東原力哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東原 力哉(ひがしはら りきや、1956年7月19日 - )は1980年代の関西異色フュージョンバンドナニワエキスプレス」のドラマー及びスタジオ・ミュージシャンである。香川県高松市生まれ。

来歴[編集]

ザ・ベンチャーズメル・テイラーに影響を受け、12歳からドラムの演奏を始め、15歳の時、大阪でプロデビューを果たす[1]

「ナニワエキスプレス」は、1980年代初頭から年間160本以上のライブをこなすライブバンドであったが、1986年に解散。その後、本多俊之「RADIOCLUB」、清水興「SOUL EXPRESS」、渡辺香津美「RESONANCE VOX」などに参加する。海外でも国際交流基金主催のコンサートなどで、東南アジア南米ヨーロッパなど数多くの海外公演にも参加した。ナニワエキスプレスは2003年NANIWA EXPとして再結成、アルバム「Life of music」「This is It!」「30th」をリリースしている。「This is It!」ではデニス・チェンバースとの共演も行った。他にも数多くのバンドに参加している。

裸足でドラムを演奏することでも知られている。「ドラム・マガジン」でのインタビュー[要ページ番号]で、『昔ある仕事で呼ばれて、スーツを着て演奏する機会があったけど、お前その裸足は何とかならんのかと言われて、足を靴墨で黒く塗って「どや、これでええんやろ」と言ってやった。向こうのバンマス呆れてたけどな(笑)』というエピソードを語っていた[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 1993年3月21日リリース『RED ZONE NANIWA EXPRESS SBM BEST SELECTION』ライナー・ノーツより

外部リンク[編集]