ピーチガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーチガール
漫画:ピーチガール
作者 上田美和
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 講談社コミックスフレンドB
発表号 1997年10月号 - 2004年1月号
巻数 全18巻
その他 第23回講談社漫画賞少女部門(1999年
漫画:裏ピーチガール
作者 上田美和
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 講談社コミックスフレンドB
発表号 2004年10月号 - 2005年6月号
巻数 既刊3巻
話数 既刊9話
アニメ
監督 石踊宏
シリーズ構成 ときたひろこ
キャラクターデザイン 小原充
音楽 宅見将典
アニメーション制作 スタジオコメット
製作 テレビ東京マーベラスエンターテイメント
放送局 テレビ東京系
放送期間 2005年1月8日 - 6月25日
話数 全25話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ピーチガール』は、上田美和による日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビドラマテレビアニメ、実写映画。

概要[編集]

原作となる漫画版は、講談社別冊フレンド』1997年10月号から2004年1月号まで連載。単行本は講談社コミックスフレンドBから全18巻が発売され、総発行部数は1400万部を超えている。1999年には第23回講談社漫画賞で少女部門賞を受賞している。連載の終了後、『別冊フレンド』2004年10月号からスピンオフ作品の『裏ピーチガール』の連載がスタートしたが、こちらは2005年6月号掲載分をもって休載している。2016年から、『BE-LOVE』にて『ピーチガールNEXT』の連載がスタートした。

2001年にはこの作品を原作とするテレビドラマ『蜜桃女孩 〜Peach Girl〜』(邦題:ピーチガール 〜蜜桃女孩〜)が台湾で制作・放送され、日本でも2006年に放送された。また、2005年にはテレビアニメが日本国内で制作され、2005年1月8日から6月25日までテレビ東京ほかテレビ東京系列局で放送された。

2016年3月に、実写映画化が発表された[1]。2017年5月20日公開。

登場人物[編集]

主人公[編集]

安達もも(あだち もも)
見た目はガングロコギャルだが、実は純粋でマジメな女子高生。黒い肌に塩素で傷んだ赤い髪のせいでこう見えてしまい、見た目で損をしている。とーじのために色白女を目指していた。
昔は水泳部に所属していた。そのため、トラブルもあったが水泳大会では優勝した。
とーじとの破局、カイリとの交際→破局やさえと涼のトラブル等、紆余曲折を経てカイリと両思いに。
2016年から連載スタートした、「NEXT」では27歳。ダイビングショップに就職し、ダイビングインストラクターとして働いている。現在は、カイリと結婚前提の同棲中。幸せな日々を送っていたが、突然さえととーじが隣りに引っ越してきて驚くと同時に頭を痛めている。また、妻を失い我が子を妻の両親に奪われ、親子の仲を引き裂かれている彼に同情してしまっている。

主人公の天敵[編集]

柏木紗絵(かしわぎ さえ)
ももとは対照的に、色白・華奢で小柄な女子高生。男ウケする顔立ちとブリッ子みたいな演技を駆使し、友達から男を奪ってモノにしていた。しかし、それが仇となり女友達は0人。さえの本性を知らずにいたももに近づき、恋の邪魔者と化す小悪魔に。とーじを脅してももから奪うが、浬の兄・涼に一目ぼれしてしまい、「涼様」と呼び猛アタック。
涼のために援交詐欺まで働くようになるが、涼が操先生を好きだと知り激怒。デート現場に乗り込み、涼を罵倒し「あたし妊娠してるの。責任とって。」と爆弾発言。その挙句、操先生を襲撃しようとした。
「(裏)」では、高校を留年している事が明かされた[注 1]。彼女がエピソードの中心になっている。
「NEXT」では、舞台女優をしている事が明らかに。突然、とーじと共にもも達の隣の家に引っ越して来て、2人の様子を探っている。最新話では、ももとカイリの仲を引き裂くためカイリに横恋慕する彼の経営する蕎麦屋の女性店員・あやめを騙して味方にし、ももに変装させて酔いつぶれたカイリと一夜[注 2]を共にさせた。性病に罹っている[注 3]とカイリを罠に嵌めたことがバレても2人の仲を壊そうと執念を燃やし、とーじに嫌われるのを恐れてスマホを渡すも「何も対策をしていないくせに!」と鋭く指摘する。
次第にとーじを本気で好きになり、抱擁しているところを突然現れたとーじの亡き妻の両親(後述)に目撃されてしまう。彼らが一方的にとーじを責め、会わせる為に連れて来た孫を連れて帰ろうとした姑に怒りを爆発。「待ちなさいよ強欲ババア」と咎める。自身と亡き妻の両親の諍いを目の当たりにして、いたたまれなくなったとーじが家を出て行ってしまい、泣き崩れる。
後日、ももに「あちらの親と会ってくる」と告げた。

