仲村トオル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら トオル
仲村 トオル
本名 中村 亨
(なかむら とおる)
生年月日 (1965-09-05) 1965年9月5日(58歳)
出生地 日本の旗 日本東京都大田区
身長 185 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1985年 -
配偶者 鷲尾いさ子1995年 - )
著名な家族 ミオ(長女)
事務所 KITTO
公式サイト Kitto official web
主な作品
テレビドラマ
あぶない刑事』シリーズ
勝手にしやがれヘイ!ブラザー
ゴリラ・警視庁捜査第8班
29歳のクリスマス
眠れる森
週末婚
氷の世界
黒革の手帖
救命病棟24時
海猿 UMIZARU EVOLUTION
華麗なる一族
チーム・バチスタ』シリーズ
家売るオンナ』シリーズ
BG〜身辺警護人〜
ネメシス
日本沈没-希望のひと-
映画
ビー・バップ・ハイスクール
あぶない刑事』シリーズ
ラブ・ストーリーを君に
海猫
北のカナリアたち
64-ロクヨン-
22年目の告白 -私が殺人犯です-
 
受賞
日本アカデミー賞
新人賞
第10回ビー・バップ・ハイスクール
その他の賞
高崎映画祭
最優秀主演男優賞
2008年接吻
受賞歴参照
テンプレートを表示

仲村 トオル(なかむら トオル、1965年9月5日[2] - )は、日本俳優タレント。本名︰中村 亨(なかむら とおる)[3]。KITTO所属。

デビュー作は1985年映画ビー・バップ・ハイスクール』。特技は乗馬スキューバダイビング

妻は女優鷲尾いさ子[4]1992年、自身の主演するドラマ『俺たちルーキーコップ』で相手役を務め、その共演が交際と結婚のきっかけとなった。長女はモデルミオ[5]

来歴[編集]

東京都大田区に生まれ、0歳から3歳まで大阪府寝屋川市で育ち、幼稚園に入る前に神奈川県川崎市に転居[6]。小学校3年から千葉県流山市で育つ。

専修大学松戸高等学校専修大学文学部卒業。

専修大学文学部在学中の1985年に『ヤングマガジン』に連載されていた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化に際し公募された主演オーディションに応募し合格。映画主演デビューでの芸能界入りを果たし、本作の演技により第10回日本アカデミー賞などの様々な映画賞で新人賞を受賞した[2](後述「受賞」の欄を参照)。

1986年に『あぶない刑事』でドラマ初出演し、本作はシリーズ2作、SPドラマ1作、映画全7作という30年間に渡り制作されるヒット作となった[7]。『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに、「トオル」役[注釈 1]で出演したことで、広い世代に顔と名前が浸透し、人気を得た。1988年公開の映画『ラブ・ストーリーを君に』では主人公(後藤久美子)の元家庭教師(大学山岳部員)・明を演じた。

以後2008年の『チーム・バチスタの栄光』(フジテレビ系)を始めとするチーム・バチスタシリーズ』など、多数のドラマ・CM・映画に出演。1990年代からは海外作品にも参加するようになり、2002年の韓国映画『ロスト・メモリーズ』で第39回大鐘賞(てじょんしょう)映画祭男優助演賞を受賞するなど高い評価を受ける[2]。また、日本のODAを紹介するドキュメンタリー番組『仲村トオルの地球サポーター』の司会を担当した。

エピソード[編集]

学生時代[編集]

東京のごく平均的なサラリーマン家庭の次男として育つ[2]。大阪に引っ越した後、3歳で川崎に引っ越したが当時は関西弁を話していたため幼稚園では異端児扱いされ、小学校2年生まで同級生などとのコミュニケーションが苦手だった[注釈 2]。小学3年生で千葉に引っ越した後、クラスメイトから誘われたドッジボールで活躍できたことをきっかけに、会話が上手くできるようになった[2]

当時はプロ野球選手になりたいと思い野球を練習していたが、中学2年生の頃に近隣校の打者の場外ホームランを目の当たりにして挫折[2]。自信をなくしたことが影響して徐々に成績が下がり、3年生の頃に県立の志望校の受験に失敗[2]。私立高校に進学したが、本人曰く「野球での挫折や受験失敗が尾を引いて、曇り空みたいな高校生活を過ごした」という[注釈 3]。放課後は校庭で部活に熱中する同級生を見るのも嫌だったため、さっさと帰ってビルの清掃や運送会社の手伝いなどのアルバイトをした[2]

