宇宙の戦士 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇宙の戦士
ジャンル SFアニメ
OVA
原作 ロバート・A・ハインライン
監督 アミノテツロー
シリーズ構成 伊東恒久(ストーリー構成)
キャラクターデザイン 稲野義信
メカニックデザイン 宮武一貴
音楽 難波弘之
製作 サンライズ
発表期間 1988年10月25日 - 12月17日
話数 全6話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

宇宙の戦士』(うちゅうのせんし)は、1988年サンライズバンダイビジュアルによって制作・販売されたSFアニメロバート・A・ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』のOVA化作品である。

概要[編集]

1977年ハヤカワ文庫から文庫版『宇宙の戦士』が発売され、スタジオぬえのデザインしたパワードスーツが採用された。同社の作家高千穂遙はこの作品をSF小説の見本としてサンライズの企画部長に薦め、1979年の『機動戦士ガンダム』誕生のヒントを与えることになった。

この頃、高千穂は『宇宙の戦士』の映像化権取得を進言し、サンライズが「北米での非公開」という条件付きで権利を獲得。1988年にアニメ化が実現する。スタジオぬえからは宮武一貴が参加し、自らデザインしたパワードスーツや輸送船ロジャー・ヤングのリファインを行った。

「遠未来における地球人類と異星生物の宇宙戦争」という原作のプロットは踏襲されているが、軍事に貢献することで参政権がえられるなどの設定は用いられず、『トップガン』のような「軍隊における青春物語」としての性質が濃い(その意味では翻案作品といえる)。ブエノスアイレスがアレクニドの攻撃(原作では攻撃手段の描写がないが、アニメでは宇宙船に取り付いて侵入したアレクニドが攻撃)によって壊滅し、全面戦争が始まった流れは同じだが、なぜ戦うのかというような哲学が語られることもなく、普通の高校生だった主人公が兵士として成長する過程が描かれている。

本作は、1991年1月11日から同年2月15日までテレビ東京で放送されていた。放送時間は毎週金曜 18:30 - 19:00 (日本標準時)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「BELIEVE」
作詞 - リンダ・ヘンリック / 作曲・歌 - つのだ☆ひろ
第1巻と第6話のオープニングテーマ、第2巻のエンディングテーマとして使用。
「WE CAN MAKE IT」
作詞 - リンダ・ヘンリック / 作曲・歌 - つのだ☆ひろ / 編曲 - 乾裕樹
第2巻と第5話のオープニングテーマ、第1話と第6話のエンディングテーマとして使用。
「STEP BY STEP」
作詞 - リンダ・ヘンリック / 作曲 - 難波弘之 / 歌 - 本城未沙子
第2話と第5話のエンディングテーマ、第1話と第6話の挿入歌として使用。
「CRAZY LOVE」
作詞 - リンダ・ヘンリック / 作曲 - 茂村泰彦 / 歌 - 茂村泰彦ジャッキー[要曖昧さ回避]
挿入歌として使用。
「MAY BE TOMORROW」
作詞 - リンダ・ヘンリック / 作曲 - 茂村泰彦 / 歌 - 茂村泰彦、ジャッキー
挿入歌として使用。

作品リスト[編集]

  • 「宇宙の戦士 Vol.1 (1988年10月25日販売)
    • 第1話「ジョニー」
    • 第2話「ヘンドリック」
  • 「宇宙の戦士 Vol.2」(1988年11月25日販売)
    • 第3話「マリア」
    • 第4話「グレック」
  • 「宇宙の戦士 Vol.3」(1988年12月17日販売)
    • 第5話「チェレンコフ」
    • 第6話「カルメンシータ」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

テレビ東京 金曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
NG騎士ラムネ&40
(1990年4月6日 - 1991年1月4日)
宇宙の戦士
(1991年1月11日 - 1991年2月15日)
【本番組からOVA】
ドミニオン
(1991年2月22日 - 1991年3月29日)
【同番組までOVA】