日本の漫画雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漫画雑誌が多く並べられているコンビニエンスストアの雑誌売場

日本の漫画雑誌(にほんのまんがざっし)では、日本漫画雑誌について解説する。

目次

特徴[編集]

増刊枠[編集]

漫画雑誌に限らず日本の雑誌は1つの雑誌コードにつき1つの増刊枠を持つことができる。

日本の漫画雑誌ではその増刊枠でタイトルの違う雑誌を実験的に創設し、ある程度様子を見た後、商業的に継続可能な場合新しい雑誌コードを取得し独立創刊させる方法が一般的になっている。

再生紙[編集]

日本の漫画雑誌の多くは古紙を再生させた紙を使用している。その時、元の紙から印刷されたインクを取り除くことが困難なため再生紙に色をつけている。

歴史的変化[編集]

平綴じから無線綴じへ[編集]

日本の漫画雑誌は1970年代までは針金を使った平綴じを中心に製本されていた。その後、製本技術の発展により針金を用いない無線綴じで製本されるようになった。ただ広義的・伝統的意味合いなどから今でも平綴じで製本されている、と表現されることがある。

二色刷りの減少[編集]

日本の漫画雑誌は、過去には巻頭の4色カラーページと黒一色のページの間、巻末などに黒に赤を加えた二色刷りで書かれたページが多く存在していた。しかし2001年前後を境に減少傾向にある。

区分[編集]

日本における漫画雑誌には、対象となる購読者の層にあわせて少年コミック誌・少女コミック誌・青年コミック誌(男性向けコミック誌)・女性コミック誌(レディースコミック誌)・成年向け漫画誌などに区別され、ジャンルごとにボーイズラブコミック誌などに区分される。

読者層の高齢化とジャンルの多様化によって年齢・性別では区別できない。 一般的には内容による判断以外では、

雑誌タイトル
雑誌、および雑誌連載作品がまとめられた単行本のサイズ(少年・少女向けの場合、サイズが小さいものが多い)。
平綴じ(無線綴じ)か中綴じか(平綴じの雑誌は少年・少女・女性向けの場合が多い)。
漢字にルビがあるかどうか

などによって判断される。

また、刊行頻度は週刊・隔週刊・月2回刊・月刊・隔月刊・季刊などに分かれる。

以下の一覧では

  • 出版社が「&」で区切られて連続で2社記載されている場合は、前者が発行所で後者が発売元を示す。
  • 記載方法は刊行開始順に明記するが、増刊枠で刊行している雑誌に関しては増刊元と併記。ただし、増刊元雑誌とジャンルが異なる場合は単独で表記する。

少年向けコミック誌[編集]

週刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊・隔月刊誌およびその増刊誌[編集]

男性向けコミック誌[編集]

週刊誌およびその増刊誌[編集]

月2回刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊誌およびその増刊誌[編集]

パチンコ・パチスロ漫画誌[編集]

歴史・時代劇漫画誌[編集]

ゴルフ漫画誌[編集]

麻雀漫画誌[編集]

  • 近代麻雀(竹書房 1979- 毎月1日15日発売)月2回刊

釣り漫画誌[編集]

その他専門漫画誌[編集]

男女向けコミック誌[編集]

少女向けコミック誌[編集]

月2回刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊誌およびその増刊誌[編集]

隔月刊誌およびその増刊誌[編集]

女性向けコミック誌[編集]

月2回刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊誌およびその増刊誌[編集]

隔月刊誌およびその増刊誌[編集]

季刊誌およびその増刊誌[編集]

増刊誌・不定期刊[編集]

官能系[編集]

ボーイズラブコミック誌[編集]

百合漫画雑誌[編集]

4コマ漫画誌[編集]

一般向け[編集]

一般向け4コマ漫画誌の場合1作品を同出版社の2誌以上で連載することが多いので出版社毎にまとめて整理します。

芳文社[編集]

竹書房[編集]

双葉社[編集]

ぶんか社[編集]

男性向け萌え系[編集]

実話系[編集]

