ジー・モード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ジー・モード
G-MODE Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川四丁目12番8号
品川シーサイドイーストタワー7階
設立 2006年6月14日
業種 情報・通信業
法人番号 4010001142844 ウィキデータを編集
事業内容 コンテンツ配信事業
オープンソーシャル事業
代表者 加藤 征一郎(代表取締役)
資本金 1億円
2015年4月30日現在)
従業員数 124名(2015年4月30日現在)
主要株主 マーベラス 99.9%
関係する人物 宮路武
外部リンク 株式会社ジー・モード 公式サイト
特記事項:旧ジー・モードの設立は2000年7月27日。
テンプレートを表示

株式会社ジー・モードG-MODE Corporation)は、日本のIT関連企業。

主な事業内容[編集]

  • テトリスをはじめとした、携帯電話向けゲームコンテンツの制作・開発・配信・ゲームサイトの運営。
  • 倒産したりゲーム事業から撤退した会社(データイースト等)から取得したゲームの権利を用いたライセンスビジネス(バーチャルコンソールや、ゲームアーカイブスなど)[1]
  • SNSのmixiGREEモバゲータウンなどの携帯ゲームコーナーへのゲーム提供。
  • パソコンでテレビを観ながら、コメントがリアルタイムに楽しめるおしゃべりテレビのベータテストの運営。
  • AICが制作したアニメーション作品のパッケージソフト発売。
  • 過去に 無料ウェブコミック誌COMIC メテオ』・『COMIC ポラリス』の運営、同誌掲載漫画作品の編集、新人賞「G-mode新人コミック大賞」の主催をしていた。

沿革[編集]

現ジー・モード(旧ONE-UP)[編集]

  • 2006年6月 - 株式会社ジョインとして東京都豊島区池袋に設立。
  • 2008年5月 - ONE-UP株式会社へ社名変更。
  • 2011年10月 - 本社を東京都中央区銀座に移転。
  • 2011年12月 - One-Up Asia Holdings Pte Ltd.設立。
  • 2012年3月 - 株式会社ディー・エフ・キューと合併。
  • 2013年2月 - 台湾スタジオ設立。
  • 2014年3月 - 旧ジー・モードと合併し株式会社ジー・モードに社名を変更、本社を新宿区西新宿に移転。
  • 2014年4月 - 社長を一般公募。最終面接は夏野剛久夛良木健森下一喜が行うとされていた[2]が、その後の動向は公表されていない。
  • 2015年4月 - マーベラスの子会社となる。マーベラス役員の加藤征一郎が社長に就任。
  • 2015年9月 - 本社を品川区東品川に移転。
  • 2017年12月 - マーベラスの副社長の青木利則が代表取締役に就任[1]

旧ジー・モード[編集]

  • 2000年7月 - 髙見富夫により会社設立[3]。株主はアトラスゲームアーツ角川出版事業振興基金に加え、携帯電話販売会社である兼松コンピューターシステムが名を連ねた[3]
  • 2001年 - NTTドコモ・J-フォングループ(現・ソフトバンクモバイル)・KDDIグループに携帯電話ゲームコンテンツの配信開始。
  • 2002年10月 - 株式を店頭登録(後のジャスダック[3]
  • 2007年12月 - mixiに携帯電話フラッシュゲームコンテンツの提供開始。
  • 2009年5月 - 株式会社アプリックス(現・アプリックスIPホールディングス株式会社)と業務・資本提携契約を締結。
  • 2010年1月 - モバゲータウン向けサービスを開始。
  • 2010年1月 - 株式会社アプリックスが親会社となる。
  • 2010年10月 - GREE向けサービスを開始。
  • 2011年12月 - ガイアホールディングス株式会社との株式交換により、ジャスダック上場廃止。
  • 2013年4月 - 親会社ガイアホールディングス株式会社がアプリックスIPホールディングス株式会社に社名変更。
  • 2014年1月 - アプリックスIPホールディングスが保有する発行済み全株式をONE-UP株式会社に譲渡し、ONE-UPの傘下となる。
  • 2014年3月 - ONE-UPと合併し消滅。

携帯電話向けゲームの事業[編集]

2001年1月からNTTドコモJavaアプリケーションiアプリ」のサービスを開始したのに合わせ、ジー・モードはiアプリゲームの販売を開始した[4]

