日本の漫画雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漫画雑誌が多く並べられているコンビニエンスストアの雑誌売場

日本の漫画雑誌(にほんのまんがざっし)では、日本漫画雑誌について解説する。

目次

特徴[編集]

増刊枠[編集]

漫画雑誌に限らず日本の雑誌は1つの雑誌コードにつき1つの増刊枠を持つことができる。

日本の漫画雑誌ではその増刊枠でタイトルの違う雑誌を実験的に創設し、ある程度様子を見た後、商業的に継続可能な場合新しい雑誌コードを取得し独立創刊させる方法が一般的になっている。

再生紙[編集]

日本の漫画雑誌の多くは古紙を再生させた紙を使用している。その時、元の紙から印刷されたインクを取り除くことが困難なため再生紙に色をつけている。

歴史的変化[編集]

平綴じから無線綴じへ[編集]

日本の漫画雑誌は1970年代までは針金を使った平綴じを中心に製本されていた。その後、製本技術の発展により針金を用いない無線綴じで製本されるようになった。ただ広義的・伝統的意味合いなどから今でも平綴じで製本されている、と表現されることがある。

二色刷りの減少[編集]

日本の漫画雑誌は、過去には巻頭の4色カラーページと黒一色のページの間、巻末などに黒に赤を加えた二色刷りで書かれたページが多く存在していた。しかし2001年前後を境に減少傾向にある。

区分[編集]

日本における漫画雑誌には、対象となる購読者の層にあわせて少年漫画誌・少女漫画誌・青年漫画誌(男性向けコミック誌)・女性漫画誌(レディースコミック誌)・成人向け漫画誌などに区別され、ジャンルごとに4コマ漫画誌・ホラー漫画誌・メディアミックス誌・ティーンズラブ誌・ボーイズラブ誌などに区分される。

読者層の高齢化とジャンルの多様化によって年齢・性別では区別できない。 一般的には内容による判断以外では、

雑誌タイトル
雑誌、および雑誌連載作品がまとめられた単行本のサイズ(少年・少女向けの場合、サイズが小さいものが多い)。
平綴じ(無線綴じ)か中綴じか(平綴じの雑誌は少年・少女・女性向けの場合が多い)。
漢字にルビがあるかどうか

などによって判断される。

また、刊行頻度は週刊・隔週刊・月2回刊・月刊・隔月刊・季刊などに分かれる。

以下の一覧では

  • 出版社が「&」で区切られて連続で2社記載されている場合は、前者が発行所で後者が発売元を示す。
  • 記載方法は刊行開始順に明記するが、増刊枠で刊行している雑誌に関しては増刊元と併記。ただし、増刊元雑誌とジャンルが異なる場合は単独で表記する。

少年向け漫画誌[編集]

週刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊誌およびその増刊誌[編集]

男性向け漫画誌[編集]

週刊誌およびその増刊誌[編集]

月2回刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊誌およびその増刊誌[編集]

メディアミックス漫画誌[編集]

パチンコ・パチスロ漫画誌[編集]

歴史・時代劇漫画誌[編集]

スポーツ漫画誌[編集]

麻雀漫画漫画誌[編集]

釣り漫画漫画誌[編集]

漫画ビジネス誌[編集]

その他専門漫画誌[編集]

アンソロジーコミック[編集]

グルメ漫画[編集]

男女向け漫画誌[編集]

幼児・小学校低学年向け漫画誌[編集]

少女向け漫画誌[編集]

月2回刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊・隔月刊誌およびその増刊誌[編集]

少女向け少年誌[編集]

アンソロジーコミック[編集]

女性向け漫画誌[編集]

月2回刊誌およびその増刊誌[編集]

月刊・隔月刊誌およびその増刊誌[編集]

ラブロマンス系[編集]

感動系[編集]

童話系[編集]

ホラー・ミステリー系[編集]

ホラー・ファンタジー系[編集]

  • Nemuki+(朝日新聞出版 2013-)隔月刊

実話・ご近所系[編集]

官能系[編集]

ティーンズラブ漫画誌[編集]

ボーイズラブ漫画誌[編集]

アンソロジーコミック[編集]

  • ITAN(講談社 2010-)※アンソロジーコミック、隔月刊
  • COMIC it(KADOKAWA 2015-)※アンソロジーコミック、年11回刊
  • 異種恋愛物語集(一迅社 2016-)※アンソロジーコミック、不定期刊

ボーイズラブ[編集]

グルメ漫画[編集]

グルメ漫画[編集]

  • 江戸ぱんち(少年画報社 2014-)※アンソロジーコミック、年2回刊


4コマ漫画誌[編集]

一般向け[編集]

一般向け4コマ漫画誌の場合1作品を同出版社の2誌以上で連載することが多いので出版社毎にまとめて整理します。

芳文社[編集]

竹書房[編集]

双葉社[編集]

ぶんか社[編集]

萌え系[編集]

実話系[編集]

動物系[編集]

カルト系漫画誌[編集]

成人男性向け漫画誌(未指定の雑誌も含む)[編集]

成人向け漫画雑誌の一覧を参照

ウェブコミック誌[編集]

日本のウェブコミック配信サイト一覧を参照

漫画を掲載している雑誌[編集]

小説誌[編集]

休刊中ないし廃刊した雑誌[編集]

ジャンル毎に分けた上で、創刊した年代別に並べるものとする。

児童向け漫画誌[編集]

少年誌[編集]

少女誌[編集]

青年誌[編集]

少年・青年向けメディアミックス漫画誌[編集]

女性誌[編集]

4コマ漫画誌[編集]

未整理[編集]

再録雑誌[編集]

以上の雑誌はそのほとんどが初めて発表された作品で構成された雑誌だが、既に他で発表された作品を再収録することを目的とした雑誌も存在する。女性向け漫画誌には再録中心の雑誌も多く存在しており、全て初掲載の雑誌の表紙に「オール新作」を表示するのは再録中心の雑誌と区別するためである。今ではそのほとんどが初出作品である『月刊コロコロコミック』も創刊当初は小学館の学習雑誌で掲載された『ドラえもん』の再録・総集編的意味合いの濃い雑誌であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]