主人公の恋人[編集]

岡安浬(おかやす かいり)
背高なイケメン、スタイル抜群の3拍子を誇るモテ男。通称は「カイリ」。女性に対しては優しく接しているだけでなく、はっきりと鼻の下を長くするだらしない面もある。見た目何の悩みもなく生きているようだが、幼少から優秀な兄に対しコンプレックスを抱き、荒んだ中学校生活を送っていた。
ももがとーじと別れた後に付き合い始めた。その後一度別れるが、また付き合うことになる。夏休みまでは保健の安芸操先生が好きだった。
「NEXT」では、前作で培ったそば打ちの腕を生かし、蕎麦屋の店長をしている。現在、ももとは結婚前提の同棲中。だが、隣りにさえととーじが引っ越して来た事で、とーじとももが再び接近する事にヤキモチをやいている。
最新話で、さえの策略にはまり飲み会で酔いつぶれ、出席していた店員の女性あやめ[注 4]をももと勘違いし、ベッドを共にしてしまう。しかし、何もしていない。
のちに事の真相を知り、さえにキツイ仕返しをした。
東寺ヶ森 一矢(とうじがもり かずや)
ももの中学時代からの同級生。通称は「とーじ」。性格は硬派で、中学の頃は野球部に所属して日夜野球漬けの日々を送り、女子とは無縁の生活を送ってきた。その頃からもものことが好きだったが、告白できずにいた。やっと告白して付き合っていたが、「ジゴローとももの2ショットの写真をばら撒く」とさえに脅され、別れた。
「NEXT」では、さえと一緒にもも達の家の隣に引っ越してきた。結婚していたが、最新話で過去に事故に遭い身重の妻を亡くし、産まれた子供を妻の実家に取り上げられた事が判明[注 5]。2人の様子を伺うさえに、首を突っ込まないよう釘を刺している。
ももに対し、「すべてを無くした」と述懐していた。
最新話では、さえと抱擁しているところを亡き妻の両親(後述)から目撃され、彼らが連れて来た我が子から懐かれない事で、現実を突きつけられ罵倒される。だが、さえが自身をかばって両親(主に姑)と言い争うのを目の当たりにしていたたまれなくなり、さえの家を出て元住んでいたアパートへ帰って行った。

主要人物の関係者[編集]

