ソーサリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソーサリアン
ジャンル アクションロールプレイングゲーム
対応機種 PC-8801シリーズ
PC-9801シリーズ
X1turboシリーズ
PC88VA専用
PC/AT互換機
MSX2
Wiiバーチャルコンソール
iOS
開発元 日本ファルコム
[iOS]アエリア
発売元 日本ファルコム
[iOS]アエリア
人数 1人
メディア [PC-8801] 5'FD
[PC-9801] 5/3.5'FD
[X1turbo] 5'FD
[PC88VA] 5'FD
[PC/AT互換機] 5/3.5'FD
[MSX2] 3.5'FD
発売日 [PC-8801] 1987年12月20日
[PC-9801] 1988年3月25日
[X1turbo] 1988年5月20日
[PC88VA] 1988年6月17日
[PC/AT互換機] 1990年4月1日
[MSX2] 1991年8月10日
[Wii] 2008年9月16日
[iOS] 2012年2月23日
その他 追加シナリオあり
テンプレートを表示

ソーサリアン』 (SORCERIAN) とは、日本ファルコムが開発、発売したコンピュータゲーム木屋善夫プロデュース『ドラゴンスレイヤーシリーズ』の第5作目である。

1987年PC-8801mkIISR用が発売されて以来、その最大の特徴であるゲーム本体と独立し追加可能なシナリオと、拡張性のあるシステムにより、派生作も含めて多くの機種に移植され、また追加シナリオが発売された。

ゲームシステム

本作の特徴は「自由度」の高さである。しかしながら、それ故に難易度もまた高いため、近年発売されたリメイク版のシリーズはよりシナリオを楽しむための要素を高めて、ゲームシステムの見直しが図られている。

基本的な操作

サイドビューの任意スクロールアクションRPG。最大4人のプレイヤーキャラクター(後述)でパーティを組み、武器や魔法で敵を倒しつつ、ジャンプで障害物や迷路を乗り越え、様々なトラップや謎を解きつつ各シナリオクリアを目指す。

プレイヤーキャラクター

最初に行われるのがプレイヤーが操るキャラクターの創造である。「戦士」、「魔法使い」、「ドワーフ」、「エルフ」の4種類のクラスにそれぞれ男女があり、攻撃力や防御力、魔法への耐久力や知性など、初期パラメーターに差異がある。装備品も異なる。年齢によってキャラクターグラフィックも青年期、壮年期、老年期と変化する。 また、それぞれのキャラクターが冒険に出ていないときは別の職業を持っているという設定になっている。この職業は60種類あり、1年が経過した時に(パーティーを組んでたり修行中か無職でなければ)選んだ職業に応じて能力値と所持金が変化する。経験値も入る。職業は何度も変更可能だが、性別、クラス、年齢、現在の能力値によって就く制限がある。この制限に合わなくなった場合は解雇される。 また特定の種族や性別、職業に就いていないとクリアすることができないシナリオも存在する。 プレイヤーキャラクターのパラメータとしては、STR(強さ)、INT(知力)、PRT(物理防御)、MGR(対魔法防御)、VIT(体力)、DEX(器用)、KRM(カルマ)が設定されている。STRが0以下だと武器を装備しても攻撃することが出来ない。INTが0以下だと魔法を唱えることが出来ない。VITについては数値が低いと高レベルのシナリオでは扉を開けることが出来ない。なお、HPとMPは基本的にレベルによって決定され(世代交代させていると先代がレベル1以上の場合は先代の半数の値が引き継がれて高めになる)、これらパラメータの影響は受けない。 キャラクターはそれぞれ技能を取得することが出来る。技能には、薬草の調合、モンスター識別、ワナの解除、アイテム鑑定があり、ペンタウァの町で修行することにより身につけることが可能。 Windows版以降は新たな技能として所持アイテムに魔法をかけて貰う時に現在の星の掛かり方を確認できる、星の知識が加わった。

シナリオ制度

敵を倒して成長し、より強大な敵に立ち向かい、最終的に悪の大ボスを退治する、という当時一般的であったロールプレイングゲームの要素を取り払い、シナリオをクリアする楽しみに重点をおいており、冒険の最中に成長することはなく、冒険終了後に完了したシナリオの難易度によって経験が加算されてプレイヤーキャラクターは成長していく(冒険中でもボス敵を退治するとまとまった経験点が入る。また、画面内で雑魚敵を全滅させるとわずかながら経験点が入る)。

