園子温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
その しおん
園 子温
[[ファイル:
園子温のアーティスト写真
|190px|園 子温]]
本名 同じ
生年月日 (1961-12-18) 1961年12月18日(55歳)
出生地 愛知県豊川市
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1985年 -
配偶者 神楽坂恵
公式サイト SONOSION.COM
主な作品
紀子の食卓
愛のむきだし
冷たい熱帯魚
地獄でなぜ悪い

園 子温(その しおん、 1961年12月18日 - )は日本映画監督脚本家愛知県豊川市出身。

来歴[編集]

1961年愛知県豊川市生まれ。

17歳で詩人デビュー。「ユリイカ」「現代詩手帖」に続々と詩が掲載され、"ジーパンをはいた朔太郎"と称される。法政大学入学後、8mm映画を手掛ける。

1986年、8mm映画『俺は園子温だ!』がぴあフィルムフェスティバル入選。翌年、8mm映画『男の花道』でグランプリを受賞。

1990年、ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品として制作された16mm映画『自転車吐息』は、ベルリン映画祭正式招待のほか、30を越える映画祭で上映。同作品はヨーロッパ及びアジアでの縦断公開が2年あまり続いた。

1993年、『部屋』を制作。翌年、サンダンス映画祭審査員特別賞を受賞。同作品はベルリン映画祭、香港映画祭、ブリスベーン映画祭、ビエンナーレ映画祭、ナント三大陸映画祭、 ストックホルム映画祭、台北金馬映画祭、ロッテルダム映画祭、シンガポール映画祭など49の映画祭で紹介される。

『桂子ですけど』(1996年)、通産省制作の『風』(1998年)など、映画制作を続ける。

一方、街頭詩パフォーマンス「東京ガガガ」を主宰し、一大ムーブメントを起こす。4000人のパフォーマーが渋谷のストリートで展開。このドキュメントを収めたジャン・ジャック・ベネックスのテレビ番組はフランスで視聴率40パーセントを超え話題となる。 ファッションデザイナー荒川真一郎とのプロデュース、短編『0cm4』(1999年)は上映したフランス、パリコレクション会場がスタンディングオベーションの渦となった。

1994年、3月10日〜17日、吉祥寺バウスシアター全館を貸し切り「園子温降臨祭」を開催。

映画、東京ガガガ、路上演劇、朗読、アート、様々な表現を提示した。

1995年100時間に及ぶ素材からなる大長編映画『BAD FILM』制作に取りかかる。(当時未完、2012年完成)

2000年、愛知県美術館の要請で、『うつしみ』(1999年)を制作、劇場公開。

2001年、物議を呼んだ衝撃的な作品『自殺サークル』を公開。新宿武蔵野館における過去最高の観客動員数となり、記録を塗り替える。ビデオ、DVDはアメリカ、フランス、ドイツ等世界各国で発売、レンタルされた。またカナダファンタ映画祭(ファンタジア2003)にて『自殺サークル』は観客投票において第1位 となり、観客賞を獲得。同時に今年、最も優れた映画に贈る賞も獲得。2002年度日本映画プロフェッショナル大賞第10位 。

2002年、『HAZARD』制作。 ニューヨークを舞台にオダギリジョー扮する不良青年の青春映画。2006年公開。

2003年、同じくオダギリ、そして田中哲司、村上淳、市川実和子等が出演した『夢の中へ』を制作。

2005年6月公開。続いて宮崎ますみ主演でR18指定の家族劇『奇妙なサーカス』を制作。2005年12月公開。

2006年『紀子の食卓』を公開。第40回カルロヴィヴァリ映画祭・コンペティション部門の“特別表彰賞”と、国際シネマクラブ連盟による“ドン・キホーテ賞”を受賞。また韓国で開催された第10回プチョン国際ファンタスティック映画祭コンペティション部門の観客賞と主演女優賞受賞、国際評価をより高めた。

『気球クラブ、その後』では青春群像を瑞々しく活写した。

そして『エクステ』で従来のホラー映画の枠にとらわれない様々な表現に挑む。

2007年、テレビ朝日系ドラマ『時効警察』に監督として参加。

2008年、『愛のむきだし』を公開。第9回(2008年)東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。第59回(2009年)ベルリン映画祭に出品され「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞した。続く『ちゃんと伝える』では故郷・豊川を舞台に静謐な語りで観客を魅了した。

2011年、『冷たい熱帯魚』を公開。第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に正式出品された。日本国内では様々な映画賞に名を連ねた。さらに同年『恋の罪』を公開、この年の話題をさらう。

2011年10月23日、監督した映画『冷たい熱帯魚』『恋の罪』に出演した神楽坂恵と婚約した旨が報じられた。妻である神楽坂恵を結婚以降も多くの作品に出演させている。

2012年、『ヒミズ』を公開。古谷実の同名漫画を映画化。自身初の漫画原作物に挑んだ。

第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティションに出品され、主演の2人染谷将太、二階堂ふみが「最優秀新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)」を日本人で初の受賞という快挙をもたらした。

10月、『希望の国』を公開。原発事故の問題を正面から描き、国内外に悲惨な現実を伝え、 第37回トロント国際映画祭にて「NETPAC アジア最優秀映画賞」を受賞。主演の夏八木勲は第63回芸術選奨・文部科学大臣賞並びに第67回毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した。

2013年4月、テレビ東京系ドラマ『みんな!エスパーだよ!』にて総合監督を務めた。

同月、「芸人」宣言をし舞台デビュー。

9月、『地獄でなぜ悪い』を公開。エンターテイメントに徹したアクション活劇を監督。 第70回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に正式出品された。第38回トロント国際映画祭では、ミッドナイト・マッドネス部門観客賞を受賞。

