Professional Disc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Professional Disc
PFD
ソニー製Professional Disc
ソニー製Professional Disc
メディアの種類 光ディスク
記録容量 片面1層23.3GB 片面2層50GB 片面3層100GB 片面4層128GB
コーデック MPEG-2
書き込み速度 最大172Mbps
読み取り方法 青紫色レーザー
書き込み方法 相変化記録
策定 ソニー
主な用途 業務用ビデオ
ディスクの直径 12cm
関連規格 Blu-ray Disc
テンプレートを表示

Professional Disc (プロフェッショナルディスク、PFD) とは、ソニーが開発した相変化記録技術を採用した光ディスク第3世代光ディスク)の一種。略称はPFDまたはPD[注 1]

概要[編集]

Blu-ray Discに採用されているものと同じ青紫色レーザーを採用しており、構造的にとても近い物となっているが両者に互換性は無い。ベアディスク化される前のBDと同形のカートリッジに収められている。

放送・業務用ビデオ機材XDCAMの記録メディアとして採用されている。また、コンピュータ用補助記憶装置のメディアとしてProfessional Disc for DATA(PDD)が市販されている。

ディスクメディアのサイズは12 cm (5.25インチ)で、丸みを帯びたカートリッジに格納されている。記憶容量は片面1層23.3GB、片面2層50GB、片面3層100GB、片面4層128GB。書き換え回数は10,000回以上、読み取り回数は100万回、データの保持寿命はUDOと同じ50年以上とされている[発表 1]

種類[編集]

記録容量 (GB) ディスクの色 記録層の数 記録時間(HD422 50 Mbit/sの場合) 規格
23 1層 45分 Rewritable
50 2層 90分 Rewritable
100 3層 180分 Rewritable
128 4層 240分 Write once

Professional Disc for DATA[編集]

Professional Disc for DATA (PDD)はProfessional Disc (PFD、PD)の規格をベースにデータ用に特化したものである。

BD用機器はもとより、PFD用機器 (XDCAM)での使用も不可能である。

沿革[編集]

  • 2004年2月、プロフェッショナルディスク及びカムコーダーと編集機(XDCAM)を、1層23GBディスクとSD画像コーデックを搭載したXDCAMとして初めて商品化[発表 2]
  • 2007年4月15日(現地時間)、NAB2007において、2層のProfessional Discに対応するXDCAMの発売を発表、記録媒体にソニーと米SanDiskが開発したフラッシュメモリの「SxS Memory Card」に記録する「XDCAM EX」の試作機を発表した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同じく光ディスクであるPhase-change DualもPDと略されるので注意が必要である。

出典[編集]

二次資料[編集]

一次資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]