ダンス・ダンス・ダンスール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンス・ダンス・ダンスール
Dance Dance Danseur logo.svg
テレビアニメのロゴ
ジャンル バレエ
漫画
作者 ジョージ朝倉
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
発表号 2015年42・43合併号 -
発表期間 2015年9月14日 -
巻数 既刊23巻(2022年3月現在)
アニメ
原作 ジョージ朝倉
監督 境宗久
シリーズ構成 成田良美
キャラクターデザイン 長谷川ひとみ
音楽 未知瑠
アニメーション制作 MAPPA
製作 ダンス・ダンス・ダンスール
製作委員会
放送局 毎日放送TBS系列ほか
放送期間 2022年4月9日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール』(Dance Dance Danseur)は、ジョージ朝倉による日本漫画。『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2015年42・43合併号から連載中[1][2]

バレエに密かな憧れを持って生きてきた主人公が、転校生との出会いをきっかけに、本気で男子バレエに取り組む姿を描いた青春譚。文化庁メディア芸術祭 第23回マンガ部門 審査委員会推薦作品[3]。2022年4月時点で単行本の累計部数は220万部を突破している[4]

メディアミックスとして、2022年4月よりテレビアニメが放送中[5]

あらすじ[編集]

1~5巻[編集]

中学二年生の主人公村尾潤平は、幼い頃に見たクラシックバレエに興味を抱いていたが、父親が亡くなったことから男らしくあろうと思い、バレエに憧れを抱きつつもジークンドーを習っていた。

そんなある日、同じクラスに転校してきた五代都に誘われ、彼女の母親千鶴がやっている『五代バレエスタジオ』に通うことになる。最初は悪態をついていた潤平だったが、長年のバレエへの情熱から本格的にバレエを習うことを決心する。

都には、同居している流鶯という従弟がいて、祖母からバレエの英才教育だけを受けていたことから、圧倒的なバレエの素養を見せるものの、他人とコミュニケーションを取れず不登校になっていた。登校することになった流鶯はすぐにイジメを受けたが、女子の制服を着せられた姿でバレエを踊り、圧倒的な才能によって生徒達の意識を変えさせる。

『洋舞祭り』で、王子役を踊ることになった潤平は、流鶯とのアドリブにより観客を魅了する。しかし、審査員の生川綾子に「バレエは芸術」という理由で否定されてしまう。さらに生川綾子の圧力によって、『五代バレエスタジオ』の生徒達が抜けてしまったことから、『生川はるかバレエ団』のボーイズサマークラスに参加することになる。

潤平の才能を認めた生川綾子は、SSクラスへのスカラシップの条件として、『将来的に生川バレエ団へ入団すること』『五代バレエスクールを辞めること』を提示する。葛藤の末、潤平は生川へ移籍することに決め、スカラシップを獲得する[6]

6~8巻[編集]

1年後、中学3年生になった潤平は、生川で順調にレベルアップし、アクロバット要員としてロシア公演へ抜擢される。しかし、同級生の兵太が友達に刺されたとの連絡があったことから、ロシア行きを1日延期したことが生川綾子の怒りを買い、生川が主宰しているボランティア公演『子どもバレエ』で司会をすることになる。そして、生徒のアンケートで「もう一度観たい」を120%以上獲らないと、奨学生を取り消されることになってしまう。

無理難題を押し付けられた潤平だったが、男性ソリスト桜島天らそれぞれに課題を抱えたメンバー達との努力の結果、最終日にもう一度観に来てくれた子供達のアンケートにより、生川綾子に120%達成を認められる[7]

登場人物[編集]

