コンテンツにスキップ

BE・LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BE・LOVE
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 40代・50代女性[1]
刊行頻度 月刊(1日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 460円(通常号)
出版社 講談社
編集長 笠井俊純[2]
雑誌名コード 27661
刊行期間 1980年10月4日(1980年11月号) -
発行部数 33,500部(2024年1月 - 2024年3月日本雑誌協会調べ)
レーベル BE LOVE KC
ウェブサイト BE・LOVE
テンプレートを表示

BE・LOVE』(ビー・ラブ)は、講談社発行の女性向け漫画雑誌。毎月1日に発売。

1979年9月に発行された『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』が前身。1980年10月、月刊漫画雑誌として創刊。1982年5月、月2回刊となるが、2019年現在は月刊に戻っている。一時、誌名も『BE in LOVE』(ビー・ラブ)だったが、後に現在の『BE・LOVE』へ。大人の女性を対象とする作品を掲載しており、講談社は2006年時点で30代・40代女性の読者が多いと謳っており[3]、2020年現在の読者は40代・50代女性が中心となっている[1]

変遷

[編集]
  • 1979年 - 『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』(9月18日発行)創刊。
  • 1980年 - 10月、創刊号(11月号)が発売。月刊。
  • 1982年 - 5月、月2回刊に変更(6月1日号から)。発売日は毎月第1・3火曜日。
  • 1987年 - 12月発売の1988年1号から、発売日を毎月1日・15日に変更。
  • 2018年 - 2019年2月号(2018年12月28日発売)より月刊化。発売日は毎月1日のみになる[4]
  • 2021年 - 12月、累計部数が2億部を突破[5]

歴代編集長

[編集]

掲載作品

[編集]

連載中の作品

[編集]

※ 2024年7月1日(2024年8月号)現在。

連載終了作品

[編集]

1980年代開始

[編集]

1990年代開始

[編集]
  • 家庭の2乗(河あきら):1991年3号 -
  • エンジェル日誌(ごとう和):1992年19号 - 2003年
  • カーテン・コール(三原陽子):1993年7号 - 1999年19号
  • ぴくぴく仙太郎布浦翼):1993年12号 - 2011年22号
  • ガイアの娘(庄司陽子):1995年17号 - 1996年17号
  • 永遠の誘惑(前原滋子):1998年6号 - 2008年3号

2000年代前半開始

[編集]
  • やめるもんかっ!(原作:衿野未朱、漫画:三原陽子):2000年3号 - 2001年10号
  • はぁと♡ヘルパー(原作:佐藤文香、漫画:清水康代):2001年4号 - 2003年13号
    • 新はぁと♡ヘルパー(原作:佐藤文香、漫画:清水康代):2003年22号 -
  • バラと最悪の魂高口里純):2002年3号 - 2003年20号
  • コンシェルジュ楠木あると):2002年11号 - 2002年19号
  • モモ缶(しらかわきくの):2003年12号 - 2010年10号
  • ちょっと美人ドクター?(若林美樹):2003年18号 - 2006年6号←『BE・LOVEパフェ』
  • 東京ぬりえきせかえ(深見じゅん):2003年18号 - 2005年5号
  • 紅匂ふ大和和紀):2003年19号 - 2007年10号
  • ピアニシモでささやいて 〜第二楽章〜(石塚夢見):2003年22号 - 2006年8号
  • 楽園ぴぃぽぅ(ごとう和):2003年23号 - 2004年23号
  • ガラスの椅子(中村真理子):2004年18号 - 2006年23号

2000年代後半開始

[編集]

