LISTENERS リスナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LISTENERS リスナーズ
ジャンル 音楽ロボット
アニメ
原作 1st PLACE、スロウカーブ
Story Riders
監督 安藤裕章
シリーズ構成 佐藤大
キャラクターデザイン pomodorosaz
鎌田晋平(アニメーション)
メカニックデザイン 寺尾洋之
音楽 L!th!um
アニメーション制作 MAPPA
製作 LISTENERS 製作委員会
放送局 毎日放送TBSほか
放送期間 2020年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

LISTENERS リスナーズ』は、MAPPA制作による日本テレビアニメ作品。2020年4月より毎日放送TBSアニメイズム』B1ほかにて放送中[1]

とある少年が身体にインプットジャックが空いた謎の少女であるミュウと出会って、共に世界を旅していくストーリーが描かれる[2]

制作[編集]

メディアミックスプロジェクト「カゲロウプロジェクト」を手掛けたじんが、ストーリー原案や音楽を担当するオリジナルロボットアニメ。物語はロック史の伝説をモチーフとしている[3]

公式サイトでは、それぞれの回がモチーフとしたアーティストや楽曲が解説されている。

あらすじ[編集]

人類が「ミミナシ」という謎の生命体に脅かされる世界。ミミナシに対抗して戦えるのは、戦闘メカ「イクイップメント」。そのイクイップメントとプラグインし、操ることのできるのは「祈手(プレイヤー)」という能力者であった。

リバチェスタという街で暮らす少年エコヲは10年前、ミミナシと戦ったジミに憧れを抱いていた。ある日、エコヲはスクラップ山で記憶喪失の少女を発見する。彼女は腰にアウトプットジャックを持つプレイヤーだった。翌日、街はミミナシの大群に襲われるが、少女はエコヲ自作のイクイップメントを操りミミナシを殲滅。エコヲは彼女をミュウと名付ける。二人は街を飛び出し、ミュウの記憶やジミを探す旅に出る。

登場人物[編集]

