浜田ブリトニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浜田 ブリトニー
本名 浜田 菅子(はまだ すがこ)[1]
生誕 自称20歳[2]
日本の旗 日本 千葉県[2]千葉市[3]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家タレント
活動期間 2006年 - 現在
ジャンル 少女漫画
代表作 パギャル!
テンプレートを表示

浜田 ブリトニー(はまだ ブリトニー)は、日本女性漫画家タレント。漫画家養成校の日本マンガ塾昼間部プロ養成科卒業。エヴァーグリーン・エンタテイメント→株式会社PIECE EIGHT(ピース・エイト 個人事務所)所属。

千葉県千葉市出身。生年月日および実際の年齢は公表していない。年齢を「自称20歳」としているのは、「ギャル漫画を描くにはギャルの気持ちにならなければならない」という理由から[1]

来歴[編集]

生い立ちと漫画家デビューまで[編集]

浜田 菅子として、千葉県千葉市に生まれる。名前は、菅原道真から取ったものである。家族は父(九州出身)、母、既婚者で子持ちの兄[1]

高校卒業後、トリマーを目指して専門学校に通っていたが[4]、実家から4時間以上かかるため、帰るのが面倒になり次第に家に帰らなくなる(本人曰く「プチ家出」)[1]。専門学校を卒業後、藤子不二雄の半生を描いた漫画『まんが道』を読み感動、トリマーになる夢を諦め、2005年4月、日本マンガ塾昼間部プロ養成科に入学[4]

日本マンガ塾に入って半年後、浜田が描いた作品が塾内での最優秀作品賞に選ばれ、調子に乗った浜田は『ビッグコミックスピリッツ』編集部に電話、持ち込みをした。持ち込みの際、浜田に会った編集者も、浜田の身なりと言動から漫画を描いているとは信じられず面喰らう。だが浜田の話を聞いているうちに興味を持った編集者が「自分のことを描いてみたら」と薦め、ギャル漫画を描くこととなった[1][4]

漫画家活動[編集]

ペンネームはブリトニー・スピアーズからつけた。その他、ペンネームの候補として「浜田ヒルトン」「浜田ビヨンセ」等もあった[5]

2006年、『ハイパー探偵リンカ』で『ビッグコミックスピリッツCasual』にてデビュー[6][7]。作品の画風が評価され花津ハナヨアシスタントとして雇われた[8]

2007年7月、『ビッグコミックスピリッツ』にて、ギャル語を用いる渋谷ギャルの生態を描いた『パギャル![9]の連載を開始。その後、同誌にて担当編集者との対談形式で読者の相談に答える「ブリトニーの人生相談」も開始し、連載中。

2008年3月には、『ビッグコミックスピリッツ』18号で藤子不二雄ちばてつやとの会談を行ったり[10]、モデルの益若つばさグラビアページに参加するなどした。

人物[編集]

ホームレスギャル漫画家」で、定住せず漫画喫茶カラオケボックスに寝泊まりする生活を送っている。年金は支払っていたという[11]。2009年末にはこの「ホームレス生活」をやめ、六畳の部屋とロフトのある内のマンションに住んでいるとカムアウトした[12]

身長は146cm、スリーサイズはB85/W65/H85で、ブラのサイズはGカップ[13]。体重は49kgだったが、2009年放送『ビューティー・コロシアム女芸人スペシャル』で7kg落とし、42kgになった。すっぴんに自信がなく、以前より美容整形を検討していたが、2010年3月2日放送回の特番『中居正広の世界はスゲェ!ココまで調べましたSP』の企画でアメリカで左右を二重まぶたにする整形を行った。コンプレックスであった目の整形を行ったことで自信が持て、気持ちが変わったと明かした。

浜田と編集者との打ち合わせ場所は、もっぱら渋谷のカラオケボックスである[14]

漫画家になる前は痩せており、メイクも薄く可愛らしい顔をしている。服装はALBA ROSAなどのギャルファッションであり、二十歳前後はガングロ流行期世代と思われる。しかし、派手なギャルファッションではなく、比較的普通のギャルファッションであり、ガングロでもなかった[1]

父は非常に厳しい人で、学生時代に髪を染めた浜田を殴り、テーブルに置かれた白髪染めを捨てて殴られ、そのうち家に寄り付かなくなってしまう。さらに両親は送られて来た漫画の単行本を見て、初めて浜田が漫画家になった事を知る。家出してから父とは不仲が続いたが、父は実は浜田を気にかけており、浜田が出た雑誌の切り抜きを大事に保存していたという[1]。その後両親との仲は良好であり、両親に車をプレゼントしたり[15]、母にはスマートフォンをプレゼントしたりして、母と共に写った写真をアップしている[16]

2010年10月25日に旧公式サイトにて、2008年12月から芸能活動時に所属していたエヴァーグリーン・エンタテイメントを辞め、漫画家に専念することを発表。個人事務所である株式会社PIECE EIGHTを立ち上げる。11月2日には旧公式サイト・ブログともに閉鎖となるが、翌日11月3日から新たに公式サイト・ブログを開設した。