2010年代前半開始

[編集]
  • みみっく(深見じゅん):2010年1号 - 2012年24号
  • あたしたちの童話(真柴ひろみ):2010年2号 - 2010年4号
  • 屍活師 女王の法医学杜野亜希):2010年3号 - 2018年18号
  • シベリア鉄道ハネムーン-9300キロ乗りっぱの旅-(かわむらゆきか):2010年6号 -
  • 妄想ツアーズ-大人たちの工場見学-(瀬川麻里):2010年7号 -
  • 極上スパイス(山崎みちよ):2010年11号 -
  • えへん、龍之介。(松田奈緒子):2010年15号 - 2010年17号、2011年4号 - 2011年6号
  • スキップ!〜やまびこ駅だより〜(しらかわきくの):2010年15号 - 2012年10号
  • ハッピー! ハッピー♪波間信子):2010年19号 - 2021年1月号[27]
  • 一丁目の心友たち(大久保ヒロミ):2010年21号 - 2011年8号
  • 子育てたんたん 愛と妄想のヲタ育児日記(南国ばなな):2011年3号 -
  • どこまで行けるかな?(藤末さくら):2011年4号 - 2012年2号
  • 生徒諸君! 最終章・旅立ち庄司陽子):2011年8号 - 2019年4月号[28]
  • 住職系女子 諸行無常の坊さんガール(竹内七生):2011年9号 - 2015年6号
  • 明治緋色綺譚(リカチ):2011年10号 - 2014年13号、番外編2014年14号
  • アイスクリン強し(原作:畠中恵、漫画:宇野ジニア):2011年15号 - 2012年4号
  • 最果てアーケード(原作:小川洋子、漫画:有永イネ):2011年15号 - 2012年3号
  • 箱庭ヘブン羽柴麻央):2011年16号 - 2013年16号
  • ロンリープラネット(売野機子):2011年16号 - 2011年21号
  • ヤンデカ(寄田みゆき):2011年17号 - 2012年11号
  • 放課後カルテ(日生マユ):2011年18号 - 2018年11号 ※月1連載
  • エア彼(大久保ヒロミ):2012年1号 - 21号
  • 春夏秋冬Days藤末さくら):2012年8号 - 2014年11号
  • おたおたアメリカーナ〜ゼロからのアメリカ留学〜(真井まあの):2012年10号 -
  • かみのすまうところ。(有永イネ):2012年15号 - 2013年23号
  • ナビガトリア(アサダニッキ):2012年15号 - 2014年19号
  • ヒヤマケンタロウの妊娠(坂井恵理):2012年17号 - 2012年23号
  • まりもライフ(しらかわきくの):2012年22号 -
  • おんなのいえ(鳥飼茜):2013年2号 - 2016年18号[30]
  • 記憶博物館 memento(飛鳥あると):2013年3号 -
  • 修羅のドレス寄田みゆき):2013年5号 - 2014年5号
  • SUPER G(深見じゅん):2013年8号 - 2015年1号
  • 赤ちゃんのホスト丘上あい):2013年9号 - 2016年16号[31]
  • ケモノみち(山浦サク):2013年10号 - 2014年13号
  • ゆるゆるデトックス太極拳(瀬川麻里):2013年11号 - 2014年2号
  • ハロー姉妹(南国ばなな):2013年16号 - 2015年20号
  • たそがれたかこ入江喜和):2013年17号 - 2017年11号
  • あさめしまえ(北駒生):2013年18号 - 2015年16号 ※「あさめしまえ おかわり!」を2018年18号に掲載
  • 人は見た目が100パーセント大久保ヒロミ):2014年1号 - 2015年23号、2017年7号 - 2017年12号
  • あとかたの街(おざわゆき):2014年2号 - 2015年18号
  • 箱の中のいつかの海(鈴木有布子):2014年3号 - 2014年7号
  • ガール・ミーツ・オールドボーイ(如月園):2014年6号 - 2014年8号
  • すくってごらん(大谷紀子):2014年10号 - 2015年2号
  • おかあさんとごいっしょ(逢坂みえこ):2014年12号読み切り、2014年16号 - 2015年5号
  • うちのセンセイ(花塚由):2014年15号 - 2015年24号
  • 明治メランコリア(リカチ):2014年17号 - 2017年9号

2010年代後半開始

[編集]