またシナリオは最初から、外部データの読み込みと言う形を採っていた。 「シナリオの数だけ世界がある」という当時の謳い文句どおり、そのバリエーションは多岐に渡っており、時に用意されたボス敵を倒すことが寄り道でしかないシナリオや、推理小説的なトリック解決を目的としたシナリオ、複数のシナリオを連続してクリアしていく追加シナリオ集などが用意されていた。

年齢と寿命

プレイヤーキャラクターには年齢と寿命の概念があり、シナリオをクリアするために冒険に出たり、町で仕事をしつつ技能パラメーターを磨いていたりするだけでも年をとる。老化によって能力が落ちたり、寿命がくれば老衰で死亡する(結果的にこの老衰という概念が「プレイヤーキャラクターを育てる」という楽しみを無くしてしまうことになり、大半の上級者プレイヤーが隠し技による「不老不死化」※を行った)。プレイヤーキャラクターが老衰で死亡後はそのキャラクターの能力をわずかに受け継いだ子供が登場する。

※OLD状態のキャラを冒険で死亡させ、死後20年経過してから復活の儀式をおこなうと、低確率で寿命が250歳になる。この状態でさらに同じ条件で復活の儀式をおこなうと不老不死化する。(正確には不老なだけ、冒険中の死の可能性はあるがこの言葉が一般的に定着している。)不老不死化した後はREJUVENATEの魔法で年齢を下げると、容姿も中身も若返らせることが可能。REJUVENATEの魔法を唱えると、クラスによって決まった3種のパラメータが低下してしまうので、町で修行をして能力値を上昇させることで実用的になる。なお、後発の追加シナリオでは不老不死化キャラへのペナルティが存在するものもある。

魔法

ゲーム中には火星、水星、木星、月、太陽、金星、土星の魔法7要素があり、武器や防具にこれらの要素を掛け合わせることで魔法効果を生み出すことができるようになる。この掛け合わせのパターンが非常に膨大であり、120種類の魔法がある。また、これら魔法要素がかけられているアイテムを装備すると、各パラメータが増加する(火星の場合はSTR等)。さらに、星の数を2倍掛けすることにより、効果を強化することができる。

なお、魔法の掛け合わせシステムの構造上、通常の掛け合わせ方法では絶対に入手できず、シナリオで手に入れるアイテムによりのみ使用可能な魔法も存在する。

対応ハードウェア

初期作品群

PC-8801mkIISR以降1987年12月発売)
最も基本となったソーサリアン。発売時期によってVer1.0と、システムを改良およびバグフィックスしたVer1.1の違いがある。特に「二段ジャンプ」の仕様が最大の変更点で、Ver1.1ではキーを二回入れなくてもよくなり、他機種版ではすべてこの仕様となっている。また、動作クロック8MHzと4MHzではエンディング背景の星などの表示が変わる。
PC-9801F/U以降1988年3月発売)
「忙しい98ユーザーのために」という名の下に、冒険中のセーブや操作方法の簡略化、簡便化、BGMの差し替えと一部曲のイントロ変更などの他、シナリオの一部に内容変更が行われた。また、当時発売されていたPC-9800シリーズの多くは標準でFM音源を搭載していなかったため、FM音源の他にBEEP音によるBGMも用意されていた。
X1turboシリーズ1988年5月発売)
上記PC-9800版をベースに移植。冒険中セーブ機能は無いが、エンディングや各種グラフィックスが専用のものに置き換えられている。また、PC-9800版ではシフトキーダッシュができたが、X1tubo版はテンキー押しっぱなしでダッシュするようになった。BGMはFM音源ステレオ6音+PSGモノラル3音であったが[1]、ほとんどのX1turboシリーズにおいてFM音源がオプションだったことも考慮して、PSGモノラル3音のみのものも用意されている。
PC-88VAシリーズ1988年8月発売)
同じくPC-9800版をベースに移植。初期のPC-8800 / PC-9800シリーズに比べ音源ボードが強力なため、FM音源ステレオ6音+PSGモノラル3音による重厚な音楽が特徴。初代機(PC88-VA)はサウンドボード2がオプションだったのでPC-8800 / PC-9800シリーズのサウンドも用意されている。またあるシナリオが完全版で収録されている。
MSX21991年8月にソフトベンダーTAKERU / ブラザー工業より発売。移植はティールハイト)
MSX・FAN誌の移植希望コーナーでの人気を受けて、PC-8800版Ver1.1をベースに移植。MSXturboRの高速モードに対応しているが、MSX2では動作速度にやや問題があり快適とは言いがたい。画面表示やシステムに一部バグが残っているなどゲーム性に難がある[2]。横256ドット・16色の低解像度モードを使用し、マップパーツは横6ドット・縦8ドットで描き直されている。FM-PAC / MSX-MUSICのFM音源に対応。
PC/AT互換機1990年シエラ・オンラインより発売 海外移植版)
海外で発売された移植版。上記PC-9800版がベースになっている。4色表示。MIDI対応。