大学入学直後の4月に突然父親が倒れて2、3週間後に亡くなったが、悲しみの中いきなり中退して社会人になる自信がなかった[2]。「いずれ中退するまでに就職に繋がる何かを早く探さないと」と考え、とにかくバイトしながら学生生活を送った[2]。大学2年生の夏、書店で立ち読みした雑誌に「映画の出演者男性2人募集」との広告を見つけた[2]。「映画会社に履歴書を出せば就職のコネができるかも」と気軽に応募したのが、映画『ビー・バップ・ハイスクール』の主役オーディションだった[2]

『ビー・バップ・ハイスクール』[編集]

当時原作漫画をよく知らないまま[7]オーディション会場に訪れると、参加者の多くは不良やヤンキーばかりだった。本人は「何か勘違いしていた」と場違いなことに気づいたが、意図せず主役キャラクター“中間徹”に選ばれた[2]。この時、役名と本名が似ていたこともオーディション合格の一因となったことが、後に『ヤングマガジン』の編集者によって語られている。決定的となったのは、原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったこと。後に本人は、「会場には本物のツッパリの人もたくさん来ていて、僕みたいな普通の大学生みたいなのがいると目線が怖かったですよ、帰りに因縁つけられそうになったり」とラジオ番組で語っている。

撮影前の1か月間、千葉の自宅から府中高瀬道場に通い、人を殴ったように見える殴り方や受け身などのアクションの練習をした[7]。初めての芝居で何度もテイクを重ねることもあったが、撮影現場が面白かったことから俳優業に憧れるようになった[注釈 4]

その他[編集]

  • 憧れの俳優は松田優作。松田は仲村の所属事務所だったセントラル・アーツの先輩俳優であり、生前の松田本人も仲村を弟のようにかわいがっていた。松田がで他界した際も、仲村は遺体の前で「優作さん、起きてください!早すぎます!」と絶叫しながら泣き崩れたという[8][注釈 5][注釈 6]
  • 松田優作が1989年のアメリカ映画『ブラック・レイン』に出演したことが刺激となり、海外作品でもやってみたいという気持ちが芽生えた[7]。1994年に日米合作映画『刺青 BLUE TIGER』に主演し、以降1999年の香港映画『ジェネックス・コップ』、2002年の『ロスト・メモリーズ』、2003年の中仏合作映画『パープル・バタフライ』など海外作品にも意欲的に出演するようになった[7]
  • 『ビー・バップ・ハイスクール』、『もっとあぶない刑事』など各シリーズでは喫煙シーンが多数あったが、本物のタバコは苦手で演じるのに苦労したことがあった[9]
  • 『ビー・バップ・ハイスクール』の後、同作の那須博之監督とコンビを組んだ『新宿純愛物語』にも主演した。本人なりに頑張って撮影に臨んだが公開後の客の反応はイマイチだったものの、この敗北感はその後の役者人生の原動力となった[7]
  • 歌が苦手であることを自認している[10]。1986年には映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』の挿入歌『ビー・バップ・パラダイス』を歌うビー・バップ・少年少女合唱団のメンバーとしてレコードデビュー。1987年には映画『新宿純愛物語』で共演した一条寺美奈とデュエット曲、同年12月に映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』の主題歌『It's All Right』でソロデビューしている。『It's All Right』はオリコンシングルチャートで最高位3位を記録[11]
  • 『劔岳 点の記』の撮影時、「クレバスに落ちるシーンを自分でやらせてほしいとスタッフに懇願したというエピソードがある」と、多賀谷治が明かした[12]

受賞[編集]

  • 1987年 - 第10回日本アカデミー賞 新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
  • 1987年 - 第41回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
  • 1987年 - 第8回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
  • 1988年 - エランドール賞 新人賞
  • 2002年 - 第39回大鐘賞 助演男優賞(『ロスト・メモリーズ』、「韓国のアカデミー賞」とされる"大鐘賞"において韓国人以外の受賞は初である[7]
  • 2008年 - ベスト・ファーザー イエローリボン賞
  • 2009年 - 第23回高崎映画祭 主演男優賞(『接吻』)

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 狙撃 THE SHOOTISTシリーズ(1989年、東映Vシネマ
  • ニューヨークUコップ(1993年、東映Vシネマ)
  • 神様のい・う・と・お・り(1994年、明治生命オリジナルビデオ)
  • 迅雷 組長の身代金(1996年、東映Vシネマ)

ネット配信[編集]

舞台[編集]

