通っていたことをきっかけにやる気を出していき、飲み込みも非常に早く、苦戦する伊織とは違い全く失態を犯していない。
女声を地声のように出す「ミックスボイス」(声 - 蒼井翔太水瀬いのり釘宮理恵)という特技を持っており、御手洗を罠にはめた他、ヴァーチャルアイドル「SAKUYA」の声を吹き込んだりもしていた。
時田 信治(ときた しんじ)
声 - 安元洋貴[2]
3年生。「PaB」の会長。「グランブルー」でよく手伝いをしている。
角刈りに筋骨隆々の巨体をもった男性。酒が入ると度を越えた暴走を見せることがあるが、ダイビングに関しては真面目そのもので後輩の面倒見もよい。伊織を片腕で抱えるほどの怪力を誇り、運動能力も桁違いに高く、テニスのサーブで相手のラケットを吹き飛ばしガットを切っている。実は彼女がいる。
寿 竜次郎(ことぶき りゅうじろう)
声 - 小西克幸[2]
伊織と同じ学科の先輩で3年生。「PaB」のメンバーでサークルの幹部的立ち位置。「グランブルー」でよく手伝いをしている。
鉄のように固い筋肉を纏った金髪の男性。時田と同様飲み会でははっちゃけるが、ダイビングに関しては非常に真面目で博識。時田と並んで運動能力が並外れて高く、劇中ではテニスにおいて両手持ちのジャンピングスマッシュを披露している。バイトでバーテンダーをしており、客からは人気がある。
浜岡 梓(はまおか あずさ)
声 - 行成とあ[2]
青海女子大の3年生。インカレサークルである「PaB」のメンバーの1人。
美人でナイスバディだが、「PaB」のノリに完全に適応しており男達と混ざって強い酒を飲んだり、全裸の男(伊織達)が雑魚寝する部屋で平気で眠ったり、野球拳に混ざったりする上に、彼らの前で下着姿になることにも抵抗がない。奈々華とは仲が良く、電話で色々と相談に乗ることが多い。両性愛者であり、奈々華から相談されたことで伊織をバイ仲間と誤解し、奈々華にすら秘密にしている自身の性向を伊織にカミングアウトしてしまった。好きなタイプは男なら時田、女なら奈々華。伊織の好きなタイプの「男」を執拗に聞き出し、耕平(伊織の嘘)と伊織をくっつけようと画策したりする一方で、伊織と千紗の仲を取り持つようなことをして面白がるなど、どこまで本気なのか分からない行動を取る。
吉原 愛菜(よしわら あいな)
声 - 阿澄佳奈[2]
青海女子大の1年生。初登場時、金髪のウィッグにケバい化粧をしていたため、伊織と耕平からは「ケバ子」という不名誉なあだ名で呼ばれている。素顔は素朴で愛らしい顔立ちをしており、酔ったり動揺すると地元の方言(九州弁)が出る。運動能力は耕平よりはマシだが得意ではない方。一方で実家の手伝いで車を運転するため、MT車の運転免許を所有しており、「PaB」の合宿などで度々自動車を運転する。
「華やかな大学デビュー」のためにテニスサークル「ティンカーベル(以降、ティンベル)」に入ったが、見た目のケバさとテニスが上手く出来なかったことから、サークル内での練習から外されたり、学内イベントに色物扱いで出場させられるなどの陰湿なイジりを受けていたが、学祭で伊織が耕平と一緒に部長の工藤へ逆襲してくれたことをきっかけに「ティンベル」を辞め、「PaB」に入会した。このことを契機に、伊織のことが気になっている様子だが想いは打ち明けられずにいる。
普段は大人しく作中数少ない常識人なため、平気で脱ぎまくる男連中にツッコミを入れているが、化粧をすると図太くノリの良い性格に変貌する。更に酔った時には完全に性格が豹変し、「PaB」のノリに完全に適合するようになる。のけ者扱いだったティンベル時代と違い「PaB」では公平に扱われており、メンバーとは仲を深めつつダイビングの楽しさを覚えていく。胸が小さい事がコンプレックスの模様。

