杉野希妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すぎの きき
杉野 希妃
生年月日 (1984-03-12) 1984年3月12日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県広島市南区
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優映画プロデューサー映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2005年 - (女優)
2008年 - (映画プロデューサー)
2014年 - (映画監督)
事務所 和エンタテインメント
公式サイト 杉野希妃WEBサイト KIKI SUGINO
主な作品
映画
おだやかな日常
歓待
『欲動』

杉野 希妃(すぎの きき、1984年3月12日 - )は、日本女優映画プロデューサー映画監督[1][2]

広島県広島市南区出身[1][3]慶應義塾大学経済学部卒業。スターダストプロモーションを経て[4]、和エンタテインメント所属。女優、プロデューサー、監督としてアジアを中心に国境を超えて活動し「アジア・インディーズミューズ」と称される[5][6]

血液型A型[7]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

宝塚歌劇団に憧れて中学2年生のときに演劇部に入部、中学卒業時に宝塚の受験を希望するものの母親に猛反対され、「とにかく大学に行きなさい」「大学に行けば好きにしていい」と言われた。進学校として有名な中高一貫の女子校に通い厳しい親と学校の中で抑圧感を抱きながら生活し、自由に解放されたい、エンタテインメントの中心である東京で刺激を受けたいとの思いから、得意な数学を活かして慶應義塾大学経済学部への進学を志す[8][9]

ノートルダム清心中学校・高等学校から慶應義塾大学経済学部に進学[10]

大学2年生のときに韓国映画猟奇的な彼女』を見て、小さいころにイメージしていた韓国と違うのに驚き、それから数多くの韓国映画を見続け、韓国文化に新鮮な感動を受けた。在日韓国人3世である自分が映画を見ても言葉が理解できないことが悔しくなり、韓国留学を決めた[11][12]。大学3年修了時にソウルに語学留学、延世大学校語学堂にて韓国語を学ぶ[11][13]

女優デビュー[編集]

中学生のころから女優志望で大学に通いながら演技の勉強をしていたが、韓国で女優デビューしてみたいと考えるようになった。留学中、『まぶしい一日』のオーディションを知り、応募したところ合格して出演することになった。

2005年、韓国オムニバス映画『まぶしい一日』の「宝島」編に主演し映画デビューし[14]キム・ギドク監督の映画『絶対の愛』にも出演した。『まぶしい一日』が初上映された2005年の釜山国際映画祭でファンだったキム・ギドク監督に出会った。キム監督は「作品理解力に驚いた。監督もできる女優だと思った」と振り返った。2014年の同映画祭で、初めて監督同士としてレッドカーペットを踏んだ[15]

1年間の語学留学を終えて2006年5月に帰国。芸能事務所スターダストプロモーションに所属し、「日韓の架け橋になること」を目標に本格的に芸能活動を開始する[16][17][18]2008年2月公開の映画『クリアネス』に主演する。

映画製作への進出[編集]

主演映画『クリアネス』のプロデュースを手掛けた映画プロデューサー小野光輔とともに、2008年秋に映画製作会社・和エンタテインメントを設立し[19]ヤスミン・アハマド監督の『ワスレナグサ』[注 1]で映画製作にも進出する[17][20]映画プロデューサーへの進出について、「日本では役者はただ管理されるだけの職業だが、それに疑問を感じていた。役者も表現者であり、役者自ら発信する作品があってもいいのではないかと思った。役者の立場を生かしつつ、アジアを結ぶ合作映画に挑戦してみたいと考えた。」と語っている[21]

2010年に初プロデュースした主演映画『歓待』が第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞などを受賞して一躍名前を知られる存在となり[22]、100以上の映画祭からオファーが相次ぐ。主演・プロデュース作品の7カ国合作映画『マジック&ロス』(2010年)で韓国映画『息もできない』のヤン・イクチュン監督、キム・コッビと共演した[23]。その後も低予算に10日足らずの撮影期間と日本映画界では異色の手法を用いて映画の製作を続け、『おだやかな日常』(2012年)で第22回日本映画プロフェッショナル大賞新進プロデューサー賞を、『ほとりの朔子』(2013年)がナント三大陸映画祭金の気球賞(グランプリ)を受賞するなど、国内外で受賞を重ねる[22]