大路吾郎(おおじ ごろう)
ハンサムで優しい売れっ子モデル。通称は「ジゴロー」。元気の無いさえを好きになり、スーパーカーで送迎したり高価な品物を買い与えたりするが、あっさり振られる。しかし、さえのことが忘れられずに会いに行くと、付き合いたければももと一晩過ごせと言われた。その通りに実行するが、最後まで達成することはできなかった。さえが脅迫したこととはいえ、自身の存在が原因でももととーじを引き裂く結果になった。
岡安涼(おかやす りょう)
浬の兄。ゲームデザイン会社に勤めているが、その一方でリマッセ・モーカという会社で高額な化粧品の販売などをする、いわゆるネズミ講の幹部でもある。幼い頃から頭が良く優秀で、浬のコンプレックスの元になっていた。また、浬の彼女を奪っていた。
安芸操とは大学時代から親交があり、操に片思いしていた。操に告白されて両想いとなるが、さえへの対応の酷さが原因で操にフラレる。
安芸操(あき みさお)
ももたちの学校の保健室の先生。姉御肌でとても頼りになり、生徒たちから慕われている。涼とカイリの片思いの相手で、涼とは大学時代から親交がある。カイリが中学生の頃、涼に頼まれてカイリの家庭教師をしていた。
操自身は涼に片思いをしている。後に涼に告白して両想いであることが判明したが、さえへの冷酷な対応を見て涼に「二人の関係を壊すつもりじゃなかった」と告げてフッた。
あやめ
浬が経営する蕎麦店の従業員。「NEXT」から登場。浬に横恋慕していて、さえと共謀し浬と一夜を共にした[注 6]
のちに事の真相を知った、浬に叱られた。
一矢の亡き妻の両親
一矢の亡き妻の両親(舅・姑)。「NEXT」から登場。
一矢の交通事故で娘を喪い、彼女が命と引き換えに産んだ孫を一矢から取り上げた。
最新話で、突然一矢の前に現れさえとの抱擁を目撃。一方的に彼らを罵倒し、孫を連れて帰ろうとしてさえから咎められた。
東寺ヶ森 凪沙(とうじがもり なぎさ)
「NEXT」から回想シーンで登場。故人。
一矢とは社内恋愛で結婚した。妊娠したが、彼が起こした交通事故で命と引き換えに子供を産み、亡くなる。

テレビアニメ[編集]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ベビーローテンション」
作詞・作曲・歌 - meg rock
エンディングテーマ「あすなろ銀河」
作詞・作曲 - スキマスイッチ / 歌 - ソニン

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 ラブ・ハリケーン! ときたひろこ 石踊宏 石井邦幸
穐本ゆかり
2005年
1月8日
2 トラップ・キス! 江夏由結 福島一三 渕上真 増谷三郎 1月15日
3 ここまでやる!? スーパーさえ 丸尾みほ 小滝礼 石川敏浩 池下博紀 1月22日
4 清く正しい破局宣言 高橋ナツコ 古川政美 安部正己
阿部伸司
石川雅一
滝本陽子
1月29日
5 灼熱怒涛の水泳大会 吉田玲子 又野弘道 山崎展義 2月5日
6 激突! 恋のサドンデス ときたひろこ 江上潔 横田和善 平川亜喜雄 2月12日
7 つかのまのLOVEサイン 丸尾みほ 渕上真 増谷三郎 2月19日
8 ブラックガール 江夏由結 飯島正勝 石川敏浩 池下博紀 2月26日
9 純愛破壊工作 高橋ナツコ 小林一三 高橋滋春 阿部伸司
石川雅一
3月5日
10 ピーチクライシス 吉田玲子 日下部光雄 佐藤多恵子 3月12日
11 切なすぎる別れ ときたひろこ 又野弘道 山崎展義 3月19日
12 ももの花、咲いた? 丸尾みほ 江上潔 横田和善 平川亜喜雄 3月26日
13 衝撃! 元カノ乱入!? 江夏由結 渕上真 増谷三郎 4月2日
14 嵐を呼ぶ男 小滝礼 石川敏浩 渋谷一彦 4月9日
15 本命は誰? 丸尾みほ 小林一三 高橋滋春 阿部伸司
石川雅一
4月16日
16 どん底の恋の行方 吉田玲子 日下部光雄 佐藤多恵子 4月23日
17 純愛一直線! ときたひろこ 又野弘道 山崎展義 4月30日
18 真夏の誘惑 高橋ナツコ 江上潔 横田和善 平川亜喜雄 5月7日
19 キモチのパズル 江夏由結 青柳宏宣 石田暢 増谷三郎 5月14日
20 嵐の一夜 ときたひろこ 中山正恵 石川敏浩 一川孝久 5月21日
21 恋の再燃注意報 丸尾みほ 高橋滋春 小原充 5月28日
22 脳内恋愛 柳瀬雄之 清水明 柳瀬雄之 6月4日
23 突きつけられた選択 ときたひろこ 又野弘道 山崎展義 6月11日
24 サヨナラの真実 江夏由結 江上潔 横田和善 平川亜喜雄 6月18日
25 ラスト・ハリケーン! 吉田玲子 石踊宏 小原充 6月25日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時
関東広域圏 テレビ東京 2005年1月8日 - 6月25日 土曜 7:00 - 7:30
大阪府 テレビ大阪
愛知県 テレビ愛知 2005年1月9日 - 6月25日 日曜 6:30 - 7:00(2005年3月まで)
土曜 7:00 - 7:30(2005年4月以降)
北海道 テレビ北海道 2005年1月9日 - 6月26日 日曜 7:00 - 7:30
福岡県 TVQ九州放送 2005年1月12日 - 6月29日 水曜 7:30 - 8:00
岡山県香川県 テレビせとうち 2005年1月15日 - 7月2日 土曜 6:15 - 6:45