アレンジバージョン

メガドライブ1990年2月発売)
セガ制作。初めて家庭用に移植されたもの。10シナリオ全てオリジナルシナリオで、魔法や職業の種類にも若干の変更が加えられている。2008年9月にWiiバーチャルコンソール用ソフトとしてダウンロード配信が開始され、これを記念してメガドライブ版初のサウンドトラックCDがセガストア通販限定アイテムとして発売決定した。
PCエンジン1992年7月発売)
ビクター音楽産業制作。全10シナリオ中、3つがオリジナルシナリオ。SUPER CD-ROM2で発売されており、BGMは一部を除き、CD音源のアレンジバージョンで楽しめる。なお、CD音源アレンジを担当したのは、アニメや映画の劇伴で有名な川井憲次である。また各種メッセージが全て漢字混じり表示になっている。ペンタウァ王役の阪脩をはじめとした声優によるボイスもオープニングなど一部で使用されている。
ドリームキャスト(副題:七星魔法の使徒)(2000年4月発売)
エグゼクリエイトメディアジャグラー制作。ビクターインタラクティブソフトウェア発売。全15シナリオ中5つがオリジナルシナリオで、その中のひとつである『太陽の神殿』は日本ファルコムから発売された同名アドベンチャーゲームが元になっている。ゲーム画面が3Dで描画されており、一部システムに変更がある。
Windows(ソーサリアンフォーエバー)(1997年6月発売)
Windowsリメイク第一弾。5本のオリジナルシナリオで構成されている。ペンタウァの町に魔法学院が追加されている。FLYの魔法(薬草から制作)がない。職業の乞食がない。音楽は独自に作られたものと、新アレンジ(オープニングなど)になったものが採用されている。MIDI対応。
Windows(ソーサリアンオリジナル)(2000年11月発売)
Windowsリメイク第二弾。初期作品群の15本のシナリオ(PC9801版ベース)に、上記ソーサリアンフォーエバーのオリジナルシナリオを足した20本で構成されている。システムはソーサリアンフォーエバーをベースにしており、ソーサリアンフォーエバーとは互換性があり、フォーエバーで育てたキャラクターをオリジナルに移行することができる。
音楽は、オリジナルの中でX1版とPC-88VA版をブレンドする形で、FM音源+SSG音源をそのまま使っている。メディアにはWAVEファイルで収録されているため、サウンドトラックとしても楽しむことができる。また、PC9801版で差し替えられたシナリオクリアBGM(消えた王様の杖等)はPC8801SR版のものをアレンジして使われている。
初期作品のシナリオと比較して、暗き沼の魔法使いの迷路が簡単になった、隠しアイテムがシナリオクリア前に発見できる、等の違いがある。
キャラクターのグラフィックが一新され、特定のスキルを取得できるようになった。
2005年10月にはソースネクストから廉価版が発売されている。
iアプリNTTドコモ)(2003年6月配信開始)
ジー・モード制作。全部で15シナリオが配信され、内一つがオリジナルシナリオ。(ロマンシアが収録されていない)
S!アプリソフトバンクモバイル)(2004年2月配信開始)
ジー・モード制作。iアプリ版とほぼ同内容。
Windows(ソーサリアン・コンプリート)(2010年9月発売)
プロジェクトEGG制作。
初期作品群(PC9801版)の移植作品。Windows版では唯一初期作品群の追加シナリオがプレイ可能。
iOS(ソーサリアン for iOS)(2012年2月配信開始)
アエリア制作。
ソーサリアンオリジナルをベースに移植した作品で、ユーザーインターフェースをiPhoneiPadのタッチパネル操作向けに最適化を行っている。またiOSのソーシャルゲームサービスGame Centerでのランキング機能やTwitterFacebookとの連動機能も搭載している。追加課金制で、確実な蘇生(復活の儀式は成功・失敗に関わらず強制セーブ)、キャラクター枠の追加などは別途料金となっている。シナリオは初期作品群の15本のうち5本が収録されており、残りの10本は追加シナリオとして有料配信予定となっている。