声と演の項は、それぞれテレビアニメ版の声優およびモーションアクター

村尾 潤平(むらお じゅんぺい)
声 - 山下大輝[8]潘めぐみ(幼少期) / 演 - 井福俊太郎[9]
本作の主人公。岩倉中学校二年生。何でも器用にこなせることや高いコミュニケーション能力から周囲に一目置かれており、昔はその立場から幼馴染の兵太にいじりや悪ふざけをしていたが、本人はいじめとは認識していなかった。
幼少期に両親に連れられ姉のバレエ発表会に行き、そこでプロダンサーのブランコの踊りを見て以来、バレエに惹かれるようになる。父親からバレエ教室の入会を反対されたが、潤平の熱心さに負け入会を許可された矢先に父が亡くなる。父の死後、髪を短く切り「男らしく」あるために、バレエを諦めて截拳道を習い始める。
中学二年の時に転校してきた都に誘われたことがきっかけでバレエの道に進むようになり、次第にバレエに関して自分よりも優れた能力と長いキャリアを流鶯をライバル視するようになり、洋舞祭りで自分と流鶯のアドリブを「バレエは芸術」という理由で否定した生川綾子を見返すために生川はるかバレエ団のボーイズサマークラスに参加する。そこで周囲のバレエへの熱意との温度差から自分がバレエのことを何もわかっていなかったことを痛感し、バリエーション演技でスカラシップに合格したこともあって生川綾子に頭を下げてバレエダンサーとして教えを請うことになる。
かつては都に対して運命的なものを感じており、バレエを始めたのも彼女への好意がきっかけの一つとなっていた。一度は都の心を動かして両想いになるも、彼女と流鶯の関係を察したことで間もなく身を引いた。それからは自分の誕生日にわざわざケーキを差し入れてくれるなどの好意を示されて黒川と付き合うようになるが、バレエを優先してばかりの生活から最終的に黒川とも破局している。
夏姫とは初めて一緒に踊った時から相性が良く、その踊りにひた向きな内面も含めて次第に惹かれていくも、ずっと一緒に踊っていたいからと自分の中の恋愛感情を否定してきた。しかし、アルブレヒトを踊る際には彼女をジゼルに見立ててアドバイスを求めるなど、次第にダンサーとしても女性としても夏姫を特別視するようになっていく。
YAGP出場後は単身ニューヨークに滞在し、ニコラス・ブランコに師事しつつ海外暮らしを続けるために彼の元パトロンを紹介される。
五代 都(ごだい みやこ)
声 - 本渡楓[5] / 演 - 秋山瑛[9]
本作のヒロイン。二年時に岩倉中学校へ転校し、潤平をバレエに誘う。流鶯のいとこであり幼馴染。母親の千鶴は日本トップクラスのプリンシパルで、「五代バレエスタジオ」の経営者。幼少期よりバレエを習っており、時間を取られないという理由から部活は科学部に入学している。
運動神経は抜群だか優しすぎる性格と自己主張が苦手なことからプリマには向かないと言われており、本人もそれを気にしている。幼い流鶯にとっては唯一外から会いに来てくれる存在であり、それゆえ都自身も「自分がお姫様になって流鶯を守る」と約束を交わし、それを果たすために努力してきた。一時はそういった気負いなく好きでいられる潤平に心動かされながら結局は流鶯の傍に帰るが、お互いに依存しているだけであることに気付いてロシアに留学する彼に自分から別れを告げた。
母の指示で「生川はるかバレエ団」でもバレエを学んでおり、中学二年時はSSクラス。
森 流鶯(もり るおう)
声 - 内山昂輝[5]松田利冴(幼少期) / 演 - 秋元康臣[9]
ロシア人と日本人のクォーター。都のいとこであり幼馴染。母親の真鶴は伝説のアイドル
幼少期は祖母に引き取られ、ほぼ幽閉状態でバレエの英才教育を施されてきた。それゆえに高いバレエの技術の一方で常識に欠ける部分があり、繊細で神経質、少しでも気に入らなければレッスンを投げ出す打たれ弱さから綾子には「プロにはなれない」と酷評されている。
生川 夏姫(おいかわ なつき)
声 - 福圓美里[10] / 演 - 足立真里亜[9]
母親の綾子が代表を務める「生川はるかバレエ団」でバレエを学んでおり、小学6年生の頃からSSクラス。現在はイギリスに留学し、ロイヤルバレエスクールに通っている。
その負けん気と向上心の強さからSSクラスでも常に1位で、都曰く他の子は2位争いをしている状態だったという。ダンスの相性の良さをきっかけに潤平を親交を深めるようになり、次第に彼に異性として好意を持ち始める。
相良 兵太(さがら ひょうた)
声 - 山口竜之介鷄冠井美智子(幼少期)
岩倉中学校二年生。幼馴染の潤平から受けていたいじりや悪ふざけをいじめと認識している。
小学生時代は泣き虫だったが、中学二年時には立場が一変し、他者にいじりや悪ふざけをしかけるようになった。流鶯をいじめていた。