2020年代開始

[編集]
  • 人事のカラスは手に負えない(大谷紀子):2020年3月号[37] - 2021年9月号
  • いま「余生」って言いました?(アキヤマ香):2020年5月号[43]、2020年12月号[43] - 2023年3月号 ※読み切りから連載化[43]
  • 暴力亭主から逃れる10の方法(斎藤かよこ):2020年7月号 - 2021年2月号
  • されど愛しきお妻様(原作:鈴木大介、漫画:上田美和):2020年8月号[44] - 2021年3月号
  • 恋じゃないなら名前をつけて(篠丸のどか):2020年9月号[45] - 2022年5月号
  • 運命の皇帝(原作:貴嶋啓、漫画:望月桜、キャラクターデザイン原案:くまの柚子):2021年4月号 - 2022年4月号
  • やめちまえ!PTAって言ってたら会長になった件(斎藤かよこ):2021年4月号 - 2022年3月号
  • なないろ探訪記(日生マユ):2021年6月号[41] - 2023年7月号
  • 西園寺さんは家事をしないひうらさとる):2021年10月号[46] - 2024年7月号[21]
  • 東大くんと元ギャルさん〜格差婚ロワイヤル〜(あいだ夏波):2021年10月号[46] - 2023年5月号→『Palcy』[47]
  • このご縁、迷惑です(なつみ理奈):2022年6月号[48] - 2022年8月号
  • パルファム(原作:有沢ゆう希、漫画:加藤羽入):2022年6月号[48]→連載終了[49]
  • 花嫁のれん(原作:小松江里子、漫画:岡峯有衣子):2022年9月号[50] - 2023年7月号
  • たちつて東大(斎藤かよこ):2022年10月号[35] - 2023年9月号
  • 転生勇者は女子高生!?〜魔王の溺愛に困ってます〜(阿仁谷ユイジ):2022年12月号[13] - 2023年3月号→『Palcy[51]
  • 私たちが目を澄ますとき、(詠里):2023年9月号 - 2023年11月号 ※短期集中連載[52]

開始時期不明

[編集]

WEB

[編集]
  • 妊娠17ヵ月(坂井恵理):2013年11月 - 2014年7月

姉妹誌連載作品

[編集]

BE・LOVEパフェ

[編集]
  • お姑さまといわれても(西尚美):1999年9月号 - 2003年6月号
  • 女主人のランチタイム(森谷幸子):1999年4月号 - 2002年10月号
  • ふつつかすぎる嫁ですが(若林美樹):1996年11月号 - 1998年10月号
  • ちょっと美人ドクター?(若林美樹):2001年3月号 - 2003年6月号→『BE・LOVE』
  • アザミノーゼトライアングル(庄司陽子):2002年3月号 - 2003年2月号

姉妹誌・増刊誌

[編集]
  • BE・LOVEペア
1983年、『BE・LOVE』の増刊『び〜らぶペア』として創刊。読切作品を中心に掲載。後に月刊(前月8日発売)となる。1993年11月8日発売の12月号を最後に休刊。
  • BE・LOVEパフェ
月刊。毎月26日発売。1987年創刊[55]2003年4月26日発売の6月号を最後に休刊。その後、増刊号として刊行された。
  • BE・LOVEナイトメア
『BE・LOVEペア』の特別増刊として1990年に創刊[56]。1991年に休刊。
  • BE・LOVEブライダル
  • BE・LOVE ミステリー
1989年創刊、1992年休刊[57]
  • BE・LOVEパイン
1990年創刊、1992年休刊[58]

コミックスレーベル

[編集]

創刊当初は母体誌のレーベルであるヤングレディKC(YLKC)に収録され、独立創刊後1990年代初頭までは独自レーベルであるBE・LOVE KC(BLKC)を発行。いずれもB6判であった。

現在は新書判コミックスを発行。KC BLと表記。正式な表記は講談社コミックス BE LOVEであるものの、妹雑誌であるKCなかよしKCフレンドと似たデザインを採用されていた。単行本によって、特徴的な二段組みKとCが上下に間に掲載誌の名前で入っているものの、文字のみの作品も存在する。

関連人物

[編集]

発行部数

[編集]
  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、206,875部[59]
  • 2004年9月 - 2005年8月、203,750部[59]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、199,292部[59]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、194,333部[59]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、185,667部[59]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、173,125部[59]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、153,792部[59]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、137,044部[59]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、125,632部[59]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、120,405部[59]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、115,850部[59]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、108,566部[59]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、102,646部[59]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、92,872部[59]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日、84,007部[59]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日、70,931部[59]
  • 2019年10月1日 - 2020年9月30日、55,858部[59]
  • 2020年10月1日 - 2021年9月30日、48,750部[59]
  • 2021年10月1日 - 2022年9月30日、41,023部[59]
  • 2022年10月1日 - 2023年9月30日、37,367部[59]