2014年6月、小説「毛深い闇」を河出書房新社より出版。

8月、井上三太原作の『TOKYO TRIBE』を公開。

11月、雑誌「GQ JAPAN」がその年最も輝いた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2014」を受賞した。

2015年5月、和久井健原作、綾野剛主演で『新宿スワン』を公開。園作品最大のヒットを記録。

6月、「魂の集大成」と謳ったSFファンタジー『ラブ&ピース』を公開。第5回北京国際映画祭にて日本映画として初の出品作になった。カナダ・モントリオールの第19回ファンタジア国際映画祭では観客賞を受賞。

7月、山田悠介の原作に大胆なオリジナル要素を加えた『リアル鬼ごっこ』を公開。同じく第19回ファンタジア国際映画祭にて最優秀作品賞(シュバル・ノワール賞)、審査員特別賞、最優秀女優賞(トリンドル玲奈)を受賞した。

スペインのシッチェス映画祭ではファンタスティック部門での貢献が評価され「タイムマシーン賞」を受賞。

スペイン・マラガ・ファンタスティック映画祭では最優秀作品賞と特殊効果賞を受賞。同映画祭で日本映画が受賞に至ったのは本作が初となる。

9月、テレビドラマシリーズ『みんな!エスパーだよ!』を映画化した。

2015年1年間で4作品を劇場公開。

さらに同年7月、初の美術館での個展「ひそひそ星」展を開催。同時期にワタリウム美術館オン・サンデーズにて絵本「ラブ&ピース」の原画展も開催。

9月、Chim↑Pom発案の「Don’t Follow the Wind」展(ワタリウム美術館)にて映像インスタレーションを発表した。

2016年4月、自身初の美術館での個展、園子温展「ひそひそ星」をワタリウム美術館にて開催。

5月、第40回トロント国際映画祭にてNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞した『ひそひそ星』を劇場公開する。

2015年には「とよかわ広報大使」に就任する[1]

作品[編集]

映画監督作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 時効警察
    • 第4話 (2006年2月3日) 「犯人の575は崖の上」
    • 第6話 (2006年2月17日)「恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」
  • 帰ってきた時効警察
    • 第3話 (2007年4月27日)「えっ!? 真犯人は霧山くん!?」
    • 第6話 (2007年5月18日) 「青春に時効があるか否かは熊本さん次第!」
  • みんな!エスパーだよ!総合監督
  • 第7話・番外編では自らもカメオ出演
    • 第1話 (2013年4月12日) 「なんで僕に超能力だん?バス停の風、大作戦!」
    • 第6話 (2013年5月24日) 「エスパー抗争勃発?縛られたあの娘を救え、大作戦!」
    • 第7話 (2013年5月31日) 「禁断のコーヒー!?"セクシー女"大量生産を止めろ、大作戦!」
    • 第10話 (2013年6月21日) 「(最終章・序)恋の罪!?モーニングコーヒーはあなたと!」
    • 第11話 (2013年6月28日) 「(最終章・破)時は来た!善と悪の最終決戦…チームエスパー解散!?」
    • 第12話 (2013年7月5日) 「(最終回・青春の夢)僕が世界を救うんだ!ワンワンワン大作戦!?」
    • 番外編〜エスパー、都へ行く〜(2015年4月3日)

ビデオ・オン・デマンド[編集]

書籍[編集]

受賞歴[編集]

映画賞[編集]

俺は園子温だ!

男の花道

自転車吐息

部屋 THE ROOM

  • サンダンス映画祭 in Tokyo 審査員特別賞

自殺サークル

  • 第7回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 画期的映画部門観客賞・画期的映画賞審査員賞

StrangeCircus奇妙なサーカス

紀子の食卓

気球クラブ、その後

  • 第16回日本映画批評家大賞審査員特別監督賞

エクステ

  • 第3回オースティン・ファンタスティック映画祭 ホラー審査員賞

愛のむきだし

冷たい熱帯魚

恋の罪

ヒミズ

  • 第68回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(染谷将太二階堂ふみ
  • 第14回ドーヴィル・アジア映画祭 批評家賞
  • 第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭オービットコンペティション部門 グランプリ
  • 2012年映画芸術日本映画ワーストテン2位

希望の国

地獄でなぜ悪い

リアル鬼ごっこ

ひそひそ星

  • 第40回トロント国際映画祭 NETPACアジア最優秀映画賞[3]

映画賞以外[編集]

  • GQ MEN OF THE YEAR 2014(2014年)[4]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 園子温のズバリ!ラジオ(2013年1月25日、ニッポン放送)
  • スカパー!日曜シネマテーク 特別版(2014年5月5日、TOKYO FM)

伝記[編集]

参考文献[編集]

  • 東方出版『KAMINOGE』vol.64

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ とよかわ広報大使 - 園子温氏の紹介 - 豊川市公式HP
  2. ^ トリンドル玲奈に最優秀女優賞!初主演『リアル鬼ごっこ』が作品賞含む3部門受賞の快挙!”. シネマトゥデイ (2015年8月6日). 2015年9月22日閲覧。
  3. ^ 園子温監督が夫婦で作った『ひそひそ星』がトロントでNETPAC賞受賞!【第40回トロント国際映画祭】”. シアターガイド (2015年9月21日). 2015年9月24日閲覧。
  4. ^ GQ MEN OF THE YEAR 2014”. GQ JAPAN (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]