女神のカフェテラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女神のカフェテラス
ジャンル ラブコメディハーレムもの
漫画
作者 瀬尾公治
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表号 2021年12号 -
発表期間 2021年2月17日 -
巻数 既刊8巻(2022年11月現在)
アニメ
原作 瀬尾公治
監督 桑原智
シリーズ構成 大知慶一郎
キャラクターデザイン 野口征恒
音楽 兼松衆櫻井美希
アニメーション制作 手塚プロダクション
放送局 毎日放送TBS系列ほか
放送期間 2023年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

女神のカフェテラス』(めがみのカフェテラス)は、瀬尾公治による日本漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2021年12号から連載中[1][2]

瀬尾としては、通算6作目となる『週刊少年マガジン』連載作品であり、前々作の『風夏』同様[3]、前作『ヒットマン』の最終回と同時に第1話が掲載された[2]

舞台のモデルは、神奈川県にある三浦海岸であり[4]、主人公が祖母の遺産である喫茶店を舞台に、5人の女の子の共同生活を描くラブコメディとなっている[5]

あらすじ[編集]

東京大学に合格した男子学生・粕壁隼は喧嘩別れした祖母の訃報を聞き、3年ぶりに帰郷する。

祖母が経営していた喫茶店「Familia」に足を踏み入れると大学生の小野白菊月島流星、高校生の鶴河秋水、フリーターの鳳凰寺紅葉、専門学校生の幕澤桜花という5人の美女に出会う。彼女たちは「Familia」に住み込みで働いている従業員であり、先代マスターである亡き祖母に集められた孤児だった。

隼は「Familia」を畳んで月極駐車場にしようとするが祖母の想いや桜花たちとの絆を知り、「Familia」を再建することを決める。

登場人物[編集]

声の項は特記がない限りテレビアニメ版における声優

主人公[編集]

粕壁 隼(かすかべ はやと)
声 - 水中雅章[6] / 服部想之介(ボイスコミック版[7]
本作の主人公誕生日 - 2001年7月30日身長 - 178cm、体重 - 61kg、血液型 - O型[8]
東京大学に現役合格した男子学生であり、2代目マスター。外側に跳ねた天然パーマが特徴。理知的でプライドが高く、嫌味っぽい口調を用いる。腕っぷしは非力。大の嫌煙家
3歳の頃、不慮の交通事故により両親を亡くし、祖母・幸子に引き取られた孤児中学校を卒業する前、幸子と喧嘩別れをして上京。それから3年後、祖母の訃報により一時帰郷し、「Familia」を畳んで月極駐車場にしようとする。しかし、祖母の想いや桜花たちとの絆を知ると、考えを改めて1年間の休学を決める。「Familia」の再出発を図り、メイドたちとの共同生活が始まる。

喫茶店「Familia」[編集]

従業員[編集]

本作のヒロインたち。住み込みで働いているメイド。第1巻の発売記念で制作されたテレビCMおよびPVではいずれも鬼頭明里[5]、YouTubeで配信されているボイスコミックではいずれも辻美優が声を担当している[7]

