木屋善夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木屋 善夫(きや よしお、1960年5月22日 - )はゲームクリエイターである。福岡県出身。1980年代から90年代の日本ファルコム黄金期を支えたプログラマのひとりである。「東の木屋」と呼ばれたスターゲームプログラマー[1]


来歴[編集]

専門学校卒業後、自動車整備士をしていたが、PC-6001と出会い、趣味でプログラミングを始める。そして、制作したソフトを、当時アップルの販売代理店だった日本ファルコムへ持ち込み、その中のいくつかが商品化されて発売された。その後、日本ファルコムへ入社し、主力プログラマとなった。

以後、多くの作品でプログラマ兼ディレクターを務めた。『風の伝説ザナドゥ』の開発を最後に、同ソフトの発売を待たずして1993年に日本ファルコムを退社し、日本アプリケーション(現・クレアンスメアード)へ入社した。

現在は、クレアンスメアードの取締役CTOオンラインゲーム本部長である。2007年より日本ファルコムと電遊社との共同企画MMORPGソーサリアンオンライン』のアドバイザーに就任した[2]

作品リスト[編集]

日本ファルコム[編集]

日本ファルコムにおける木屋作品は『ドラゴンスレイヤー』以降、「ドラゴンスレイヤー(ドラスレ)シリーズ」と総称され、『ザナドゥ』以降は発売順にナンバリングが施されたサブタイトルが付けられている。なお、『ロマンシア』は発売当時は「III」でなく「Dragon Slayer Jr.」だったがドラスレファミリー発売時に改めて「III」になった。また『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』は当初ナンバリングが外されていた。

なお、木屋の退社後に『リバイバルザナドゥ』や『新英雄伝説』『ザナドゥ・ネクスト』などリメイク作品や派生作品が発売されているが、これらは「ドラゴンスレイヤー」を冠していない。

対談記事等[編集]

日本アプリケーション(現・クレアンスメアード)[編集]

逸話[編集]

加藤正幸によると「(木屋氏は)開発対象のパソコンのクロックを数えながらプログラミングをしていた」という。

脚注[編集]

  1. ^ ザナドゥ』は『ハイドライド』とともにコンシューマーゲームに先行してPC ゲームにおいて日本のRPGの金字塔を打ち立て、日本ファルコム(立川市)の「東の木屋」は、T&E(名古屋市)の「西の内藤」内藤時浩と双璧を為した天才プログラマーである。コンシューマーのドラゴンクエストシリーズゼルダの伝説シリーズはこれらの影響の下に派生したと言っても過言ではない。ただし、木屋・内藤らのPC ゲームはまた、『ドルアーガの塔』(ナムコ)などのアーケードゲームの影響下にあることは忘れてはならない。
  2. ^ 4Gamer.net ソーサリアンオンラインアドバイザー就任対談記事

外部リンク[編集]