阿貴的家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿貴的家族』(アークエ・ファミリー、: 阿貴、: A-kuei)は、インターネット上で公開された台湾発のFlashアニメ作品。

概要[編集]

独特の、シュールでちょっと下品な笑いを提供するのが特徴。不条理ギャグ的な面も強く見られる。

日本においては2度テレビアニメが放送されている。

1回目はフジテレビ系で2001年10月9日から2002年9月17日までで放送された『阿貴的家族 アークエ・ファミリー全員集合!!』(アークエ・ファミリーぜんいんしゅうごう)と、2002年10月8日から2003年3月18日まで放送された第2期の『超阿貴的家族 爆笑一家再襲来!』(スーパーアークエ・ファミリー ばくしょういっかさいしゅうらい)。台湾のスプリングハウスで制作された作品を日本版独自のジョークなどを盛り込ませながら吹き替えしたものである。

2回目は『アークエとガッチンポー』と題したもので、テレビ東京系で2004年10月2日から同年12月25日まで放送され、続けて第2期の『アークエとガッチンポー てんこもり』が2005年1月7日から同年3月25日まで放送された。アニメーション部分のみスプリングハウスが担当し、エピソードのシナリオ構成やアフレコは日本(アニプレックス)側によって行われているため、日台合作作品となっている。

『―てんこもり』では、有名声優が演じる単発のゲストキャラクターが毎回登場することが「お約束」となり、アニプレックスの公式サイト内の最新情報ページでの次回放送告知(文章)では「あの○○(アニメのキャラクター名など)で有名な△△さんが登場」との記述とアフレコ時の写真が掲載されている。

『ガッチンポー』放送終了後の2005年ゴールデンウィークには『アークエとガッチンポー THE MOVIE チェルシーの逆襲 / アークエと魔法のハンマー』(アークエとガッチンポー ザ・ムービー チェルシーのぎゃくしゅう アークエとまほうのハンマー)のタイトルでミニシアター映画化されている。

『ガッチンポー』のプロデューサー鎌形英一は、「植田益朗の『子供達が学校のトイレでうんこができないのはおかしい』という考えから発展してできたアニメ」と語っている(『榎本温子と木谷高明のサタデーナイト・メインイベント』第9回より)。『ガッチンポー』のタイトル(作品名)には「チンポ」が含まれているが、作中でのチンポネタはほぼ無いに等しく、下品なネタというとうんこやそれに関連するトイレなどのものが殆どである。

あらすじ[編集]

阿貴的家族(フジテレビ版)[編集]

好奇心旺盛な男の子、アークエ。そんな彼の周りで、無邪気で憎めないキャラクターたちが繰り広げる物語。

アークエとガッチンポー[編集]

東京に住むタケシは、授業中に腹痛に見舞われ、学校トイレに駆け込む。を足して水を流すと、なぜか自分も便器の中に吸い込まれてしまう。下水管を抜けた先にあったのは、「アンダーウォーターワールド」と呼ばれる世界で、そこで出会った少女・ジャスミンに、半ば強引に世界平和を守る組織「U.N.C.O.」(ユー・エヌ・シー・オー)のメンバーにされてしまう。台湾のスプリングタウンに住む少年・アークエとともに、スプリングタウンで起こるシュールな地球破壊活動に立ち向かう。果たして悪の組織「PIPS」(パイプス)との戦いの結末はいかに……。

登場人物[編集]

U.N.C.O.[編集]

アークエ
- 芝原チヤコ(日本語版)
このアニメにおいて、必ず事件の舞台になる「スプリングタウン」に住む少年。「U.N.C.O.」のメンバーの1人で、地球破壊活動が行われると、彼の知らせによってジャスミンとタケシが呼ばれる。
タケシ
声 - 小林ゆう(日本語版)
東京に住む少年。半ば強引にU.N.C.O.のメンバーに引き込まれてからは、スプリングタウンで事件が起こる度に腹痛に悩まされることになる。
ジャスミン
声 - 新井里美(日本語版)
スプリングタウンを守るU.N.C.O.の中ではリーダー的存在の女性隊員(エージェント)。タケシを無理矢理U.N.C.O.に引き込んだのも彼女。ちょっとわがままなところがある。
プリプリクラゲ
声 - SE新井里美(日本語版)
謎のクラゲ。アンダーウォーターワールドに生息。U.N.C.O.メンバー1人につき1匹の所持がされており、主に攻撃用に使われる。どうみても「ピンクうんこ」である。

アークエの家族[編集]

