アミノテツロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アミノ テツロー
本名 網野 哲郎
別名義 アミノテツロ
生年月日 (1955-10-10) 1955年10月10日(64歳)
出生地 日本の旗千葉県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 演出家
ジャンル アニメーション
活動期間 1980年 - 現在
配偶者 あり
公式サイト あみにょろ文庫
主な作品
監督作品
アイドル伝説えり子
アイドル天使ようこそようこ
あしたへフリーキック
疾風!アイアンリーガー
マクロス7
爆走兄弟レッツ&ゴー!!
DTエイトロン
ぶぶチャチャ
テンプレートを表示

アミノ テツロー1955年10月10日[1] - )は、日本の男性アニメーション演出家監督である。本名は網野 哲郎(あみの てつろう)。

かつては本名で活動し、1988年頃からカタカナ名義を、2004年頃からアミノ テツロを使用しており、現在はこの「テツロ」名義での活動が多い。

経歴[編集]

千葉県出身。東京都立新宿高等学校卒業後、2年間のエキストラの経験後、東京写真専門学校を経て、アニメ業界入り。キャリアを制作進行からスタートさせた。国際映画社スタジオぴえろの作品を経て、1980年代から1990年代は、日本サンライズ葦プロダクションを中心に活動。最近では主にジーベックでの活動が多い。

代表作は、『アイドル伝説えり子』『アイドル天使ようこそようこ』『あしたへフリーキック』『疾風!アイアンリーガー』『マクロス7』『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』『DTエイトロン』『ぶぶチャチャ[1]など多数。

手がける作品の特徴としては音楽と平穏を愛し、争いを否定する考えが強い。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

WEBアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 【アイアンリーガーの真実 インタビュー アミノテツロー -前編-】アイアンリーガーWeb > スペシャル > スタッフコラム”. 「疾風!アイアンリーガー」公式サイト (2002年5月20日). 2019年2月26日閲覧。
  2. ^ 第4話のスタッフクレジットによる
  3. ^ アミノテツロー監督に“正々堂々”インタビュー! 伝説のアニメ『疾風!アイアンリーガー』誕生の裏側”. livedoor (2018年5月18日). 2019年2月26日閲覧。
  4. ^ 監督である菱田正和の証言。 https://twitter.com/aobajo/status/341788075896213505

外部リンク[編集]