Unloved

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UNLOVEDから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Unloved
アンラヴド
監督 万田邦敏
脚本 万田邦敏
万田珠実
製作 仙頭武則
出演者 森口瑤子
仲村トオル
松岡俊介
音楽 川井憲次
撮影 芦澤明子
編集 掛須秀一
製作会社 WOWOW
バンダイビジュアル
配給 サンセントシネマワークス
公開 2001年
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

Unloved』(アンラヴド)は、万田邦敏監督による2001年日本映画

キャッチコピーは「わたしが、わたしでいるために」。

ストーリー[編集]

公務員の影山光子(森口瑤子)は起業家の勝野(仲村トオル)と恋に落ちるが、それまでとは違う裕福な暮らしには戸惑いを感じている。やがて彼女はアパートの階下に引っ越してきた下川(松岡俊介)に惹かれはじめる。

キャスト[編集]

製作[編集]

仲村トオルが「不自然なせりふを自然に聞こえるよう」演じたところ、監督の万田邦敏は「私の狙いから一番遠い。不自然なせりふを不自然に言うことで、不自然さを克服してください」と仲村に要求し[1]、「そこは3歩進む」「左から振り返る」「抑揚はいりません」などという演出をおこなった[2]

発表[編集]

2001年、第54回カンヌ国際映画祭「批評家週間」部門に出品された[3]

評価[編集]

第54回カンヌ国際映画祭において、レイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞した[4]。第12回日本映画プロフェッショナル大賞において、本作がベスト10の第6位に選ばれたほか、万田邦敏が監督賞、森口瑤子が主演女優賞をそれぞれ受賞した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 【プレミアムシート】俳優・仲村トオル「今まで通り、心を込めて」(1)”. MSN産経ニュース (2011年7月16日). 2014年4月6日閲覧。
  2. ^ 【プレミアムシート】俳優・仲村トオル「今まで通り、心を込めて」(2)”. MSN産経ニュース (2011年7月16日). 2014年4月6日閲覧。
  3. ^ Cannes award to Japanese director”. The Japan Times (2001年5月19日). 2014年4月6日閲覧。
  4. ^ Parallel section and other prizes”. Screen International (2001年5月22日). 2014年4月6日閲覧。
  5. ^ 第12回日本映画プロフェッショナル大賞”. 日本映画プロフェッショナル大賞 (2003年). 2014年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]