Ultra Density Optical

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
技術仕様
Ultra Density Optical
記録方式 相変化 (光)
トラック形状 同心円
ディスクサイズ 13 cm (5.25インチ)
外形寸法 縦153 x 横135 x 高11 mm
転送速度 最大4 MByte/sec
記憶容量 30GB B
書き換え回数 10000回
テンプレートを表示

Ultra Density Optical(ウルトラデンシティーオプティカル、UDO)は、ソニーHP、Plasmonが策定した、青紫色レーザーを利用することで30GB(両面)の容量を持つ、相変化記録技術を採用した光ディスクの一種。

5.25インチMOの後継規格として位置づけられており、実際、MOからの移行がスムーズに行えるよう配慮されている。 ディスクサイズは5.25インチで、MOと同じ寸法のカートリッジに収められている。

UDOには10,000回まで書き換え可能なリライタブルタイプと、追記型のWORM(Write Once Read Many)タイプの2種類が用意されている。容量については60GB、120GBも開発される予定。

現在、ソニーはBlu-ray Discを重要視したため、UDOからは撤退している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]