2011年第24回東京国際映画祭アジアの風部門にて『女優=プロデューサー杉野希妃 アジア・インディーズのミューズ』として、2013年には台北映画祭で『Filmmaker in Focus: Kiki Sugino』として特集上映が組まれる。2012年はエディンバラ国際映画祭マイケル・パウエル賞部門、2014年は日本初のロッテルダム国際映画祭コンペティション部門等、数多くの映画祭で審査員を務める。

2011年、『週刊プレイボーイ』で「畳と女優のおいしい関係。」をテーマにグラビアを披露した。

2014年には自身の主演・プロデュース作品『マンガ肉と僕』(2016年公開)により長編映画監督としてもデビューを果たす[24][25]。監督第2作となる『欲動』により第19回釜山国際映画祭Asia Star Awards 2014 最優秀新人監督賞[26]おおさかシネマフェスティバル2015新人監督賞を受賞。

2015年より『朝日新聞』夕刊でエッセイ「キキキネマ」を連載している。

2015年1月、ロッテルダム国際映画祭での『3泊4日、5時の鐘』上映に出席するため訪れたオランダで、監督の三澤拓哉とともにホテルの前で大型タクシーに轢かれる交通事故に遭遇し両足骨折の重傷を負う。現地の病院にて粉砕骨折の左足の手術を5回にわたって受け約3か月半入院、看護師が飛行機に同乗して帰国の後広島大学病院にて治療を継続し、計7回の手術とリハビリを経て9月末に現場に復帰した[27][28]

人物[編集]

国語が苦手で、テストでも国語が一番成績が悪かった。数学が一番得意だった。

尊敬する女優はイザベル・ユペール若尾文子。好きな監督は増村保造[29]

母は韓国生まれで「二つの文化を持って生まれて幸せだね」と両親に言われて育ち[30]「異なる文化が共存しあう関係」が理想と語る[12]。映画制作の原動力は在日3世に生まれたことにあるとしている[21]。父方の祖母は被爆者で、「語り継いでいく」ことが広島で生まれた意味、「原爆の歴史を忘れないこと」が使命であると語っている[30]

固定観念だったり、既成の価値観は打ち砕いていきたい。マジョリティを描くというよりも、マジョリティは存在しなくて、みんなそれぞれマイノリティであるという楽観でも悲観でもない目線が作品の根底にあるという[31]

演技をするにしても、監督をするにしても、新しい世界を見たい、新しい自分を発掘したいという気持ちが原動力となっている。想像を裏切り、想像を超えた新しいものを見る瞬間、一番、生きている幸せを感じると語る[32]

受賞歴[編集]

作品[編集]

映画(作品)[編集]

  • 避けられる事(2010年、短編) - プロデューサー ※ロッテルダム国際映画祭、2011年東京国際映画祭上映)
  • 少年少女(2010年、ドキュメンタリー) - プロデューサー ※『歓待』メイキング映画
  • マジック&ロス(2010年、日本・韓国・マレーシア・香港・中国・フランス・アメリカ合作、和エンタテインメント) - プロデューサー ※2010年釜山国際映画祭、2011年東京国際映画祭上映
  • 歓待(2010年、和エンタテインメント) - プロデューサー ※2010年・2011年東京国際映画祭上映
  • 大阪のうさぎたち(2011年、韓国・日本合作) - プロデューサー ※東京国際映画祭上映
  • Kalayaan(2012年、フィリピン・オランダ・日本・米国合作) - 共同プロデューサー
  • おだやかな日常(2012年、日本・アメリカ合作、和エンタテインメント) - プロデューサー ※釜山国際映画祭、東京フィルメックストライベッカ映画祭上映
  • 審査員 希妃による希妃(2013年、モキュメンタリー) - プロデューサー ※台北映画祭上映
  • 残香(2013年、短編) - プロデューサー ※上海国際映画祭、台北映画祭上映
  • 桜桃書簡(2013年、短編) - 監督・プロデューサー ※山形大学人文学部オープンキャンパスにて上映
  • ほとりの朔子(2013年、日本・アメリカ合作、和エンタテインメント) - プロデューサー ※東京国際映画祭コンペティション部門、ナント三大陸映画祭グランプリ&審査員賞
  • 禁忌(2014年、太秦) - プロデューサー
  • 欲動(2014年、太秦) - 監督・共同プロデューサー ※釜山国際映画祭、タリン・ブラックナイト映画祭ミュンヘン映画祭
  • 少年の夢(2014年、短編) - 監督・プロデューサー
  • マンガ肉と僕(2016年公開、和エンタテイメント/KATSU-do) - 監督・プロデューサー[33] ※東京国際映画祭、ヨーテボリ国際映画祭エティンバラ国際映画祭
  • 3泊4日、5時の鐘(2015年、日本・タイ合作、和エンタテインメント/オムロ) - エグゼクティブプロデューサー ※シンガポール国際映画祭マラケシュ国際映画祭北京国際映画祭脚本賞、第3回シロス国際映画祭作品賞
  • 雪女(2017年、和エンタテインメント) - 監督・プロデューサー ※東京国際映画祭コンペティション部門

