川井憲次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川井憲次
Kenji Kawai 20071028 Manga Expo 06.jpg
川井憲次
基本情報
別名 かーいさん
生誕 1957年4月23日(59歳)
出身地 日本の旗 日本
学歴 東海大学工学部原子力工学科中退
ジャンル 劇伴映画音楽
活動期間 1980年代 - 現在
公式サイト Kenji Kawai Official Site

川井 憲次(かわい けんじ、Kenji Kawai1957年4月23日[1] - )は日本作曲家東海大学工学部原子力工学科中退、尚美音楽院中退。本人が自分のことを「かーい」と表すため「かーいさん」と呼ばれている。インストゥルメンタルバンドであるfox capture planのカワイヒデヒロは甥。

人物[編集]

サントラ界の大御所として知られており、アニメドラマ映画ゲーム等、幅広いメディアミックス作品で活躍する[2]。その作品のヴィジュアルから音を引き出していくため、何も無い状態から音楽を作ることは苦手(本人談)。アニメでは映像ができていない場合が大半である為、絵コンテのビジュアルから音楽を作るという[3]。感覚的な音楽作りを得意とし、映画『クロユリ団地』の楽曲制作時間は1曲4、5分という速度だったという。

父の影響で幼少時から音楽を聴いており、小学生時にはフォークを中心に、中学生時には洋物ポップスばかりを聴いていた。高校生時には初購入したエレキギターがきっかけでバンドを作ったが、そのせいで浪人する。大学生時には音楽クラブに入ったせいで中退し、親の手前で音楽の専門学校に入ったが、こちらも半年ぐらいで退学する。しかし、その頃から作曲の仕事が入るようになったうえ、ある歌手のバックバンドのリハーサルコンテストの張り紙を見て本物の大学生との混成バンドを結成し、応募する。バンドは優勝したがお金になる仕事には恵まれず、結局は川井だけがギタリストとして活躍することになり、自然消滅する。その頃から自宅録音に興味を覚え、舞台やCM音楽などを手がけ、劇伴作曲家としての活動を開始する。自宅スタジオには当時、矢沢透などが年中訪れていたという[4]

1986年植岡晴喜監督、つみきみほ主演のダーク系ファンタジー映画『精霊のささやき』を担当。映画『紅い眼鏡』で押井守と出会い(「自宅録音で制作費が浮くから」起用されたといわれる)、以後『機動警察パトレイバー』や『攻殻機動隊』の劇場版の作曲を担当するなど押井守の作品に欠かせない人物となった。『BLOODY MALLORY』などのフランス映画、『美しき野獣』『南極日誌』(佐久間正英との共作)などの韓国映画でも作曲を担当する。また、政治、官公庁など硬派な題材を用いたポリティカル・フィクション風の世界観と最もマッチするため、日本のテレビ番組BGMとしても利用されることが多い。

2005年、AMD Awardの「Digital Contents of the year」に出品された『イノセンス』で「Best Music Composer賞」を受賞。

2008年、第41回シッチェス・カタロニア国際映画祭に出品された『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』で日本人としては3人目となる最優秀映画音楽賞を受賞。

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

アニメ映画[編集]

その他アニメ(CM、ネット配信など)[編集]

  • 機動戦士ガンダム0080「ALL THAT GUNDAM」(1989年)※プロモ映像
  • リフレイン(1993年)※薬物予防教育アニメ
  • てぶくろを買いに(1994年)※ビデオ絵本
  • バンダイエモーションレーベル モアイの映像BGM(1997年)※雲が鳥に変わるバージョン
  • アイシールド21 幻のゴールデンボウル(2003年)※イベント用映画
  • ああっ女神さまっイメージアルバム(2000年)
  • A New Visual Odyssey(2007年)※東芝HD映像プロモーションビデオ/CM
  • サイボーグ009 PEPSI NEX(2011年)※3Dアニメ CM/ワーナー・マイカル・シネマズでのみ上映
  • 武装中学生(2012年)
  • NEXT A-Class(2012年)※メルセデス・ベンツキャンペーン映像

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

フジテレビ[編集]

関西テレビ[編集]

  • 進路指導室(2002年)※オムニバスドラマ番組『愛と不思議の物語スペシャル ウルチョラ・セブン』

TBS[編集]

特撮[編集]

CM[編集]

  • 湖池屋「カラムーチョ」(1987年)
  • 湖池屋「すっぱムーチョ」(1993年)
  • TOYOTA「MARK X」(2009年)
  • TOYOTA「MARK X ZIO」(2011年)
  • 月桂冠「つき」(2012年)

その他テレビ番組[編集]

映画・オリジナルビデオ(アニメ以外)[編集]

ゲームミュージック[編集]

その他[編集]

愛・地球博において押井守の映像とコラボレーション展示をおこなったもの。
「宇宙137億年の旅-すべては星から生まれた-」(2009年)
「海の食物連鎖 -太陽からクロマグロをつなぐエネルギーの流れ-」(2010年)
  • SHANGHAISKYGATE〜天空の扉〜(上海環球金融中心<上海ヒルズ>エントランスムービー)(2011年)
  • go on a trip to kanazawa(2011年)※金沢市プロモーション映像

脚注[編集]

外部リンク[編集]