その他

X68000
ユーザーによる非公式の移植版があり、PC88版かPC98版のゲームディスクを使用してソフトを作成するプログラムがパソコン通信を通じて配布された。
FM77AV
移植が検討されていたが、中止となった。

関連ソフトウェア

追加シナリオ集

追加シナリオVol.1(PC88、PC98、X1t、PC88VA)
日本ファルコム制作。
基本シナリオと同様に、各自独立したシナリオを収録。全5本。
追加シナリオVol.2「戦国ソーサリアン」(PC88、PC98、X1t、PC88VA、MSX2)
日本ファルコム制作。MSX2版はティールハイトが移植、ソフトベンダーTAKERU / ブラザー工業より発売。
日本の戦国時代(野田城の戦い - 島原の乱)を舞台にしたシナリオ。全5本(武田信玄の章、織田信長の章、豊臣秀吉の章、真田幸村の章 徳川家康の章)。ただし、必ず武田信玄の章から順番にプレイする必要がある。本シナリオより、状態異常を引き起こすボスキャラが登場し、ボス戦が難しくなった(阿修羅の毒槍、鵺の石化弾等)。
追加シナリオVol.3「ピラミッドソーサリアン」(PC88、PC98、X1t、PC88VA、MSX2)
日本ファルコム制作。MSX2版はティールハイトが移植、ソフトベンダーTAKERU / ブラザー工業より発売。
古代エジプト風の島を舞台にしたシナリオ。全5本。さらに前作よりボス戦がシビアとなり、高ヒットポイントのキャラでも死亡する場合がある。
新シナリオVol.1「宇宙からの訪問者」(PC88、PC98、X1t、PC88VA)
アモルファス制作、ソフトベンダーTAKERU / ブラザー工業より発売。
宇宙から落下した隕石を主軸としたシナリオ。全4本+特殊アイテム販売店(シナリオ扱い)1本。
4本目として収録予定だったシナリオに致命的なバグが発見され発売に間に合わなかったため、急遽特殊アイテム販売店シナリオが作られた。
Gilgamesh SORCERIAN(PC88、PC98、X1t、PC88VA)
クエイザーソフト制作、ソフトベンダーTAKERU / ブラザー工業より発売。
古代種族の謎を解き明かすシナリオ。全5本。
Selected SORCERIAN シリーズ1 - 5(PC88、PC98、X1t、PC88VA)
アモルファス制作、ソフトベンダーTAKERU / ブラザー工業より発売。
一般公募による「コンプティークシナリオコンテスト」(審査員に荒俣宏谷山浩子黒田幸弘ら)受賞作を製品化。全10本(ソフト5本に各々シナリオ2本収録、イラストやお便り紹介などのおまけコーナーが付属)。

ユーティリティ

Utillity VOL.1(PC88、PC98、X1t、PC88VA)
日本ファルコム制作。特殊なアイテムを売るアイテムショップやクイズ、すごろくゲーム「ミニミニソーサリアン」、ファンページなど。

開発スタッフ

日本ファルコムのメンバーと外注による。

派生作品

コミック版

月刊コミックコンプに連載されたソーサリアンシリーズは以下の通り。
天の神々たち(作者:真鍋譲治
氷の洞窟(作者:河本ひろし)
呪われたクィーンマリー号(作者:吉富昭仁)

