1チップMSX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1Chip MSX

1chipMSX(ワンチップ エムエスエックス)とは、MSX2規格をFPGA(Field Programmable Gate Array)上で再現したハードウェアエミュレーターである。

出荷時の設定ではMSX2相当の回路になっており、MSXパソコンのように使える。

歴史[編集]

同人サークル似非職人工房が手掛けていた、MSXを周辺チップも含めて1チップ化する似非プロジェクトが先駆けである。その後MSXアソシエーションに引き継がれ、FPGAを使用したアーキテクチャへの変更が行われた。

当初はMSX1相当1スロット機の仕様で製品化が検討され、アスキーのWEBサイト上にて2005年5月20日より同年8月20日まで予約注文が行われたが、予約数が最低目標の5000に満たなかったため、8月26日、アスキーによる製品化は見送られた[1]

2006年8月11日にMSX2相当の仕様に改められた試作機が一般公開され、同年11月に発売された。発売元はD4エンタープライズ、価格は20790円。5000台の限定生産で、2008年9月に完売し販売を終了した[2]。販売は通販で行われたほか、実店舗で扱っている店も存在した。

2011年10月15日に修理、サポートを終了している[3]

仕様[編集]

本体は上面に拡張スロットを2つと電源・リセットスイッチを、手前にジョイスティック端子2つなどを配し、カートリッジ使用ゲーム機のような見た目をしている。筺体はブルーのスケルトン仕様で、外からアルテラのFPGAチップを確認することができる。

FPGAにはアルテラのCycloneを採用し、チップ自体には21.48MHzが供給されている。CPU速度は3.58MHzの他、非公式設定で10.74MHz相当にも変更可能。

メインRAMは1Mバイト、VRAMは128Kバイト。また、実機では乾電池で保持されていたRTCの時刻、SDRAMに保持される内容等は電源断と共に消失する。

拡張スロット2つは近接しており、カートリッジ形状が大きな機器では物理的に干渉することから、2スロットを併用できない機器も存在する。記憶媒体としてSDメモリーカードまたはマルチメディアカードが使用可能。DISK-BASIC(SD/MMC用、ディップスイッチで切離し可能)、JIS第一水準の漢字ROM、MSX-DOS2、MSX-MUSICとSCC互換の拡張WAVE音源の機能も搭載する。SCC等の波形メモリ音源はエミュレータや非公式ソフトでも扱えるが、ユーザーが正規に扱える環境としては1chipMSXはスナッチャー並びにSDスナッチャー添付のSCCカートリッジと並ぶ数少ない存在である。等速読み書きでデータレコーダの接続も可能である。ただし、FDDを利用する場合、MSX用の物が別途必要となる。将来性を見据え、拡張用にUSBも2つ備えているが、制御ドライバが内蔵されていないため現時点ではダミーポートである。

出力はビデオS映像の他、VGA端子ディップスイッチの切り替えにより15kHz(実機とは同期のタイミングが異なる上、同期信号がコンポジットに切り替わる)/31kHzに対応する。キーボードはPS/2コネクタで接続する。

ハードウェアとしては、「相当する回路」が実装されているため、音源の出力など、実機とは異なる動作をすることもあり[4]ものによっては、商品に書き込まれたものよりも新しいCD内のデータに更新することで改善する可能性があるほか、実機では動作するものが追加で内蔵されたデバイスや、挙動の違いにより動作しないこともある。

MSX以外としての利用[編集]

基本的な部分がFPGAで構成されていることから、周辺インターフェイスが実装済の安価なFPGAの評価ボード[5]としても利用可能であるが、MSXとして販売したことや5000台限定という供給の不透明さもあってか、MSXとして以外の使われ方はまれである。

評価ボードとして、互換ボードの販売も行われているが、こちらには、MSXとして機能するためのデータは付属しない[6]

プログラミングや改造によって回路変更を行うことで、さまざまな用途に活用したり、さらには「夢のMSX3」を自身で設計できるといった触れ込みだった。しかしチップの規模から未使用の論理ゲート数は少なく、現状から大きな拡張をするのは困難とされる。また、開発には別途パソコンが必要となる。

FPGAを書き換えてMZ-700化した例もある[7]。有志によって、VDPを最初から書き直し、MSX2+相当にするファームウェアも開発が進行中である。

脚注[編集]

  1. ^ これに対し西氏は「5000台の予約数に満たなかった場合には、自分のポケットマネーで不足分を全部買ってでも発売してみせる!」と宣言していたが、不足分を買うことはなかった。
  2. ^ MSXの復活:永井孝尚の写真ブログ:オルタナティブ・ブログ
  3. ^ 公式トップページ案内より
  4. ^ 1chip MSX動作確認情報
  5. ^ 評価ボードとして銘打っている商品の売価は、同じチップをコアとしていても、1.5倍から、3倍程度となっている。
  6. ^ 商品検索 - 電子部品通販 M.A.D.
  7. ^ MZをつくる(MZをFPGAで再現!)

外部リンク[編集]