  • ラブレターズ(1992年・1993年・2002年、PARCO劇場
  • 羅生門 〜女たちのまぼろし〜(2004年、日生劇場
  • ドライブイン カリフォルニア(2004年、本多劇場
  • 偶然の音楽(2005年・2008年、世田谷パブリックシアター
  • マテリアル・ママ(2006年、新国立劇場
  • Team申第2回公演『抜け穴の会議室』(2007年、赤坂レッドシアター
  • 奇ッ怪 〜小泉八雲から聞いた話〜(2009年、世田谷パブリックシアター)
  • フロスト/ニクソン(2009年、天王洲 銀河劇場
  • 子どもとおとなのための◎読み聞かせ『お話の森』(2010年・2012年・2015年 世田谷パブリックシアター)(2013年 <池袋>あうるすぽっと
  • 黴菌(2010年、Bunkamuraシアターコクーン
  • 現代能楽集VI 奇ッ怪其ノ弐(2011年、世田谷パブリックシアター)
  • 朗読劇『幻色江戸ごよみ』(2012年 PARCO劇場)
  • ハンドダウンキッチン(2012年、PARCO劇場)
  • エッグ(2012年、東京芸術劇場)(2015年 東京芸術劇・<PARIS>国立シャイヨー劇場他)
  • オセロ(2013年 世田谷パブリックシアター他) - 主演
  • 夕空はれて 〜よくかきくうきゃく〜(2014年、青山円形劇場
  • KERA MAP『グッド・バイ』(2015年、世田谷パブリックシアター) - 主演・田島周二 役[40]
  • 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参(2016年、世田谷パブリックシアター他)- 主演・ヤナギタ
  • プレイヤー(2017年、演出:長塚圭史、作:前川知大)
  • 終わりのない(2019年、作・演出:前川知大、世田谷パブリックシアター他)-シロウ/山鳥士郎 役
  • ケムリ研究室 no.1『ベイジルタウンの女神』(2020年、世田谷パブリックシアター他) - 王様(マスト・キーロック)
  • COCOON PRODUCTION 2022「広島ジャンゴ 2022」(2022年4月5日 - 30日、東京・Bunkamura シアターコクーン/5月6日 - 16日、大阪・森ノ宮ピロティホール) - 町長 役[41]
  • りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター「住所まちがい」(2022年9月26日 - 10月9日、世田谷パブリックシアター他、愛知・兵庫・長野・新潟)[42]

テレビアニメ[編集]

ゲームソフト[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

ドキュメンタリー[編集]

バラエティ[編集]

  • 笑っていいとも
  • スーパージョッキー
  • さんまのまんま
  • ビートたけしのスポーツ大将
  • ねるとん紅鯨団
  • とんねるずの生でダラダラいかせて
  • ウッチャンナンチャンのやるならやらねば
  • ダウンタウンのごっつええ感じ
  • ごきげんよう
  • 生生生生ダウンタウン
  • * オールスター感謝祭
  • *オールスター感謝祭'95春
  • *オールスター感謝祭'13春
  • ネプリーグ ※対戦成績は6勝0敗(全勝)・そのうち2回は賞金100万獲得
  • しゃべくり007
  • さんまのほんまでっかニュース
  • 朝メシまで。 - 特別ナレーション

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ビー・バップ・少年少女合唱団は、「ビー・バップ・少年少女合唱団#ディスコグラフィ」を参照

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1987年6月5日 新宿純愛物語/哀しみ無宿 07FA-1115 A面は一条寺美奈とのデュエット
2nd 1987年12月10日 It's All Right 10CA-8005 日本コロムビアより発売。「ビー・バップ・ハイスクール高校与太郎狂騒曲」主題歌。B面「Young Blood」
3rd 1988年6月1日 傷だらけのHAPPINESS 12FD-6002 ファンハウスより発売。1987年発売「新宿純愛物語」サウンドトラック収録曲。カップリングは「新宿純愛物語」「哀しみ無宿」8cm CD
4th 1992年5月25日 ブラザーズ・ソング FHDF-1173 ファンハウスより発売。松田優作のカバー。「俺たちルーキーコップ」主題歌

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 1992年7月 ノンフィクション FHCF-2010

その他CD[編集]

  • ビー・バップ・ハイスクール 〜高校与太郎行進曲〜(CDアルバム、32XL205)
  • ビー・バップ・ハイスクール 〜高校与太郎狂騒曲〜(CDアルバム、33CA2120)
  • RUNNING SHOT 柴田恭兵 feat.T.NAKAMURA,SENRI KAWAGUCHI & SHIGEO NAKA(2015年12月「さらばあぶない刑事オリジナルサウンドトラック」収録、BVCL-689)

写真集[編集]