また、電撃コミックス「イース」(作者:羽衣翔)の7巻に「アマゾンの剣」が収録されている。

ドラゴンコミックス ソーサリアンシリーズ

角川書店より発行。全12巻。背表紙を巻数順に並べるとドラゴンの絵が浮かび上がる。

失われたタリスマン(作者:吉富昭仁)
紅玉の謎(作者:八雲ひろし)
暗黒の魔道士(作者:羽衣翔)
不老長寿の水(作者:迎夏生)
メデューサの首(作者:豊島ゆーさく)
天の神々たち(作者:真鍋譲治)
呪われたオアシス(作者:沢田翔)
盗賊達の塔(作者:久保田真二)
氷の洞窟(作者:河本ひろし)
呪われたクィーンマリー号(作者:吉富昭仁)
戦国ソーサリアン(作者:夢来鳥ねむ)
悪魔に魅いられた花(作者:一本木蛮)

ドラゴンコミックス 新ソーサリアンシリーズ

角川書店より発行。このシリーズよりファルコムシナリオ以外のシナリオも扱っている。

血ぬられた王家の秘宝(作者:高長歩)
チャイニーズ・メディスン(作者:佐治二郎)
愛と哀しみのバンパイア(作者:MEIMU)

なお、以下の作品も発売が予定されていたが、メディアワークスが独立する際の騒動でお蔵入りになってしまった。

マリオネットの館(作者:河本ひろし)
復讐の黒き勇者(作者:出光秀匡)

小説版

ソーサリアン創世記(作者:松枝蔵人)

角川書店より発行。レーベルは角川スニーカー文庫。

ドラゴンコミックス ソーサリアンシリーズの巻末に掲載されていた小説をまとめたもの。全19章で13章以降は書き下ろし。

ソーサリアン・レジェンド

2005年アーケードゲーム版として以下のアレンジが施された『ソーサリアン・レジェンド』がアルゼにより発表された。

  • インターネット通信によるネットワーク協力プレイ
  • 別途発売されるパソコン用バージョンとの連携

画面構成やゲームシステムがまったくの別物であり、基本的な舞台設定と各シナリオの内容以外の共通点はない。

本作は、かなり開発の進んだバージョンが2005年のアミューズメントマシンショーに一度だけ出展された。しかし、その後の音沙汰は一切なく、このまま2007年にアルゼがゲーム事業から完全撤退したため、事実上のお蔵入りとなっている(アルゼは2002 - 2003年頃から複数のアーケードゲームの開発を積極的に進めていたが、その全てがほぼ完成されていたにも関わらず、大半は一般稼働されないままお蔵入りになり、そのほかも限られたごく一部の店舗のみにしか入荷していない。本作はそのうちのひとつである)。

ソーサリアンオンライン

2005年4月に日本ファルコムのオンラインゲーム第2弾タイトルとしてMMORPGソーサリアンオンライン』を開始すると発表した。日本ファルコムがライセンス提供を行い、開発・運営を電遊社が担当している。運営形態は登録、プレイともに基本料金無料とし、アイテム課金制である。

当初は2005年中に正式サービスを開始するとアナウンスしていたが、スケジュールが延期され、2006年5月に公式サイトを開設、同月より第一次クローズドβテスターの募集を開始し、翌6月上旬にテストを終了した。公式サイト開設時には同年7月上旬より正式サービスを開始する予定であるとしていたが、開発スケジュールの遅れから、再度延期されることとなった。9月15日から20日の期間で第二次クローズドβテストを行い、10月末に正式サービスを開始するとアナウンスしたものの、またもや延期となった(この間に運営がエキサイトから電遊社に移管された)。2006年11月16日17時に、正式にサービスを開始した。 その後サービスを続けていたが、2011年2月ゲームの更新終了が発表され、2012年6月30日をもってサービス終了することが2012年3月1日に発表された。

脚注

  1. ^ ハードウェア的にはFM音源ステレオ8音可能であるが、本作ではFM音源ステレオ6音しか使われていない。(ソーサリアンスーパーアレンジバージョンIIライナーノーツより)
  2. ^ バグのうちNPCの表示が不整合となる問題については、ユーザー登録者に修正済みのシナリオ2ディスクが無料で郵送された。ロマンシアの王女が蝶になったりクインマリー号の船長の息子が消える現象がそれである。

関連項目

外部リンク