当時副社長を務めていた宮路武は、2001年のGame Watchの船津稔とのインタビューの中で、複数人による会議によってゲームのラインナップを決めており、自分たちが楽しいかどうかが大前提としたうえで、様々なユーザに思い入れを感じてもらえるものを選んでいると話しており、独創性がなければ現代では通用しないとも述べている。たとえば『電卓インベーダー』という作品は、30代のユーザにノスタルジーを感じてもらうのと、10代のユーザに「20年前の電卓を用いたゲーム」として好奇心を誘発させるために選ばれた[4]

宮路は船津とのインタビューの中で非常に評判が良かったと語っており、10代から20代を中心に幅広い層が展開されつつも、30台が少なく、40代以降がまた多いとも述べている。また、対戦ゲームでは若いユーザが多く、「Get!!プチアプリ」では40代のユーザが多かったとも話している[4]。 その一方で、宮路は新作を求める層が増えていることも認めており、旧作と新作のダウンロード数が拮抗しているとも話している[4]

宮路は2001年当時のiアプリのプレイ時間帯のピークは夜の11時から深夜の1時頃であることから、ちょっと気軽に遊べるような作品が求められているとしたうえで、制作にあたっては5分から20分程度に遊べるようにしていると述べ、超過するようであれば目安時間内に収まるようにしていると話している[4]。船津から「5分で遊べるRPGは面白そうだがそれをRPGと呼べるかどうかわからない」と質問された際、宮路は発想を逆転させるだけでよいのでありうると思うと答えており、従来の家庭用ゲーム機向けRPGでもプレイ時間を想定して作っているため、そのようなものをカットすればより短くなると説明している[4]

さらに、同社はテトリスのライセンスを取得して携帯電話向けの移植版を配信したほか、J-PHONEのJavaアプリやKDDIのBREWなど、他社携帯電話向けのサービスを展開した[3]

PC・家庭用ゲーム機向けソフトの販売[編集]

モバイルゲームの会社として舵を切ったジー・モードは、マーベラスの傘下に入ったことで様々なプラットフォームに向けた展開を見せるようになった[1]。 マーベラスの副社長・青木利則氏は2017年12月にジー・モード代表取締役に就任した後、2018年3月にはギークスから竹下功一を呼び寄せ、別の事業を始めるように命じる[5][1]


だが、予算や結果を出すまでの時間が足りないため、ギークス時代にニンテンドー3DS向けのダウンロードサービスを手掛けていた経験を生かしてNintendo Switchのダウンロードゲームの制作・販売を思い立ち[1]、ジー・モードの作品の中から、『空気読み。』と『鳥魂』と『バーガータイム』をSwitchへの移植候補として選定した[5]。 2か月後の2018年5月には『空気読み。』のSwitch化プロジェクトが始動し、Unityで作られたスマホ版をもとに問題をアレンジしたり、2人用モードを追加した。 そして、約3か月後の8月30日には『みんなで空気読み。』という題名でNintendo Switch用ソフトとして発売された[5][1]。 翌年に続編となる『みんなで空気読み。2~令和~』を発売した際、前作となる『みんなで空気読み。』を日本国外向けに発売したところ、実況動画が上がるほどのヒットを見せた[5]。これを受け、ジー・モードは『みんなで空気読み。2~令和~』もローカライズし、PlayStation 4やSteamにも展開した[5]

竹下は次の1年に何をすべきか迷い、より早くジー・モードの家庭用ゲーム機向けダウンロード作品を増やそうかと考える中で、過去にフィーチャーフォン向けに発売した作品の復刻版の発売を思い立ち、『G-MODEアーカイブス』となった[5]

主なサービス[編集]

MOBILE
Wii

G-MODEアーカイブス[編集]

フィーチャーフォン向けに配信されていたアプリゲームを当時のままに再現したシリーズ。2020年4月16日よりNintendo Switch向けに順次配信され[6]、2021年4月27日からはSteam向けに一部作品が配信されている[7][8]

ジー・モードへの問い合せで過去タイトル復刻希望の声が多かった事が企画立案のきっかけだが、その検討中にiモードが2025年までに完全終了するとの発表があり今後ゲームをプレイできなくなることやソースコード消失により復刻が困難になることが予想されるため、そうした事態を避けるという目的も含んでいる。テーマは「失われゆく、すべてのアプリを救う」[9][10]

全てのタイトルは基本的に原作を忠実に再現している。1タイトルごとにそのまま移植作業を行った場合膨大なコストがかかり採算が合わなくなることから、自社開発のフレームワーク「G-Engine」を用いて短期間での移植を実現し、自社他社問わずプログラムソースがあれば対応可能となった[9]