  • 要注意写真編 トオルがトオル(1986年8月1日、東映株式会社
  • 新宿純愛物語(1987年7月20日、講談社スコラ
  • 悲しい色やねん(1988年)
  • BLUE SPRING BLUE

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ビー・バップ・ハイスクール』の役名は「徹」で、『あぶない刑事』の役名は「透」と字は異なるが、どちらも本人の芸名及び本名と同じく読みは「トオル」。
  2. ^ クラスメイトと話しても子供ながらに、「なんか自分の伝えたいことが上手く伝わらないな」と感じていたという[2]
  3. ^ 本人は「『野球の才能がないとまず神様に言われた。入りたい高校からもお前は入る学力がないと拒絶された。俺はダメな人間と断定されたんだ』くらいに悲観的になっていて、当時は将来のことを模索するどころではなかったですね。」[2]
  4. ^ 本人は、「撮影時に自分のやることがワンカットごとに「OK!」と認められていく、その積み重ねに喜びを感じた」という[7]
  5. ^ なお、『劔岳 点の記』では、松田の長男・龍平と競演。仲村演じる小島烏水率いる測量隊の好敵手がラストで測量隊と互いの健闘をたたえ、龍平演じる生田信と手旗を交換し合うシーンがあった。
  6. ^ ワルボロでは松田の次男・翔太と競演、翔太演じるコウイチの叔父役。
  7. ^ a b 2007年11月4日にWOWOWで放送され、2008年5月31日にはDV上映による劇場公開がされた。

出典[編集]