ダイビングショップ「グランブルー」[編集]

古手川 奈々華(こてがわ ななか)
声 - 内田真礼[2]
伊織の従姉妹で、千紗の姉。「グランブルー」の看板娘兼インストラクターとして働いている。「PaB」のOG。
美人でスタイルが良く性格も優しいが、実は極度のシスコン。対象である千紗にはばれていないものの、それ以外の人物には周知されており、千紗と伊織が「付き合っている」という嘘の噂を聞いた際には、伊織が命の危険を感じる程の恐ろしいオーラを発した。
瞬く間に「PaB」のノリに染まってしまったせいで乱れがちな伊織の生活態度を度々気にかけている。梓とは仲が良く、電話で色々と相談に乗ってもらうことが多い。 
古手川 登志夫(こてがわ としお)
声 - 川田紳司[2]
伊織の義理の叔父で、千紗と奈々華の父。「グランブルー」の店長であり、甥である伊織を自宅でもある「グランブルー」の離れに住まわせている。

伊豆大学[編集]

野島 元(のじま はじめ)
声 - 江口拓也[2]
伊織と耕平の同級生。黒縁眼鏡をかけたロン毛のインテリ風バカ。伊織のセッティングした合コンに参加した。定期テストの際に、腕の間にカンペを仕込んだ結果、汗で文字がにじんで読めなかったことがある。
ナルシストな一面があり、自分を美形だと思っている節がある。普段はシークレットシューズを着用している。
一度学校をやめてYoutuberを志したが、動画作成が想像以上に大変であることを知って挫折した。
山本 真一郎(やまもと しんいちろう)
声 - 榎木淳弥[2]
伊織と耕平の同級生。女に見境のないクズだが、童貞の鑑。伊織のセッティングした合コンに参加した。彼女を得ることに並々ならぬ熱意を向けているものの、そのたびに伊織たちから辛辣な評価を受ける。また、毎回のように童貞であることをネタにされる。テスト中は飲食禁止であることを知らず、ペットボトルのラベルの裏にカンペを仕込んで失敗したことがある。
一時期ヴァーチャルアイドルの「SAKUYA」に本気で恋をしていたものの、画面上の相手では童貞が捨てられないことに気付くとすぐにアンインストールした。
御手洗 優(みたらい ゆう)
声 - 花江夏樹[2]
伊織と耕平の同級生。見た目は割とイケメンだが、やはり女に見境のないクズ。青女に通う幼馴染みの女子(後述の大橋りえ)と付き合っていたが、伊織たちによって架空の浮気をでっち上げられてフラれる(原作ではその直後、何もあそこまで怒らなくてもと思っていたため、反省の色が見られない様子だった)。その後もギリギリ関係は保っていたが、伊織に今度はナンパをでっち上げられ、大勢の前で公開処刑される羽目になった。さらにその後またしても浮気がバレて顎骨を折られかけるが、とっさに結婚を申し出たことでその場を凌いだ。その後事態はより悪化したようだが、伊織たちからは完全に見捨てられてしまった。
テスト中は筆箱を出せないということを知らず、筆箱にカンペを仕込んで失敗したことがある。
藤原 健太(ふじわら けんた)
声 - ロバートウォーターマン[2]
伊織と耕平の同級生。特徴がなく、存在感が薄い。そのため、その場にいないような扱いをされることもしばしば。定期テストの際に、周りの数人でカンペの回し読みを示し合わせたものの自身のところでばれてしまい、全員に罪をなすりつけられて「不可」の判定を受けてしまった。
右代宮(うしろのみや)
本名不明、苗字のみ40話にて判明。伊織たちの材料力学の講義を担当する准教授で、自称・次期教授候補筆頭。嫌味かつナルシストな性格で、「退屈だから」という理由でレポートの発表の最中に爆睡するなど、伊織たちに対して目に余る態度を取ったため、伊織たちに手痛い仕打ちを受けた。シャルピー衝撃試験において、仕返しと言わんばかりに、伊織たちに「ハンマーの向かう先に生徒を一人固定し、ハンマーが衝撃片を壊しかつ生徒の股間を痛打しない高さを計算せよ(ハンマーを下ろす角度が高すぎると股間にハンマーが直撃し、低すぎると衝撃片が壊れず実験失敗、単位が取れなくなる)」というとんでもない実験を行わせるが、結局伊織たちの罠にかかり、自身もハンマーを食らうことになった。また、右代宮のゼミの出身者は企業にウケがいいらしい(右代宮の理不尽に耐えてきたため)。ゼミの通称はホワイト研。(うしろのみやの『しろ』から)