出演[編集]

映画(出演)[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 基町アパート〜ドキュメンタリードラマ(2013年8月24日、NHK) - 紙屋志穂 役

テレビ[編集]

  • ヒバクシャからの手紙(2014年8月17日、NHK)
  • SWITCHインタビュー 達人達(たち) 杉野希妃×石内都(2017年6月17日、NHK Eテレ)

配信ドラマ[編集]

  • TOKYO PROM QUEEN/東京プロムクイーン(2008年)[34]

CM[編集]

  • ロート製薬「肌研 卵肌洗顔」(2007年3月 - 2011年10月)
  • P&G「猫の里親探し支援プロジェクト」(2009年6月 - 2009年9月)

ミュージックビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ クランクイン前のアハマド監督の急逝にともない制作中止。

出典[編集]

  1. ^ a b 中国新聞、2011年7月22日15面
  2. ^ 主演の映画「歓待」 来月日本で公開 asahi.com (2011年3月3日)
  3. ^ “映画「雪女」を広島知事へPR”. 中国新聞アルファ (中国新聞社). (2017年5月2日). オリジナル2017年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170617123002/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=338988&comment_sub_id=0&category_id=112 2017年6月17日閲覧。 “広島舞台 映画「雪女」、来月13日公開”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年4月9日). オリジナル2017年5月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170516131944/http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20170410350960001.html 2017年6月17日閲覧。 
  4. ^ 【終了】『大阪のうさぎたち』主演・杉野希妃さん舞台挨拶決定!8/4(土)〜17(金)上映!”. 京都みなみ会館 (2012年8月1日). 2014年3月10日閲覧。
  5. ^ 中山治美 (2012年5月15日). “アジア・インディーズのミューズ、美人プロデューサー杉野希妃、自分主演&プロデュース映画を撮影”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0042128 2018年2月23日閲覧。 
  6. ^ ““アジアインディーズのミューズ”杉野希妃、性愛描いた監督作&主演作ソフト化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2015年6月2日). https://natalie.mu/eiga/news/149018 2018年2月23日閲覧。 
  7. ^ 杉野希妃のプロフィール
  8. ^ 佐々木洋輔 (2015年1月13日). “タカラヅカ夢見た少女、いま映画監督に 岐路は大学受験”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASH156J9ZH15UEHF01B.html 2018年2月23日閲覧。 
  9. ^ “女優・映画監督の杉野希妃は慶大教授が育てた?(週刊朝日)”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2015年3月24日). https://dot.asahi.com/wa/2015032000109.html?page=1 2018年2月23日閲覧。 
  10. ^ 杉野希妃さん - アヤノンスタイル
  11. ^ a b <韓国文化>韓国映画の新潮流を知る!”. 東洋経済日報. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  12. ^ a b 「共同体と排除」の怖さ 3世の杉野希妃さん制作映画「歓待」”. 在日本大韓民国民団. 2018年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月17日閲覧。
  13. ^ Episode 1 宝島”. 作品. 『まぶしい一日』公式サイト. 2018年2月23日閲覧。
  14. ^ 『歓待』 | スターダストプレスウェブ STARDUST press web
  15. ^ 「異国、考えても撮れない絵」 杉野希妃×キム・ギドク、監督作品を語る 朝日新聞DIGITAL
