園子温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
その しおん
園 子温
園 子温
本名 同じ
生年月日 1961年12月18日(54歳)
出生地 愛知県豊川市
国籍 日本の旗 日本
身長 168cm
職業 映画監督作家詩人
ジャンル 映画
活動期間 1985年 -
配偶者 神楽坂恵
公式サイト SONOSION.COM
主な作品
紀子の食卓
愛のむきだし
冷たい熱帯魚
地獄でなぜ悪い

園 子温(その しおん、 1961年12月18日 - )は日本映画監督脚本家詩人、パフォーマー。自主映画出身の映画監督である。愛知県立豊橋東高等学校卒。法政大学文学部中退。

来歴・人物[編集]

愛知県豊川市出身。17歳の時に詩人として、『現代詩手帖』や『ユリイカ』等に投稿、20歳の時には漫画雑誌『ガロ』に漫画を二度持ち込むも二度とも入選を逃す(一方90年代には映画監督としてガロにコラム「東京ガガガ新聞」の連載を持つ)[1]。23歳の時に自主制作映画『俺は園子温だ!』を製作し、1986年にぴあフィルムフェスティバルに入選する。同年の入選者には、橋口亮輔成島出平野勝之らがいる。続く『男の花道』もぴあフィルムフェスティバルに入選する。

その後、第4回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)スカラシップとして制作された『自転車吐息』(1990年作品)がベルリン国際映画祭で正式招待作品となるなど、90年代にはインディーズ系映画界を席巻した。また、1990年代前半から路上パフォーマンス集団「東京ガガガ」を主宰、私生活ではごく普通の学生や社会人などである「東京ガガガ」のメンバーたちがアナーキーなパフォーマンスをする姿を、園自身は著作[要文献特定詳細情報]で「『ファイト・クラブ』のようだった」と回想している。

1999年からは、文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。2001年以降はメジャー映画会社とも手を結び、エログロ、叙情的、哲学的な作風を交えた作家性の強い映画作品を世に送り出す。2011年10月23日、監督した映画『冷たい熱帯魚』『恋の罪』に出演した神楽坂恵と婚約した旨が報じられた。妻である神楽坂恵を結婚以降も多くの作品に出演させている。2015年には「とよかわ広報大使」に就任する[2]

作品[編集]

映画監督作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 時効警察
    • 第4話 (2006年2月3日) 「犯人の575は崖の上」
    • 第6話 (2006年2月17日)「恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」
  • 帰ってきた時効警察
    • 第3話 (2007年4月27日)「えっ!? 真犯人は霧山くん!?」
    • 第6話 (2007年5月18日) 「青春に時効があるか否かは熊本さん次第!」
  • みんな!エスパーだよ!総合監督
  • 第7話・番外編では自らもカメオ出演
    • 第1話 (2013年4月12日) 「なんで僕に超能力だん?バス停の風、大作戦!」
    • 第6話 (2013年5月24日) 「エスパー抗争勃発?縛られたあの娘を救え、大作戦!」
    • 第7話 (2013年5月31日) 「禁断のコーヒー!?"セクシー女"大量生産を止めろ、大作戦!」
    • 第10話 (2013年6月21日) 「(最終章・序)恋の罪!?モーニングコーヒーはあなたと!」
    • 第11話 (2013年6月28日) 「(最終章・破)時は来た!善と悪の最終決戦…チームエスパー解散!?」
    • 第12話 (2013年7月5日) 「(最終回・青春の夢)僕が世界を救うんだ!ワンワンワン大作戦!?」
    • 番外編〜エスパー、都へ行く〜(2015年4月3日)

書籍[編集]

受賞歴[編集]

映画賞[編集]

俺は園子温だ!

男の花道

自転車吐息

部屋 THE ROOM

  • サンダンス映画祭 in Tokyo 審査員特別賞

自殺サークル

  • 第7回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 画期的映画部門観客賞・画期的映画賞審査員賞

StrangeCircus奇妙なサーカス

紀子の食卓

気球クラブ、その後

  • 第16回日本映画批評家大賞審査員特別監督賞

エクステ

  • 第3回オースティン・ファンタスティック映画祭 ホラー審査員賞

愛のむきだし

冷たい熱帯魚

恋の罪

ヒミズ

  • 第68回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(染谷将太二階堂ふみ
  • 第14回ドーヴィル・アジア映画祭 批評家賞
  • 第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭オービットコンペティション部門 グランプリ

希望の国

地獄でなぜ悪い

リアル鬼ごっこ

ひそひそ星

  • 第40回トロント国際映画祭 NETPACアジア最優秀映画賞[4]

映画賞以外[編集]

  • GQ MEN OF THE YEAR 2014(2014年)[5]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 園子温のズバリ!ラジオ(2013年1月25日、ニッポン放送)
  • スカパー!日曜シネマテーク 特別版(2014年5月5日、TOKYO FM)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊漫画ガロ』(青林堂1996年4月号「長井勝一追悼」122~123頁。
  2. ^ とよかわ広報大使 - 園子温氏の紹介 - 豊川市公式HP
  3. ^ トリンドル玲奈に最優秀女優賞!初主演『リアル鬼ごっこ』が作品賞含む3部門受賞の快挙!”. シネマトゥデイ (2015年8月6日). 2015年9月22日閲覧。
  4. ^ 園子温監督が夫婦で作った『ひそひそ星』がトロントでNETPAC賞受賞!【第40回トロント国際映画祭】”. シアターガイド (2015年9月21日). 2015年9月24日閲覧。
  5. ^ GQ MEN OF THE YEAR 2014”. GQ JAPAN (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]