ビッグコミックスピリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日(月曜日が祝日の際は土曜日発売)に発売。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。 増刊号として『月刊!スピリッツ』があり、本誌との間での作品移籍も双方向で行われている。連載作品の単行本は本誌と同じくビッグコミックス(ビッグスピリッツコミックス)より発行される。

概要[編集]

表紙は、1985年から佐久間良一による、果物や野菜を擬人化したイラストであったが、2002年以降現在、アイドルや女優などのグラビアが使用されている。いわゆる水着グラビアは控えめに抑えている。時折B2サイズのピンナップが付くこともある。

青年向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。

漫画家の呼称を「先生」ではなく「氏」に統一し、単行本も完結していない作品は「巻」ではなく「集」表記に統一している。しかし、編集者により見解の相違があり、完結の有無を問わず「集」表記にする場合があったり、少年サンデーコミックスやヤングサンデーコミックスなど通常は「巻」表記であるコミックスも「集」表記にする場合があるなど、一定の基準が存在していない。

装丁・デザインは長らく他の小学館の漫画雑誌と同様にベイブリッジ・スタジオが担当していたが、2003年以降は全体的にロケット・ボムによるものに変更され、さらに2008年41号以降はZASSOによるものに変更された。しかし、漫画家がコズフィッシュなど他のデザイナーを指定する場合もある。

2008年9月より、同じく小学館が発行していた漫画雑誌『週刊ヤングサンデー』の休刊に伴い、同誌から連載漫画のおよそ半分が移籍。それに合わせて、新装刊を行い、タイトルロゴも一新した。新装刊当初はグラビアを減らす方針をとり[1]2010年までは連載作品が全面的に表紙を飾るときもあった。

増刊・派生誌[編集]

  • 新装刊前後の2008年9月から2009年1月にかけて、既存誌に移籍しなかった『週刊ヤングサンデー』連載作品を中心にした増刊『ビッグコミックスピリッツ増刊 YSスペシャル』を月刊発売していた(作品については『週刊ヤングサンデー』の項目を参照)。
  • 2009年8月に上記の後継誌として『月刊!スピリッツ』が創刊された。
  • 2000年から隔月で『スピリッツ増刊IKKI』が発行されたが、2003年に『月刊IKKI』として独立・リニューアル新創刊、また月刊化された。同誌は2014年に休刊となった。
  • 2015年3月に増刊として月刊誌『ヒバナ』が創刊された。『月刊IKKI』連載作品の一部が同誌で連載を再開している。

現在の連載[編集]

連載開始順

通常連載[編集]

隔週連載[編集]

通常の連載作において、不定期連載が掲載される関係上ローテーションで休載が行われる。

歴代編集長[編集]

  1. 白井勝也(1980年 - 1990年)
  2. 亀井修(1990年 - 1996年)
  3. 久保田滋夫(1996年 - 1998年)
  4. 片寄聰(1998年 - 1999年7月)
  5. 長崎尚志(1999年8月 - 2001年7月)
  6. 武藤伸之(2001年8月 - 2003年7月)
  7. 立川義剛(2003年8月 - 2010年7月)
  8. 堀靖樹(2010年8月 - 2013年5月)
  9. 村山広(2013年6月 - )

過去の連載[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 460,354部[2]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 416,625部[2]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 394,042部[2]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 373,500部[2]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 355,062部[2]
発行部数(2008年4月以降)[3]
1月 - 3月 4月 - 6月 7月 - 9月 10月 - 12月
2008年 346,750 部 360,750 部 318,834 部
2009年 308,750 部 299,167 部 288,917 部 275,417 部
2010年 257,834 部 253,917 部 251,834 部 251,667 部
2011年 248,250 部 244,000 部 241,834 部 241,417 部
2012年 233,750 部 220,167 部 216,834 部 212,231 部
2013年 208,182 部 205,417 部 201,847 部 196,819 部
2014年 188,385 部 183,000 部 182,584 部 180,182 部
2015年 174,770 部 168,250 部 171,000 部 165,334 部
2016年 161,583 部 158,250 部

脚注[編集]

  1. ^ まんたんウェブ (2008年9月5日). “ビッグコミックスピリッツ:リニューアル号6日発売 「マンガ本位の時代へ」 編集長に聞く(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2008年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080926113944/http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080905mog00m200019000c.html 2008年9月26日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会 JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数[出典無効]
  3. ^ 社団法人日本雑誌協会[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]