アーティー
声 - 池田千草(日本語版)
アークエの弟。四六時中お漏らしばかりしている。
ママ
声 - 津々見沙月(日本語版)
アークエの母。値引きのためならたとえ相手が何であろうと一歩も退かない。
シュウメイ
声 - 釘宮理恵(日本語版)
アークエの妹。台湾式の陰陽師。何度か家出し、(一方的に)弟子入りしたり、倒そうとしたりと大魔王を振り回している。
アーマ
声 - あきやまるな(日本語版)
アークエの祖母。趣味は多岐に渡り、とても老人とは思えない。
ダートゥー
声 - 坂口候一(日本語版)
アークエのペットの犬。喋ることができるが、家族の前では隠し通そうとしている。しかし、アークエら子供にはばれてしまっている。

アークエのクラスメイト及び担任[編集]

イエンズ
声 - 園崎未恵(日本語版)
家が財産家で、何かとアークエに絡んでくる少女。ブランドものにはうるさい。
シャオファン
声 - 高乃麗(フジテレビ版)→青山桐子(テレビ東京版)(日本語版)
アークエに恋する少女なのだが、かなりの恥ずかしがり屋で告白できていない。
モンジャン
声 - 神代知衣(日本語版)
天下統一を夢見て剣の修行に勤しんでいる少年。
ジェンパオ
声 - 宮田幸季(フジテレビ版)→阪口大助(テレビ東京版)(日本語版)
モンジャンの手下的存在の少年。
リー先生(リーせんせい)
声 - 松倉佐智子(フジテレビ版)→山崎依里奈(テレビ東京版)(日本語版)
アークエのクラスの担当教師。女性。運命の人を探し続けているが、そのためにとる行動の異常さに誰も近寄ってこない。

PIPS[編集]

首領(しゅりょう)
声 - 喰始(日本語版)
PIPSのトップ。世界征服を目指すも、失敗続きの部下達とこれまた弱い自分自身のためどうにも上手く事が進まない。
チェルシー
声 - インリン・オブ・ジョイトイ(日本語版)
PIPS首領の娘。5歳。

その他[編集]

ぶどうキング
声 - 坂口候一(日本語版)
ブドウのような髪型が特徴のタクシードライバー。何事にかけても運が悪く、常に損な立場に置かれている。
大魔王(だいまおう)
声 - 長島雄一(日本語版)
大魔王ながらも、何の魔王なのか今一分からないよくわからない人物。何かと苦労が耐えず、特にシュウメイには振り回されてばかりである。
シロ / クロ
声 - 園崎未恵(シロ)、神代知衣(クロ)(日本語版)
アーマの魂を奪おうとやってくるも、結局実行に移せていない死神達。
ブン
声 - 坂口候一(日本語版)
アークエのママの親友。オカマ口調である。
先生(せんせい)
声 - 下山吉光(日本語版)
タケシの学校の先生。
ジャスミンのママ
声 - 荒木香恵(日本語版)
ジャスミンの母。声だけでの登場。

ゲストキャラクター[編集]

シャオラン
声 - 川田妙子(日本語版)
泣き虫の幽霊。
ギャング兄(ギャングあに)
声 - 梅津秀行(日本語版)
ギャング弟(ギャングおとうと)
声 - 中村大樹(日本語版)
占い師(うらないし)
声 - 宇垣秀成(日本語版)
自転車親分(じてんしゃおやぶん)
声 - くじら(日本語版)
神父(しんぷ)
声 - 緒方賢一(日本語版)
ボットンギドラス
声 - 千葉繁(日本語版)
サンタボス
声 - 神谷明(日本語版)
パイプス派遣の色男(パイプスはけんのいろおとこ)
声 - 津久井教生(日本語版)
地球崩壊マン(ちきゅうほうかいマン)
声 - 高山みなみ(日本語版)
ケーキの精(ケーキのせい)
声 - TARAKO(日本語版)
宇宙人(うちゅうじん)
声 - 岩田光央(日本語版)
キャッシュディスペンサー
声 - 佐久間レイ(日本語版)
何かと世話焼きなキャッシュディスペンサー。アークエのママにタジタジ。
ビッグ・ベン / ゲーリー
声 - 成田剣(ビッグ・ベン)、山口勝平(ゲーリー)(日本語版)
U.N.C.O.に所属する音楽プロデュースユニット。その正体はLaugh and Peaceの廣田幸一と景山俊之である。PIPSのテーマソング制作を依頼され協力するもタケシらに見つかってしまう。
アオガエル師匠(アオガエルししょう)
声 - 成田剣(日本語版)
モンジャンの師匠。コーラにはまる。
ジャングル・ジャンボ・プリプリ
声 - 玄田哲章(日本語版)
タケシらが迷い込んだジャングルに住んでいた巨大なプリプリクラゲ。
校舎(こうしゃ)
声 - 八奈見乗児(日本語版)
アークエらが通う学校の校舎。
クリン
声 - 野沢雅子(日本語版)

用語[編集]