  1. ^ a b 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 仲村トオル、選択肢になかった俳優業。チャラチャラした大学生活のはずが…そこに「人生で1番大きな出来事」”. テレ朝POST (2021年11月4日). 2024年4月21日閲覧。
  3. ^ 蔡伯杰 (2011年6月10日). “仲村亨7月來台 別再叫他仲村徹” (中国語). 自由時報. http://ent.ltn.com.tw/news/paper/499371 2016年6月5日閲覧。 
  4. ^ 仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々”. NEWSポストセブン. 小学館 (2016年2月5日). 2016年6月5日閲覧。excite@jp Archived 2016年6月14日, at the Wayback Machine.
  5. ^ “仲村トオルの娘ミオが芸能界デビュー 「エビオス」でCM初出演”. スポニチアネックス (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2019年3月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/14/kiji/20190313s00041000993000c.html 2019年9月18日閲覧。 
  6. ^ 『週刊現代』2010年10月30日、P. 78-80
  7. ^ a b c d e f g h 仲村トオル、伝説の不良映画で鮮烈デビュー。順調な俳優生活、自身を前進させた“1本の映画”と“敗北感””. テレ朝POST (2021年11月5日). 2023年4月21日閲覧。
  8. ^ 週刊現代 1989年11月20日号 44~50頁
  9. ^ INLIFE 男の履歴書 仲村トオル
  10. ^ 週刊文春 2005.11.17号 146~150頁
  11. ^ 1968 - 1997 オリコン チャート・ブック(1997年)235頁
  12. ^ 『山と渓谷』2009年6月号
  13. ^ ”. NHK. 2021年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月7日閲覧。
  14. ^ ドラマW 蝶の力学 殺人分析班
  15. ^ 北川景子『家売るオンナ』に仲村トオル・工藤阿須加・千葉雄大・イモトら共演”. マイナビニュース (2016年5月24日). 2016年5月24日閲覧。
  16. ^ ドラマ特別企画 堂場瞬一サスペンス 検証捜査 | テレビ東京
  17. ^ テレ東経済ドラマ第2弾は仲村トオル「再生請負人」 - 日刊スポーツ(2018年5月18日4時58分)
  18. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  19. ^ “大森南朋、松雪泰子、仲村トオルら共演の法医学ドラマ「サイン」7月にスタート”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月28日). https://natalie.mu/eiga/news/33082 2019年5月28日閲覧。 
  20. ^ BG 身辺警護人
  21. ^ a b “仲村トオル&岸谷五朗、2人の刑事が織りなす横山秀夫サスペンスドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2172625/full/ 2020年9月23日閲覧。 
  22. ^ 仲村トオル、広瀬すずの父役に起用 『ネメシス』追加キャストに真木よう子ら決定”. ORICON NEWS (2021年3月17日). 2021年3月17日閲覧。
  23. ^ 関水渚&仲村トオル、連ドラW主演 新感覚ベースボール・ヒューマンドラマ、往年のレジェンドも登場”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月18日). 2021年5月18日閲覧。
  24. ^ “日曜劇場で「日本沈没」連続ドラマ化!主演は小栗旬、共演に松山ケンイチや杏”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/406184 2020年11月26日閲覧。 
  25. ^ 土屋太鳳主演の新春ドラマ『優しい音楽』 仲村トオル・安田成美・佐藤浩市ら豪華キャスト決定”. ORICON NEWS (2021年12月8日). 2021年12月8日閲覧。
  26. ^ “『ブラッシュアップライフ』臼田あさ美&仲村トオル&塚地武雅が本人役出演 安藤サクラは3周目の人生で“日テレの社員”に…”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年1月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2264961/full/ 2023年1月23日閲覧。 
  27. ^ “天海祐希×松下洸平「合理的にあり得ない」に白石聖、中川大輔、丸山智己、仲村トオル”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/515806 2023年3月9日閲覧。 
  28. ^ “ドラマ「フェルマーの料理」伝説のシェフは仲村トオル、板垣李光人らも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年8月30日). https://natalie.mu/eiga/news/538817 2023年8月30日閲覧。 
  29. ^ 石原さとみ×亀梨和也の共演作「Destiny」に仲村トオルと佐々木蔵之介が出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年2月20日). 2024年2月20日閲覧。
  30. ^ “大復活!新作『あぶない刑事』タイトル&公開日決定”. シネマトゥデイ. (2023年11月1日). https://www.cinematoday.jp/news/N0139783 2023年11月1日閲覧。 
  31. ^ 綾野剛×榮倉奈々×瑛太×三浦友和×永瀬正敏ら超豪華キャスト!佐藤浩市主演『64』に集結”. シネマトゥデイ (2015年3月26日). 2015年3月26日閲覧。
  32. ^ “安藤サクラ、「一番カッコいい」ウエンツ瑛士を称賛!『ヨコハマメリー』監督11年ぶり新作”. シネマトゥデイ. (2016年8月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0085632 2016年8月30日閲覧。 
  33. ^ Inc, Natasha. “仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆりが万田邦敏の新作「愛のまなざしを」で共演(コメントあり)”. 映画ナタリー. 2020年9月19日閲覧。
  34. ^ 仲村トオル主演、万田邦敏監督の新作『愛のまなざしを』公開日決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月21日). 2021年8月21日閲覧。
  35. ^ “宇野祥平×徳永えりW主演『クモとサルの家族』公開決定 共演に黒羽麻璃央、仲村トオルら”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2022年12月16日). https://realsound.jp/movie/2022/12/post-1211119.html 2022年12月16日閲覧。 
  36. ^ "「シン・仮面ライダー」未発表キャスト解禁、竹野内豊・長澤まさみ・松坂桃李ら10名". 映画ナタリー. ナターシャ. 23 March 2023. 2023年3月23日閲覧
  37. ^ “『深夜食堂』の“インスタ映え”レシピ本が登場!予約の取れない料理教室・小堀紀代美さんが作る「究極のポテサラ」レシピ大公開”. 美的. (2019年12月21日). https://www.biteki.com/life-style/others/460247 2020年2月24日閲覧。 
  38. ^ 仲村トオル×舘ひろし、往年の刑事ドラマを彷彿とさせる新作 ドコモの新サービスで配信”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年3月10日). 2023年4月27日閲覧。
  39. ^ 実写ドラマ『十角館の殺人』に奥智哉、青木崇高ら「誠心誠意を込めて」「ナポレオンもびっくり」”. マイナビニュース. マイナビ (2024年2月7日). 2024年2月7日閲覧。
  40. ^ “プロディース企画「KERA・MAP」が7年ぶりに再始動 太宰治の絶筆小説「グッド・バイ」を舞台化”. シアターガイド. (2014年12月1日). https://web.archive.org/web/20150104170007/http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/12/01_04.php 2014年12月2日閲覧。 
  41. ^ Inc, Natasha. “天海祐希が子連れガンマン、鈴木亮平がその愛馬に!蓬莱竜太「広島ジャンゴ 2022」(コメントあり)”. ステージナタリー. 2021年12月2日閲覧。
  42. ^ 「住所まちがい」詳細決定、白井晃と仲村トオルら出演者陣によるコメントも”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月20日). 2022年6月21日閲覧。
  43. ^ “雪の女王”. トムス・エンタテイメント. https://www.tms-e.co.jp/alltitles/2000s/619101.html 2016年5月6日閲覧。 
  44. ^ NHKスペシャル 神の領域を走る パタゴニア極限レース141km|NHK名作選(動画等)

外部リンク[編集]