  16. ^ 宮田浩史. “Interview エピソード1『宝島』主演 杉野希妃さん”. スペシャル. 『まぶしい一日』公式サイト. 2018年2月23日閲覧。
  17. ^ a b 本間順子 (2012年12月20日). “creator's park スペシャルインタビュー Vol. 6 いまアジアで一番会いたい女優・プロデューサー 『おだやかな日常』主演・プロデューサー 杉野希妃さんに聞く世界のいま”. theatre tokyo. GMPC JAPAN. 2018年2月23日閲覧。
  18. ^ 杉野希妃のプロフィール”. 所属タレント. スターダストプロモーション. 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月23日閲覧。
  19. ^ 和エンタテインメントと映画人育成・マネジメント・映画製作分野で業務提携のお知らせ”. ニュース. 映画24区 (2016年3月11日). 2018年2月23日閲覧。
  20. ^ 中山治美 (2011年2月10日). “超美人プロデューサーは主演女優!26歳・杉野希妃、手掛けた『歓待』に高い評価!海外オファーも殺到中”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0030298 2018年2月23日閲覧。 
  21. ^ a b <Korea Watch>羽ばたく在日コリアン”. 東洋経済日報. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  22. ^ a b 水口二季 (2016年4月7日). “「多重人格」の女優兼監督 演じたい役は自分が創る”. 日経カレッジカフェ. 日本経済新聞社. 2018年2月23日閲覧。
  23. ^ 新進女優・杉野希妃、主演作で「息もできない」コンビと共演 映画.com
  24. ^ “杉野希妃、初監督作で“一人三役” 主演・三浦貴大は全幅の信頼”. 映画.com. (2013年9月28日). http://eiga.com/news/20130928/1/ 2018年2月23日閲覧。 
  25. ^ “杉野希妃の長編映画初監督・主演作「マンガ肉と僕」が2016・2・13公開決定”. TVLIFE web (学研プラス). (2015年12月1日). http://www.tvlife.jp/entame/51292 2018年2月23日閲覧。 
  26. ^ a b “杉野希妃「欲動」で釜山国際映画祭「Asia star award 2014」最優秀新人監督賞受賞!”. 映画.com. (2014年10月6日). http://eiga.com/news/20141006/14/ 2014年10月31日閲覧。 
  27. ^ 小張アキコ (2015年6月26日). “オランダで交通事故の杉野希妃、瀕死の重傷だった 6日間意識なく両足には鉄板”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル): p. 1. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150626/enn1506261140007-n1.htm 2018年2月23日閲覧。 
  28. ^ 細木信宏 (2015年8月20日). “大型タクシーにひかれた杉野希妃、計7回の手術を乗り越え復帰!「1年近くは歩けないと言われた…」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0075730 2018年2月23日閲覧。 
  29. ^ 杉野希妃、東京国際映画祭を経て“ボーダレスな映画”を目指す 映画.com
  30. ^ a b 花房吾早子 (2014年5月30日). “(被爆国から2014)広島出身 背負って生きる■俳優・映画監督 杉野希妃さん(30)”. 朝日新聞デジタル. オリジナル2016年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160406021857/http://www.asahi.com/articles/ASG5R5V37G5RPTIL02J.html 2018年2月23日閲覧。 
  31. ^ 女優と監督、プロデューサーの3役をこなす世界へと羽ばたく映画人 杉野希妃 Numero TOKYO
  32. ^ 杉野希妃が完成させた、現代を反映した“私らしい”新しい「雪女」とは 映画.com
  33. ^ 杉野希妃が特殊メイクで巨体に、三浦貴大の出演作「マンガ肉と僕」予告編”. 映画ナタリー (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  34. ^ ドラマ「Tokyo Prom Queen」会見に全キャスト&リア・ディゾン登場”. cinemacafe.net (2008年4月21日). 2014年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]