2011年10月1日自身のブログで芸能活動を再開すると発表[17]

2013年12月に一般男性との婚約を発表したが、2014年6月に婚約を解消した[18]

評価[編集]

TechinsightJapan編集部の宇佐木野ミミは、現代的な若い女性の生態を描く大胆な画風は、中尊寺ゆつこの作品に似ていると評している。また、見た目の面では派手な服装とメイクの水森亜土がいるから、年配者からすれば浜田のキャラクターは新しく感じないだろうと評している[11]。また、宇佐木野は、浜田を「こんな暗い時代に家も無く、バカやってても楽しく暮らしている若者もいますよー。」といったメッセージを体全体で表現していると評している。タレントとしての芸風は陽気、派手で少々おバカっぽいが明るく屈託のなさが持ち味だという。一方で、「漫画+タレント」というキャラクターはライバルが多く、すぐに後発のスターが現れるため、飽きられるのが早いのではないかと分析している[11]

作品[編集]

漫画
CD
  • パギャル!トランス Produced by浜田ブリトニー(2008年10月15日)プロデュース
DVD
  • マヂやばいっス~!!(2010年04月23日)

出演[編集]

インターネット番組[編集]

  • 浜田ブリトニーのぱねぇ!CH(@tv-AKIHABARA-(あっ!とおどろく放送局)、2011年7月-2012年12月)
  • ブリとサワの大冒険(ニコ生公式 PIECE CHANNEL、2013年1月-現在 月曜日17:00~18:00)

ラジオ番組[編集]

  • 浜田ブリトニーのオンナの引き出し(ニッポン放送、2013年1月21日-2013年3月 月~木曜日:21時45分30秒~21時50分)

テレビ番組[編集]

映画[編集]

  • 新宿ミッドナイトベイビー(2015年公開予定) - 悠木レミ 役

PV[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『浜田ブリトニーのずぼらダイエット』(竹書房)「第1章 浜田ブリトニーヒストリー」より。
  2. ^ a b エヴァーグリーン・エンタテイメント(インターネットアーカイブ). “浜田ブリトニー プロフィール”. 2009年2月9日閲覧。
  3. ^ 京成電鉄「京成らいん」2010年6月号ゲスト出演の際に「千葉市出身」を公開。
  4. ^ a b c 卒業生 浜田ブリトニー先生インタビュー”. 日本マンガ塾 (2012年8月1日). 2015年5月17日閲覧。
  5. ^ 浜田ブリトニー嬢が「女を幸せにするのは“萌え”男子」発言!?”. Peachy (2011年7月11日). 2015年5月17日閲覧。
  6. ^ 浜田ブリトニーさん(PN)、小学館ビッグコミックスピリッツCasualにてデビュー! マンガ塾デビュー速報
  7. ^ 日本マンガ塾 (2007年7月2日). “浜田ブリトニー(PN)さん、小学館ビッグコミックスピリッツにて連載開始!”. 2008年12月22日閲覧。
  8. ^ 花津ハナヨオフィシャルブログ『ハナヨ日記』 (2007年4月26日). “ギャル”. 2008年12月22日閲覧。
  9. ^ パギャルとは「中途半端なギャル」の意。作中の登場人物欄より
  10. ^ 日本マンガ塾 (2008年4月1日). “日本マンガ塾 浜田ブリトニー(PN)さん『パギャル』遂に単行本化!!”. 2008年12月22日閲覧。
  11. ^ a b c TechinsightJapan (2009年11月17日). “【どっちが勝ち組でショー】益若つばさVS浜田ブリトニー。ギャル・アーティスト対決!”. 2009年12月27日閲覧。
  12. ^ スポーツニッポン (2010年1月21日). “浜田ブリトニー「ホームレス卒業ッス!」”. 2010年1月21日閲覧。
  13. ^ 2009年8月25日発売『フラッシュ』にて。なお初グラビアに挑戦したが、と自ら同誌に売り込み、撮影を敢行したという。「漫画家・浜田ブリトニーがグラビア初挑戦」(インターネットアーカイブ)
  14. ^ シブ経文化センター/トークラウンジ ギャル漫画家・浜田ブリトニーさんに聞く「シブヤの魅力」~渋谷ホームレス時代から漫画家、社長になるまで~”. シブヤ経済新聞. 2015年5月17日閲覧。
  15. ^ 浜田ブリトニーが親孝行 父親に車を購入”. 日刊アメーバニュース (2011年5月6日). 2015年5月17日閲覧。
  16. ^ 楽々フォンを両親に”. 浜田ブリトニーのパネェ!BLOG (2012年12月6日). 2015年5月17日閲覧。
  17. ^ 芸能活動を再開します! 『浜田ブリトニーのパネェ!BLOG』 2011年10月1日
  18. ^ 浜田ブリトニー 婚約解消を報告!お相手が「男性にも目覚めて…」 スポーツニッポン 2014年6月14日
  19. ^ 開始当初のタイトルは「ノラ犬9ちゃん」だった。

外部リンク[編集]