アンソロジーコミック[編集]

青年向け漫画[編集]

女性向け漫画[編集]

  • いち*ラキ冬水社 2001- 偶数月20日発売)※直取引雑誌、隔月刊
  • ITAN(講談社 2010- 偶数月7日発売)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • 楽園 Le Paradis(白泉社 2009-)※アンソロジーコミック、年3回刊
  • B's-LOG COMIC(KADOKAWA 2013-)※アンソロジーコミック
  • COMIC it(KADOKAWA 2015-)※アンソロジーコミック
  • 異種恋愛物語集(一迅社 2016-)※アンソロジーコミック、不定期刊

グルメ漫画[編集]

  • 思い出食堂(少年画報社 2010-)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • ひとりごはん(少年画報社 2014-)※アンソロジーコミック、不定期刊
  • みんなの食卓(少年画報社 2014-)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • 漫画昭和人情食堂ぶんか社 2016-)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • めしざんまい(ぶんか社 2016-)※アンソロジーコミック
  • ごはん日和(ぶんか社 2016-)※アンソロジーコミック
  • いただきます 幸せごはん(芳文社 2015-)※アンソロジーコミック、季刊
  • ひとりでほっこりくつろぎごはん(ガイドワークス 2017-)※アンソロジーコミック

ボーイズラブ漫画[編集]

動物漫画[編集]

歴史・時代劇漫画[編集]

  • 江戸ぱんち(少年画報社 2014-)※アンソロジーコミック、年2回刊

マニア向け漫画[編集]

成年男性向け漫画誌(未指定の雑誌も含む)[編集]

成年向け漫画雑誌の一覧を参照

電子コミック誌[編集]

女性向けコミック誌[編集]

  • モバフラ(小学館 2007-)※月4回刊
  • &FLOWER(小学館 2017-)
  • 禁断Lovers(ぶんか社 2011-)
  • 禁断Loversロマンチカ(ぶんか社 2015-)
  • 蜜恋ティアラ(ぶんか社 2015-)
  • 蜜恋ティアラMania(ぶんか社 2016-)
  • ストーリーな女たち(ぶんか社 2015-)
  • 無敵恋愛S*girl Anette(ぶんか社 2016-)
  • Love Silky(白泉社 2013-)※月刊
  • Love Jossie(白泉社 2015-)
  • モバイル恋愛宣言(秋水社 2014-)
  • JOUR Sister(双葉社 2015-)
  • 毒りんごcomic(双葉社 2016-)
  • ラブ×ピンク(ZITTO 2015-)
  • ラブコフレ(大誠社 2015-)
  • Colorful!(アイエムエー 2016-)
  • 姉フレンド(講談社 2016- 毎月1日配信)※月刊
  • プチプリンセス(秋田書店 2016- 偶数月1日配信)※隔月
  • comic Berry’s(スターツ出版 2016-)※月2回刊
  • 恋するソワレ(ソルマーレ編集部 2016-)

BLコミック誌[編集]

  • b-boyキューブ(リブレ 2009-)
    • b-boyキューブ別冊(リブレ 2010-)
  • 麗人uno!(竹書房 2011-)※月刊
  • Qpa(竹書房 2011-)
  • iHertZ(大洋図書 2011-)
  • Char@(徳間書店 2012-)
  • B's-LOVEY recottia (KADOKAWA 2012-)
  • CIEL(KADOKAWA 2017-)
  • BOY’Sピアス開発室(マガジン・マガジン 2012-)
  • drap milk(コアマガジン 2012-)※月刊
  • GUSHmaniaEX(海王社 2013-)
  • GUSHpit(海王社 2014-)
  • WEBLink(ホーム社&集英社 2013-)
  • .Bloom(ホーム社&集英社 2016-)
  • aQtto!(ジュリアンパブリッシング 2013-)※月刊
  • 花丸漫画(白泉社 2014-)
  • 極上ハニラブ(BookLive 2014-)※月刊
  • シガリロ (BookLive 2015-)※月刊
  • モバイルBL宣言(秋水社 2014-)
  • Fig(東京漫画社 2014-)
  • enigma(オークラ出版 2015-)
  • アクアhide(オークラ出版 2016-)
  • ストラーダ(道玄坂書房 2015-)※月刊
  • LiQulle(オーバーラップ 2016-)※月刊
  • Ficus box(ソルマーレ編集部 2016-)
  • BOYS FAN(フューチャーコミックス 2016-)
  • ハニーミルク(講談社 2016- 毎月10日配信)※月刊
  • Splush(イースト・プレス 2016-) ※不定期刊
  • equal(笠倉出版社 2016-)※月刊
  • comic marginal(双葉社 2017-)
  • B.Pilz(ブライト出版 2017-)