小野 白菊(おの しらぎく)
声 - 和氣あず未[6]
大学2年生。誕生日 - 2000年11月11日、身長 - 163cm、血液型 - A型、3サイズ - B89/W59/H90[9]
流星と並んで最年長者。姫カットおかっぱ頭が特徴[注 1]。普段は控えめで大人しい性格。アルコール類に極端に弱く、アルコールの入ったウェットティッシュの匂いを嗅いだだけで酔ってしまう。酔うと匂いフェチの淫乱に変貌し見境なく隼に抱き着いたりパンツを脱がそうとする。酔った時は「にゃーん」と叫んでいる。得意料理は日本食
メンバーの中では、隼と唯一面識がある。
週刊少年マガジン2021年17号で以前本誌で実施した第1回人気投票の結果が発表され1位を獲得している[10]
月島 流星(つきしま りほ)
声 - 山根綺[6]
大学2年生。誕生日 - 2000年8月7日、身長 - 152cm、血液型 - A型、3サイズ - B78/W56/H79[8]
メンバー内における最年長者。茶髪の二つ結びが特徴[注 2]。打算的かつ腹黒い性格をしているが、作中の5人の中で一番の常識人で店の経営も店長である隼以上に考えている。ワインを初めとした酒類が好き
隼と出会って間もない頃は懐柔させるためハニートラップを仕掛けるが、すべて不発に終わる。その後は隼の優しさに触れてから好意を寄せるようになる。
幼少期から子役として活躍し天才子役の名を轟かせていたが、次第に人気が低迷し現在に至っている。
鶴河 秋水(つるが あみ)
声 - 鈴代紗弓[6]
高校3年生。誕生日 - 2003年1月20日、身長 - 167cm、血液型 - O型、3サイズ - B88/W59/H92[8]
メンバー内における最年少者。空手部所属。黒髪ポニーテールが特徴。マイペースで空気の読めない性格。あだ名を付ける癖があり、隼のことを「はやっち」と呼ぶ。
腕っぷしが強く、蹴り技が得意。初期の頃は自分で洗濯物を洗濯しない主義などと口にしており隼から呆れられていたが、次第にコメディリリーフとしての活躍が目立ち、様々な漫画やアニメ作品のパロディ描写が目立つ。
かなりのいたずら好きで隼にいたずらをして怒られる度に「おっぱい揉んどく?」と自身の胸を揉ませるサービスをしようとして許しを被ろうとするが、当初は胸を揉む行為を拒否していた隼も自身のノートパソコンを秋水の悪ふざけで破壊された時は流石に激怒し、隼に対しいつもの調子で許しを被ろうとしたが怒りで我を忘れた隼に強引に胸を揉まれてしまい放心状態になっていた。
漫画やアニメ、特撮、ゲームが好きでその中でもストリートファイターシリーズを好んでおり作中では不良に絡まれた際に『昇竜拳』、ツッコミなどのギャグ描写で『竜巻旋風脚』『スーパー頭突き』を披露したり『波動拳』の練習をしたことがある。なお、隼と『スーパーストリートファイターII』で対戦した時にはブランカを使い49連勝している。
鳳凰寺 紅葉(ほうおうじ あかね)
声 - 瀬戸麻沙美[6]
フリーター。誕生日 - 2001年12月1日、身長 - 160cm、血液型 - AB型、3サイズ - B79/W57/H80[8]
名家の出身。左目が隠れる金髪ショートカットが特徴。掴みどころのない飄々とした性格。クールな言動が目立つものの、同時にやや臆病な面もある。好きな食べ物はシガレットチョコ
名家の生まれ。普段はガールズバンドで音楽活動を行い、ヴォーカルギタリストを務めている。
週刊少年マガジン2021年34号で以前本誌で実施した第2回人気投票の結果が発表され、前回1位だった小野白菊を抑えて1位を獲得している[11]
幕澤 桜花(まくざわ おうか)
声 - 青木瑠璃子[6]
専門学校生。誕生日 - 2002年3月7日、身長 - 156cm、血液型 - B型、3サイズ - B81/W58/H83[8]
赤髪のお嬢様結びが特徴。ヒステリックで負けん気が強く、反骨精神が旺盛。料理全般が苦手ながら先代直伝のピラフだけは作れる(隼曰く「味は普通」)。服飾系の専門学校に通っており、「Familia」のメイド服を製作した。
第89話で専門学校の先生から知り合いが働くフランスのファッションブランドを紹介されたことで渡仏。同時にFamiliaを退職した。
好きな漫画は『ランウェイで笑って』。
雁谷崎 零(かりやざき れい)
第86話で初登場。高校3年生。秋水のライバル格闘家
鋭いツリ目と一本結びが特徴。かなりの巨乳。武人的かつ男勝りな性格。
インターハイ決勝で秋水に敗れている。
第90話より桜花の後任でFamiliaの従業員となる。

粕壁家[編集]