テレビドラマ[編集]

ピーチガール
各種表記
繁体字 蜜桃女孩
簡体字 蜜桃女孩
拼音 Mìtáonŭhái
発音: ミータオニューハオ
テンプレートを表示

2001年に台湾中華電視公司で制作された台湾ドラマで、カイリ役に華流スターF4呉建豪を起用している。日本では2006年1月19日から5月11日までBS日テレで放送された。

出演[編集]

日本版役名 台湾版役名 俳優名
安達もも 小桃 呉辰君
(アニー・ウー)
岡安浬 阿浬 呉建豪
(ヴァネス・ウー、F4)
東寺ヶ森一矢
(通称:とーじ)
東寺 呉克群
(ケンジ・ウー)
柏木さえ 紗繒 顧安茹
(ミッシェル・グー)
大路吾郎
(通称:ジゴロー)
路吾郎 周群達
(ダンカン・チョウ)
3G・OD
(スリーゴッド)
OD 歐定興
(オウ・ディンシン)
3G・佑也 佑佑 兪佑昇
3G・明 小明 莊昭明
典子 小婷 劉甯婷
千夏 小芝 陳若芝
恵美 小君 鐘嘉玲
安芸操 陳孝萱
(チェン・シャオシュエン)

スタッフ[編集]

  • 原作 - 上田美和
  • 総合プロデューサー - 柴智屏(アンジー・チャイ)、馮家瑞、呉志強
  • 監督 - 鄭徳華、柯欽正
  • 脚本 - 柴智屏(アンジー・チャイ)、毛訓容

主題歌[編集]

オープニングテーマ「愛するのは君 / 愛的就是你
歌 - 王力宏(ワン・リーホン)
エンディングテーマ「愛の過ち / 愛錯」
歌 - 王力宏(ワン・リーホン)

エピソードリスト[編集]

全17話。

各話 サブタイトル 放送日
第1話 再会 2006年1月19日
第2話 告白 2006年1月26日
第3話 通じた想い 2006年2月2日
第4話 深まる溝 2006年2月9日
第5話 秘密の病室 2006年2月16日
第6話 悲しい別れ 2006年2月23日
第7話 トラウマ 2006年3月2日
第8話 復活 2006年3月9日
第9話 誕生日の悲劇 2006年3月16日
第10話 2006年3月23日
第11話 取引き 2006年3月30日
第12話 悲しい演技 2006年4月6日
第13話 ももの花 2006年4月13日
第14話 突然の侵入者 2006年4月20日
第15話 本当の強さ 2006年4月27日
第16話 最後の賭け 2006年5月4日
第17話 噂を本当に… 2006年5月11日

DVD[編集]

  • ピーチガール 〜蜜桃女孩〜 DVD-BOX (2006年10月6日発売、販売元 - エスピーオー

映画[編集]