男性向けコミック誌[編集]

ウェブコミック誌[編集]

日本のウェブコミック配信サイト一覧を参照

漫画を多く掲載している雑誌[編集]

休刊中ないし廃刊した雑誌[編集]

会社毎に分けた上で、創刊した年代別に並べるものとする。

講談社[編集]

光文社[編集]

集英社[編集]

少年画報社[編集]

秋田書店[編集]

芳文社[編集]

文藝春秋[編集]

小学館[編集]

芸文社[編集]

双葉社[編集]

実業之日本社[編集]

日本文芸社[編集]

一水社[編集]

光彩書房

ぶんか社[編集]

海王社
  • 最高の主婦たち(海王社 2001-2014)
  • GUSHmaniaEX(海王社 2003-2016)※アンソロジーコミック
  • GUSH moetto(海王社 2008-2010)※GUSH増刊、年3回刊
  • GUSHぽち。(海王社 2011-2012)※電子書籍

朝日新聞グループ[編集]

平和出版[編集]

虫プロ商事[編集]

リイド社[編集]

徳間書店[編集]

マガジン・マガジン[編集]

  • 劇画ジャンプ(サン出版 1973-)
  • COMIC JUN(サン出版 1978-1978)→JUNE(1979-年内休刊,1981-1991、マガジン・マガジン 1991-1995)隔月刊
  • コミックアムール(サン・メディアレップ&マガジン・マガジン 1990-2017)季刊
  • ミステリーレディース(1991-2003)
  • Lady's Comic Manon(-2006)
  • コミックJUNE(マガジン・マガジン 1995-年内休刊,1998-2008、ジュネット 2008-2012)隔月刊
  • 百合姉妹(マガジン・マガジン 2003-2005)※ムック扱い、季刊、連載作品はコミック百合姫に引継ぎ
  • コミックGAMEピアス(マガジン・マガジン 2004-2006)※ムック扱い
  • 恋Juneジュネット 2009-年内休刊)※ムック扱い、不定期刊
  • おもちゃピアス(ジュネット 2010-2011)※ムック扱い、不定期刊

ワニマガジン社[編集]

  • キュート(ワニマガジン社 1985-2001)※隔月刊
  • やせるマンガ(ワニマガジン社 1998-2002)※隔月刊
  • robot(ワニマガジン社 2004-2008)※アンソロジーコミック、不定期刊、連載作品は季刊GELATINに引継ぎ
  • 季刊GELATINワニマガジン社 2009-2011)※アンソロジーコミック、季刊、後継誌はひめシリーズ
  • ひめシリーズ(ワニマガジン社 2011-2013)※アンソロジーコミック、不定期刊
  • 138°E(ワンスリーエイト・イー)(ワニマガジン社 2012-2013)※アンソロジーコミック、不定期刊

白泉社[編集]

辰巳出版[編集]

笠倉出版社[編集]

竹書房[編集]

新書館[編集]

白夜書房[編集]

三和出版[編集]

学研ホールディングス[編集]

大洋図書[編集]

松文館[編集]

  • 月刊漫画 男(オハヨー出版 1978)
  • 漫画族(オハヨー出版 1980)
  • コミック戦国無頼(松文館 2009-2010)※隔月刊、後継誌は戦国REMIX及びコミック戦国無頼web
  • 戦国REMIX(松文館 2010-2011)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • ホラーエクスタシー(松文館 2010-年内休刊)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • コミック戦国無頼web(松文館 2012-年内終了)※電子書籍

