D4エンタープライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

株式会社D4エンタープライズは日本の会社。

概要[編集]

インターネットを利用したコンテンツ配信サービスの企画、開発、運営、販売、コンピューターソフトウェアの企画、開発を行っている。

レトロゲーム復刻・配信サービス、プロジェクトEGGを展開。WiiバーチャルコンソールではMSXネオジオのゲームタイトルを供給している。

また、かつて1チップMSXの通信販売も行われていた。

2013年3月28日発売のPlayStation Vita用ソフト『〜聖魔導物語〜』(発売元:コンパイルハート)にて、同社では初めてパッケージ用の完全新作のゲームタイトルソフトの制作を行った。

関連会社[編集]

かつてこれらの会社が所有していた知的財産権・営業権を引き継いでいる。コンパイルの企業キャッチコピー「の〜みそコネコネ」も2007年に商標登録している(第5082413号)。ただし『ぷよぷよ』シリーズの権利は1998年のコンパイル経営破綻の際、セガに売却されている。

その他、ボーステック株式会社が所有していた知的財産権を引き継いでいる[1]

2010年10月28日、D4エンタープライズが管理する旧コンパイルが製作販売を行ったコンピュータゲームの著作権を、アイディアファクトリーの関連子会社である株式会社コンパイルハートへ許諾し[2]、コンパイルハートが旧コンパイルのコンシューマゲームソフト(テレビゲーム)全般の営業権(開発・販売)をD4エンタープライズから取得(ライセンシー契約)したことが発表された[3]

コンパイルステーション[編集]

「の〜みそコネコネ コンパイルステーション」(COMPILE STATION)は、株式会社D4エンタープライズが運営するウェブサイト。元々は、D4エンタープライズの運営するオンラインゲームコーナー「アミューズメントセンター」内で、旧コンパイルのレトロゲームをまとめたコーナーとして存在していたものを、単独のウェブサイトとして独立させたもの。代表者は旧コンパイル社長であった仁井谷正充。旧コンパイルのPCゲームを遊べるほか、キャラクターを一新した『魔導物語』の描き下ろしウェブコミックが連載されている。

脚注[編集]

  1. ^ ボーステックの作品でもある『レリクス』の商標登録(第4345962号)でも確認できる。
  2. ^ “株式会社コンパイルハートとの業務提携について”. D4エンタープライズ. (2010年10月28日). http://www.d4e.co.jp/info/item/245 
  3. ^ “「株式会社コンパイル」(当時)の営業権取得について”. コンパイルハート. (2010年10月28日). http://www.compileheart.com/news/2010/1028/ 

外部リンク[編集]