書誌情報[編集]

  • ジョージ朝倉 『ダンス・ダンス・ダンスール』 小学館ビッグコミックス〉、既刊23巻(2022年3月30日現在)
    1. 2016年2月12日発売[11]ISBN 978-4-09-187449-8
    2. 2016年5月12日発売[12]ISBN 978-4-09-187607-2
    3. 2016年9月12日発売[13]ISBN 978-4-09-187775-8
    4. 2016年12月12日発売[14]ISBN 978-4-09-189331-4
    5. 2017年4月12日発売[15]ISBN 978-4-09-189435-9
    6. 2017年7月12日発売[16]ISBN 978-4-09-189632-2
    7. 2017年10月12日発売[17]ISBN 978-4-09-189658-2
    8. 2018年1月12日発売[18]ISBN 978-4-09-189777-0
    9. 2018年4月12日発売[19]ISBN 978-4-09-189855-5
    10. 2018年8月9日発売[20]ISBN 978-4-09-860002-1
    11. 2018年11月12日発売[21]ISBN 978-4-09-860182-0
    12. 2019年2月12日発売[22]ISBN 978-4-09-860216-2
    13. 2019年5月10日発売[23]ISBN 978-4-09-860281-0
    14. 2019年8月9日発売[24]ISBN 978-4-09-860377-0
    15. 2019年12月12日発売[25]ISBN 978-4-09-860458-6
    16. 2020年3月12日発売[26]ISBN 978-4-09-860561-3
    17. 2020年6月11日発売[27]ISBN 978-4-09-860631-3
    18. 2020年10月12日発売[28]ISBN 978-4-09-860748-8
    19. 2021年1月12日発売[29]ISBN 978-4-09-860805-8
    20. 2021年4月12日発売[30]ISBN 978-4-09-861076-1
    21. 2021年9月10日発売[31]ISBN 978-4-09-861121-8
    22. 2021年12月28日発売[32]ISBN 978-4-09-861207-9
    23. 2022年3月30日発売[33]ISBN 978-4-09-861261-1
  • ジョージ朝倉 『ダンス・ダンス・ダンスール 1〜3集 SPECIALプライスパック』 小学館〈ビッグコミックス〉、2022年3月30日発売[34]ISBN 978-4-09-861360-1

テレビアニメ[編集]

2022年4月より毎日放送TBS系列スーパーアニメイズム』枠ほかにて放送中[5][35]

スタッフ[編集]

  • 原作 - ジョージ朝倉[8]
  • 監督・音響監督 - 境宗久[8]
  • 副監督 - 清水久敏[8]
  • シリーズ構成 - 成田良美[8]
  • キャラクターデザイン - 長谷川ひとみ[8]
  • 振付 - 宝満直也[8]
  • バレエ監修 - 阿部さや子
  • バレエ演出 - 大谷肇[8]
  • プロップデザイン - 川元まりこ
  • 美術監督 - 藤野真里[8]
  • 美術設定 - 嶋田昭夫
  • 色彩設計 - 田辺香奈[8]
  • カラーコーディネーター - 石川佳代子
  • 3DCGディレクター - 鷲田知子[8]
  • 撮影監督 - 八木まどか[8]
  • 編集 - 長坂智樹[8]
  • 音響効果 - 森川永子
  • 音楽 - 未知瑠[8]
  • 音楽制作 - クリーク、DMM music
  • プロデューサー - 岡田昭彦、内山雄太、亀井博司
  • アニメーションプロデューサー - 小川崇博
  • 制作 - MAPPA[8]
  • 製作 - ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会(DMM pictures、小学館、MBS

主題歌・挿入曲[編集]