みのり書房[編集]

大都社[編集]

日本出版社[編集]

祥伝社[編集]

小池書院[編集]

ラポート[編集]

KADOKAWA[編集]

付録
ブックウォーカー
  • 月刊コミックゲートアッシュ(角川コンテンツゲート 2011-2012)→月刊コミックゲートアッパー(2011-2012)※電子書籍
  • ねこマンガ缶(2011-2012)※電子書籍

スコラ[編集]

宝島社[編集]

主婦と生活社[編集]

  • Missy(主婦と生活社 1986-1990)
  • コミックGiga(主婦と生活社 1990-1992)
  • コミックShan(主婦と生活社 1992-1997)
  • Bonton(1991-1992)
  • ヤングベリー(1997)
  • コミックPASH!(主婦と生活社 2010)※アンソロジーコミック、Vol.1のみ

宙出版[編集]

ビブロス[編集]

ふゅーじょんぷろだくと[編集]

  • KID's(ふゅーじょんぷろだくと 1989-1991)
  • Baby(ふゅーじょんぷろだくと 2006-2011)※アンソロジーコミック、不定期刊、後継誌はBABY

メディアックス[編集]

曙出版

スクウェア・エニックス[編集]

ワニブックス[編集]

扶桑社[編集]

冬水社[編集]

英知出版[編集]

オークラ出版[編集]

  • GUST桜桃書房 1992-2002)※隔月刊、後継誌はGUSH
  • コミックアクアオークラ出版 2001-2015)隔月刊
  • 肉体派(オークラ出版 2005-2011)※アンソロジーコミック、年3回刊、後継誌は肉体派ガチ!
  • アクア絶対領域(オークラ出版 2006-2007)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • ZokkoN(オークラ出版 2007-2008)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • 受攻ドリームマッチ(オークラ出版 2008-2009)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • Specialシリーズ(オークラ出版 2009-2010)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • ラブプレイ(オークラ出版 2010-年内休刊)※アンソロジーコミック
  • AQUA Love Code(オークラ出版 2010-年内休刊)※アンソロジーコミック
  • AQUA extra(オークラ出版 2011-年内休刊)※アンソロジーコミック、季刊
  • アクアPiPiぴんく(オークラ出版 2010-2015)※電子書籍
オークス

近代映画社[編集]

ホビージャパン[編集]

あおば出版[編集]

太田出版[編集]

新潮社[編集]

幻冬舎コミックス[編集]

マッグガーデン[編集]

一迅社[編集]

ポプラ社[編集]

ジャイブ

イースト・プレス[編集]

文苑堂[編集]

リブレ[編集]

ソフトバンククリエイティブ[編集]

青泉社[編集]

サニー出版[編集]

コスミック出版[編集]

  • 百合少女(コスミック出版 2009-2010)※アンソロジーコミック、不定期刊
  • 密恋(コスミック出版 2010-2011)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • 禁恋(コスミック出版 2010-2011)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • LOVE MANIAコスミック出版 2010)※アンソロジーコミック、VOL.1のみ
  • 薔薇色恋愛 Love Cute(コスミック出版 2011)※漢字ランド増刊、Vol.1のみ
  • TOKIMEKI恋愛(コスミック出版 2011-年内休刊)※アンソロジーコミック、隔月刊

ガイドワークス[編集]

  • 漫画パチンカーオリジナル(白夜書房 2009-2012、ガイドワークス 2012-2014)隔月刊
  • 酒場のグルメ(ガイドワークス 2015)※アンソロジーコミック
  • 漫画ゴルフDVDレッスン バーディーラッシュ(ガイドワークス 2016)※ムック扱い
  • DVD 漫画パチンカーZ(2014-2016)不定期刊
  • ごはん処 なつかし屋(ガイドワークス 2015-2016)※アンソロジーコミック、全7集