2020年の配信タイトル(26タイトル)[編集]

No 配信日 タイトル 対応プラットフォーム 備考
01 04月16日 フライハイトクラウディア Switch
Steam(2021年4月27日)
02 04月23日 愛と労働の日々 Switch
03 04月30日 くるりん☆カフェ Switch
04 05月07日 ビーチバレーガールしずく Switch
05 06月04日 スケボーマン Switch
06 06月25日 史上最強 宮本ジュリア Switch
07 07月02日 ラブラブナックル Switch
08 07月16日 プッチンパズル Switch
09 07月30日 フライハイトクラウディア2 Switch
Steam(2021年5月25日)
10 08月06日 想ひでシリーズ お祭りづくし Switch
11 08月06日 千羽鶴 Switch
12 08月20日 ナイトハイク Switch
13 08月27日 臨時終電 Switch
14 09月03日 mystia Switch
15 09月10日 ちゅら島暮らし Switch
Steam(2021年8月10日)
16 09月17日 ビーチバレーガールしずく2 飛翔編 Switch
17 09月24日 フライハイトクラウディア3 Switch
Steam(2021年6月29日)
18 10月01日 勇者死す。ディレクターズカット Switch
19 10月08日 マジカルドロップDX Switch
Steam(2021年8月24日)
20 10月15日 マジカルファンタジスタ Switch
21 10月22日 右脳パラダイス Switch
22 10月29日 ヘラクレスの栄光III 神々の沈黙 Switch
23 11月19日 ケータイ少女 Switch
24 12月03日 三国志年代記DX Switch
25 12月10日 TOPOLON Switch 日本国外でも発売
26 12月24日 俺の戦隊オレンジャー Switch

2021年の配信タイトル(13タイトル)[編集]

No 配信日 タイトル 対応プラットフォーム 備考
27 01月14日 忍者のガッコ Switch
28 01月21日 セパスチャンネル Switch
Steam(2021年7月27日)
29 01月28日 ZANAC Switch 日本国外でも発売
30 02月18日 ソーサリアン Switch 『アドバンスド ソーサリアン』を移植
31 02月25日 いれかえIQクロスワード DX Switch
32 03月04日 魔王カムパニー Switch
33 04月01日 TETRIS® DIAMOND Switch
34 04月15日 魔城っ娘プリンセス Switch
35 07月01日 マジカルファンタジスタ2 Switch
36 07月21日 ビーチバレーガールしずく3
世界大会編
Switch
37 07月21日 萌えスロ☆ビーチのしずく Switch
38 09月16日 mystia2 Switch
39 09月24日 フライハイトクラウディア4
永遠の絆
Switch,Steam

2022年の配信タイトル[編集]

No 配信日 タイトル 対応プラットフォーム 備考
40 01月13日 カムラ -神々と契りし者- Switch
41 02月03日 いづみ事件ファイル Vol.1 潮騒編 Switch
42 05月26日 いづみ事件ファイル Vol.2 黄昏編 Switch

G-MODEアーカイブス+[編集]

ジー・モード以外のメーカーがかつて配信していたフューチャーフォン向けタイトルを忠実に再現し遊べるようにした新レーベル。2021年3月18日よりNintendo Switch向けに配信開始され[11][12]、同年11月16日からはSteam向けに一部作品が配信されている[13][14]

2021年の配信タイトル(20タイトル)[編集]

配信日 タイトル ブランド 対応プラットフォーム 備考
03月18日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.1
「仮面幻想殺人事件」
And Joy
(旧社名:元気モバイル)
Switch
04月08日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.2
「海楼館殺人事件」
And Joy Switch
04月28日 シティコネクション・ロケット ジャレコ Switch
05月06日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.3
「死者の楽園」
And Joy Switch
05月20日 怒首領蜂大往生DX ケイブ Switch
Steam(2021年11月16日)
05月27日 魔王が墜ちる日 ジャレコ Switch
06月03日 ぶらり・世界ウンテイ ハッピーミール Switch
06月17日 忍者じゃじゃ丸くん・乱舞 ジャレコ Switch
06月24日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.4
「白鷺に紅の羽」
And Joy Switch
07月08日 弾幕検定死験-大往生編- ケイブ Switch
Steam(2022年1月20日)
07月29日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.5
「昏い匣の上」
And Joy Switch
08月05日 ケツイ~絆地獄たち~DX ケイブ Switch
08月11日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.6
「対交錯事件」
And Joy Switch
08月19日 トンデモ西ブー記2 パリ・ブタール ラリー ハッピーミール Switch
09月30日 弾幕検定死験-ケツイ編- ケイブ Switch
10月07日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.7
「音成刑事の捜査メモ」
And Joy Switch
10月21日 モモコ1200% ジャレコ Switch
11月04日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.8
「仮面幻影殺人事件」
And Joy Switch 『仮面幻影殺人事件イントロダクション』も同時収録
12月23日 アイドル雀士スーチーパイ・ミルキーの野望 ジャレコ Switch
12月24日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.9
「五月雨は鈍色の調べ」
And Joy Switch