エコヲ・レック
声 - 村瀬歩[4]
リバチェスタに住む本作の主人公。ジャンク拾いを生業としているが、時折お宝と称してパーツをくすね、自作のアンプを作っている。
プレイヤーと呼ばれる存在にあこがれを抱いている。性格は弱気ではあるが、イクイップメントとプレイヤーに対しての情熱は高い。
ミュウ
声 - 高橋李依[4]
記憶喪失の少女。ジャンクの山からエコヲに拾われる。名前はエコヲによって名付けられた。
プレイヤーではあるが、自らがプレイヤーであるということはエコヲに聞くまでわからず、エコヲの持っている図鑑にも彼女の情報が載っていない[5]。腰の部分にインプットジャックがあり、真空管の首飾りが首に掛けられている。
性格は強気で、なし崩し的にエコヲと共に自分の記憶を取り戻す旅に付き合わせてしまう。
ニル
声 - 釘宮理恵[4]
名前はアメリカのグランジバンド、ニルヴァーナから。戦闘メカ操縦時に発する台詞は、ニルヴァーナの曲、Smells Like Teen Spiritの歌詞である(銃に弾を込めて仲間を連れてくるんだ。何かを失うのも自分を偽るのもすごく楽しい。明かりを消せばもう危ないことなんて無い。僕らはここにいる。楽しませてくれよ。エンターテインアス!)
ロズ
声 - 花澤香菜[4]
名前はイギリスのロックバンド、ピンクフロイドのメンバー、ロジャー・ウォータースから。
殿下
声 - 諏訪部順一[4]
名前はプリンスに対する敬称からで、アメリカのミュージシャン、プリンスに掛けられている。
リッチー
声 - 上村祐翔[4]
名前はセックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスの本名ジョン・サイモン・リッチーから。
ライド
声 - 八代拓[4]
名前はセックス・ピストルズのボーカル、ジョニー・ロットンの本名ジョン・ライドンから。
ジャニス
声 - 上田麗奈[4]
ジミ・ストーンフリーの妹。名前はアメリカのブルースロックシンガー、ジャニス・ジョプリンから。
ロバート
声 - 銀河万丈[4]
ジミ・ストーンフリーとジャニスの祖父。名前はアメリカのブルースシンガー、ロバート・ジョンソンから。
ホール
声 - 下野紘[4]
名前はニルヴァーナのフロントマン・カートコバーンの妻であるコートニーラブの所属バンド、ホールから。ニルのことを良いように利用している。
キム
声 - 田中敦子[4]
名前は、オルタナティブ・ロック・バンド、ソニック・ユースのメンバー、キム・ゴードンから。
ウェンディ
声 - 本名陽子[4]
名前は、元プリンス&ザ・レボリューションのメンバーで、1987年にデビューしたデュオ「Wendy & Lisa」から。
リサ
声 - ゆかな[4]
名前は、元プリンス&ザ・レボリューションのメンバーで、1987年にデビューしたデュオ「Wendy & Lisa」から。
レオ・マーシャル
声 - 千葉繁[4]
名前は、アンプを製造する会社のマーシャル・アンプリフィケーション社、および創業者でミュージシャンのジム・マーシャルと、楽器メーカーのフェンダー社の創業者レオ・フェンダーから。
アイン・ノイバウテン
声 - 大原さやか[4]
ノイズ三姉妹の長女。名前はドイツのノイズバンド、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンから。顔を覆う布には、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのバンドロゴをモチーフとしたマークが記されている。サインは名前を筆記体にしてハートを加え、踊っている人状にしたもの。
シュテュル・ノイバウテン
声 - 日笠陽子[4]
ノイズ三姉妹の次女。名前はドイツのノイズバンド、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンから。サインは名前に星とハットを加えて笑顔状にしたもの。
ツェンデ・ノイバウテン
声 - 黒沢ともよ[4]
ノイズ三姉妹の三女。名前はドイツのノイズバンド、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンから。サインは名前を音符状にして笑顔マークを加えたもの。
スエル・レック
声 - 佐藤利奈[4]
エコヲの姉。リバチェスタでバー『オアシス』を営んでいる。
マッギィ
声 - チョー[4]
リバチェスタの町長。過去に起こった出来事をきっかけに、プレイヤーとイクイップメントの存在を毛嫌いしており、ミュウにも冷たい態度を取った。名前は、1983年にイギリスで設立されたインディーズ・レーベル、クリエイション・レコーズの設立者アラン・マッギーから。
サリー・シンプソン
声 - 島袋美由利[4]
名前はイギリスのロックバンド、ザ・フーのアルバム「トミー」の登場人物、サリー・シンプソンから
トミー・ウォーカー
声 - 中村悠一[4]
名前はイギリスのロックバンド、ザ・フーのアルバム「トミー」の登場人物、トミー・ウォーカーから。
エース元帥
声 - 大塚芳忠[4]
ベスパに酷似した動力付き車イスに座っている。名前はイギリスのロックバンド、ザ・フーのアルバム「四重人格」を元に製作された映画「さらば青春の光」の登場人物であるモッズのカリスマ、エース・フェイスから。
ビリン・ヴァレンタイン
声 - 水樹奈々[4]
名前はアイルランドのバンド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのメンバー、ビリンダ・ブッチャーから。戦闘メカ操縦時などに発する英語の台詞は、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの曲名である("You Made Me Realize"、"Feed Me With Your Kiss"、"I Can See It, But I Can't Feel It" など)。
ケヴィン・ヴァレンタイン
声 - 山寺宏一[4]
名前はアイルランドのバンド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのメンバー、ケヴィン・シールズから。
ジミ・ストーンフリー
声 - 福山潤[4]
名前はアメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリックスと彼の楽曲、ストーンフリーから。