粕壁 幸子(かすかべ さちこ)
本作のキーパーソン。隼の祖母にして初代マスター。故人1945年石川県生まれ[注 3]旧姓松島
息子夫婦が亡くなった後、孫である隼を引き取ったが、3年前に喧嘩別れをしてしまう。独りで「Familiar」を切り盛りしていたが、経営難が続いていた(隼曰く「ほとんど赤字」)。
隼の上京後、桜花たちを住み込みで雇い、楽しい日々を過ごしていた。そんな中、コタツで横になったまま永眠する。葬儀は桜花たちで執り行われ、隼人には長らく知らされていなかった。
16歳の頃、「喫茶ファミリア」の従業員として雇われ、後に桜花らの祖母になる面々と共に働いていた。その後はプロの料理人を目指すため様々な店で修業を積み、43歳の頃に息子の高校卒業と共に渡西。15年間総料理長を務めたスペインのレストランで三ツ星シェフとして名を馳せ、白菊の父賢雄も幸子の下で修業し三ツ星シェフとして活躍するなど弟子の育成も行っていた。2005年にはスペインで新たな店をオープンする予定だったが、息子夫婦が交通事故で他界したことで幼い隼を引き取るために帰国したことが明らかになっている。
粕壁 大洋(かすかべ まさひろ)
隼の祖父。故人であり、前身「喫茶ファミリア」の店長。
従業員のことは「二等兵」と呼んでいた。春恵によると、手料理は不味かったとのこと。
隼の娘(仮称)
第27話に登場。容姿は若かりし頃の曾祖母・幸子と瓜二つであり、母親はヒロインの誰かと明かされている。

親族[編集]

小野家[編集]

小野 賢雄(おの たかお)
白菊の父であり、幸子の弟子
ミシュランガイドで三ツ星を獲得しているスペイン料理店のオーナーシェフ。
宮古 明美(みやこ あけみ)
白菊の祖母であり、ファミリアの元従業員。
孫同様、アルコールに弱くて抱きつく癖がある。

月島家[編集]

姉川 由美子(あねかわ ゆみこ)
流星の祖母であり、ファミリアの元従業員。
生前は昭和を代表する大女優だった。
月島 流凛(つきしま るり)
流星の母。義母や娘と同じく元役者。

鶴河家[編集]

鶴河 勝代(つるが かつよ)
秋水の祖母であり、ファミリアの元従業員。旧姓は龍田
以前から難病を患っており、家族を含めた記憶を失っている。その現実を受け入れられない秋水が家出をする原因となっていた。その後、秋水たちと改めて再会し、大洋に瓜二つの隼から「龍田二等兵!」と呼ばれたことで記憶を取り戻した。
ファミリアの従業員だった頃は皿やカップを何度も割ってしまうなどのトラブルを起こしがちで何度もクビにされかけたが、大洋のことを隊長と呼ぶなど関係は良好であった。
鶴河 恵里(つるが えり)
秋水の姉。大学生。
実は元ヤンキー。妹と違って小柄だが、怒ると非常に怖い。

鳳凰寺家[編集]

鳳凰寺 洋子(ほうおうじ ようこ)
紅葉の祖母であり、ファミリアの元従業員。旧姓は千早

幕澤家[編集]

幕澤 橘花(まくざわ きっか)
桜花の双子。誕生日 - 2002年3月7日
顔立ちは瓜二つだが、眼鏡を着用している。隼と同じく東京大学文科一類に通っている。
幕澤 春恵(まくざわ はるえ)
桜花の祖母であり、ファミリアの元従業員。旧姓は八重山
桜花同様、ファミリア時代は制服のデザインを担当していたが、料理下手で大洋からも酷評されていた。

千代田食堂[編集]

不破が「Familia」を潰すために立ち上げたファミリーレストラン。当初は「Family」という店名だったが、後先を考えない経営方針ですぐに閉店。その後、隼から借金をする形で買収し、リニューアルオープンした食堂。

メンバー全員が巨乳であり、ヒロイン勢とよく似た風貌をしている[注 4]

