萌の朱雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
萌の朱雀
監督 河瀬直美
脚本 河瀬直美
製作総指揮 仙頭武則
小林広司
出演者 國村隼
尾野真千子
音楽 茂野雅道
撮影 田村正毅
編集 掛須秀一
製作会社 WOWOW
バンダイビジュアル
配給 ビターズ・エンド
公開 日本の旗 1997年11月1日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

萌の朱雀』(もえ の すざく)は、1997年に製作された日本映画

概要[編集]

過疎化が進む架空の村「恋尾」を舞台に、山村における過疎化の現実とそこに生きる人々のかかわりと感情を描く作品。撮影地は奈良県西吉野村(現在は五條市)。

製作は、WOWOWバンダイビジュアル1997年11月1日ビターズ・エンドの配給により公開された。

監督・脚本を務めた河瀬直美は、本作により第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞した。

河瀬本人の手により、同名で小説化もされている(1997年 幻冬舎刊)。文庫版は仙頭直美名義で1999年に刊行。

物語[編集]

過疎の進む恋尾村の田原家は、孝三(國村隼)と幸子(和泉幸子)の夫婦、その娘のみちる(尾野真千子)、孝三の姉が残していった息子の栄介(柴田浩太郎)、そして孝三の母・泰代(神村泰代)の五人家族。少しずつ寂れてゆく村にありながらも、一家は穏やかな暮らしを営んでいた。

高校生になったみちるは、幼い頃から兄のような存在であった栄介に恋心を抱いていた。しかし栄介は、長く「姉ちゃん」と呼んできた幸子に思いを寄せていた。孝三は、村の希望である鉄道新線・阪本線(五新線)のトンネル開通工事に従事していたが、あるとき計画は中断され、新線建設は幻となる。職を失った孝三は、8ミリフィルムに村の人々の姿を残したのち、失意のままこの世を去る。

孝三の死後、幸子は近隣の旅館へ勤めに出るが、体調を崩して倒れてしまう。幸子の胸の内を思い、また村の行く末を悟った泰代は、「実家へ帰るか」と幸子に言葉を掛ける。心を決めた幸子から村を離れることを聞かされたみちるは、栄介に思いを打ち明け、二人でささやかな時間を過ごす。

それぞれに心を残しながらも、幸子とみちるの親子は、栄介と泰代に見送られて、恋尾村を後にするのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

ビデオ[編集]

2007年9月25日に、バンダイビジュアルからDVDが発売された。

撮影[編集]

路線バスの場面は主に当時の賀名生停留所(後の奈良交通・専用道賀名生、現在廃止)周辺で撮影が行われた。当時使用されていた西日本JRバス加茂営業所五条派出所所属の車両を、塗装はそのままにJRマークや社名をテープで隠したり「国鉄」バスに貼り替えて撮影に使った。

また、トンネルの場面は城戸以南のトンネルで撮影が行われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]