「鳴り響く限り」[36]
YUKIによるオープニングテーマ。作詞はYUKI、作曲は小形誠、編曲は前田佑。
「風、花」[37]
ヒトリエによるエンディングテーマ。作詞はシノダ、作曲はゆーまお。
「ロージー」
THE ROOSTERSによる挿入歌。作詞・作曲は大江慎也
「もっと♡グミグミチョコリシャス」
森真鶴(堀江由衣)による挿入歌。作詞はジョージ朝倉、作曲は未知瑠
白鳥の湖」より
  • "第1幕第1場 ワルツ"
  • "白鳥たちの踊り オデットと王子のアダージオ"
  • "情景、オディールの登場"
  • "黒鳥のグラン・パ・ド・ドウ・アダージオ"
  • "第1幕第2場 情景"
  • "情景、オデットの登場"
  • "4羽の白鳥たちの踊り"
  • "情景、オデットの悲嘆"
  • "情景、王子の登場"
  • "終曲"
  • 第3幕より"「黒鳥」のパ・ド・ドゥ"(ブレメイステル版)
作曲はPeter Ilyich Tchaikovsky、演奏はサンクトペテルブルク放送交響楽団
海賊」より
  • "アリのヴァリエーション"
作曲はAdolphe Adam、演奏はガリーナ・ペズグラヤ(ワガノワ・バレエ学校)。
ライモンダ」第2幕より
  • "ライモンダのヴァリエーション"
作曲はAleksandr Konstantinovich、演奏は滝澤志野
ドン・キホーテ」第3幕より
  • "バジルのヴァリエーション"
作曲はLéon Minkus、演奏はロシア・フィルハーモニー管弦楽団

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出バレエパート
絵コンテ
作画監督バレエ作画監督総作画監督初放送日
第1幕やるわけねーだろ、バレエなんて! 成田良美清水久敏境宗久
  • 長谷川ひとみ
  • 宮地聡子
  • 高乗陽子
  • 細田沙織
  • 井元一彰
  • 川元まりこ
  • 黒岩裕美
  • 小美野雅彦
  • 相音光
  • GAON
桑原剛
  • 長谷川ひとみ
  • 黒岩裕美
  • 小美野雅彦
2022年
4月9日
第2幕これはっ……友達になれないタイプだっ! 大谷肇徳野雄士-
  • 迫江沙羅
  • 後藤有宏
  • 杉野信子
  • 川元まりこ
  • 和田伸一
  • 星野真澄
  • 日下岳史
  • 長谷川ひとみ
  • 黒岩裕美
4月16日
第3幕男らしいって、なんだ? 青島昴希境宗久
  • 高橋万帆
  • 坪田慎太郎
  • 澤井真紀
  • 丸山翔子
  • 日下岳史
  • 井元一彰
  • 日向正樹
  • 長谷川ひとみ
  • 黒岩裕美
  • 小美野雅彦
4月23日
第4幕俺、もうバレエ踊っていいんだッ、ぜっ 佐藤雅子-
  • 宮地聡子
  • 高乗陽子
  • 星野真澄
  • 細田沙織
  • Lee Seong-jin
  • Kim Jong-suk
  • Shin Eun-ah
  • Kim Min-ja
  • 長谷川ひとみ
  • 黒岩裕美
  • 石川佳代子
  • 小美野雅彦
  • 清水空翔
4月30日
第5幕死ね、ねーだろっ 森江美咲大谷肇
  • 杉野信子
  • 迫江沙羅
  • 川元まりこ
  • 後藤有宏
  • 日向正樹
  • 鈴木春香
  • 長谷川ひとみ
  • 石川佳代子
  • 黒岩裕美
  • 小美野雅彦
5月7日
第6幕俺、なんでバレエやってんだ? 安藤えりかサトウシンジ西山壮海
  • 丸山翔子
  • 井元一彰
  • 宮地聡子
  • 高橋万帆
  • 澤井真紀
  • 坪田慎太郎
  • 長谷川ひとみ
  • 黒岩裕美
  • 清水空翔
5月14日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[35]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域・備考 [38]
2022年4月9日 - 土曜 1:25 - 1:55(金曜深夜) 毎日放送製作参加)をはじめとする
TBS系列全28局
秋田県福井県徳島県佐賀県を除く
連動データ放送 / 『スーパーアニメイズム』枠
2022年4月10日 - 日曜 23:00 - 23:30 BS朝日 BS/BS4K放送 / 『アニメA』枠
2022年4月13日 - 水曜 22:30 - 23:00 AT-X CS放送 / リピート放送あり
TBS系列・AT-Xでは字幕放送を実施[39]
TBS系列では、放送前週に『アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」を楽しむためにバレエを勉強スールSP』と題した特番が放送された[40]