青海女子大[編集]

神尾 清子(かみお きよこ)
声 - 井口裕香
愛菜の同級生。伊織のセッティングした合コンに愛菜が連れてきた子の1人。あだ名は「きっこ」。趣味は合コンの席で競馬とパチンコ、と言っていたが、本当かどうかは不明。愛菜に「中身オッサン」と言われた。
鈴木 恵子(すずき けいこ)
声 - 茅野愛衣
愛菜の同級生。伊織のセッティングした合コンに愛菜が連れてきた子の1人。実家暮らしで6歳の弟がいる。
飯田 かなこ(いいだ かなこ)
声 - 儀武ゆう子
愛菜の同級生で、声優の水樹カヤの妹。伊織のセッティングした合コンに愛菜が連れてきた子の1人。写真が趣味で映画も好き。携帯の写真に写っていたアニメDVDを見つけた耕平に同志と見受けられ告白されるが、耕平の服装に難色を示した。
ほかの3人に比べて初心な一面があり、「アナル」という単語を聞いても何のことだか全く分からなかった。
大橋 りえ(おおはし りえ)
声 - 山北早紀
御手洗の幼馴染で彼女。大学入学後再会した御手洗と付き合っていたが伊織達の初回制裁の際、右腕一本で御手洗を吊るしあげ、愛想を尽かした後、クズ過ぎる御手洗に左ボディからの顎への蹴り上げを披露し御手洗を吹っ飛ばした。子供時代の頃の癖で御手洗を『優おにいちゃん』と呼ぶことがある(耕平が絶望しミックスボイスを披露した直接の原因。三次元+女+幼馴染属性+おにいちゃん呼びに耐えられなかった)。
華奢な体型からは考えられないほどの怪力の持ち主で、その後もたびたび御手洗を吹っ飛ばしている。また、思い込みの強いメンヘラな一面があり、登場ごとに段々と言動が病んだものになっている。
毒島 桜子(ぶすじま さくらこ)
学年不明。青海女子大祭で伊織たちが耕平をダシにしてナンパした三人組の1人。美形とブランド品以外に興味がない。耕平の顔に釣られて伊織たちの誘いに乗ったものの、当の耕平からは丸っきり無視されてしまい、腹いせに耕平が持っていた水樹カヤのライブチケットを掏り取るという行為に出た為、それまでチヤホヤしていた伊織に頭からビールを掛けられて立ち去られる。
その後、伊織がバイト先に選んだファミレスで先輩として偶然再会し、伊織の教育係となる。立場を利用して思う存分伊織を苛めるが、一方でクズ同士意気投合する面もあった。バイト仲間である尚海に対し、最初は顔が好みという理由だけで狙っていたが、後に彼の性格も含めた全てに惹かれ、告白するも玉砕。友人の前では空元気を見せたものの、一人になると少なからず落ち込みを見せた。
「ブス」という音が入っているため、自分の名字が嫌い。

その他[編集]

