GD-ROM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GD-ROM
メディアの種類 光ディスク
記録容量 1GB
策定 セガヤマハ
主な用途 ドリームキャスト用ゲームソフト
アーケードゲーム基板
ディスクの直径 12cm
上位規格 なし
下位規格 なし
テンプレートを表示

GD-ROM(Gigabyte Disk ROM)は、セガヤマハが共同で開発した光ディスクメディア。直径はCDと同じ12cmであるが、記録密度を高めることにより約1ギガバイトの容量を達成している。セガの家庭用テレビゲームドリームキャストや、同社の業務用システム基板NAOMI / NAOMI2 / chihiro / Triforceに採用された(chihiroの次の世代の基板であるLINDBERGHDVD-ROMを採用)。

フォーマット[編集]

GD-ROMの記録面:3種類の領域に分かれているのが確認できる

GD-ROMでは、1GBの容量を実現するために、CD-ROMとは異なる独自のフォーマットを採用している。その実体は、マルチセッションにしたCD-ROMの 2セッション目を高密度フォーマットで記録したものであり、物理フォーマットとしては大別して3つの領域に分けることができる。

  • 内周の領域は音楽CD/CD-ROMと同じフォーマット(ISO 9660)であり、ドリームキャスト用ソフトの場合であればここにソフトの概要などを記述したテキストファイルが3つと、一般のCDプレイヤーで再生しないよう注意を喚起する音声が収録されている。PC向けのおまけデータが入っている場合もある。内周部の容量は35MB程度、CD-DAで約4分である
  • 外周部はGD-ROM独自の高密度フォーマットとなっており、一般のCD-ROMドライブで読むことはできない。外周部はCDでいう10分の位置から開始し、約984MB(112分)の容量を持つ。この領域のフォーマットについては、エラー訂正情報を減らしてその分データ量を増やしたという説がある。
  • その間にある領域にはデータは格納されておらず、記録面には代わりに権利関係の2つの英文が書かれている。なおこの英文はセガサターン用のCD-ROMでも使われていた。

GD-ROMでは読み出しの効率を高めるため、ディスクのピックアップ上の通過速度が速くなる最外周部から順にゲームデータを記録している。つまり、ゲームデータ自体のサイズが小さい場合でもデータは最外周まで記録されていることになる。第2セッション(高密度記録部)の内周側は通常「0」が延々と続くダミートラックで埋められており、実際のゲームデータはその後に続いている。

違法コピーとの関連[編集]

このような独自のフォーマットを採用した理由には、大容量化の他に不正コピー対策という側面もあった。しかし、ドリームキャストのシステムにプロテクトがかけられていないCD-Rで任意のコードを実行できるセキュリティホールが発見され、シリアルポートやブロードバンドアダプタを経由したデータ転送を使用してGD-ROMからCD-Rへメディア変換を行う不正コピーが横行してしまった。