千代田 莉々歌(ちよだ りりか)
元子役のアイドル系YouTuber。2001年度生まれ、19歳。
童顔とツインテールが特徴。当初は流星のことをライバル視していたが、生配信中に「Familia」を潰すことを口走る。それが原因となって炎上し、「Family」が閉店する火種となった。
上記の騒動以降、同じく子役出身である流星のことを慕っている。
高崎 舞乙(たかさき まお)
読者モデルとして活動するフリーター。2000年度生まれ、20歳。
斜め分けの黒髪ロングと艶っぽい顔立ちが特徴。サキュバス的な性格で砕けた言動が目立ち、大の下ネタ好き。
働きぶりはあまり芳しくなく、仕事中によく不平不満を漏らしている。
宗谷 萌美(そうや もえみ)
大学3年生。メンバー内における最年長者かつ唯一の学生。1999年度生まれ、21歳。
緩やかなボブカットが特徴。実家は日本料理店「宗谷花壇」。普段は惚けた口調で話すが、メンバー内では最も真面目。
実は和帽子を被ると、冷静な口調の厳しい料理人に変貌する。しかし、ティーナの悪戯でさまざまなキャラクターと化す[注 5]
吉野 碧流(よしの へきる)
小説家志望のフリーター。2001年度生まれ、19歳。
黒縁眼鏡と茶髪のサイドテールが特徴。
ヴァレンティーナ吾妻(ヴァレンティーナ あずま)
ブラジル出身の自称旅人(実質フリーター)。メンバー内における最年少者。愛称は「ティーナ」。2002年度生まれ、18歳。
日系人ハーフで浅黒い肌と八重歯が特徴。カポエラを嗜んでおり、同じく格闘技経験のある秋水と意気投合する。

周辺の人物[編集]

不破(ふわ)
資産家老人。作中序盤から登場する悪役
政界警察、果ては芸能界にまで顔が利く。その権力を振りかざし、町の住人からは嫌われている。
粕壁家と何かしらの因縁があるらしく、以前から嫌がらせを続けている。

書誌情報[編集]

  • 瀬尾公治 『女神のカフェテラス』 講談社講談社コミックス〉、既刊8巻(2022年11月17日現在)
    1. 2021年5月17日発売[12]ISBN 978-4-06-523407-5
    2. 2021年7月16日発売[13]ISBN 978-4-06-524008-3
    3. 2021年9月16日発売[14]ISBN 978-4-06-524832-4
    4. 2021年12月17日発売[15]ISBN 978-4-06-526289-4
    5. 2022年3月17日発売[16]ISBN 978-4-06-527290-9
    6. 2022年6月17日発売[17]ISBN 978-4-06-528182-6
    7. 2022年9月16日発売[18]ISBN 978-4-06-528662-3
    8. 2022年11月17日発売[19]ISBN 978-4-06-529633-2

コラボレーション[編集]

連載開始前よりお笑いコンビ『キャッチTHEドリーム』と『らららら』によるYouTubeチャンネル『アンマナメテットchannel(現『警備員 山城義郎』)』にて週刊少年マガジン編集部と瀬尾の公認で本作のネームや考察が公開されていた(外部リンク参照。)が、同年7月31日をもってキャッチTHEドリームの2人が芸能界を引退したため、7月16日に配信された「オタクが本気ダイエットで30kg痩せた」を最後にコラボ企画が自然消滅する形で終了となった。

2022年6月15日発売の『週刊少年マガジン』29号にて、ゲーム『ストリートファイター』とコラボレートを実施[20]。本作の鶴河秋水と『ストリートファイター』のリュウやケンなどが描かれたコラボイラストが掲載された[20]

テレビアニメ[編集]

2023年4月より毎日放送TBS系列スーパーアニメイズム』枠ほかにて放送予定[21]

スタッフ[編集]