水樹 カヤ(みずき カヤ)
声 - 水樹奈々[2]
声優。本名は飯田 摩耶(いいだ まや)。かなこの姉で、梓の友人。「グランブルー」のお客さんでもある。青女の学園祭でライブを行った。デビュー作は『溶解!魔法少女ららこ』。
工藤会長(くどうかいちょう)
声 - 福山潤[2]
テニスサークル「ティンカーベル」の会長。色黒のイケメンではあるが、他人を笑いものにする性根の腐った人物。「伊豆春祭」の男コンでは余裕で1位を獲るつもりでいたが、伊織に屈辱的な負け方をしてしまい根に持っている。
北原 栞(きたはら しおり)
伊織の妹で中学3年生。和装姿で常に敬語で話し、伊織のことは「兄様」と呼ぶ。両親がバカな兄に代って自分に旅館の跡を継がせようとするのを阻止するため、伊織を連れ戻して更生させようと「PaB」へ単身押しかける。あの手この手を駆使するも、どうしようもない伊織やそれに慣れてしまった古手川家の面々のせいでことごとく失敗に終わる。最終的に説得にこそ失敗したものの、伊織が思った以上に自身の気持ちを理解していたことを知り、少し甘えたような様子を見せながら帰宅した。
伊織には炊飯器も使えないレベルの機械音痴と思わせているが、実は郵送した人形に隠しカメラを仕込んで伊織の様子を監視するほど、機械に精通している。
東(あずま)
声 - 渡邉允瑠
「PaB」所属。伊豆大学化学系学部の先輩。アフロが特徴。伊織達がホワイト研の手伝いに駆り出された際、寿からの冷房宅配依頼に応じ液体窒素を持ってきた。
横手(よこて)
声 - 喜多田悠
「PaB」所属。伊豆大学機械工学科の先輩。メガネをかけている。
安西(あんざい)
声 - 木内太郎
「PaB」所属。伊豆大学機械工学科の先輩。スキンヘッド。夏休み期間中のホワイト研の実験で激やせしていたが飲み会一回で元に戻った。
乙矢 尚海(おとや なおみ)
伊織のバイト先でキッチンを担当する男子高校生。学年は不明だが高校ではダイビング部所属(部長)。桜子が本気で入れ込むほどの美少年。性格も素直で真面目かつ穏やかであり、初対面の伊織がその眩しさに目を覆ったほど。海とダイビングへの愛情は強く、PaBメンバーと共に潜った際には時田達から技術やサポート能力の高さをインストラクター並みと評価された。伊織に対しては交流を経て単なる友情や尊敬を超えた感情を抱いているようで、千紗に「(伊織に)恋人とかいるんでしょうか」と確認している。憧れるタイプは「豪快に飲み食いできる人」「海から上がった時に何気なくギターを弾けたりする人」。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2018年7月から9月にかけて毎日放送アニメイズム』B2枠ほかにて放送された[1]。番組冒頭では未成年の飲酒禁止、登場人物が全員20歳以上の成人で、本作はフィクションである旨のテロップが表示されている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Grand Blue」[16]
作詞・作曲・歌 - 湘南乃風 / 編曲 - 湘南乃風、STAND ALONE
第12話ではエンディング位置で使用された。
エンディングテーマ「紺碧のアル・フィーネ」
作詞 - 藤永龍太郎 / 作曲・編曲 - 末益涼太
〜二軒目にカラオケに入った俺たちのテンションスーパーMAXver.〜[16](第1話 - 第10話)
歌 - 伊豆乃風[北原伊織(内田雄馬)、今村耕平(木村良平)、時田信治(安元洋貴)、寿竜次郎(小西克幸)]
〜水樹カヤver.〜(第11話)
歌 - 水樹カヤ(水樹奈々