戦闘メカ(イクイップメント)[編集]

通常はAMP(ギターアンプ状の形状)だが、戦闘時にはロボット状のギグフォルムとなる。

AC-30

エコヲとミュウの搭乗機。AMPはVOX社のAC-30。ミュウとの接続プラグを"NORMAL"ジャックから"TOP BOOST"ジャックに接続しなおすことで、大きなエネルギーを開放する"TOP BOOST"を使用することが出来る。

SUE

ビリンとケヴィンの搭乗機。AMPはHIWATT社のCUSTOM DR103。名前はマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの曲名 "Sueisfine" から。

DUEL SHOWMAN

ジミ・ストーンフリーの搭乗機。AMPはFENDER社のDual Showman

スタッフ[編集]

  • 原案 - 1st PLACE[4]
  • 原作 - 1st PLACE[4]スロウカーブ[4]、Story Riders[4]
  • 企画・プロデュース - スロウカーブ[4]
  • 監督 - 安藤裕章[4]
  • ストーリー原案 - じん[4]佐藤大[4]、橋本太知[4]
  • シリーズ構成 - 佐藤大[4]
  • キャラクターデザイン - pomodorosa[4]
  • アニメーションキャラクターデザイン - 鎌田晋平[4]
  • サブキャラクターデザイン - 小泉初栄[4]、高原修司[4]
  • メカニックデザイン - 寺尾洋之[4]
  • 色彩設計 - 末永絢子[4]
  • 美術監督 - 谷岡善王[4]
  • 撮影監督 - 柳田貴志[4]
  • CGI監修 - 川原智弘[4]
  • CGIディレクター - 後藤泰輔[4]
  • 3DCG - しいたけデジタル[4]
  • 編集 - 武宮むつみ[4]
  • 音響監督 - 小泉紀介[4]
  • 音響効果 - 西村睦弘[4]
  • 音響制作 - dugout[4]
  • 楽曲プロデュース - じん[4]
  • 音楽 - L!th!um[4]
  • 音楽制作 - DMM music[4]、清水聖太郎[4]
  • 音楽プロデューサー - 中川岳、藤江将希
  • プロデューサー - 高篠秀一、亀井博司、尾畑聡明 
  • クリエイティブプロデューサー - 橋本太知
  • アニメーションプロデューサー - 小川崇博
  • アニメーション制作 - MAPPA[4]
  • 製作 - LISTENERS 製作委員会(DMM picturesMBSスロウカーブ

主題歌[編集]

じんが主題歌全曲の作詞・作曲・プロデュースを手掛けており、エンディングテーマはミュウ(高橋李依)の歌唱による各話ごとに異なる楽曲となっている[6]

「Into the blue's」[7]
ACCAMERの歌唱によるオープニングテーマ、編曲は菅波栄純じん
エンディングテーマ
話数 タイトル 編曲
TRACK02 Muse zukio
TRACK03 Borders じん
TRACK04 Slip out!
TRACK05 Rainy lain zukio
TRACK06 Top of ocean
TRACK07 Trauma じん
TRACK08 Dilemma
TRACK09 Fairy tale zukio
TRACK10 Slumber