インターネットでは、日本国内アニメを取り扱うDisney+の新ブランド「スター」にて見放題独占配信される[35][41]

毎日放送TBS系列 スーパーアニメイズム
前番組 番組名 次番組
ダンス・ダンス・ダンスール

BD[編集]

発売日[42] 収録話 規格品番
1 2022年8月31日予定 第1話 - 第2話 DMPXA-276
2 2022年9月28日予定 第3話 - 第5話 DMPXA-277
3 2022年10月26日予定 第6話 - 第8話 DMPXA-278
4 2022年11月30日予定 第9話 - 第11話 DMPXA-279

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ジョージ朝倉「ダンス・ダンス・ダンスール」TVアニメ化、男子バレエを描く青春譚”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年9月14日). 2021年4月18日閲覧。
  2. ^ 東京バレエ団×バレエ漫画『ダンス・ダンス・ダンスール』コラボ動画制作!|PR TIMES
  3. ^ ダンス・ダンス・ダンスール - 文化庁メディア芸術祭 - JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL
  4. ^ 『ビッグコミックスピリッツ』2022年20号、小学館、2022年4月18日、 ASIN B09WZ22WZB表紙より。
  5. ^ a b c d “「ダンス・ダンス・ダンスール」森流鶯役に内山昂輝&五代都役は本渡楓、本PVも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月11日). https://natalie.mu/comic/news/469051 2022年3月11日閲覧。 
  6. ^ 第5巻まで
  7. ^ 第8巻まで
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “「ダンス・ダンス・ダンスール」村尾潤平役は山下大輝、新ビジュアルとPV公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年2月1日). https://natalie.mu/comic/news/463944 2022年2月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d “春アニメ『ダンス・ダンス・ダンスール』モーションアクター情報が公開! 井福俊太郎さん、秋元康臣さん、秋山瑛さん、足立真里亜さんが担当&コメント動画が公開”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2022年2月28日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1646021697 2022年2月28日閲覧。 
  10. ^ “「ダンス・ダンス・ダンスール」に天崎滉平、西山宏太朗、福圓美里、井之上潤が出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月1日). https://natalie.mu/comic/news/472286 2022年4月1日閲覧。 
  11. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 1”. 小学館. 2021年4月17日閲覧。
  12. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 2”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  13. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 3”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  14. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 4”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  15. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 5”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  16. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 6”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  17. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 7”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  18. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 8”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  19. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 9”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  20. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 10”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  21. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 11”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  22. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 12”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  23. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 13”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  24. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 14”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  25. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 15”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  26. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 16”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  27. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 17”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  28. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 18”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  29. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 19”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  30. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 20”. 小学館. 2021年4月18日閲覧。
  31. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 21”. 小学館. 2021年9月10日閲覧。
  32. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 22”. 小学館. 2021年12月28日閲覧。
  33. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 23”. 小学館. 2022年3月30日閲覧。
  34. ^ ダンス・ダンス・ダンスール 1〜3集 SPECIALプライスパック”. 小学館. 2022年3月30日閲覧。
  35. ^ a b c ONAIR”. TVアニメ ダンス・ダンス・ダンスール公式サイト. 2022年3月11日閲覧。
  36. ^ 「ダンス・ダンス・ダンスール」オープニングはYUKI、エンディングはヒトリエが担当”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年2月6日). 2022年2月6日閲覧。
  37. ^ ヒトリエ「ダンス・ダンス・ダンスール」ED曲をシングルリリース”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年4月9日). 2022年4月9日閲覧。
  38. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  39. ^ 週間番組表 (2022/04/11〜2022/04/17)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2022年4月24日閲覧。
  40. ^ 4月1日に特番放送決定!!!”. TVアニメ ダンス・ダンス・ダンスール公式サイト (2022年3月25日). 2022年3月26日閲覧。
  41. ^ “ディズニープラス、国内アニメに注力 『ダンス・ダンス・ダンスール』4月より独占配信”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2227239/full/ 2022年3月9日閲覧。 
  42. ^ Blu-ray&CD”. TVアニメダンス・ダンス・ダンスール公式サイト. 2022年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]