U.N.C.O.(ユー・エヌ・シー・オー)
Underground Network Connecting Organization(地下ネットワーク連絡組織)の略。平和な世界と清潔なトイレを守るべく結成された。歴史は長いが正確な発祥は不明とされる。日夜PIPSと戦っている。
PIPS(パイプス)
悪の組織。世界を支配しようとするが、その方法があまりに幼稚だったり、現実離れしていたりでどうにも上手くいっていない。
アンダーウォーターワールド
世界中のトイレを繋いでいるネットワーク。U.N.C.O.エージェントが多く潜伏している。
ガッチンポー
「友情の合言葉」であるが、それ以外にも様々な使い方をされる。

スタッフ[編集]

フジテレビ版
  • エグゼクティブプロデューサー - 張榮貴(ジャン・ルォングェイ)
  • Publisher: Mike Chang
  • Producer: Mike Chang
  • Production supervisor: Leo Lee
  • Script writer: Higashi Chen, Jasmine Ou
  • Sound Effects: Miluku Fung, Tai Cheng
  • Public Relations: Linda Wang, Lisa Chang
日本語版スタッフ
テレビ東京版
  • 原作 - Spring House Entertainment Inc.、Teamガッチンポー
  • 企画 - 竹内成和、張榮貴(ジャン・ルォングェイ)
  • 監督 - 真喜屋力
  • チーフライター - 浦沢義雄
  • アニメーション・ディレクターチーフ - Thomas Kao
  • アニメーション・ディレクター - 陳之任、Jason Chen、Josephine Chen
  • フラッシュアニメーションディレクター - Summer、Tao jean
  • プロダクションコーディネート - 工藤郁子、李西媛(リー・シーユェン)
  • 音響監督 - 小林克良
  • 選曲・効果 - 譲矢健志
  • 音響制作 - HALF H・P STUDIO、トリニティサウンド
  • 音楽 - 多田彰文
  • ビデオ編集 - HALF H・P STUDIO
  • キャスティングマネージャー - 鈴木弘子
  • プロデューサー - 東不可止植田益朗
  • アニメーション制作 - スプリングハウス・エンタテインメント、アニプレックス
  • 製作 - テレビ東京アニプレックス、スプリングハウス・エンタテインメント
各話スタッフ

主題歌[編集]

フジテレビ版
存在していなかった。
テレビ東京版
オープニングテーマ
「ウラ・ガッチンポーのテーマ」[1]
作詞・作曲・歌 - UNCO☆STAR
エンディングテーマ
「快楽天堂〜ハッピー・パラダイス〜」(第1話(2004年10月2日)- 第13話(2004年12月25日))
作詞 - リゥ・シュエハイ / 訳詞 - 片原朋子、Teamガッチンポー / 作曲 - チェン・フーミン / 歌 - Jasmine Ou
「パイパイパイプス バイバイバイ!」(第14話(2005年1月7日)- 第25話(2005年3月25日))
作詞・作曲・歌 - UNCO☆STAR

サブタイトル[編集]