BookLive[編集]

  • 月刊コミックフリル(はちどり&BookLive 2011-2012)※電子書籍
  • 月刊コミックガナル(はちどり&BookLive 2012-年内終了)※電子書籍
  • COMIC LIVE! COCOA(2011-2013) ※電子書籍
  • COMIC LIVE! DRIVE(2011-2013) ※電子書籍
  • COMIC LIVE!(2012-2013)※電子書籍
  • COMIC LIVE! 別冊DRIVE(2012-年内定期配信終了)※電子書籍

その他出版社[編集]

青心社
バンダイ
偕成社
飛鳥新社
  • ユーロマンガEuromanga合同会社&飛鳥新社 2008-2013)※ムック扱い、不定期刊
  • 少年之國(飛鳥新社 2009-2011)※アンソロジーコミック、不定期刊、イラスト情報サイトecrii(エクリ)へ移行
  • 少女世界(飛鳥新社 2009-2012)※アンソロジーコミック、不定期刊、イラスト情報サイトecrii(エクリ)へ移行
東京漫画社
  • MARBLE(東京漫画社 2004-2005)※アンソロジーコミック、季刊
  • カタログシリーズ(東京漫画社 2005-2009)※アンソロジーコミック、隔月刊、後継誌はCab
  • BGM(東京漫画社 2007-2009)※アンソロジーコミック、隔月刊、後継誌はCab
  • 別冊MARBLE(東京漫画社 2007)※アンソロジーコミック、1号のみ
  • CuCue(東京漫画社 2008)※アンソロジーコミック、VOL.1のみ
  • Fig(東京漫画社 2013-2014)※アンソロジーコミック、隔月刊、電子書籍へ移行
ブライト出版
  • 恋せよ少年〜たとえ大人でも〜(ブライト出版 2009-2010)※アンソロジーコミック、隔月刊、後継誌はadoucir
  • Q(ブライト出版 2009-2011)※アンソロジーコミック、隔月刊、後継誌はBiQ
  • adoucir(ブライト出版 2011-2012)→BLife(2012-年内休刊)※アンソロジーコミック、隔月刊、後継誌はWeb BLife
  • BiQ(ブライト出版 2011-年内休刊)※アンソロジーコミック、隔月刊、後継誌はWebBiQ
その他
  • コミックジャパン(キャビネット 2000-2001)
  • KATANA(イーブックイニシアティブジャパン2009-2016)※電子書籍
  • コミックラウド(ブックラウド 2010-2013)※電子書籍
  • ガロ Ver.2.0(青林堂 2010-2011)※iPad向けコミック誌
  • moca*cute(心交社 2011-2012)※電子書籍
  • BiBit!(大誠社 2011-2012、ジュリアン 2012-2013)※電子書籍
  • Web BiQ(ブライト出版 2012、ジュリアン 2012-2013)※電子書籍
  • コミックキー(暁星プランニング 2012-2013)[1]
  • コミックギヤ(暁星プランニング 2012-2013)
  • コミック綺羅(暁星プランニング 2012-2013)
  • 月刊COMIC PANDA(PANDA電子出版社 2012-年内終了)※電子書籍、日中同時創刊
  • 禁恋ドルチェ(アイディール 2013-2015)[2] ※電子書籍
  • Web BLife(ブライト出版 2013-2014)※電子書籍
  • pisca-pisca(ティーダ ワークス 2015-2016)※電子書籍

再録雑誌[編集]

以上の雑誌はそのほとんどが初めて発表された作品で構成された雑誌だが、既に他で発表された作品を再収録することを目的とした雑誌も存在する。女性向け漫画誌には再録中心の雑誌も多く存在しており、全て初掲載の雑誌の表紙に「オール新作」を表示するのは再録中心の雑誌と区別するためである。今ではそのほとんどが初出作品である『月刊コロコロコミック』も創刊当初は小学館の学習雑誌で掲載された『ドラえもん』の再録・総集編的意味合いの濃い雑誌であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]