2022年の配信タイトル[編集]

配信日 タイトル ブランド 対応プラットフォーム 備考
03月17日 三國フィールドコンバット ジャレコ Switch
04月28日 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.10
「永劫会事件」
And Joy
(旧社名:元気モバイル)
Switch
07月14日 女神転生外伝 新約ラストバイブル アトラス Switch

役員[編集]

過去の所属スタッフ[編集]

外部クリエーター[編集]

過去の主なグループ会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 【プレゼントあり】データイースト作品に新たな動きも? 開発キーパーソンに聞く、ジー・モードのNintendo Switch展開”. ファミ通.com (2018年12月26日). 2022年7月30日閲覧。
  2. ^ 新生ジー・モードが社長を公募! 審査の最後に待つのは3人のラスボス!? - ファミ通.com
  3. ^ a b c d 「G-MODEアーカイブス」プロジェクト始動!失われゆくフィーチャーフォンゲームを救う!? 業界トップを走り続けたジー・モードとモバイルゲーム黎明期を振り返る” (日本語). 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない? (2021年3月8日). 2022年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 特別インタビュー”. game.watch.impress.co.jp (2001年5月1日). 2022年7月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 竹下功一 (2022年3月29日). 『みんなで空気読み。』シリーズや『G-MODEアーカイブス』などユニークなSwitchタイトルを多数手がける、ジー・モード取締役竹下功一氏の次の一手とは?. インタビュアー:竹下和広. https://confidence-media.jp/873 2022年7月30日閲覧。 
  6. ^ “G-MODE アーカイブス”プロジェクトが始動。フィーチャーフォンの人気作がスイッチで遊べる!”. ファミ通.com (2020年4月2日). 2020年4月22日閲覧。
  7. ^ ばしょう (2021年4月27日). “RPG「G-MODEアーカイブス01 フライハイトクラウディア」のPC版が配信開始。フィーチャーフォン向けゲームがPCで遊べる”. 4Gamer.net. 2021年4月27日閲覧。
  8. ^ ヨシムネ (2021年4月27日). “携帯電話向けRPGの復刻タイトル『G-MODE アーカイブス フライハイトクラウディア』Steam版が配信開始。第2弾『フライハイトクラウディア2』のストアページも公開”. 電ファミニコゲーマー. 2021年4月27日閲覧。
  9. ^ a b 「やじうまNEWS」『週刊ファミ通』、Gzブレイン、2020年5月21日、 176頁、 雑誌21881-6/4。
  10. ^ 開発者メッセージ”. G-MODEアーカイブス. 2020年8月7日閲覧。
  11. ^ 松本隆一 (2021年3月8日). “「G-MODEアーカイブス+」,3月18日に第1弾タイトル“仮面幻想殺人事件”をSwitch向けにリリース” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2021年3月18日閲覧。
  12. ^ ヨシムネ (2021年3月8日). “推理アドベンチャー『探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.1「仮面幻想殺人事件」』他社作品を復刻する新レーベル「G-MODEアーカイブス+」から3月18日に配信へ” (日本語). 電ファミニコゲーマー. Mare. 2021年3月18日閲覧。
  13. ^ 屋敷悠太 (2021年11月16日). “弾幕ゲー、Steam版「怒首領蜂大往生DX」本日発売! 併せて「弾幕検定死験-大往生編-」のストアページも公開! オンラインランキング機能で全世界のプレーヤーと競い合える” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2021年11月16日閲覧。
  14. ^ 簗島 (2021年11月16日). “Steam版「G-MODEアーカイブス+ 怒首領蜂大往生DX」が本日配信に。「弾幕検定死験-大往生編-」のストアページも公開” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2021年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]