難波弘之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

難波 弘之(なんば ひろゆき、1953年9月9日 - )は、日本の作曲家編曲家SF作家である。東京都豊島区巣鴨出身。学習院大学法学部法学科卒。東京音楽大学音楽学部教授(作曲指揮(映画放送音楽コース))。

父の渡辺弘はジャズ・アコーディオン奏者(渡辺弘 (サックス奏者)とは同姓同名の別人)で、SF作家広瀬正のバンド仲間だった。母は上野音楽学校(東京芸術大学の前身)出身の声楽家。祖父の家を継ぐために養子になったため、難波姓となった。[1]

来歴・人物[編集]

音楽家として[編集]

両親が音楽家ということもあり、4歳よりピアノを始める。学習院大学在学中より、プロミュージシャンとして活動を始め、1975年に、鳴瀬喜博の誘いで「金子マリ&バックスバニー」に加入、キーボーディストとして活躍。その後、プログレッシブ・ロックバンド「SENSE OF WONDER」を結成。1979年にはファースト・ソロ・アルバム『センス・オブ・ワンダー』[2]キングレコード)をリリースした。このアルバムでは、ジャケットを手塚治虫ライナーノーツ中島梓が綴っている。また、山下達郎のコンサートツアーなどにも参加するようになる。

1988年東京音楽大学講師となる。さらに、NHK教育テレビの音楽番組『ベストサウンド』の講師(アシスタントは中村あゆみ)、TBS系音楽番組『三宅裕司のいかすバンド天国』の審査員をするなど、メディアへの露出も増えていった。また、このころから日本ファルコムゲームミュージックソーサリアン』『イースII』のアレンジを手がけるようになり、以後、数年にわたって日本ファルコムのゲームミュージックのアレンジを多数手がけることとなった。

1990年より、山羊智詞赤羽楽団に参加。各セッションのメインコンポーザーとして手腕を発揮する。

1993年ごろは、是方博邦とともに、テレビ東京クイズ番組『タモリの音楽は世界だ!』にレギュラー出演もしていた。また、是方博邦東原力哉鳴瀬喜博らとともにバンド「野獣王国」を結成・活動をするかたわら、桐朋学園芸術短期大学の講師も務めていた。また、1997年に五十嵐久勝(元ノヴェラ)とユニット「NUOVO IMMIGRATO」を結成、現在までに2枚のアルバムを発表。

山下達郎、是方博邦らと親交が深い。他にも世良公則RED WARRIORSなど、これまでサポートしてきたミュージシャンは多数。

SF作家として[編集]

学習院中等科在学中からSFファン活動を開始。『宇宙塵』に入会する他、自らファン・グループ「全日本青少年SFターミナル」を主宰。また、1968年に中学三年生の15歳にしてSF短編『青銅色の死』で安倍能成文学賞(初等科から大学までの、学習院在学中のすべての学生を対象とした賞)を受賞した[3]。また、学習院の2年後輩の後のSF評論家巽孝之と交遊することとなり、巽が主宰する同人誌『科学魔界』にSF小説を発表。

のちアルバム『センス・オブ・ワンダー』発売後に、短篇集『飛行船の上のシンセサイザー弾き』『鍵盤帝国の劇襲』(ハヤカワ文庫)、『ときめき ROCKIN’WAY』(コバルト文庫)など、音楽が重要モチーフとなっている作品を出版した。また、SF作家の小説作品のイメージアルバムも多数手がけている。現在、日本SF作家クラブ会員として、日本SF大賞の審査員も務めている。

ディスコグラフィ[編集]

難波弘之[編集]

(シングル)

  • キー・ステーション(1982年・RVC
  • Who Done It?(30cm Mini Album)(1983年・RVC
  • Rain(1987年・RVC
  • 7 1/2(Seven Half)(1988年・RVC

センス・オブ・ワンダー[編集]

野獣王国[編集]

  • 野獣王国LIVE(1997年・ブラックボックス
  • パワー・ジャングル(1998年・キングレコード)
  • フル・ファンタジー(2000年・キングレコード)
  • 幻想水滸伝 音楽集(2001年・コナミ
  • CANDY(2002年・コナミ
  • PEACE(2007年・ベガ・ミュージックエンタテインメント)

A.P.J.[編集]

ExhiVision[編集]

  • ExhiVision (ZiZO SHCZ-28)
  • OVEREXPOSURE (dreammaker RLCG-0003)
  • Beyond The Earthbound(Universal Music UICZ-4184)

Nelson Super Project[編集]

その他[編集]

サウンドトラック[編集]

書誌情報[編集]

小説作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SFマガジン』2012年5月号
  2. ^ このアルバム名はSFの魅力を現す重要概念「センス・オブ・ワンダー」に由来している。また、アルバムの楽曲内容もSFから大きなインスパイアを受けている。
  3. ^ 受賞後、その作者が15歳であることが知れ、周囲からかなりの叩きが有り、その後、作家活動は遠ざかったといういきさつを雑誌インタビューなどで語っている。セカンドアルバム「PARTY TONIGHT」中のライナーノートには、自分の音楽作品と同題の小説を書いた結果、評判がよかった為に、再度、小説を執筆するようになったという経緯が書かれている。なお、このライナーノートでは、スタジオぬえ所属だった佐藤道明がイラストを担当している。

外部リンク[編集]