神谷英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神谷 英樹
生誕 (1970-12-19) 1970年12月19日(51歳)
日本の旗 日本長野県松本市
別名毒うずら[1]
職業ゲームデザイナー

神谷 英樹(かみや ひでき、1970年12月19日 - )は、日本のゲームデザイナー。代表作は『バイオハザード2』、『デビルメイクライ』、『ビューティフル ジョー』、『大神』、『ベヨネッタ』シリーズ。

経歴[編集]

長野県松本市出身。1994年杏林大学外国語学部英米語学科を卒業後、株式会社カプコンに入社。『アーサーとアスタロトの謎魔界村』の開発を手伝った後、『バイオハザード』の開発に企画として参加する。

1998年、初めてディレクターを務めた『バイオハザード2』は、496万本(国内200万本)の大ヒットとなる。その後、『デビルメイクライ』、『ビューティフルジョー』などのアクションゲームも開発している。

2004年、カプコン子会社(当時)クローバースタジオ株式会社に移籍。『大神』のディレクターとなる。クローバースタジオの解散・閉鎖に先立ち、2006年7月クローバースタジオを退職し稲葉敦志が設立したSEEDS株式会社に移籍。2007年10月、SEEDSと株式会社ODDが合併、商号をプラチナゲームズ株式会社に変更しプラチナゲームズ所属となる。

熱心なオールド/クラシックゲームフリーク、ジュニアアイドル愛好家としても有名。2019年にはアーケードアーカイブス忍者くん 魔城の冒険』キャラバンモードで記録した158680点がギネス世界記録として認定された。

『逆転裁判3』のライバル検事、ゴドー検事の声も務めている。

作品[編集]

カプコン
セガ
任天堂

備考[編集]

  • 『ビューティフル ジョー』でシックスマシンの声を担当した。また、『逆転裁判3』ではゴドー検事の声を担当。なお、逆転裁判シリーズのディレクターである巧舟はカプコン時代の同期であり、神谷がプラチナゲームズに移籍した現在でもプライベートで酒を酌み交わす友人でもある。
    • 舞台化がきっかけで、宝塚を鑑賞するようになったという。[2]
  • 「続編を作らない主義」「カプコンを追い出された」という噂が流れたことがあった。これは本人が明確に否定している[3][4]
  • Xbox OneWindows 10で発売が予定されていたスケイルバウンド英語版でディレクターを務めていたが、2017年1月10日マイクロソフトにより開発凍結が発表された。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 神谷英樹 Hideki Kamiya [@PG_kamiya] (2019年2月15日). "「お前んとこの口の減らない毒うずらの情報漏洩は大丈夫だろうな?」的な念押しがあったと聞いて..." (ツイート). Twitterより2019年2月22日閲覧
  2. ^ Twitter / PG_kamiya: 逆転裁判で宝塚にハマった俺にとっても蘭とむさんは特別な存在… ...
  3. ^ Twitter / PG_kamiya: ●「デビル」→会社の方針で別部署へ譲渡 ●「ジョー」→クロー ...
  4. ^ Twitter / PG_kamiya: 辞めると言えば、“カプコンが俺を追い出した” というような話 ...

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]