北京国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北京国際映画祭(ペキンこくさいえいがさい、中国語: 北京国际电影节、英語:Beijing International Film Festival)は、中国北京市で毎年4月に開かれる映画祭である。中国中央広播電視総台(CMG・チャイナメディアグループ)と北京市人民政府の共催によるもの。

2011年に第1回が開かれ、毎年開催されている。

国家新聞出版広電総局と北京市の主催。

2015年園子温監督の『ラブ&ピース』が、日本映画としては初めてコンペティション部門にノミネート[1]

2016年金子雅和監督の『アルビノの木』が、世界の新人監督を紹介するFORWARD FUTURE部門で正式上映された[2]

2017年雑賀俊朗監督の『カノン』が、日本代表作品としてコンペティション部門天壇賞入選。佐々木希、鈴木保奈美が北京において人気を博し、鈴木保奈美は授賞式プレゼンターに抜擢された。

2019年樹木希林さんの遺作として名高い『エリカ38』からは日比遊一監督、主演女優の浅田美代子さん、主演俳優の平岳大さんなどの豪華日本映画代表団が参加。

出典[編集]

  1. ^ 長谷川博己の熱唱に喝采!『ラブ&ピース』北京国際映画祭レッドカーペットイベント”. シネマカフェ (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  2. ^ 北京国際映画祭で金子雅和監督作品『アルビノの木』正式上映!” (日本語). 映画情報どっとこむ (2016年4月20日). 2016年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]