ジョージ朝倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ 朝倉(ジョージ あさくら、1974年5月11日 - )は日本漫画家イラストレーター女性。代表作は、第29回講談社漫画賞少女部門を受賞した『恋文日和』。

略歴[編集]

1995年、『別冊フレンド』(講談社)に掲載の「パンキー・ケーキ・ジャンキー」でデビュー。ペンネームは、『科学忍者隊ガッチャマン』のコンドルのジョーの本名(ジョージ浅倉)に由来する[1]。エッセイマンガなどの自画像も変身前のジョーそっくりに描かれる。

デビュー後、『別冊フレンド』(講談社)などに作品を掲載。年に3、4本程しか漫画を書いていなかったため、貧乏で借金もあったが[2]、『恋文日和』の映画化が決まり、単行本が3巻まで発売されたことで、借金を完済したという[3]。2003年から、ヤング女性向け漫画誌や青年誌にも活躍の場を広げる。2005年、『恋文日和』で第29回講談社漫画賞少女部門を受賞。2007年、出産のため、連載活動を休止。2009年、『別冊フレンド』2月号に『溺れるナイフ』番外編を掲載し、復帰。現在、『別冊フレンド』(講談社)で『溺れるナイフ』を連載中。

漫画家の荒木飛呂彦とは、2004年の誕生日に花束をもらうなど交友がある[要出典]

作品リスト[編集]

イラスト[編集]

  • ダブルダウン勘繰郎(作:西尾維新) - 表紙絵

脚注[編集]

  1. ^ 『Web現代』編集部訪問&ロングインタビュー”. 講談社e-manga通信. 2004年6月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月14日閲覧。
  2. ^ 『恋文日和』1巻あとがき
  3. ^ 『恋文日和』3巻あとがき
  4. ^ ジョージ朝倉 (2002), カラオケ・バカ一代, 祥伝社, p. 4, ISBN 4-396-76264-X 
  5. ^ ジョージ朝倉がバレエに魅せられた少年描く新連載、スピにて始動”. コミックナタリー (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]