任意コード実行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
情報セキュリティ > 脆弱性・攻撃手法 > 任意コード実行

任意コード実行(にんいコードじっこう、英語: arbitrary code execution; ACE)とは,オペレーティングシステムWebアプリケーションの脆弱性を突いて任意コードプログラム)を実行するような攻撃手段を指すコンピュータセキュリティ用語である[1]TASを用いたゲームにおいても似たような意味で使われる[2]

事例[編集]

脚註[編集]

出典[編集]

  1. ^ 鈴木朋夫、株式会社ウチダ人材開発センタ 『Get! CompTIA Security+ セキュリティ社会の必修科目(試験番号:SY0-401)』(初版)翔泳社、2015年10月1日、169頁。ISBN 9784798144498 
  2. ^ 「FF5」と「FF6」のTAS記録が大幅更新 「サブフレームリセット」「任意コード実行」の合わせ技でゲーム大崩壊”. ねとらぼ. 2021年8月16日閲覧。
  3. ^ JVNDB-2016-002475”. 脆弱性対策情報データベース. 情報処理推進機構 (2016年5月3日). 2019年6月29日閲覧。
  4. ^ JVNDB-2014-004410”. 脆弱性対策情報データベース. 情報処理推進機構 (2014年9月15日). 2019年6月29日閲覧。