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[21]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [22] 備考
2023年4月 - 未発表 毎日放送製作局)をはじめとする
TBS系列全28局
日本国内[注 6] スーパーアニメイズム』枠
毎日放送TBS系列 スーパーアニメイズム
前番組 番組名 次番組
女神のカフェテラス
-

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 入居した当初はロングヘア。
  2. ^ 入居した当初は黒髪。
  3. ^ 第5巻第42話(紙媒体 77p、Kindle 位置No.80)より。なお、週刊少年マガジン及びマガジンポケット掲載時は1941年生まれとなっていた。
  4. ^ 初登場時、秋水から「暗黒聖闘士」と称された。
  5. ^ 犬耳を被せると「ワンッ」と鳴く、力士のカツラを被せると「どすこい!!」と叫びだすなど。
  6. ^ TBS系列局が所在しない秋田県福井県徳島県佐賀県を除く(遠距離受信および区域外再放送は含めず)。

出典[編集]

  1. ^ “瀬尾公治の次回作は「女神のカフェテラス」、海辺にある古びた喫茶店が舞台”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年2月10日). https://natalie.mu/comic/news/415745 2021年2月14日閲覧。 
  2. ^ a b “運命の女子5人との共同生活、瀬尾公治の新連載「女神のカフェテラス」が週マガで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年2月17日). https://natalie.mu/comic/news/416701 2021年2月18日閲覧。 
  3. ^ “瀬尾公治「君のいる町」最終話と新連載「風夏」を同時掲載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年2月1日). https://natalie.mu/comic/news/108981 2021年2月21日閲覧。 
  4. ^ “2021年2月18日のツイート”. 公式Twitter. (2021年2月18日). https://twitter.com/k_seo_official/status/1362316229076078593 2021年2月18日閲覧。 
  5. ^ a b “鬼頭明里、アホの娘や王道ツンデレ…1人5役 漫画『女神のカフェテラス』PVで熱演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2193503/full/ 2021年5月17日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l “アニメ「女神のカフェテラス」来年4月放送!水中雅章、和氣あず未らキャスト発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年11月10日). https://natalie.mu/comic/news/500856 2022年11月10日閲覧。 
  7. ^ a b 【ボイコミ】実家に帰ると美少女×5がお出迎え!?『女神のカフェテラス』第1話 ep1【無料】 YouTube マガジンチャンネル 2022年2月10日 配信 2022年9月15日 閲覧
  8. ^ a b c d e 原作1巻オマケ、キャラクター設定。
  9. ^ 1巻オマケ、キャラクター設定。
  10. ^ Twitter 女神のカフェテラス公式 @k_seo_official 2021年7月14日
  11. ^ 女神のカフェテラス:第2回ヒロイン人気投票 1位は鳳凰寺紅葉 瀬尾公治画業25周年記念展が今冬開催 MANTAN WEB 2021年07月21日 2022年3月17日 閲覧
  12. ^ 『女神のカフェテラス(1)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年5月17日閲覧。
  13. ^ 『女神のカフェテラス(2)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年7月16日閲覧。
  14. ^ 『女神のカフェテラス(3)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年9月17日閲覧。
  15. ^ 『女神のカフェテラス(4)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年12月17日閲覧。
  16. ^ 『女神のカフェテラス(5)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年3月17日閲覧。
  17. ^ 『女神のカフェテラス(6)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年6月17日閲覧。
  18. ^ 『女神のカフェテラス(7)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年9月16日閲覧。
  19. ^ 『女神のカフェテラス(8)』(瀬尾 公治)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年11月17日閲覧。
  20. ^ a b “「女神のカフェテラス」と「ストリートファイター」のコラボイラストが週マガに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年6月15日). https://natalie.mu/comic/news/481679 2022年6月15日閲覧。 
  21. ^ a b “女神のカフェテラス:スーパーアニメイズムで4月スタート 小野白菊のビジュアル、PV公開 声優は和氣あず未”. まんたんウェブ (MANTAN). (2023年1月27日). https://mantan-web.jp/article/20230127dog00m200049000c.html 2023年1月27日閲覧。 
  22. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク[編集]