脚注

[編集]
  1. ^ a b BE・LOVE|講談社AD STATION 講談社
  2. ^ a b “ラブコメ、部活、吸血鬼…28人の編集者がバラエティ豊富な作品をピック!”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年1月28日). https://natalie.mu/comic/column/508501/page/2 2023年1月28日閲覧。 
  3. ^ 女性コミックの紹介 (2006年時点のキャッシュ) 講談社
  4. ^ BE・LOVE月刊化スタート!記念号は「ちはやふる」一挙2話掲載!!”. BE・LOVE (2018年12月25日). 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ BE・LOVE 2022年2月号”. BE・LOVE. 講談社. 2021年12月28日閲覧。
  6. ^ 宇都宮滋一『「ダメ!」と言われてメガヒット―名作マンガの知られざる制作現場』東邦出版、2003年、264頁。ISBN 4-8094-0346-7 
  7. ^ “マンガ誌編集長が選ぶ、2020年のイチオシ作品”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月5日). https://natalie.mu/comic/column/416418 2021年5月8日閲覧。 
  8. ^ a b c ナッキーが旅立ってから数年後を描く「生徒諸君! Kids」がBE・LOVEで開始”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年7月1日). 2024年7月2日閲覧。
  9. ^ a b c 宿命を背負った少女を描くファンタジー、リカチの新連載「星降る王国のニナ」”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年10月1日). 2024年7月2日閲覧。
  10. ^ 出戻り女×マウント男×訳アリ幼女、BE・LOVE新連載「この恋、茶番につき!?」”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年10月1日). 2024年7月2日閲覧。
  11. ^ 「傘寿まり子」おざわゆきの新連載がBE・LOVEで開始、女子2人のお店経営物語”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年12月28日). 2024年7月1日閲覧。
  12. ^ a b c 「私たちはどうかしている」“新婚編”開始、五十嵐大介が読み切りでBE・LOVE初登場”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年12月1日). 2024年7月1日閲覧。
  13. ^ a b 「ちはやふる」花野菫が主人公の番外編がBE・LOVEに、斉藤倫&阿仁谷ユイジは新連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年11月1日). 2024年7月1日閲覧。
  14. ^ a b “男女逆転吉原”を描く転生ラブコメ、鶴ゆみかの新連載がBE・LOVEでスタート”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年2月1日). 2024年7月1日閲覧。
  15. ^ a b 「ゆりあ先生の赤い糸」入江喜和の新連載、下町オバちゃん冒険譚「みっしょん!!」”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年5月1日). 2024年7月1日閲覧。
  16. ^ a b 愛されたがりJK×殺し屋、マッチングアプリを巡るサスペンス BE・LOVEでW新連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年6月1日). 2024年5月31日閲覧。
  17. ^ BELOVE編集部◇講談社 2023年8月7日のポスト2023年12月1日閲覧。
  18. ^ BELOVE編集部◇講談社 2023年9月29日のポスト2023年12月1日閲覧。
  19. ^ 「ちはやふる」続編がBE・LOVEで始動、ひたむきにかるたと向き合う高校生男子”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年12月1日). 2024年5月31日閲覧。
  20. ^ 俺の食い物は嫁の命だ、和風ファンタジー婚姻譚「嫁食い」がBE・LOVEで連載開始”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年5月1日). 2024年5月1日閲覧。
  21. ^ a b 『BE・LOVE』2024年7月号、講談社、2024年5月31日。 表紙より。
  22. ^ 『BE・LOVE』2024年8月号、講談社、2024年7月1日。 表紙より。
  23. ^ 庄司陽子「Let's 豪徳寺!」新シリーズ開幕、女の城・豪徳寺家の新たな歴史紡ぐ”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年2月1日). 2024年7月2日閲覧。
  24. ^ 『Let's豪徳寺!(1)』(庄司 陽子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年7月2日閲覧。
  25. ^ 『ふくふくふにゃ~ん いの巻』(こなみ かなた)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年6月21日閲覧。 “著者紹介:1988年『ふくふくふにゃ~ん』連載開始”
  26. ^ 末次由紀「ちはやふる」約15年の連載に幕、競技かるたをめぐる青春マンガの金字塔”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年8月1日). 2024年7月1日閲覧。
  27. ^ 波間信子の盲導犬マンガ「ハッピー!ハッピー♪」がBE・LOVEで完結、25年の連載に幕”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年12月1日). 2024年7月1日閲覧。