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
TRACK01リヴ・フォーエヴァー
Live Forever
安藤裕章石田貴史
  • 小泉初栄
  • 高原修司
  • 杉野信子
  • 岡崎洋美
  • 高乗陽子
鎌田晋平2020年
4月4日
TRACK02半分人間
HALBER MENSCH
松尾衡後藤康徳
  • 高乗陽子
  • かどともあき
  • 小泉初栄
小泉初栄4月11日
TRACK03ユー・メイド・ミー・リアライズ
You Made Me Realise
新井宣圭
  • 杉野信子
  • 石川洋一
  • 岡崎洋美
  • 齊藤香織
  • 鎌田晋平
  • 高原修司
4月18日
TRACK04ティーン・スピリット
TEEN SPIRIT
植田洋一
  • 後藤康徳
  • Lim Jin-wook
  • GWAK NO SOO
  • Jang Sang-mi
  • Jung Jin-young
  • HA HYUNG OOK
小泉初栄4月25日
TRACK05ビートに抱かれて
When Doves Cry
宇田鋼之介
  • 杉野信子
  • 高乗陽子
  • 鎌田晋平
  • 高原修司
5月2日
TRACK06グッバイ・ブルー・スカイ
Goodbye Blue Sky
新井宣圭
  • 新井宣圭
  • GWAK NO SOO
  • Lim Jin-wook
  • HA HYUNG OOK
  • Jang Sang-mi
  • Jung Jin-young
小泉初栄5月9日
TRACK07怒りの日
problems
二瓶勇一石田貴史
  • 柳瀬譲二
  • 髙橋七美
  • 高乗陽子
  • 清水陽一
  • 川元まりこ
  • 齊藤香織
  • 鎌田晋平
  • 高原修司
5月16日
TRACK08リアル・ミー
The real me
篠原俊哉後藤康徳
  • 柳瀬譲二
  • かどともあき
  • 窪敏
  • 岡崎洋美
小泉初栄5月23日
TRACK09自由
FREEDOM
久保雄介
  • 豊田暁子
  • 川元まりこ
  • 杉野信子
  • 高乗陽子
  • 鎌田晋平
  • 高原修司
5月30日
TRACK10クロスロード・ブルース
Cross Road Blues
二瓶勇一
  • 後藤康徳
  • Lim Jin-wook
  • GWAK NO SOO
  • Jang Sang-mi
  • Jung Jin-young
  • HA HYUNG OOK
小泉初栄6月6日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2020年4月4日 - 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作参加 / 字幕放送
TBSテレビ 関東広域圏 字幕放送
土曜 2:30 - 3:00(金曜深夜) BS-TBS 日本全域 BS/BS4K放送
2020年4月7日 - 火曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 CS放送 / 字幕放送 / リピート放送あり
毎日放送、TBSテレビ、BS-TBSでは『アニメイズム』B1枠。

インターネットでは同年4月4日よりAmazonプライム・ビデオにて、地上波放送より先行して配信[8]

BD[編集]

発売日[10] 収録話 規格品番
1 2020年7月29日予定 第1話 - 第6話 DMPXA-120
2 2020年8月26日予定 第7話 - 第12話 DMPXA-122

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「LISTENERS リスナーズ」高橋李依、村瀬歩、福山潤ら演じる総勢25人のキャラクター公開”. アニメ!アニメ! (2020年2月3日). 2020年2月9日閲覧。
  2. ^ じん×佐藤大×MAPPA『LISTENERS』ティザーPV解禁!ヒロイン・ミュウ役は高橋李依に決定”. PASH! PLUS (2020年1月27日). 2020年2月9日閲覧。
  3. ^ 注目アニメ紹介:「LISTENERS リスナーズ」 じん×佐藤大のオリジナルアニメ ロック史の伝説も”. MANTANWEB (2020年4月2日). 2020年6月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc STAFF/CAST”. LISTENERS. 2020年2月9日閲覧。
  5. ^ 公式サイトのキャラクター紹介より
  6. ^ アニメ「LISTENERS」総勢25人のキャラビジュ公開、村瀬歩や福山潤らキャスト一挙発表(コメントあり)”. コミックナタリー (2020年2月1日). 2020年3月23日閲覧。
  7. ^ アニメ「LISTENERS」主題歌を謎のアーティストACCAMERが担当(コメントあり / 動画あり)”. 音楽ナタリー (2020年3月1日). 2020年3月23日閲覧。
  8. ^ a b ONAIR”. LISTENERS. 2020年4月1日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ Blu-ray”. LISTENERS. 2020年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]

毎日放送TBS アニメイズム B1
前番組 番組名 次番組
LISTENERS リスナーズ
-