ピーチガール
PEACH GIRL
監督 神徳幸治
脚本 山岡潤平
原作 上田美和『ピーチガール』
製作 新垣弘隆
石塚清和
製作総指揮 大角正
武田功
出演者 山本美月
伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)
真剣佑
永野芽郁
本仮屋ユイカ
水上剣星
升毅
菊池桃子
音楽 蔦谷好位置agehasprings
主題歌 カーリー・レイ・ジェプセンコール・ミー・メイビー
撮影 小松高志
編集 下田悠
制作会社 ファインエンターテイメント
製作会社 「ピーチガール」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗2017年5月20日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ピーチガール』のタイトルで、2017年5月20日に公開[2]。監督は神徳幸治伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)と山本美月のダブル主演で、伊野尾は本作が映画初出演で初主演となる[1]

キャスト (映画)[編集]

スタッフ (映画)[編集]

その他[編集]

アバターガチャ[編集]

2013年よりMobageYahoo!モバゲーにアバター衣装用のコインガチャが登場した。

ムービーコミック[編集]

2013年に「UULA」にて、原作漫画をコマごとに分け、セリフや効果音を加えたムービーコミック『UULAマンガ』が配信されている。
スタッフ
  • 原作:上田美和
  • 企画:柳崎芳夫
  • プロデューサー:龍貴大、平木美和
  • アシスタントプロデュサー:野沢裕太
  • 演出:徐孝程
  • 映像効果:小垣貴裕
  • 音響効果:杉田殻、山下祐司
  • 協力:講談社「別冊フレンド」編集部
  • 制作協力:アックス
  • 編成:鈴木くみ子
  • サイト編集:田中勇丞、坂本麻子
  • 宣伝:星野拡、岡本郁実
  • 制作:東通
  • 製作;UULA
キャスト
主題歌
  • Drothy Little Happy『set yourself free』

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ さえいわく「ダブりの女子高生」。
  2. ^ ただ、一緒にベッドで寝ただけで何もなし。
  3. ^ 知人の医師とも共謀していた。
  4. ^ さえがももとカイリを引き裂くため、彼に横恋慕する彼女を味方に引き入れた。
  5. ^ 左手薬指に、指輪をはめている事から、カイリは「さえちゃんととーじが不倫してるんじゃないか」と話していた。
  6. ^ ただし、一緒に寝ただけでなにもしていない。

出典[編集]

  1. ^ a b 山本美月とHey! Say! JUMP伊野尾慧がW主演、「ピーチガール」実写映画化”. 映画ナタリー (2016年3月29日). 2016年3月29日閲覧。
  2. ^ “山本美月×伊野尾慧W主演「ピーチガール」特報解禁、壁ドンならぬ“木ドン”炸裂”. 映画ナタリー. (2016年10月28日). http://natalie.mu/eiga/news/207127 2016年10月28日閲覧。 
  3. ^ “真剣佑「ピーチガール」にとーじ役で出演、山本美月&伊野尾慧と三角関係繰り広げる”. 映画ナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/eiga/news/192545 2016年6月29日閲覧。 
  4. ^ “永野芽郁、30cmバッサリカット 山本美月×Hey! Say! JUMP伊野尾慧「ピーチガール」に抜擢”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年4月24日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1580047 2017年2月13日閲覧。 
  5. ^ a b c d “「ピーチガール」もも&とーじが制服デート!? 追加キャストも発表”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年2月13日). http://eiga.com/news/20170213/4/ 2017年2月13日閲覧。 
  6. ^ “山本美月×伊野尾慧の映画「ピーチガール」音楽は蔦谷好位置”. 音楽ナタリー. (2016年10月25日). http://natalie.mu/music/news/206720 2016年10月25日閲覧。 
  7. ^ “山本美月×伊野尾慧「ピーチガール」主題歌はカーリー・レイ・ジェプセン!”. 映画.com. (2017年1月27日). http://eiga.com/news/20170127/12/ 2017年1月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 土曜7:00枠
前番組 番組名 次番組
アークエとガッチンポー
【金曜18:00枠に移動】
ピーチガール