フジテレビ版
テレビ東京版

※テレビ東京版のサブタイトルは「〇〇〇〇!〇〇〇〇ガッチンポー!」

話数 サブタイトル 放送日 収録DVD&VHS
1 プリプリプー!世界を守れトイレへもぐれガッチンポー! 2004年10月2日 1ガッチン
ジョボジョボジョボ!ダートゥー洪水ガッチンポー!
2 キョエッ!ママだ値切りだガッチンポー! 2004年10月9日
ラブラブラブ!恋するティーチャーガッチンポー!
3 ヘールププ!エスコートはハイコストガッチンポー! 2004年10月16日 2ガッチン
プラパッパー!暴走して愛ガッチンポー!
4 ギョギョギョ!ゴーストどーすか?ガッチンポー! 2004年10月23日
大混乱!ニセモノクーポンポンポンガッチンポー!
5 ウッホッホー!無敵老婆アーマだガッチンポー! 2004年10月30日
何じゃもんじゃ?モンジャン天下一ガッチンポー!
6 フマンマンマン!宇宙自慢物語(そらじまんものがたり)ガッチンポー! 2004年11月6日
マシンガンガンガン?ギャング・オブ・いい人ガッチンポー!
7 ハフハフハフ!ショーロンポーで笑顔を増やせガッチンポー! 2004年11月13日 3ガッチン
キューピットット!頑張れ!Mr.ポストマンガッチンポー!
8 ウララウララウラ!ないでおねしょも止まるガッチンポー! 2004年11月20日
プンプンプーン!プリプリひとり風の中ガッチンポー!
9 デンジャラジャラス!パイプスアーマにタージタジガッチンポー! 2004年11月27日
ハッピーシュウメイ大魔王につけたいリボンボンボン!ガッチンポー!
10 パイプスホイホイ!ママのテクテクメーロメロガッチンポー! 2004年12月4日
アンアンアンラッキー!とっても悲しいドライバーガッチンポー!
11 コギコギコーギー!あなた何乗る?僕チャーリーガッチンポー! 2004年12月11日 4ガッチン
チュールチュルチュル!あなたの魂チュッチュッチュッガッチンポー!
12 オキラク老いらくバババラブラブガッチンポー! 2004年12月18日
モンモンモンスター!ボットントンと流れ者ガッチンポー!
13 バンバラバンバン!家族戦隊サンタレンジャーじゃガッチンポー! 2004年12月25日
14 初夢だ1プリ2プリ3プリプップーガッチンポー! 2005年1月7日 1てんこ
15 ソワソワワッショイ!やっと来る来るダーリンリンガッチンポー! 2005年1月14日
トホトホホッホー!押しかけ弟子入りもうイヤ〜ンガッチンポー!
16 ペタペタペッタン!私の写真でメロンメロンガッチンポー! 2005年1月21日
ライライライバル襲来!地球崩壊かい?ガッチンポー!
17 カンカンカーン!ゴングを鳴らせ燃えよファミリーガッチンポー! 2005年1月28日
スタコラアーティー!ケーキがみんなをペロリンコガッチンポー!
18 ウフウフウッフーン!あんたも私に夢中チュッチュガッチンポー! 2005年2月4日 2てんこ
19 キンキラキンキン!恋する瞳はさりげなくってばガッチンポー! 2005年2月11日
プッタカプープー!宇宙からきたアルバイトだブーガッチンポー!
20 キャッシュキャッシュ!シュッポッポーパンチッチーのガッチンポー! 2005年2月18日
甘酸っパイパイ!失恋パワーで胸イッパイパイガッチンポー!
21 ケロっとケロケロ!ポンプでプーイビキでグーガッチンポー! 2005年2月25日
ボヨヨンヨンヨン!スターもビックリ大脱走ガッチンポー!
22 ドンブラブラドン!家族旅行はドコココ底?ガッチンポー! 2005年3月4日 3てんこ
オヨヨンオヨヨ!私の心配イッパイパイガッチンポー!
23 ニックニック!ピクニック校舎が泣いちッチのガッチンポー! 2005年3月11日
ルンルンアニマルン!街にあふれた落とし物ガッチンポー!
24 ウヒョッヒョ投票!森のリーダー選挙ッキョガッチンポー! 2005年3月18日
ドリーミンミン!あんたの夢は何だミンミン?ガッチンポー!
25
(最終回)
さよならまたね!トイレの中心から叫ぼうガッチンポー! 2005年3月25日

DVD&VHS[編集]

DVD&VHSはアニプレックスより、2005年4月27日から7月27日にかけて発売された。

巻数 発売日 収録話
第1期
1ガッチン 2005年4月27日 第1話 - 第2話
2ガッチン 2005年5月25日 第3話 - 第6話
3ガッチン 2005年5月25日 第7話 - 第10話
4ガッチン 2005年6月22日 第11話 - 第13話
第2期
1てんこ 2005年6月22日 第14話 - 第17話
2てんこ 2005年7月27日 第18話 - 第21話
3てんこ 2005年7月27日 第22話 - 第25話

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初は同アーティストの「叫べ! ガッチンポーのテーマ」という曲が使用されるはずであったが、歌の内容(歌詞)があまりに過激で、直接的にうんこを扱った楽曲であったために、間接的な表現を取り入れたこの「ウラ・ガッチンポーのテーマ」が使われることとなった。なお、一度はお蔵入りとなってしまった「叫べ!」だが、「ウラ」のCDには収録されたため、そちらで聞くことができる。

外部リンク[編集]

テレビ東京 土曜7:00 - 7:30枠
前番組 番組名 次番組
アークエとガッチンポー(第1話 - 第13話)
(2004年10月2日 - 12月25日)
ピーチガール
(2005年1月8日 - 6月25日)
テレビ東京 金曜18:00 - 18:30枠
トランスフォーマー スーパーリンク
(2004年1月9日 - 12月24日)
アークエとガッチンポー(第14話 - 第25話)
(2005年1月7日 - 3月25日)
ケロロ軍曹(第52話 - 第103話)
(2005年4月1日 - 2006年3月31日)
土曜10:00 - 10:30枠から移動】
BSジャパン 火曜18:55 - 19:25枠
トランスフォーマー スーパーリンク
(2004年1月13日 - 2005年1月4日)
アークエとガッチンポー(第14話 - 第25話)
(2005年1月11日 - 3月29日)
ふしぎ星の☆ふたご姫
(2005年4月5日 - 2006年3月28日)