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
第1話ディープブルー 高松信司高松信司
  • 小野田貴之
  • 牛島勇二
第2話水の中で 木田歳三殿水敦子波風立志
第3話新世界 熊本健士西島圭祐星野守
第4話男コン 釘宮洋河原龍太
  • つるぎのマキ
  • 飯飼一幸
  • 鎌田均
  • 永島明子
  • 鈴木絵万
第5話後の祭り 高本宣弘まつもとよしひさ
  • 西田美弥子
  • 原田峰文
  • 志賀道憲
  • 中原清隆
  • 横田和彦
  • 鶴田眸
第6話初バディ 越智博之宇都宮正記牛島勇二
第7話ダブルス 木田歳三小林孝志
  • 星野守
  • 中原清隆
  • 小野田貴之
  • 飯塚葉子
  • 山下敏成
第8話男のカクテル 植田羊一まつもとよしひさ
  • 細山正樹
  • 椎葉幹朗
  • 青木真紀子
  • 山石まい
第9話王様ゲーム 井上堅二小岩井恋文殿水敦子波風立志
第10話沖縄上陸 高松信司鶴田眸島崎奈々子
  • 山口光紀
  • 加野晃
  • 佐藤このみ
  • 星野守
第11話誤解なんだが 沖田宮奈岩崎太郎
第12話オトーリ 植田羊一宇都宮正記
  • 牛島勇二
  • 小野田貴之

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[17]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [18] 備考
2018年7月14日 - 9月29日 土曜 2:25 - 2:55(金曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作参加
TBSテレビ 関東広域圏
2018年7月15日 - 9月30日 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) BS-TBS 日本全域 BS放送
2018年7月16日 - 10月1日 月曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2018年7月27日 - 10月12日 金曜 1:36 - 2:06(木曜深夜) あいテレビ 愛媛県 [19]
2018年10月10日 - 水曜 1:45 - 2:15(火曜深夜) 北陸放送 石川県
毎日放送、TBSテレビ、BS-TBSでは『アニメイズム』B2枠。

インターネットでは、Amazonプライム・ビデオにて中国を除く全世界独占配信[17]bilibiliにて中国独占配信中。

BD / DVD[編集]

発売日[20] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2018年9月28日 第1話 - 第3話 EYXA-11925 EYBA-11921
2 2018年10月26日予定 第4話 - 第6話 EYXA-11926 EYBA-11922
3 2018年11月30日予定 第7話 - 第9話 EYXA-11927 EYBA-11923
4 2018年12月21日予定 第10話 - 第12話 EYXA-11928 EYBA-11924
毎日放送 アニメイズム B2
前番組 番組名 次番組
ぐらんぶる

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “「ぐらんぶる」爽やかな新キービジュアルが到着 “愛すべき全裸野郎ども”の初アニメ映像も”. アニメ!アニメ!. (2018年6月2日). https://animeanime.jp/article/2018/06/02/37989.html 2018年6月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o CAST”. TVアニメ「ぐらんぶる」公式サイト. 2018年7月28日閲覧。
  3. ^ 『ぐらんぶる(1)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  4. ^ 『ぐらんぶる(2)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  5. ^ 『ぐらんぶる(3)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  6. ^ 『ぐらんぶる(4)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  7. ^ 『ぐらんぶる(5)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  8. ^ 『ぐらんぶる(6)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  9. ^ 『ぐらんぶる(7)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年12月7日閲覧。
  10. ^ 『ぐらんぶる(8)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年4月7日閲覧。
  11. ^ 『ぐらんぶる(9)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年10月6日閲覧。
  12. ^ 『ぐらんぶる(10)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年3月7日閲覧。
  13. ^ 『ぐらんぶる(11)』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月6日閲覧。
  14. ^ 『ぐらんぶる 公式ログブック』(吉岡公威 井上堅二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年9月21日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g “STAFF”. TVアニメ「ぐらんぶる」公式サイト. http://grandblue-anime.com/staff/index.html 2018年6月1日閲覧。 
  16. ^ a b MUSIC”. TVアニメ「ぐらんぶる」公式サイト. 2018年6月1日閲覧。
  17. ^ a b ON AIR”. TVアニメ「ぐらんぶる」公式サイト. 2018年6月1日閲覧。
  18. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  19. ^ 番組表”. あいテレビは6チャンネル. あいテレビ. 2018年7月22日閲覧。
  20. ^ Blu-ray&DVD”. TVアニメ「ぐらんぶる」公式サイト. 2018年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]

映像外部リンク
TVアニメ「ぐらんぶる」PV第2弾 - YouTubeNBCUniversal Anime/Musicが2018年6月1日にアップロード)