  28. ^ a b あしかけ24年の長寿作品、庄司陽子「生徒諸君!」完結!7月から新プロジェクトも”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年3月1日). 2024年7月2日閲覧。
  29. ^ a b PEACH-PITが清少納言を描く新連載がBE・LOVEで、「ヒヤマケンタロウの妊娠」続編も”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年8月1日). 2024年7月2日閲覧。
  30. ^ BE・LOVEで丘上あいが描く猫×ご近所ドラマ開幕、「おんなのいえ」は最終回”. コミックナタリー (2016年9月1日). 2016年9月1日閲覧。
  31. ^ 丘上あいの認可外保育園物語「赤ちゃんのホスト」が完結”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年8月1日). 2016年12月21日閲覧。
  32. ^ 『BE・LOVE』2024年5月号、講談社、2024年4月1日。 表紙より。
  33. ^ 80歳のヒロイン描く「傘寿まり子」がBE・LOVEで完結、おざわゆきのトークイベントも”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年6月1日). 2024年7月2日閲覧。
  34. ^ a b 「ライフ」のすえのぶけいこがタワマン舞台にママ友のバトル描く「おちたらおわり」”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年6月1日). 2024年7月2日閲覧。
  35. ^ a b 『BE・LOVE』2022年10月号、講談社、2024年9月1日。 表紙より。
  36. ^ a b c おじさんたちの純愛ストーリー「おっさんずラブ」コミカライズがBE・LOVEで始動”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年11月1日). 2024年7月2日閲覧。
  37. ^ a b 人事部を舞台にした世直し物語、BE・LOVE新連載「人事のカラスは手に負えない」”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年2月1日). 2024年7月2日閲覧。
  38. ^ モリエサトシが描く男と女のサスペンス「私の正しいお兄ちゃん」BE・LOVEで”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年11月15日). 2024年7月2日閲覧。
  39. ^ a b 『ほぼねこ 〜私のお母さんには肉球がある〜』(三津 キヨ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年7月2日閲覧。
  40. ^ a b c 庄司陽子・杜野亜希・斉藤倫の新連載がBE・LOVEで始動、次号はすえのぶけいこも”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年5月1日). 2024年7月2日閲覧。
  41. ^ a b 「放課後カルテ」日生マユの新連載、生き物が好きな男子大学生のヒューマンドラマ”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年5月1日). 2024年7月2日閲覧。
  42. ^ 『BE・LOVE』2024年6月号、講談社、2024年5月1日。 表紙より。
  43. ^ a b c アラフォーシンママが恋をするアキヤマ香の新連載「いま『余生』って言いました?」”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年10月30日). 2024年7月2日閲覧。
  44. ^ 脳梗塞で倒れた夫と発達障害の妻を描くコミカライズがBE・LOVEで、作画は上田美和”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年7月1日). 2024年7月2日閲覧。
  45. ^ 34歳バリキャリOLが人生を再スタート、篠丸のどかの新連載がBE・LOVEで始動”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年7月30日). 2024年7月2日閲覧。
  46. ^ a b 「ホタルノヒカリ」ひうらさとる&「スイッチガール!!」あいだ夏波の新連載がBE・LOVEで”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年9月1日). 2024年7月1日閲覧。
  47. ^ 「東大くんと元ギャルさん〜格差婚ロワイヤル〜 第19話」『BE・LOVE』2023年5月号、講談社、2023年4月1日、477頁、ASIN B0BYPJNBHD 
  48. ^ a b 『BE・LOVE』2022年6月号、講談社、2024年4月30日。 表紙より。
  49. ^ BELOVE編集部◇講談社 2022年8月1日のツイート2022年8月1日閲覧。
  50. ^ 『BE・LOVE』2022年9月号、講談社、2024年8月1日。 表紙より。
  51. ^ 「転生勇者は女子高生!?〜魔王の溺愛に困ってます〜」『BE・LOVE』2023年3月号、講談社、2023年2月1日、586頁、ASIN B0BSLW12J3 
  52. ^ BELOVE編集部◇講談社 2023年8月1日のツイート2023年8月1日閲覧。
  53. ^ 『桜桃物語(4)』(立原 あゆみ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年7月2日閲覧。
  54. ^ 『チークレット らぶ(1)』(小橋 もと子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年7月2日閲覧。
  55. ^ Be・loveパフェ 国立国会図書館
  56. ^ Be・loveナイトメア : ビー・ラブナイトメア 国立国会図書館
  57. ^ Be・loveミステリー : ビー・ラブミステリー 国立国会図書館
  58. ^ Be・loveパイン 国立国会図書館
  59. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり平均部数。

外部リンク

[編集]